RX-8 リコールとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
【MAZDA】RX-8 最新リコール・改善対策・サービスキャンペーン情報 ...
平成14~15年式アテンザ、RX-8のリコールについて, 平成26年 6月23日届出. 平成14 ~15年式 RX-8、アテンザのリコールについて, 平成25年 4月11日届出. RX-8の サービスキャンペーンについて, 平成18年9月8日開始. RX-8のリコールについて, 平成 17 ...
マツダRX-8 2.9万台リコール - Yahoo!ニュース - Yahoo! JAPAN
マツダ「RX-8」3万台リコール 火災の恐れ
RX-8リコール!今度は燃料タンクだってさ | 車とバイクと安物ガジェットと…
マツダは6月1日、「RX-8」の燃料ポンプで不具合が起きる可能性があるとして、2003~08年に製造した2万9902台のリコールを国土交通省に届け出た。 燃料ポンプのうち、樹脂製パイプ部の耐久性が不...- ITmedia ビジネスオンライン- 13分前

■2018年4月26日
KR20Aを丸一年使ったら、サーキットと街乗りを兼用できる高コスパタイヤだということが分かった
格安のアジアンハイグリップタイヤであるKENDA KAISER KR20Aを、街乗りからサーキットまで使った感想をまとめる。使用期間は15か...

■2018年4月25日
RX-8のエンジンオイル+軽整備@127387km
ゴールデンウィークにサーキットを走る予定を立てたので、エンジンオイル交換とついでの軽整備を行う。 サクッと整備する 今回はエンジンオイル交換...

■2018年4月17日
高剛性で期待が高まる!格安ハイグリップタイヤATR SPORT 123Sを購入
格安アジアンハイグリップタイヤの代名詞といえばNANKANGのNS-2Rで、それとよく比較対象になるのがKENDAのKR20A。この二つのタ...

■2018年4月12日
安くて涼しくて安心な夏用フルメッシュジャケット コミネ JK-119 フルメッシュジャケット-シン
「夏場のバイクって涼しそうだよね」 な~んてバイクに乗ったことのない人は言うけども、実際はそのイメージと全く逆で、夏場のバイクはかなり暑い。...

■2018年4月11日
サーキットを走るのに車高調は必須じゃない!純正サスで走るべき本当の理由
「友達が車でサーキットを走ってるけど、俺も走ってみたいなぁ」 なんてことを思った時に、何をしなければいけないと思うだろう?   「...

■2018年4月06日
超激安!94円(送料込み)でタンクパッドを買ってみた
タンクパッドといえば、バイクのガソリンタンクのちょうど股間が当たる部分に貼る厚手のステッカーのことで、上着やズボンのチャックなどが擦れてタン...

■2018年3月28日
ユーザー車検を受けてきたので、流れをざっくり説明してみる
RX-8に2年に1度の恒例行事が訪れた。車検だ。 ユーザー車検で通す 僕がこのRX-8に乗り始めてからちょうど6年が経つので、今回の車検が3...

■2018年3月26日
車検対応の長期間使えるLED非常信号灯は、発煙筒の代替品になり得るか?
先日購入した三角停止表示板と異なり、助手席の足元などに詰まれている発煙筒は搭載義務があり、なおかつ薬品を使って赤い光を出す製品なので4年とい...

■2018年3月26日
バイクのチェーンメンテナンスはシンプルグリーンで出来る!ヘドロ化したチェーンをきれいにする
僕のNinja250Rのチェーンはどうしようもなく汚い。思い返してみれば友人から譲ってもらったその日からすでにこのチェーンは黒かったと思うの...

■2018年3月26日
Ninja250Rのエンジンオイル&エレメント交換方法
Ninja250Rのエンジンオイルとエレメント(オイルフィルター)を交換する。 エンジンオイル&エレメント交換 交換する前に一度現在のオイル...

マツダ「RX-8」の燃料ポンプに不具合 2万9902台をリコール - ライブドア ...
33分前 - マツダは2003年2月~08年2月に生産された「RX―8」2万9902台をリコール。燃料 ポンプに不具合があり火災の恐れ。
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもRX-8 リコールに関連のある画像ばかりではありません。
RX-8 リコールの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

RX-8(アールエックス-エイト)は、マツダが製造・販売していたロータリーエンジン搭載のスポーツカーである。
2003年3月-2012年6月22日の期間、生産された - 中国新聞 2012年6月23日 - レスポンス 2012年6月27日。
開発コードは「J60」。
車両型式「SE3P」。
プラットフォームの型式名はRX-7に引き続くFE型だが、マツダのロータリースポーツ車の新規車種として設計・生産され、2003年に発売が開始された。
搭載されるエンジンも、型式こそ従来と変わらない13B型であるが、ポートやハウジングを含めほとんどを新設計された自然吸気型13B-MSP型『RENESIS』(RE+GENESISの造語)を搭載した。
月間1,000台の販売を計画した。
;観音開き4ドアthumb|全開状態。
インテリアは限定色thumb|後部ドアドアノブと前席用シートベルトに注目RX-7の後部座席は「ワンマイルシート」と揶揄されるような補助的なもので、乗員の長距離移動には不向きだったが、RX-8ではアメリカ合衆国などの保険の関係により4ドアがフォード側の絶対条件であったため、大人4人が乗れるパッケージが求められた。
しかし、4ドアにすると車体が大きくなり重量も増し、ロータリースポーツの旨みである「軽快さ」がスポイルされてしまうので、前後ドアが観音開きになる「フリースタイルドア」を採用した。
後部ドアのアウターパネルは、軽量化のためにアルミ製とされた。
後部ドアには、ピラーと呼ばれるボディーの上下を結ぶ骨組みが組み込まれたビルトインピラーを他社に先駆け採用した。
これによって開口部拡大による車体の剛性低下を防いでいる。
後部ドアのドアノブは室内側にのみ存在し、前部ドアが開くことによって初めて開閉が可能となり、前部ドアが後部ドアをロックする役割も兼ね備えている。
後部座席への乗り降りには、フロント側のドアを先に開ける事が必須条件になっている(前席の乗員がいない場合には、前席シートを倒した後で身を乗り出してフロント側ドアを開けることで単独降車は可能であり、助手席側後部座席には、助手席シートを倒すレバーも付いている)。
前席のシートベルトは後部ドアに取り付けてある為、後部座席へ乗り降りするためには、前席搭乗者のシートベルトも着脱する必要がある。
;エンジン前述の通り、搭載エンジンは『ロータリーエンジン』である。
自然吸気(NA)とされ、排気ポートは市販ロータリーエンジンでは初となるサイド排気ポートを採用した。
これによって「RENESIS RE」はオーバーラップ0とすることが可能となり、従来のロータリーエンジンと比較して燃費も向上しており、低速トルクも改善されている。
吸気ポートは、6ポートのエンジンと4ポートのエンジンの2種類が設定され、6ポートのエンジンのレブリミットは9,000rpm(タイプS)という高回転型ユニットとなっている。
ターボチャージャーを廃したことで、伸びやかでストレスなくレブリミットまで回転する、よりロータリーエンジンの旨みを引き出したエンジンとなった。
ただし、サイド排気ポート方式には、排気ガスによって水温が上がりやすくなったり、燃焼室に煤がたまりやすくなるという欠点もあった。
このエンジンの基となったものを搭載した車が、コンセプトカー「RX-01」(1995年東京モーターショー展示車)にも搭載されている。
イギリスの「エンジン・テクノロジー・インターナショナル」が主催する「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー2003」を、過去最高の審査員50人中44人の得票を得て受賞した。
エンジンの最高出力は、カタログデータで標準モデル(5速MT/4速AT)が210PS、TYPE-E(6速AT)は215PS、TYPE-S(6速MT)250PS(以上マイナーチェンジ前の数値)である。
マイナーチェンジ前の210PSモデルは吸気ポートが4つであり、215PS、250PSのモデルは6PI(吸気ポートが6つ)であるが、マイナーチェンジ後に全て6PIで統一された。
また後期型はハイパワー版が250PSから235PSに修正されている。
この理由はレギュラーガソリンへの適合のためとされているが、より実測出力値に近い数値に合わせたともいわれている。
ロータリーエンジン搭載車としては、初めて電子スロットルを採用し、各種走行安定装置(電子制御)も導入されたモデルである。
なお、メーカーによる慣らし運転推奨車種(取扱説明書に記載)となっている。
;その他ブレーキキャリパーはフロント/リアとも片押し1ピストンであるが、フロントのディスクローター径はグレードにより大径となる。
MT仕様のプロペラシャフトは、カーボンファイバー強化樹脂とスチールを組み合わせた、軽量ワンピース型を採用(AT仕様はスチール製)。
パワーステアリングは、モーター制御の電動を採用した。
マツダのスポーツカーに継承されてきたフロントミッドシップはさらに推し進めれ、「アドバンストフロントミッドシップ」レイアウトを採用。
車両の重量配分はRX-7の最終型であるFD3S型と同様に「前後50対50」の比率を確保し、エンジンの搭載位置をより低くしたため、FD3S型よりもヨー慣性モーメントが5%低減され、高い旋回性能を誇っている。
安全面では、国土交通省による衝突安全性能総合評価において、運転席、助手席とも最高ランクの六つ星を獲得し、ブレーキ性能試験においても100km/hからの停止距離が38.6m(湿潤時は44.4m)と、この記録は試験を行った歴代全車両の中で、2003年販売時点でトップであり、この記録は2015年現在も破られていない。
一方、歩行者頭部保護性能試験では頭部保護機能を持ったボンネットを採用しているものの、低いフロント形状の特性ゆえレベル1に留まる。
軽量化のため、全グレードにわたってスペアタイヤは搭載されず、パンク修理キットで代用している(テンパータイヤは販売店装着オプション)。
2005年12月13日放送のプロジェクトX「技術者魂永遠に~新ロータリーエンジン 革命車に挑む~」では、開発者から家族4人で乗ることができる「ファミリーカー」として開発したことが語られている。
ファイル:Mazda rx-8 cabin.jpg|車内ファイル:Mazda rx-8 front view with doors open.jpg|ドアを全て開けた状態ファイル:Mazda RX-8 police car in Tokyo.jpg|警視庁のパトカー仕様
引用:Wikipedia:データベース

RX-8 リコールに関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもRX-8 リコールに関連のある動画ばかりではありません。

RX-8 リコールに関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング