T-705とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
抗感染症領域 | 富山化学工業
T-705の最大の特徴は、これまでの抗インフルエンザウイルス剤と異なる新規な作用機 序です。細胞内でT-705が活性体である三リン酸体に変換され、インフルエンザウイルス の複製酵素であるRNAポリメラーゼを選択的に阻害してウイルスの増殖を直接阻止 ...
日本企業に特効薬の期待 - 朝日新聞GLOBE
貴社の抗ウイルス薬『T-705』の鳥インフルエンザに対する効果を試させてくれないか」 。差出人は、米ユタ州立大教授、ドナルド・スミー。ウイルス研究者の間では知らない人 はいない。バイオテロの危機に備え、米国立保健研究所(NIH)から研究を委託されてい  ...
No.21132 T-705承認まで道のりは険しい - 4901 - 富士フイルム ...
2013年5月17日 - 今現在T-705はA型・B型インフルの第Ⅲ相試験を終了し、製造販売承認を申請して から2年2ヶ月が経ちますが、もしかすると鳥インフルの申請も厚生省から求められ遅く なっている可能性もあるかと思います。消極的な意味合いでの承認遅れ ...

■2018年10月28日
昨日の日経、小野薬品社長とのイ…
昨日の日経、小野薬品社長とのインタビュー記事を読み、学者先生の傲慢さや世間知らずの面が垣間見られ少々残念に思っています。ここFFもこうゆう方々と付き合いながらの仕事、大変だなぁとも思っています。また&

■2018年10月27日
変人ではありませんさんの意見が…
変人ではありませんさんの意見が聴きたい!

■2018年10月27日
さすが、富士だね。。。すぐ切り…
さすが、富士だね。。。すぐ切り返してくるね。ただし、+34とは寂しい気がする。最低+50はほしかった。。

■2018年10月26日
追伸 ニューヨークバブルはじけ…
追伸 ニューヨークバブルはじければ、日本チャンス。< />資本主義は必ずどこかにバブルを作りださなければならない。< />ピンチはチャンス。ニューヨークの後は、日本かも?<

■2018年10月26日
何か、日本勘違いしてる。 ニュ…
何か、日本勘違いしてる。< />ニューヨークがバブリーなのか、日本が安すぎかはわかりませんが、ニューヨークが下がったからと言って、日本下げすぎ。< />世界的に見ても、日本まだ

■2018年10月26日
日本もいくらさげても300程度…
日本もいくらさげても300程度、空売りリスクの方がより高くなる、ここが我慢のしどころ。

■2018年10月26日
日銀の介入の追い風で、もっと戻…
日銀の介入の追い風で、もっと戻せ

■2018年10月26日
ダウ、400上がって200先物…
ダウ、400上がって200先物で下がったら、200上がったとも見えます。ものは考えよう。

■2018年10月25日
第一四半期の決算は見ているかな…
第一四半期の決算は見ているかな?< />不安材料はないよ。長年の技術蓄勢があるフィルム事業であるチェキで儲けて、10年以上前に着手した再生医療でも儲ける。更に安定した需要が見込めるXero

■2018年10月25日
山高ければ谷深し。日本株少しま…
山高ければ谷深し。日本株少しましなのは、普段からN村証券に空売りで株価押えられていたので、山はそんなに高くないが、救いかな?

■2018年10月25日
個別で悪材料がでたわけでもなく…
個別で悪材料がでたわけでもなく、FRBの利上げに端を発した、アメリカのファンドの仕掛けで下げているだけ。イタリアやサウジなど後付け的な理由にしかみえない。< />考えてみればここまで安く売

■2018年10月25日
この地合いじゃどうしようもない…
この地合いじゃどうしようもないが、中国のレンズ工場売却はいいニュースだと思う遅きに失した感が無きにしもあらずだが誰か詳しい方いらっしゃいませんか?

■2018年10月25日
マ~ダまだ下げたランね?...…
マ~ダまだ下げたランね?...マダ様子見

■2018年10月25日
ジタバタせず、じっと待てば戻っ…
ジタバタせず、じっと待てば戻ってきます。かなり空売りが増えているので、かなりな買い戻しも期待できるので。

■2018年10月25日
だいたい日経24500になると…
だいたい日経24500になると、ファンドの仕掛け的な売りが出て21000台くらいまで下げてくるパターンが昨年もあったような?

■2018年10月24日
富士フィルムの子会社の富士ゼロ…
富士フィルムの子会社の富士ゼロックス大規模のリストラをやったんだね全くニュースには成らなかったなあ

■2018年10月24日
夕べの日経読んだが、ゼロックス…
夕べの日経読んだが、ゼロックスのビセンティンCEOって強気の発言の割に来年2月に逃げる算段してないか?四半期決算の利益率が前年度50%減って、アイカーンもディーソンもほかの株主に叩かれるだろ、これ

■2018年10月24日
iPS細胞に力を入れて欲しいで…
iPS細胞に力を入れて欲しいですね

■2018年10月23日
先物が大暴落中 今週か来週ま…
先物が大暴落中今週か来週また4000円切るくらいまで下がるかもね

■2018年10月23日
FFの株価って、業績好調にて2…
FFの株価って、業績好調にて2019.3期決算楽しみ。6000 ~ 6500は間違いなく、下がった時の追加押し目買いを考えたら良いだけにてこんな楽な銘柄有りません。地政学リスクも為替変動も米中貿易摩擦

T-705は細菌との混合感染下でも強い抗インフルエンザ作用を発揮:日経 ...
2013年7月1日 - インフルエンザは、細菌との混合感染によって増悪、重症化することが知られている。…
富山化学のインフルエンザ治療薬T-705、2013年中に米国フェーズIIIを ...
2013年9月10日 - 米MediVector社のCarol Epstein CMO(Chief Medical Officer)は2013年9月8日、 南アフリカ・ケープタウン市で開催されている「Options for The Control of Influenza」で 、インフルエンザ治療薬T-705(ファビピラビル)について講演した。

■2018年10月29日
米研究者ら、RNAの3次配列を標的とする低分子化合物の創薬に成功
 低分子薬の創薬標的として実現性が低いと考えられてきたRNAだが、ミトコンドリアRNAの3次配列に創薬標的としての可能性が見いだされた。米Yale UniversityのAnna Marie Pyle

■2018年10月29日
日経デジタルヘルスより、バンダイナムコとアステラス製薬、運動支援アプリ開発へ
バンダイナムコエンターテインメントとアステラス製薬は、継続的に運動する必要がある人を支援するスマートフォン向けアプリに関する共同開発契約を締結した。アステラス製薬が運動プログラムを立案し、バンダイナム

■2018年10月29日
米非営利組織、病原体を迅速に検出するプラットフォームを公開
 Facebookの共同創業者であるMark Zuckerberg氏の妻で、小児科医でもあるChan Zuckerberg氏が立ち上げたChan Zuckerberg Biohub(Biohub)とC

■2018年10月29日
米FMI社、スイスNovartis社と癌治療のコンパニオン診断薬を共同開発へ
 スイスRoche社傘下のFoundation Medicine(FMI)社は、2018年10月17日、Novartis社とコンパニオン診断薬(CDx)の共同開発契約を締結したと発表した。Novart

■2018年10月29日
米Amgen社、英Oxford Nanopore Technologies社に74億円を投資
 米Amgen社は、2018年10月18日、英Oxford Nanopore Technologies社に対して総額5000万ポンド(約6600万ドル、約74億円)の株式投資を行うと発表した。

■2018年10月26日
【機能性食品 Vol.357】、広島県因島(現尾道市)で開発された杜仲が機能性表示食品に
 まずは、食品の機能性解析で重要度を増しているエピジェネティクス、エピゲノムの新しい分析法などを紹介する記事をとりまとめたので紹介します。ChIP法の進化形のCut&Run法や、Hi-C法の進化形のS

■2018年10月26日
【日経バイオテクONLINE Vol.3033】、スプライシング制御の低分子薬で競うNovartis社とRoche社
 おはようございます。副編集長の久保田です。先日、低分子薬の新たな作用機序(MOA)として、mRNAなどの核酸を低分子薬で狙う動きについてお伝えしました。特集◎低分子薬で核酸を標的にhttps://b

■2018年10月26日
日経デジタルヘルスより、唾液検査システムで口腔内健康状態を追跡、ライオン
2016年から弘前COIに参画しているライオンが、多項目唾液検査システム「SMT」(Salivary Multi Test)を活用した口腔内の健康状態の推移の追跡について検証している。同社 経営戦略本

■2018年10月26日
第3回再生医療産学官連携シンポジウム、長崎大、十二指腸ESD後の合併症対象に自家骨格筋由来細胞シートの移植を目指す
 日本再生医療学会と再生医療イノベーションフォーラム(FIRM)、ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)は、2018年10月23日、第3回再生医療産学官連携シンポジウ

■2018年10月26日
日経デジタルヘルスより、FDA認証のAI自動診断システム、トプコン子会社が独占契約
トプコンの完全子会社である米Topcon Healthcare Solutions社と米IDx Technologies社は、IDx社が開発した糖尿病性網膜症AI自動診断システム「IDx-DR」に関す

■2018年10月26日
本村聡士の台湾バイオ最前線、台湾に学ぶ、「女性活躍」のススメ
 バイオテク業界においても「女性活躍」は周知の事実である。活躍の幅はスタッフや管理職にとどまらず、台湾を代表する上場企業の経営幹部や創業者としてもだ。2011年から2017年までに、新規株式公開(IP

■2018年10月26日
Vienna医科大学、ヒトの便からマイクロプラスチックを初めて検出
 オーストリアのVienna医科大学の研究者らは2018年10月23日、人間の糞便からマイクロプラスチックが初めて検出されたと欧州消化器病学会2018年大会で発表した。微細に分解されたプラスチックごみ

■2018年10月26日
キユーピー、2022年に売上高4億円目指し、医療機器事業へ参入
 キユーピーは、医療機器事業に新規参入する。2018年10月26日、ファインケミカル事業の発表会を開催し、同社が承認を取得した精製ヒアルロン酸ナトリウムを主原料とする後発医療機器である内視鏡用粘膜下注

■2018年10月26日
米Sarepta社、仏Lysogene社からムコ多糖症の遺伝子治療を導入
 希少疾患遺伝子治療の開発において世界有数の米Sarepta Therapeutics社は、2018年10月15日、中枢神経系疾患に対する遺伝子治療を開発しているフランスLysogene社と、LYS-

■2018年10月26日
英Eagle Genomics社、Microsoft社のサービスと提携しマイクロバイオーム研究支援
 英Eagle Genomics社は、2018年10月15日、米Microsoft社の「Microsoft Genomics」サービスと提携すると発表した。マイクロバイオーム研究によって得られるデータ

■2018年10月25日
テラ、第三者委員会から請求された1億円超の調査費用を減額請求へ
 テラは2018年10月24日、第三者委員会の調査報告書と、2018年12月期第2四半期の決算概況について、説明会を開催。説明会には、テラの遊佐精一社長、矢崎雄一郎取締役に加え、今回の一連の過程につい

■2018年10月25日
次世代エピゲノム創薬◎特集連動、生体の科学が「蛋白質・核酸の分子修飾」を特集
 金原一郎記念医学医療振興財団が発行する隔月誌「生体の科学」の最新号である増大特集「蛋白質・核酸の分子修飾」が2018年10月15日に発行された。146ページ構成で価格は4500円(税抜き)。

■2018年10月25日
ゲニポシド酸はムスカリン様アセチルコリン受容体を介して副交感神経系に直接作用
 小林製薬が、杜仲葉由来ゲニポシド酸を関与成分とする機能性表示食品の届け出を行った。消費者庁が2018年10月24日に届け出受理を公表した。

■2018年10月25日
米SQZ社とRoche社、末梢血単核球由来抗原提示細胞療法の共同開発を拡大
 細胞療法の独自技術基盤を有する米SQZ Biotech社は、2018年10月15日、スイスRoche社との癌免疫療法に関する共同開発契約を拡大したと発表した。SQZ社の技術で創出する抗原提示細胞(A

■2018年10月25日
谷本佐理名の“FDAウォッチ”、FDA、臨床試験の結果報告しないスポンサーに1日1万ドルの罰則案
 2018年9月、米食品医薬品局(FDA)は、米国の臨床試験登録システムであるClinicalTrials.govに臨床試験の情報を登録しながら、結果の報告を怠った場合のペナルティー(罰則)に関するガ

■2018年10月25日
【GreenInnovation Vol.366】、フレームシフトでアレルゲン性が変わる可能性を検討


■2018年10月25日
【日経バイオテクONLINE Vol.3032】、Mmの憂鬱、ゲノム編集のイノベーターは誰か? PAMフリーCas
 今まで話には聞いておりましたが、東京大学大学院理学系研究科の濡木理教授が、2018年10月18日に開催された日本医療研究開発機構(AMED)の革新的バイオ医薬品創出基盤技術開発事業の成果発表会で公然

■2018年10月25日
寛和久満夫の深読み科学技術政策239回、官民ファンドの役割
 サイバーとリアルが高度に融合したSociety5.0。その社会実装において、イノベーションの担い手であるベンチャー企業は重要な存在だ。しかし、日本発のユニコーンベンチャー(企業価値または時価総額が1

■2018年10月25日
国立精神・神経医療研究センター、2018年度中にアンチセンス核酸の承認申請へ
 国立精神・神経医療研究センター遺伝子疾患治療研究部室長の青木吉嗣氏は2018年10月15日、札幌市で開催された「第37回日本認知症学会学術集会」のシンポジウム「認知症に対する核酸医薬の基礎と臨床」で

■2018年10月25日
栄研化学、呼吸器感染症向けの体外診断薬の申請を開始
 栄研化学は、2018年10月24日、2019年3月期第2四半期決算説明会を開催した。同社が開発中の小型全自動遺伝子検査システム装置「Simprova」と多項目検査チップについて、呼吸器感染症向けの多

■2018年10月24日
【日経バイオテクONLINE Vol.3031】、島津製作所・田中所長のEureka!体験
 古代ギリシアの科学者だったアルキメデスは、入浴時にお湯が上昇した分の体積は彼の体の水中に入った部分の体積に等しいことを発見し、"Eureka! Eureka!"と2回叫んだといわれています。以来、E

■2018年10月24日
CRISPR/Cas9のCharpentier基本特許、AxceleadとGenAhead Bioが契約
 アイルランドERS Genomics社(Eric Rhodes社長)は、同社共同創設者のEmmanuelle Charpentier博士(現在はドイツMax Planck Instituteに主に在

■2018年10月24日
アルツハイマー病の治療戦略にミクログリアはどう位置付けられるのか?
 米Boston大学医学部薬理学教授の池津庸哉氏は2018年10月13日に、札幌市で開催された「第37回日本認知症学会」のシンポジウム「ミクログリアの生理・病態を踏まえた認知症治療戦略」で講演。アルツ

■2018年10月24日
聖路加大と島津、血液中代謝物のメタボロミクス解析で疾患予防法を確立へ
 聖路加国際大学と島津製作所は2018年10月23日、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の有無を判定するバイオマーカーを発見したと発表した。健康診断などで採取した血液中の代謝物をガスクロマトグラ

■2018年10月24日
次世代エピゲノム創薬◎特集連動、平野達也氏と胡桃坂仁志氏、「教科書を書き換えろ!」を編集
 理化学研究所の平野達也主任研究員と東京大学定量生命科学研究所の胡桃坂仁志教授が編集した実験医学増刊「教科書を書き換えろ! 染色体の新常識 ポリマー・相分離から疾患・老化まで」が2018年10月19日

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもT-705に関連のある画像ばかりではありません。
T-705の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

T-705に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもT-705に関連のある動画ばかりではありません。

T-705に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング