SKYACTIV Xとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
マツダの「SKYACTIV-X」はロータリーエンジン以来の「量産化」という快挙 ...
2017年8月9日 - 新生マツダを象徴する「SKYACTIV(スカイアクティブ)」は、その名を広く知らしめた クリーンディーゼルエンジンをはじめ、ガソリンエンジンからボディ、シャーシまでマツダの 最新技術の総称です。 マツダの今後を宣言する技術説明会は、スカイ ...

■2018年5月03日
SUV+セダン=中国市場向け!? マイバッハの最新作は贅を尽くした優雅なスタイル【北京モーターショー2018】
北京に出かけて驚いたのは、到着初日にメルセデスベンツの最高峰ブランドである「マイバッハ」を4回も見かけたこと。メルセデス・ベンツも飽きるほどたくさん走っていますが、そのハイエンドであるマイバッハを1日

■2018年5月03日
トヨタが米国向け新型「RAV4」を現地生産から国内輸出に切替えた理由とは?
トヨタ自動車が展開する約5,000店舗の国内販売網において、新車販売が少子高齢化による顧客数減少の影響で伸び悩んでいるそうです。 これまで系列販売店を競わせることで国内の新車販売を活性化してきたものの

■2018年5月03日
フェラーリに対抗!アストンマーティンが新型ミッドシップ計画を進行か?
アストンマーティンが新型のミッドシップ・スーパースポーツを開発しているという情報を入手しました。これはフェラーリ「488」やマクラーレン「P1」に対抗すべく開発されるようです。 ハイパーカーの「ヴァル

■2018年5月02日
総重量60トン超の大型トラックでも運転方法は乗用車とほぼ一緒。でもレバー類の操作はちょっと違う【新型スカニア・S650試乗】
皆さん、大型トラックの運転方法ってご存知でしょうか? 今回、スウェーデンのメーカー・スカニア社の新型トラック(トラクター)試乗会で実際に運転してきましたので、操作方法をお教えしますね(実際には大型自動

■2018年5月02日
SUBARUを愛するアメリカのスバリストって、日本のスバリストとどう違う!?
北米にはスバル車を購入する人にアドバイスをするSOA認定の「スバルアンバサダー」が存在する。2005年からスタートし、現在全米に1100人いるそうだ。その中の一人が今回お話しを聞いたダニエラさん。 普

■2018年5月02日
楽しみながら競いあえる。ツインリンクもてぎの新イベント「もてぎチャレンジグランプリ」の開催が決定!
ツインリンクもてぎで、4輪ナンバー付き車両によるタイム計測イベント「もてぎチャレンジグランプリ」が初開催されます! 「もてぎチャレンジグランプリ」は日頃、4輪ナンバー付車両でサーキット走行を楽しんでい

■2018年5月02日
販売現場に直接聞いた「SUBARU北米で躍進の原因とは?」
スバル躍進の理由は「北米市場での成功」が大きい。ちなみに今年は北米市場に参入してから50周年の年となる。販売台数を振り返ると、2006年までは途中浮き沈みも経験しながら緩やかなカーブで20万台前後まで

■2018年5月02日
華の見頃は5月上旬〜中旬。歴史ある神社の大鹿桜(福島)【車中泊女子の全国縦断記】
4月下旬、【道の駅 猪苗代】を拠点に桜めぐりをしてきました。今年は桜の開花が早かったため、見頃を過ぎているところもありましたが、まだこれから咲く品種もありますよ! 名称:道の駅 猪苗代 住所:福島県耶

■2018年5月02日
【ピレリスーパー耐久2018】第2戦・SUGO 3時間のST-TCRクラスでModulo CIVIC TCRが2連勝!
4月28~29日にスポーツランドSUGOで開催された「ピレリスーパー耐久シリーズ2018第2戦 SUGOスーパー耐久3時間レース」。 予選5番手からスタートしたModulo CIVIC TCRが3時間

■2018年5月02日
かき氷が完売するほどの快晴!今年も大盛り上がりだった【モータファンフェスタ2018】に行ってきました
2018年4月22日(日)に富士スピードウェイで開催された「モーターファンフェスタ2018」に行ってきました! イベント当日は少し歩くだけでも汗ばむほどの快晴で、フードショップではかき氷が飛ぶように売

■2018年5月02日
塚本奈々美、TGRラリーチャレンジでラリー初参戦で完走! 次戦はあの頭文字Dの舞台となった群馬・渋川大会へ
「WRCの日本開催を!」の合言葉のもと、ラリーの普及に多大な貢献を果たしているTGRラリーチャレンジ。 私は今季ネッツ東京レーシングからラリー初参戦することになり、迎えたその初戦、東日本シリーズ長野・

■2018年5月02日
「大人の女性」をターゲットにしたクルマとは? アクア・Rirvieで考える「本当の女性仕様」のカタチ
トヨタ車の特装を手がけるモデリスタから、アクアをベースとしたコンプリートカー「Rirvie(リルヴィー)」が発売されました。女性をターゲットにしたファッショナブルな商品ですが、そもそも女性仕様とは一体

■2018年5月02日
従来のレーダー探知機ではお手上げ! 新型の「レーザー式」オービスが大阪に見参
「なだか最近、オービス減ってない?」そんなアナタの観察力は大正解。実はオービス撤去は全国的に続いているのです。そんな流れの中、注目の新型オービスが登場しました! 大阪の国道26号上り線(第2阪和国道)

■2018年5月02日
中国生産に意味あり! BMWが公開した「第3のiモデル」iX3は、2020年市販予定【北京モーターショー2018】
「i」というブランドで推し進めているBMWのEV。中国といえば今や「盛大なEVフィーバー」というわけで、BMWもスルーするわけにはいきません。北京モーターショー2018で何台かの電動車両をお披露目しま

■2018年5月02日
これは似すぎ?「魂動デザイン」風だけどマツダじゃない。MG「X-motionコンセプト」【北京モーターショー2018】
「モーリスガレージ」を意味する「MG」というブランド。かつてはイギリスのスポーツカーブランドでしたが「MGローバー」となり、ローバーグループが解体されてミニやランドローバーが抜け出す形で別の道を歩み始

■2018年5月02日
国内発売が迫るトヨタ「カローラ ハッチバック」にホットモデルが存在?
現行「トヨタ オーリス」の後継モデルとして、今夏の発売が予想されている「カローラ ハッチバック」ですが、各種情報によると6月下旬に国内デビューする可能性が高そうです。 今年3月のニューヨークショー20

■2018年5月02日
BMWの「Mパフォーマンス」みたい!? ヒュンダイの新スポーツパッケージは2019年登場?
韓国ヒュンダイのエントリー・ハッチバック「i30」に設定が噂される新スポーツパッケージ、「Nライン」市販型プロトタイプを初めてカメラが捉えました。 関係者の話では、BMWに設定されている「Mパフォーマ

■2018年5月02日
ヨコハマタイヤの「ADVAN Sport V105」がBMW M5の新車装着タイヤに採用
横浜ゴムが誇るハイパワー・プレミアムカー向けタイヤの「ADVAN Sport V105」が、BMWの新型M5のOEタイヤとして採用されています。 2018年3月より全世界で発売が開始された新型BMW

■2018年5月01日
名門RAYBRIGに起用された注目のRQ。「カレーで距離が縮まる!?」北川みこちゃん【モーターファンフェスタ2018】
モーターファンフェスタの人気コンテンツ「ギャルパラ祭り」。今回は、名門RAYBRIG レースクイーンになりました「北川みこ」ちゃんです。レイブリックレースクイーンは注目の新人が起用され、採用された女の

■2018年5月01日
みんながオービスと見間違えちゃう「Nシステム」って何? 意外な危険性とは?
「Nシステム」とは、全国の道路の1500カ所以上に設置されている「自動車ナンバー自動読み取り装置」のこと。 眼下を走行するクルマのナンバーを読み取り、中央装置に伝送→蓄積され、主に犯罪捜査に使われてい

トヨタも驚くマツダの生き様、「SKYACTIV-X」が見せた技術の凄み ...
“究極のエンジン”誕生か マツダの「SKYACTIV X」は...
ついにきた! SKYACTIV-X マツダの完全に制御された圧縮着火エンジン ...
マツダの次世代エンジンが注目されています。ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの長所を兼ね備え、それでいて低燃費で、かつ使用状況で燃費がそれほど変わらないという夢のようなエンジンです。これまでも次世...- THE PAGE- 10分前
トヨタも驚くマツダの生き様、「SKYACTIV-X」が見せた ... - Yahoo!ニュース
2017年8月10日 - 8月8日、マツダの説明会で世界初公開された次世代型エンジン「SKYACTIV-X」。口の 悪いメディアは、「これは結局、トヨタのEVとのバーター」と称したが、換言すれば、トヨタ ですら実現が難しい内燃機関技術の量産化を、マツダが成し遂げよう ...
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもSKYACTIV Xに関連のある画像ばかりではありません。
SKYACTIV Xの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

SKYACTIV TECHNOLOGY(スカイアクティブ・テクノロジー)は、マツダが開発・製造する自動車技術の総称である。
2010年10月20日にマツダの新世代技術として発表された 。
* ガソリンエンジン「」* ディーゼルエンジン「」* オートマチックトランスミッション「SKYACTIV-DRIVE」* マニュアルトランスミッション「SKYACTIV-MT」* ボディ「SKYACTIV-BODY」* シャシー「SKYACTIV-CHASSIS」といった技術が含まれる。
こうした一連の技術により2015年までにマツダ車の平均燃費をグローバルで2008年比で30%向上させるとしている 。
従来の自動車開発ではエンジン、トランスミッション、プラットフォームといった主要なコンポーネントの設計時期が異なるため、個々の理想的な構造・設計を純粋に追求することは難しかったが、スカイアクティブ・テクノロジーは自動車を構成する要素技術を包括的かつ同時に刷新することで、車両全体の最適化を図ったという点に特徴がある。
スカイアクティブ・テクノロジーを採用した商品は製作誤差による性能の個体差を極小化することで、カタログ通りのスペックを全数保証するポリシーが貫かれており、こうした取り組みはマツダ車が属する価格帯の商品では異例である 。
2016年7月14日には車両運動制御技術「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS」を発表し、その第一弾「G-ベクタリング コントロール」を大幅改良したアクセラに搭載した 。
2016年度から2018年度に第2世代のスカイアクティブ・テクノロジーを登場させ、2019年度からは本格導入するとしている 。

引用:Wikipedia:データベース

SKYACTIV Xに関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもSKYACTIV Xに関連のある動画ばかりではありません。

SKYACTIV Xに関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング