WIN5 ビッグ配当とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
13日のWIN5で3億9436万5860円のビッグ配当 スポーツ報知1 ...
43分前 - 13日に行われた中央競馬の「WIN5」は史上4位の3億9436万5860円の高額配当となった。 JRAが指定する5レースの1着馬を当てる「WIN5」で、この日の総票数は563 万3798票(売り上げ5.
13日のWIN5で3億9436万5860円のビッグ配当 : スポーツ報知
13日のWIN5で3億9436万5860円のビッグ配当
13日のWIN5で3億9436万5860円のビッグ配当 - ライブドア ...
13日に行われた中央競馬の「WIN5」は史上4位の3億9436万5860円の高額配当となった。 JRAが指定する5レースの1着馬を当てる「WIN5」で、この日の総票数は563万3798票(売り上げ5...- スポーツ報知- 1時間前

■2020年1月18日
「日本エレキテル連合」中野聡子、兼業農家芸人と「交際0日婚」
芸能事務所「タイタン」は18日、同社所属の「日本エレキテル連合」中野聡子と兼業農家芸人・松尾アトム前派出所が結婚したと、同社ホームページや報道機関向けのFAXで発表した。双方とも直筆のメッセージで「交

■2020年1月18日
小島よしお、美人妻を久々に公開…タイ旅行中に“授乳”ショットも
タレントの小島よしお(39)が18日、自身のインスタグラムでタイ旅行の様子を公開した。小島は妻が生後6か月の赤ちゃんトラに哺乳瓶で授乳している中での2ショットもアップした。小島は「いきなり子虎と写真体

■2020年1月18日
山本浩二さんが解説復帰へ…体調不良から回復
法大OB会が18日、都内のホテルで開かれ、野球殿堂入りした田淵幸一氏(73)、侍ジャパンの稲葉篤紀監督(47)らが出席した。田淵氏は壇上で、同級生の山本浩二氏(73)の現状について「今朝電話で話して、

■2020年1月18日
松島幸太朗、7人制ラグビー日本代表候補入りについて「進展はない」「まだちょっと微妙」
◆ラグビー▽トップリーグ第2節(18日、東京・秩父宮ラグビー場)サントリー22―10NTTコムラグビー・トップリーグのサントリーのFB松島幸太朗(26)が秩父宮ラグビー場で18日、22―10で今季初勝

■2020年1月18日
最強エース相沢晃「連覇狙えるのは福島だけ。区間新を出したい」…19日都道府県駅伝
全国都道府県対抗男子駅伝は19日、広島市の平和記念公園を発着点として、一般(社会人、大学生)2区間、高校生3区間、中学生2区間の計7区間48キロ)に47チームが参加して行われる。箱根駅伝(2、3日)の

■2020年1月18日
サッカー日本代表の森保一監督が駅伝プログラムに寄稿
サッカー日本代表の森保一監督(51)が、19日に広島市の平和記念公園前を発着点として計7区間48キロで行われる全国都道府県対抗男子駅伝の公式プログラムで「大会によせて」と題した手記を寄稿した。森保監督

■2020年1月18日
雪をも解かす熱戦を!前夜祭で里見香奈女流名人と谷口由紀女流三段が意気込む
将棋の「第46期岡田美術館杯女流名人戦」(報知新聞社・日本将棋連盟主催)5番勝負第1局(19日)の前夜祭が18日、神奈川県箱根町の箱根仙石原プリンスホテルで開かれ、里見香奈女流名人(27)=清麗、女流

■2020年1月18日
中学生も半数以上が厚底シューズ 都道府県対抗駅伝
全国都道府県対抗男子駅伝は19日、広島市の平和記念公園前を発着点として、一般(社会人、大学生)2区間、高校生3区間、中学生2区間の計7区間48キロで行われる。今年の箱根駅伝(2、3日)で210選手中1

■2020年1月18日
【中日】加藤“コバの教え”でフレーミング技術向上だ…G小林らと合同トレ
中日の加藤匠馬捕手(27)が18日、“コバの教え”でシーズン通して正捕手として出場すると誓った。チームメートの大島、遠藤、高橋らとともに大阪・貝塚市の日本生命グラウンドで行っている自主トレを公開。昨季

■2020年1月18日
9秒台スプリンター小池祐貴、五輪イヤー初戦は米国で「昨年よりいい走りをするのが前提」
18年アジア大会陸上男子200メートル金メダルの小池祐貴(24)=住友電工=が18日、米国遠征へ出発前の羽田空港で取材に応じた。今月25日にボストンで行われる室内競技会の60メートルで、東京五輪イヤー

13日のWIN5で3億9436万5860円のビッグ配当 (2020年1月13 ...
43分前 - 13日に行われた中央競馬の「WIN5」は史上4位の3億9436万5860円の高額配当となった。
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもWIN5 ビッグ配当に関連のある画像ばかりではありません。
WIN5 ビッグ配当の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

WIN5(ウィンファイブ)は、日本中央競馬会 (JRA) が発売する5重勝単勝式の勝馬投票券である。
指定の5レースの1着をすべて当てるもので、100円あたりの払戻金の上限は6億円2011年4月24日の開始から2014年6月1日までは2億円。

2011年4月の開始から、インターネット投票のみで発売されていたが、2018年9月23日の東京競馬場から、JRA-UMACAカードによるキャッシュレス投票で、競馬場(JRA競馬場のみ)やWINSでの購入が可能となった。
WIN5は、2011年4月24日より開始された。
対象となるレースは原則として「日曜日のメインレースのうち最も発走時刻の遅いものを起点に、時間をさかのぼった5レース」で、購入方法としては「完全セレクト」(対象競走をすべて購入者が予想、この購入方法に限りフォーメーション形式の購入が可能)、「一部セレクト」(各競走1頭ずつ最大4競走予想し、残りはコンピューターが無作為に採番)、「ランダム」(5競走すべてコンピューターが無作為に採番)の3種類が選べる払戻金については3つの購入方の票数すべてを合算するため、どの方法で購入しても払戻金は同一となる。

発売単位は100円。
前日の19時30分から(はくぼレース期間中は前日の20時から発売開始となる)、即PATとA-PATではWIN5の最初のレースの発走時刻の10分前まで、JRAダイレクトでは同15分前まで購入できる(2017年3月27日以降は、順に5分前、10分前となった。
UMACAは導入初日から5分前締め切り)。
ただし、従来型携帯電話(フィーチャーフォン)については、JRAダイレクトを利用しての投票はネット上のクレジットカード決済を行うための「3Dセキュア」に対応していないため、当面の間利用できない(即PAT・A-PATは利用可)(日本中央競馬会)。
WIN5では、指定された5レースの1着馬を全て当てることが求められる。
つまり1レースでも予想が外れると、その投票は外れになる。
ただし予想した馬が出走取り消しや競走除外などになった場合には、その馬が含まれる組み合わせは、ほかのレースが的中か否かのいずれであっても返還の扱いとなる(競馬の開催ができなくなり対象競走が1競走でも施行できなくなった場合も同様ただし、前日の予報により、台風や豪雪などの予報が予想される場合には前日発売・夜間発売をしない場合があり、その場合はWIN5の夜間前売り発売(前日発売は行わない)も実施しない場合がある。
)。
的中票が1票もなかったり、払戻金が上限の2億円を上回った場合はキャリーオーバーが発生する(日本中央競馬会)。
なお成績表では「対象競走最後の競走」が行われた競馬場の所で発売票数・的中票数・払戻金が記載される(開催最終日に表記される総計も「対象競走最後の競走」が行われた日のみで集計される5ページ目の有馬記念の成績表でWIN5の発売票数などが、7ページ目の勝馬投票券売得金の欄で5重勝(=WIN5)の発売金額が記載されている。
)。
対象レースでの1着馬が同着の場合、各組み合わせに等分した後、それぞれの投票口数に応じて配当が支払われる。
2012年12月9日のWIN5では4レース目の尾張ステークスで1着同着が発生し、2通りが的中となり、それぞれ1票と20票が投票されたが、1票の組み合わせの配当が2億円、20票の組み合わせの配当が、1504万6990円(キャリーオーバー1億93万8320円)と配当が分かれた。
2011年6月26日に初めて払戻金の上限2億円を記録した(8-4-11-1-6番人気、3票的中、次回キャリーオーバー:4億6718万8320円) - JRA・2011年6月26日。
しかし、翌週の7月3日はキャリーオーバーの影響もあり、売り上げが過去最高の22億6300万3500円を記録するも、上位人気馬が概ね順当に勝利したこともあって、払戻金は当時の過去最低の1万9680円であった(2-2-1-1-2番人気、10万8638票的中)。
2011年9月4日分は、初の的中票なしとなった(3-11-10-2-4番人気)。
売上げ11億5556万7400円の内、次回キャリーオーバーが8億5280万8741円となった。
2011年10月10日の東京競馬で、初めて日曜日以外にWIN5を実施した(同日は東日本大震災による開催日程変更で急遽設定された代替開催日)。
また前日の日曜日(10月9日)にもWIN5を実施したため、WIN5の2日連続実施も初めてとなった。
2012年1月5日に、休日開催以外では初めて実施した。
同様のケースには2013年1月5日(土曜開催で初の実施)と同年9月17日(前日の台風の影響による中山・阪神両競馬場の代替開催日(2013年9月16日 JRAリリース 9月17日閲覧))がある。
2012年9月30日分は、「WIN5」導入後初めて発売自体が取りやめとなった。
これは阪神競馬場が、台風による影響で安全な競馬レースの施行に支障をきたすため中止となったことによるもので(2012年9月30日 JRAリリース 同日閲覧)、前日の夜間発売の段階から発売は見合わせられていた(2012年9月29日 JRAリリース 9月30日閲覧)。
10月1日の代替競馬への順延もしなかった。
このように、WIN5対象の競走が行われる競馬場のうち1つでも中止・順延が発生した場合は、代替は原則として行わないことにしているが、2013年9月16日は台風により中山・阪神とも開催中止となり、次の9月17日に行われた代替開催では、16日に予定されたスケジュールと同じ内容で発売されている。
2012年10月21日分は払戻金7320円(2-1-1-1-1番人気)で導入後初めて1万円を割った。
スタート以来、100円に対する払戻の上限は2億円とされていたが、2014年6月7日から6億円に引き上げられた(netkeiba.com 2014年6月6日 6月8日閲覧)。
2015年9月13日分で導入後初めて払戻金が3億円を突破した(2015年9月13日 JRAリリース 同日閲覧)。
2016年8月21日分では導入後初めて払戻金が4億円を突破した。
上述の通り、2018年の秋以降、勝馬投票券のキャッシュレス発売機導入に伴い、JRAの各競馬場やウインズでもWIN5の発売が可能になる(東京競馬場を皮切りとして順次2019年にかけて導入予定)スポーツ報知、2017年10月17日閲覧。
2018年12月23日分では、2014年11月23日以来約4年ぶりとなるキャリーオーバーが発生。
売上げ8億5686万300円の内、次回キャリーオーバーは5億9980万2210円。
キャリーオーバー額としては、2011年9月4日分に次ぐ歴代2位の記録である。

引用:Wikipedia:データベース

WIN5 ビッグ配当に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもWIN5 ビッグ配当に関連のある動画ばかりではありません。

WIN5 ビッグ配当に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング