SKYACTIV Xとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
マツダの「SKYACTIV-X」はロータリーエンジン以来の「量産化」という快挙 ...
2017年8月9日 - 新生マツダを象徴する「SKYACTIV(スカイアクティブ)」は、その名を広く知らしめた クリーンディーゼルエンジンをはじめ、ガソリンエンジンからボディ、シャーシまでマツダの 最新技術の総称です。 マツダの今後を宣言する技術説明会は、スカイ ...

■2018年10月30日
【ホンダ・ジェイドRS 試乗】追加された2列シート仕様をチェック。あらためてわかるデザインの独自性
立体駐車場に入る低めの全高に3列シート6人乗り仕様という、独自のポジションでデビューしたホンダ・ジェイド。2018年のマイナーチェンジでは、2列シート5人乗り仕様を追加させるなど、大きな変更がなされま

■2018年10月30日
2019年デビュー!メルセデス・ベンツ Eクラス改良型はAクラスの顔を持ち、362馬力のハイブリッドを新設定
メルセデス・ベンツ「Eクラス」の派生モデル「Eクラス ステーションワゴン」改良型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。 厳重にカモフラージュされたフロントマスクには、現行モデルとは明らかに異なるシャ

■2018年10月30日
「帝王」ローブ5年ぶりV! タナク&トヨタ勢はパンクに泣く【WRC ラリースペイン・デイ3,4】
10月27日(土)から28日(日)にかけてスペインのスペイン北東部カタルニア地方で開催されるFIA世界ラリー選手権(WRC)第12戦ラリー・スペインのデイ3,4が開催された。 前戦トルコ同様、首位でデ

■2018年10月30日
【新車】ジャガー・XFが2019年モデルにスイッチ。300PSの新グレード「300 SPORT」を追加
ジャガー・XFの2019年モデルが2018年10月29日から受注を開始しています。2019年モデルでは新たなグレードが追加され、全17グレードに拡充されています。 装備では、「リモートプレミアム」、「

■2018年10月30日
【初試乗】ニュル最速記録を飾った「ランボルギーニ アヴェンタドールSVJ」に驚異を見た!
Lamborghini Aventador SVJ ランボルギーニ アヴェンタドール SVJ 伝説の名「J」は伊達ではない。 アヴェンタドールSVJは、あの幻のランボルギーニ「J(JOTA=イオタ)」

■2018年10月30日
【新型フォレスター試乗】e-BOXER? それとも2.5リッターエンジン? 箱根の峠道でジャッジ「走りが楽しい」のはどっち?
スバルから2018年6月に発表されたスバルの新型フォレスターは、2.5リッターエンジンと2.0リッターエンジン+モーターによるマイルドハイブリッド「e-BOXER」という2種類のパワートレインを持って

■2018年10月30日
【エクストレイル・ハイブリッド試乗】モデル末期といえど、国産SUVのベンチマークとして未だに戦える理由とは?
現行エクストレイルが登場したのは2012年、ハイブリッドが追加されたのは2016年、既にモデル末期に近づいているともいえる、エクストレイルのハイブリッド仕様に試乗する機会を得ました。 「なぜこのタイミ

■2018年10月30日
【新車】BMW・5シリーズの523i・523dツーリングに設定されたスポーティな特別仕様車「M Spirit」
ダイレクト感と切れ味の鋭さを味わえるハンドリング、高速域での万全といえるスタビリティなど、BMWらしい走りが堪能できる現行5シリーズ。一度ステアリングを握れば、セダンやワゴンがその魅力を最も分かりやす

■2018年10月30日
【CR-V・ハイブリッドモデル試乗】基本的にEV、最適時にエンジンが起動する「i-MMD」。エンジン起動時のフィールはより自然に
新型CR-Vのハイブリッド仕様「ハイブリッドEX マスターピース」(全長4605×全幅1855×全高1690mm・車重1700kg)に試乗しました。駆動方式は4WDで、価格は436万1040円です。

■2018年10月30日
シトロエンの日本市場で最大のヒットモデル「C3」に加わったオシャレなシートカバー
日本で販売されているシトロエンで大ヒットになっているというC3は、販売台数の記録を更新中だそう。個人的な印象ですが、しなやかな走り、個性満点の外観、チープさを感じさせないインテリアなど、近年のBセグメ

■2018年10月30日
レクサスES用「デジタルアウターミラー」の室内モニターには後付け感有り?
トヨタ自動車が新型レクサスESにオプション設定した、量産車で世界初となる「デジタルアウターミラー」が話題を呼んでいます。 従来のドアミラー部に設置したカメラで撮影した車両後方の映像を室内フロントピラー

■2018年10月29日
無限からホンダ・CR-V用のパーツが11月下旬に登場。ノーマルのスタイリングを活かしてドレスアップ
2018年8月に発表した新型CR-Vの受注台数は9月30日の時点で5000台を超え、月間販売計画の4倍以上を記録しています。そんな人気車に無限が、各種エクステリアパーツや機能パーツを11月下旬発売予定

■2018年10月29日
6名のプロゴルファーと楽しめる「ジャガー・ランドローバー ゴルフ・ドリームデイズ」参加者募集中!
場所は名門フェニックスカントリークラブ ゴルフに注力した活動に積極的なジャガー・ランドローバー・ジャパン。その同社が極めて魅力的なイベントを開催する。それは、オーナー及びゴルフファンのために用意した特

■2018年10月29日
モデューロのホンダ・CR-V用パーツは、ボディにメリハリをつけるキットが勢揃い
いよいよハイブリッドモデルが11月1日から発売開始され、話題の新型ホンダ・CR-V。ホンダアクセスからは各種ユーティリティパーツやモデューロブランドのドレスアップパーツがラインアップされています。 今

■2018年10月29日
オープンカードライブで楽しめる、秋の香りは?
すっかり秋らしくなって、オープンカーで走るのがとても心地よい季節になってきました。すこし肌寒いくらいがオープンカーにとってちょうど良い気温です。オープンにしてもサイドウィンドーをあげておけば、ロードス

■2018年10月29日
【TOPIC】エンツォの情熱を展示!「フェラーリ・ミュージアム」特別イベント開催中。
フェラーリの本拠地、マラネッロにある「Museo Ferrari(フェラーリ・ミュージアム)」。現在、創始者のエンツォ・フェラーリ生誕120周年を記念して「Driven by Enzo」と「Passi

■2018年10月29日
【SUPER GT 2018】第7戦オートポリスはK-tunes RC F GT3が今季2勝目を飾る
10月20〜21日に大分県のオートポリスで開催された「2018 AUTOBACS SUPER GT Round 7 AUTOPOLIS GT 300km RACE」。優勝は96号車K-tunes RC

■2018年10月29日
【TOPIC】ジャガーの最速サルーンをニュルブルクリンクで体験できる!
スピードを愛するジャガーファンに朗報をお届けしよう。ジャガーのサーキットタクシーが登場した。しかも飛びきりのマシンに、飛びきりのサーキットで乗れる。マシンはニュルブルクリンク周回タイムの記録ホルダー「

■2018年10月29日
【実録】4日間約1400kmに挑んだ「1955年式 ポルシェ550A 1500RS スパイダー」参戦記!
La Festa Mille Miglia 2018 ラ・フェスタ・ミッレミリア2018 ブレシア〜ローマを往復する1600kmにおよぶ都市間スピードレースとして1927年から1957年にかけて行われ

■2018年10月29日
【ネオ・クラシックカー・グッドデザイン太鼓判:番外編】新型クラウン登場。いま、歴代クラウンのデザインを振り返る!(7代目)
80〜90年代の日本車デザインを振り返る本シリーズ。今年6月、15代目のクラウンが登場したのを機に、番外編として歴代クラウンのデザインを振り返ります。 80年代へのドアを叩き、クラウンとしての個性や見

トヨタも驚くマツダの生き様、「SKYACTIV-X」が見せた技術の凄み ...
“究極のエンジン”誕生か マツダの「SKYACTIV X」は...
ついにきた! SKYACTIV-X マツダの完全に制御された圧縮着火エンジン ...
マツダの次世代エンジンが注目されています。ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの長所を兼ね備え、それでいて低燃費で、かつ使用状況で燃費がそれほど変わらないという夢のようなエンジンです。これまでも次世...- THE PAGE- 10分前
トヨタも驚くマツダの生き様、「SKYACTIV-X」が見せた ... - Yahoo!ニュース
2017年8月10日 - 8月8日、マツダの説明会で世界初公開された次世代型エンジン「SKYACTIV-X」。口の 悪いメディアは、「これは結局、トヨタのEVとのバーター」と称したが、換言すれば、トヨタ ですら実現が難しい内燃機関技術の量産化を、マツダが成し遂げよう ...
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもSKYACTIV Xに関連のある画像ばかりではありません。
SKYACTIV Xの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

SKYACTIV TECHNOLOGY(スカイアクティブ・テクノロジー)は、マツダが開発・製造する自動車技術の総称である。
2010年10月20日にマツダの新世代技術として発表された 。
* ガソリンエンジン「」* ディーゼルエンジン「」* オートマチックトランスミッション「SKYACTIV-DRIVE」* マニュアルトランスミッション「SKYACTIV-MT」* ボディ「SKYACTIV-BODY」* シャシー「SKYACTIV-CHASSIS」といった技術が含まれる。
こうした一連の技術により2015年までにマツダ車の平均燃費をグローバルで2008年比で30%向上させるとしている 。
従来の自動車開発ではエンジン、トランスミッション、プラットフォームといった主要なコンポーネントの設計時期が異なるため、個々の理想的な構造・設計を純粋に追求することは難しかったが、スカイアクティブ・テクノロジーは自動車を構成する要素技術を包括的かつ同時に刷新することで、車両全体の最適化を図ったという点に特徴がある。
スカイアクティブ・テクノロジーを採用した商品は製作誤差による性能の個体差を極小化することで、カタログ通りのスペックを全数保証するポリシーが貫かれており、こうした取り組みはマツダ車が属する価格帯の商品では異例である 。
2016年7月14日には車両運動制御技術「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS」を発表し、その第一弾「G-ベクタリング コントロール」を大幅改良したアクセラに搭載した 。
2016年度から2018年度に第2世代のスカイアクティブ・テクノロジーを登場させ、2019年度からは本格導入するとしている 。

引用:Wikipedia:データベース

SKYACTIV Xに関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもSKYACTIV Xに関連のある動画ばかりではありません。

SKYACTIV Xに関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング