Nissy 4大ドームツアーとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
Nissy 来春4大ドームツアー開催 男性ソロ歌手では史上最年少「一緒に ...
Nissy名義で活動中の「AAA」の西島隆弘(32)が来春、4大ドームツアーを行うことになった。 32歳での開催は男性ソロ歌手では史上最年少。今年4月の東京ドーム2日間公演を満員にして成功させ、その動員力が話題になっていた。 3月17 ...
LIVE [『Nissy Entertainment "5th Anniversary" BEST DOME TOUR ...
AAA西島隆弘、ソロで初の4大ドームツアー開催へ
NEWS[Nissy『Nissy Entertainment "5th Anniversary" BEST DOME ...
AAA西島隆弘(32)が、ソロ名義「Nissy」として初の4大ドームツアーを開催することが4日、分かった。来年2月4日の「ニッシーの日」に発売する初のベストアルバムを引っさげてのツアーで、男性ソロアー...- 日刊スポーツ- 1時間前
AAA西島隆弘、ソロで初の4大ドームツアー開催へ - 日刊スポーツ芸能 ...
Nissy 来春4大ドームツアー開催 男性ソロ歌手...- スポニチアネックス- 4時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもNissy 4大ドームツアーに関連のある画像ばかりではありません。
Nissy 4大ドームツアーの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

西島 隆弘(にしじま たかひろ、1986年9月30日 - )は、日本の歌手、俳優、タレントである。
現在は男女6人組のパフォーマンスグループAAAのメインボーカルとして活動中。
過去にはアイドルグループ「Japs」(2003年 - 2004年)及び音楽グループ西風雲(2009年)のメンバーとして活動していた。
北海道札幌市出身である。
身長170cmで、血液型はO型。
エイベックスに所属している。
2005年、AAAのメインボーカルとしてデビューする。
2009年、初の出演・主演映画『愛のむきだし』での演技により、キネマ旬報ベスト・テンと毎日映画コンクールの新人賞を受賞。
2013年8月6日、AAAの楽曲『恋音と雨空』と同時公開された『どうしようか?』より、「Nissy」(ニッシー)の名義でソロアーティスト活動を開始。
* 芸能人では、藤ヶ谷太輔 (Kis-My-Ft2)、大東駿介、三浦翔平、らと仲が良い。
* 歌は6歳のときに始めた。
ダンスは中学2年ごろからストリートダンスを見て始めた。
夢ノカケラのPVでは、ギターを披露している。
* 2005年レッスン中に転落。
左腕を骨折する。
2006年10月に左腕に入っていたボルトを抜いた。
* 地元が札幌出身であることから、北海道日本ハムファイターズのファンである。
*A-Studioに出演した際には、自身の所属グループAAAに対して「何十回も何百回も抜けてやるとか辞めてとか解散してやるとか」と述べている。
*コロッケがものまねをしている時の顔のまねが得意。
* ロンドンハーツに出演した際には、その性癖から有吉弘行に「ドスケベS野郎」と命名された。
*初恋の相手は1歳の時からの幼馴染。
今でも付き合いはあるが、恋心は無い。
*DOBERMAN INFINITYのSWAYとは幼馴染、かつて同じ芸能養成スクールの「アクターズスタジオネットワーク本部校」に通っていた。
*好きな食べ物は刺身。
嫌いな食べ物はキュウリ『JUNON』2007年6月号。
*自らを「感覚が先に立って動いていくタイプ」と自己分析する。
初の映画出演となった『愛のむきだし』では、「がむしゃらにやらせてもらった」が、動きは自分で考え、若干コメディーの要素も取り入れたという。
また、相手役の満島ひかりとは、「互いの感情をしっかり確かめながら演じた」という「第64回毎日映コンの顔:/3 園子温/満島ひかり/西島隆弘」 毎日新聞、2010年2月9日付夕刊5頁。
*歌手を志しての芸能界入りだったが、ミュージカルへの憧れは早くからあった。
デビュー前に歌やダンスのレッスンのため、2週間ほどニューヨークに滞在した時には、連日劇場に足を運んだ。
初のミュージカル『グローリー・デイズ』は、大好きな映画『スタンド・バイ・ミー』を思わせる青春群像劇で、すぐに役に入り込めたという。
舞台の面白さに開眼したのは、ストレートプレイ『ハロルドとモード』に出演してからで、「(舞台には)スクリーンやパソコンの画面越しにのぞき見るような感覚じゃ決してない、リアルに引き込む力がある」と気付いたという読売新聞大阪版、2009年6月17日付夕刊。
*芸能界の雰囲気に閉塞感を感じ始めていた時期に、演出家・蜷川幸雄から舞台『下谷万年町物語』の出演オファーを受けた。
だが、本読みの段階で、「戦後間もない時期の話なのに、そのころの言葉遣いができていない」と駄目だしを受けた。
負けてたまるかと闘志がわき、稽古後に台詞を当時の言葉に置き直して頭にたたき込み、役になりきって徹夜で何度も練習した。
翌日の立ち稽古では、蜷川から「やるじゃん」と褒めてもらった。
最終リハーサルの前、蜷川に「キミは僕にはないものを持ってる。
それをとことん見せて欲しい。
間違っているものがあれば、イジメてやるよ。
」と激励を受けた。
西島は、「その瞬間や役者のテンションを大切にして、真剣勝負で向き合う現場のだいご味を肌で感じさせてもらった」と当時を振り返っている。
*2016年5月に蜷川が死去した際には、通夜の席上で、(蜷川に)「お前は音楽を辞めて俳優の世界に来い。
人生の荒波に出会った時は、全力で僕が西島くんの側について守るから。
だから早く一緒に仕事しよう」と言われたことや、『下谷万年町物語』以降も蜷川からオファーがあったものの、なかなかスケジュールが合わず、出演が適わなかったことを明かし、「悔しいです。
申し訳ない」と悲痛な面持ちで語った。
また、自身にとって蜷川はどういう存在であったかと問われると「存在が大きすぎて、どんな人と言葉では表せられない。
僕にとってとても大切な方です。
言葉は届かないかもしれないですけど、まだまだ僕も頑張るので上から見ていてほしい」と述べた。

引用:Wikipedia:データベース

Nissy 4大ドームツアーに関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもNissy 4大ドームツアーに関連のある動画ばかりではありません。

Nissy 4大ドームツアーに関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング