TAIJIとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
YOSHIKIの自伝にTAIJIの脱退理由が書いてあり「Xに加入し... - Yahoo ...
最期は母と恋人に看取られたそうです… 飛行機での暴行事件からサイパンで逮捕され 、14日に勾留先で首つり自殺を図って意識不明の重体だったX(現X JAPAN)の元 メンバーTaiji さんですが、17日に死亡が確認されました。【2011年7 ...
「本物のロッカーだった」元X・TAIJI、壮絶人生の「告白本」計画も進んで ...
YOSHIKIの自伝にTAIJIの脱退理由が書いてあり「Xに加入してから常にもめ事を 起こすTAIJIをHIDEは許さないと言っ ... 確かに、HIDEは、TAIJIが...
ホットキャビ・クールキャビ|タイジ株式会社
TAIJIさんの婚約者が女性マネを告訴。ニッカンスポーツ・コムの芸能ニュースです。
TAIJIの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

沢田 泰司(さわだ たいじ、1966年〈昭和41年〉7月12日 - 2011年〈平成23年〉7月17日)は、日本のロックベーシスト、ミュージシャン。
千葉県市川市出身。
通称はTAIJI。
X(現・X JAPAN)を経てLOUDNESSやD.T.Rなどで活動した。
身長173cm、体重55kg、血液型A型(長年B型と思っていたが、1991年渡米中に受けた検査によりA型だと判明した。
)。
尚、TAIJIの死後、HIDEと同様正式メンバーと数えられているような形式がX JAPANオフィシャルサイト等でとられている。
愛称は「たいちゃん」。
* 1966年7月12日、千葉県市川市に生まれる。
3人兄弟姉妹の次男で、兄と妹がおり、妹は先述の通り、歌手のSister MAYO。
2歳の時、親が経営する工場の機械に手を突っ込み、右手中指の第一関節から上を切断した。
* 1974年、小学2年生でアコースティックギターをプレイし始め、3か月後のクラス会で初ステージ。
曲は「禁じられた遊び」(正確には映画「禁じられた遊び」のテーマソング「愛のロマンス」)」だった。
* 1979年-、中学生になると家庭の事情(両親が離婚し母親が再婚した)から非行に走る。
* 1982年、千葉明徳高等学校に進学して、エレクトリックギターを始めロックにのめり込むようになる。
同時にバンドも組み、アイアン・メイデンやレインボー、ディープ・パープル、キッス、モーターヘッド、LOUDNESS、子供ばんどなどのコピーにいそしむ。
プロのミュージシャンになるため僅か一年で中退。
この時、「TRASH トラッシュ」というバンドを結成してギターを担当する。
同時期メンバーにLADIES ROOMのHyakuが在籍していた。
沢田の作ったオリジナル曲でコンテストを勝ち抜いた。
またベスト・ギタリスト賞も受賞。
* 1984年、友人のバンド「DEMENTIA」(ディメンシア)でベースをプレイしたことがきっかけで、ベーシストへ転向。
ディメンシア時代はRayと名乗っていた。
その後、ディメンシア脱退後は「PROWLER」(プローラー)に加入するも、リーダーの青木セイブンと反りが合わず、ライブを一度も行うことなく脱退。
また家も勘当され、一時期渋谷のラブホテルで住み込みのアルバイトをして暮らしていた。
* 1985年、いくつかのバンドを渡り歩いた後にXへと正式加入。
当時沢田はXの音楽性が自分に合わず加入するつもりはなかったが、YOSHIKIの熱心な誘いを受けるうちに「この人となら音楽以外の何かでもできそうだ」と感じ、沢田の推薦するギタリストと交代させることを条件にXに加入することになったと語っている1992年、雑誌「Fool's Mate」でのインタビューより。

その後一度脱退しているが、1986年に再加入している。
この時のXは、インディーズの頃からメンバーに課せられる出費が大きく、とてもアルバイトでは追い付かなくなり、身の回りの物を売り払ってまで費用を工面していた。
* 1989年、Xメジャーデビュー。
両親とは高校中退を境に絶縁状態となっていたが、Xのメジャーデビュー後、ライブに招待し和解した。
* 1991年頃からスタジオミュージシャンとしての契約になる。
 正式メンバーとしては1991年12月31日まで。
* 1992年1月31日、ミュージックステーションにて脱退発表。
正式発表は「脱退」という形であったが、実際にはYOSHIKIによる解雇。
ラストステージは1月7日の東京ドーム3days。
Xからの公式な発表では音楽性とファッションの違いとされていたが、沢田自身は自伝の中で「自分がバンド内での収入格差に文句を言ったのとYOSHIKIのドラムプレイに対して平気でダメ出しをする様になり、彼との間に軋轢が生じたからではないか」と述べている。
一方、YOSHIKIは自伝『佳樹』の中で「TAIJIのベースはXに必要だったが、TAIJIが自分との約束をいとも簡単に破ったこと」を原因として挙げている。
* 1992年4月、親交のあったLOUDNESSに前任ベーシスト山下昌良の推薦で加入。
芸名をTAIJIから本名の沢田泰司に改める。
* 1993年11月、LOUDNESS脱退。
この年LOUDNESSは契約上のトラブルで解散状態になっていた。
その後リーダーの樋口宗孝よりLOUDNESS再始動の呼びかけがあったものの、解散状態であった時期にLOUDNESSの活動を諦め、ソロアルバムの制作(後のD.T.R)を決めていたためにタイミング的に再集結を辞退し、脱退せざるを得なかった。
再始動を呼び掛けたリーダーの樋口自身もその直後に脱退。
以後高崎以外のオリジナルメンバーを全て失ったLOUDNESSは2000年のオリジナルメンバー復活まで『高崎晃プロジェクト』に近い形で活動を行うことになる。
* 1994年7月、自身がリーダーを務めるDirty Trash Roadを結成。
バンドと同名のアルバム「Dirty Trash Road」とそのアレンジ違いの「Dirty Trash Road〜Acoustic」を二枚同時発売する。
* 1995年、芸名を本名から沢田大司に改名、またバンド名の略称であったD.T.Rを正式な名称とした。
D.T.Rの2ndアルバム「Daring Tribal Roar」をリリース。
またNIGHT HAWKSの青木秀一の呼びかけで聖飢魔IIのSgt.Luke篁III世参謀(現:CANTAのルーク篁)、44MAGNUM〜ZIGGYの宮脇“JOE”知史らと共にKingsを結成。
アルバムをリリースする。
* 1996年頃、D.T.R事実上の活動休止。
ほぼ同時期に経済的な理由で妻とは離婚。
以降約2年に渡って放浪生活を送る。
この頃は公園や倉庫などに寝泊りしており、喧嘩の際に角材で前歯を折られるなどの被害に遭う。
* 1998年5月、HIDEの訃報の際には自身の生活もままならない中で葬儀に駆けつけた。
その際、ケンカで折られた歯をYOSHIKIに見られ、後日YOSHIKIから200万円ほどの金を渡されたとのこと沢田泰司『伝説のバンド「X」の生と死―宇宙を翔ける友へ』徳間書店、2000年4月。
HIDEの葬儀をきっかけに久々に旧友たちと再会後、彼らの支援によって音楽活動を再開する。
この頃に芸名を本名の沢田泰司に再び戻す。
やがてCloud Nineを結成するも、Cloud Nineでは出来ないアコースティックな音楽も志向しているという理由で間もなく脱退。
その後音風を結成してギターとベース・ギターを兼任で在籍。
音風には、ボーカリストとして実妹のMASAYOも在籍。
* 2005年、バイク事故を起こし足の靭帯を切断するほどの大怪我を負う。
手術費用工面のため、自身のベースをインターネットオークションに出品。
* 2006年、1月8日にMASAYOの脱退が音風公式サイトで発表された。
また、同年7月30日より再びD.T.Rの活動を再開、個人としては初となるオフィシャルサイトがオープン。
そして、シルバーアクセサリーブランド「DTROCKERS」を立ち上げる。
* 2007年6月13日、HOLIDAY SHINJUKUにて開催された元COLORのMARRYの追悼GIG「6.14 Memorial LIVE TOKYO」にゲスト出演。
RAPESの新谷の呼びかけによるものであることをブログで明かしている。
* 2007年10月、Cloud Nineより、ベーシストのMARUが脱退したため、Cloud Nineに期間限定で電撃復帰。
期間限定とはいつまでなのかは詳しいリリースがなく、定かではなかった。
その後、D.T.Rについての更新も途絶えた。
* 2008年7月公開の映画「attitude」で音楽監督を務める。
自身のブログでは大仁田厚へ楽曲提供を行うことも発表された。
* 2008年9月、持病のてんかん・脳梗塞が悪化、左足大腿骨頭壊死による人工股関節が外れ緊急手術。
歩行困難となり、12月2日に転倒事故で胸と喉を強打し入院したことが自身のブログ上でスタッフによって明らかにされた。
* 2009年7月、元COLORのボーカリストダイナマイト・トミーらとともにバンド「The Killing Red Addiction(TKRA)」を結成。
ロサンゼルスのWhisky A GoGoという、ロックバンドの聖地的なライブハウスでお披露目ライブを開催した。
* 2009年11月、2007年以降活動が停滞していたD.T.R(Dirty Trash Road、以下旧D.T.R)の解散を発表。
理由は沢田によると「スタッフのD.T.R収益の横領による精神的ダメージ」であるとしている。
この件について沢田によれば「D.T.R関連の一切の利益がスタッフにのみ渡っており、メンバーには一円も還元されていない」という。
また、メンバー間の音楽的な相違が見られたことも関係していると語られた。
同時に、沢田と黒田により同名のバンド「D.T.R」(以下新D.T.R)の結成が発表された。
新D.T.Rは「Death to Rive」の略と説明されている。
旧D.T.Rのメンバーは沢田と黒田を除き、不参加。
それ以外のメンバーとスタッフを公募していた。
* 2010年、TS GLASTON COMPANYを設立。
* 2010年1月、自身のバンドであるTAIJI with HEAVEN'Sを本格始動。
TAIJI with HEAVEN'S名義でファーストミニアルバムをリリース。
* 2010年4月、クラウド・ナインのShu、TAIJI with HEAVENSのDAI、CRAZY QUARTER MILEのHINAとともに3バンドの合体プロジェクト「TS PROJECT(TSP)」を始動。
ボーカルは10月にDAIからC.O.R.Eの丸木“TAZZ”忠大に変更。
TSPは活動開始以降精力的にライブ活動を行っていた。
* 2010年7月、8月14,15日に横浜国際総合競技場で開催される「X JAPAN WORLD TOUR Live in YOKOHAMA 超強行突破 七転八起 〜世界に向かって〜」に緊急参戦が決定したとメディアで報道された。
報道通り沢田は14、15の両日に当時と同じTAIJI名義にて「X」を演奏し、1992年の東京ドーム3days,「破滅に向かって」以来約18年ぶりに旧友であるX JAPANのメンバーと共演。
ライヴ後のインタビューでYOSHIKIは「またTAIJIに来てもらうこともあるかも」という発言をしていた。
* 2011年2月、TSPの初音源『Rest In Peace』をWe Rock誌の付録として発表。
* 2011年に、TAIJI with HEAVEN'Sとして韓国のFrontman-groupと契約し、韓国内での活動を開始。
TOKIYAがギターにゲスト参加、RYUTAROが脱退し、幅広い楽曲かつ多彩なアレンジを目指すべくツインギタースタイルに転向。
5人目のメンバーHALを加えてLIVEを予定していたが、東日本大震災の影響で中止となる。
*2011年7月17日、サイパン島で死去。
享年45歳。
元X〜LOUDNESS〜D.T.R〜Cloud Nine〜THE KILLING RED ADDICTION、TAIJI with HEAVEN'S、TSP のベーシスト・ギタリスト・アレンジャー・作曲家。
「呪文降臨〜マジカル・フォース」などを唄うSister MAYOは実妹である。
ベースのみならずギターもプレイし、X在籍時からアコースティックギターによる楽曲も数多く残している。
活動の詳細は後述する。
芸名については「Ray」(ディメンシア)、「TAIJI」(X、Cloud Nine)、「沢田泰司」(LOUDNESS加入以降)、「沢田大司(読みは本名と同じ)」。
晩年は基本的にX時代の「TAIJI」または本名である「沢田泰司」を使用していた。
Xメジャーデビュー時に結婚。
一男一女をもうけたが、後に離婚。
ファンクラブは「ガソリン・カウボーイ」。
元々は沢田の個人ファンクラブだったが、後にD.T.Rのファンクラブとしても活動し始めた。
後に解散。
最後の活動として、TAIJI with HEAVEN'Sが韓国にて海外公演を行う(現在もHEAVENSは活動中)。
趣味・特技のひとつに料理があり、プロ級の腕前を持っていた。

引用:Wikipedia:データベース

TAIJIのツイート

TAIJIに関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング