SKYACTIV Xとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
マツダの「SKYACTIV-X」はロータリーエンジン以来の「量産化」という快挙 ...
2017年8月9日 - 新生マツダを象徴する「SKYACTIV(スカイアクティブ)」は、その名を広く知らしめた クリーンディーゼルエンジンをはじめ、ガソリンエンジンからボディ、シャーシまでマツダの 最新技術の総称です。 マツダの今後を宣言する技術説明会は、スカイ ...

■2018年2月17日
【JAPANキャンピングカーショー2018】軽キャンパーの元祖が送り出す最新の軽キャンパーとは?
日本独自規格による軽自動車をキャンピングカーに仕立てるというのは、海外からすれば信じられないはず。「JAPANキャンピングカーショー2018」では、興味津々といった様子で眺めている外国人の来場者も例年

■2018年2月17日
【平成初期の名車列伝】2代目はお得!? マツダ・ロードスターNB系の中古車はバリューありすぎ
今見ても価値がある平成初期の名車を紹介するシリーズ企画。今回紹介するのは平成10年に登場した2代目マツダ・ロードスターです。 この通称・NB型は、全長4mを切る小型のマツダ製オープン2シーター。4気筒

■2018年2月17日
【スバル・インプレッサ雪道試乗】氷上の「羊の皮を被った狼」。その実力が冬の東北で花開く
スバルのベーシックセダンであるインプレッサは、スポーツモデルのWRX系が独立したことも手伝って、どうしても地味な存在になりがちです。 そんな地味なインプレッサですが、雪道を走らせるとスバル車のウリであ

■2018年2月17日
スズキが2020年のEV発売に向け、インドで駆動用バッテリーの量産準備へ
スズキが昨年4月14日、環境対策で電動車への移行を目指すインドにおいて、東芝、DENSOとリチウムイオンバッテリーの製造を手がける合弁会社の設立を発表しました。 昨年9月からグジャラート工場内で200

■2018年2月17日
【新車】マイナーチェンジしたホンダ・ヴェゼルをスポーティに仕上げる「無限」パーツ
2018年2月16日より発売されているマイナーチェンジしたホンダ・ヴェゼルにも、ワークスチューナーといえる無限(M-TEC)は内外装を彩り、走りを磨く各種アイテムを用意しました。 パーツ開発のコンセプ

■2018年2月17日
【WRC2018・第2戦スウェーデン】連覇に向けトヨタ1-2発進!
2018年WRC(世界ラリー選手権)第2戦ラリー・スウェーデンが2月15日(木)に開幕。Day1終了時点でTOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamが1-2フィニッシュと

■2018年2月16日
【スバル・XV雪道試乗】雪道での余裕を生む200mmの地上高とXモード
インプレッサと共通のプラットフォームを採用するスバルXVの雪道試乗を十和田湖から盛岡までの雪道で行いました。 東北の雪道は除雪さえされていれば、路面はフラットでさほどクロスカントリー4WD的な性能を必

■2018年2月16日
過酷な条件下ほど「笑顔になれる」SUBARU車の驚異的なパフォーマンスとは?
昨年の4月1日に富士重工業株式会社から株式会社SUBARUへと社名を変更したスバル。 「モノをつくる会社から笑顔をつくる会社へ」をキャッチフレーズに掲げましたが、具体的にどのように笑顔を作り出すのか?

■2018年2月16日
システム総合出力462ps! パナメーラ4Eハイブリッドは4ドア版911のよう
ポルシェのフル4シーターセダン・パナメーラは、低く流麗なボディとスポーツカーそのもののハンドリングで大人気を博しているモデルです。 現行モデルは2016年に登場しましたが、今回、2017年に追加発表さ

■2018年2月16日
中古車買取販売のGulliverが『ガリバーな2月の決算SALE』の新CMに女優の真野恵里菜さんを起用
全国で中古車買取販売のGulliver(ガリバー)を展開する株式会社IDOMは、2月末が決算。そこで年明け頃からテレビコマーシャルを放送していますが、今年は若手女優の真野恵里菜さんを起用して、開催中の

■2018年2月16日
日産と共同開発の新エンジンも…メルセデス・ベンツ Bクラス次期型、白昼の寒冷気候テスト!
メルセデスベンツのコンパクトMPV「Bクラス」次期型が、スウェーデン北部へ再び姿を見せました。前回の夜間と異なり、今度は白昼堂々とテストです。 次期型では最新世代の「MFA」プラットフォームを採用し、

■2018年2月16日
【JAPANキャンピングカーショー2018】日常使いしやすく、車中泊まで「ちょうどいい」サイズのNV200バネット・ベースバンコン
「軽キャンパーでは狭い、ハイエースやNV350キャラバンでは大きい」という人にとって見逃せない選択肢になっているのが、日産NV200バネットやトヨタ・タウンエース/ライトエースをベースとしたバンコン(

■2018年2月16日
キャンピングカー選びのポイントとは?:キャンピングカー生活の日常・その10【車中泊女子の全国縦断記】
筆者は旅行は好きだけど旅行の準備が苦手。子どもの頃から忘れ物が多く、クラスの壁に貼られていた「忘れ物をするとマスが塗られる」棒グラフが紙からはみ出るほどダントツ1位でした。自覚があるので前日から何度も

■2018年2月16日
フットワークも決まって来た! ホンダ・シティミッド化計画・その4【OPTION 1983年10月号より】
以前、clicccar「Play Back The OPTION」で、改ミッドシップの特集記事「セルボ、ミラージュ、RX-7もエンジンは後ろへ! 無ければ作る、自作ミッドシップを作った勇者たち[前編]

■2018年2月16日
【スバル・XV雪道試乗】SUVのスタイリングは伊達じゃない。雪道で発揮されるその実力
現行XVは、初代となる2010年に登場したインプレッサXVから数えて3代目に当たるモデルで、現行インプレッサと同じくスバル・グローバル・プラットフォームと呼ばれる最新のプラットフォームを用いています。

■2018年2月16日
旧車ファン必見! ’60年代の国産車達に出会えるイベント開催【トヨタ博物館】
トヨタ自動車が運営する愛知県長久手市の「トヨタ博物館」で、1960年代を彩ったクルマを一堂に集めたイベント「元気!! ニッポン1960s!」を開催しています。(2月10日‐4月15日) 東京オリンピッ

■2018年2月16日
おそらく震災後初、スバルが東北地方でメディア試乗会を開催
2011年3月11日に発生した東日本大震災は、東北地方に甚大な被害を及ぼしました。今も福島第一原発は収拾がつかない状況が続いているのは周知のとおりです。 東北の復興についてはさまざまなアプローチが行わ

■2018年2月16日
スズキ、2020年に発売予定のEVで駆動用モーターを同社初の内製化へ
スズキがEV用駆動モーターの内製化(同社初)に向けて動いているようです。同社はこれまでHV用の駆動モーターについてはDENSOから調達していましたが、EVではモーターを内製化することで、性能・コスト面

■2018年2月15日
【新型レクサス・LS試乗】新型レクサスLSは静粛性向上を目指して高い空力ボディを採用
トヨタのプレミアムブランド、レクサスのフラッグシップモデルがLSです。日本市場で初代(通算4代目)にあたるLSは2006年に登場。2017年10月に11年振りのフルモデルチェンジを行い2代目LSへと進

■2018年2月15日
【平成初期の名車列伝】ありそうで無い、5ナンバーFRセダン・BMW E36系3シリーズ
今見ても価値がある平成初期の名車を紹介するシリーズ企画。今回紹介するのはE36型BMW3シリーズセダンの、日本では珍しいエンジンを搭載したモデルです。 ●BMW318i 全長×全幅×全高:4435×1

トヨタも驚くマツダの生き様、「SKYACTIV-X」が見せた技術の凄み ...
“究極のエンジン”誕生か マツダの「SKYACTIV X」は...
ついにきた! SKYACTIV-X マツダの完全に制御された圧縮着火エンジン ...
マツダの次世代エンジンが注目されています。ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの長所を兼ね備え、それでいて低燃費で、かつ使用状況で燃費がそれほど変わらないという夢のようなエンジンです。これまでも次世...- THE PAGE- 10分前
トヨタも驚くマツダの生き様、「SKYACTIV-X」が見せた ... - Yahoo!ニュース
2017年8月10日 - 8月8日、マツダの説明会で世界初公開された次世代型エンジン「SKYACTIV-X」。口の 悪いメディアは、「これは結局、トヨタのEVとのバーター」と称したが、換言すれば、トヨタ ですら実現が難しい内燃機関技術の量産化を、マツダが成し遂げよう ...
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもSKYACTIV Xに関連のある画像ばかりではありません。
SKYACTIV Xの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

SKYACTIV TECHNOLOGY(スカイアクティブ・テクノロジー)は、マツダが開発・製造する自動車技術の総称である。
2010年10月20日にマツダの新世代技術として発表された 。
* ガソリンエンジン「」* ディーゼルエンジン「」* オートマチックトランスミッション「SKYACTIV-DRIVE」* マニュアルトランスミッション「SKYACTIV-MT」* ボディ「SKYACTIV-BODY」* シャシー「SKYACTIV-CHASSIS」といった技術が含まれる。
こうした一連の技術により2015年までにマツダ車の平均燃費をグローバルで2008年比で30%向上させるとしている 。
従来の自動車開発ではエンジン、トランスミッション、プラットフォームといった主要なコンポーネントの設計時期が異なるため、個々の理想的な構造・設計を純粋に追求することは難しかったが、スカイアクティブ・テクノロジーは自動車を構成する要素技術を包括的かつ同時に刷新することで、車両全体の最適化を図ったという点に特徴がある。
スカイアクティブ・テクノロジーを採用した商品は製作誤差による性能の個体差を極小化することで、カタログ通りのスペックを全数保証するポリシーが貫かれており、こうした取り組みはマツダ車が属する価格帯の商品では異例である 。
2016年7月14日には車両運動制御技術「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS」を発表し、その第一弾「G-ベクタリング コントロール」を大幅改良したアクセラに搭載した 。
2016年度から2018年度に第2世代のスカイアクティブ・テクノロジーを登場させ、2019年度からは本格導入するとしている 。

引用:Wikipedia:データベース

SKYACTIV Xに関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもSKYACTIV Xに関連のある動画ばかりではありません。

SKYACTIV Xに関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング