NGT48 躍進とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
総選挙でNGT48躍進 3つの説 | 2017/6/3(土) 8:42 - Yahoo!ニュース
第9回AKB選抜総選挙の中間速報で、荻野由佳が1位になるなどNGT48が大躍進。 急激な躍進にファンの間では様々な声。
NGT48が躍進 重複投票を否定 | 2017/6/1(木) 6:31 - Yahoo!ニュース
総選挙中間でまさかの指原・渡辺超え!NGT48大躍進の理由は...
AKB総選挙速報、暫定1位の荻野由佳 1月にあった「NGT48」勢躍進の予兆
5月31日、第9回AKB選抜総選挙の中間速報が発表された。ダントツの1位と目されていたHKT48指原莉乃(24)を抑え、NGT48荻野由佳(18)が速報史上初の5万票超えで1位に。5位には同じくNGT...- 女性自身- 4時間前
AKB総選挙速報、暫定1位の荻野由佳 1月にあった「NGT48」勢躍進の予兆
AKB総選挙 不正な重複投票疑惑否定 システム管理...- オリコン- 23時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもNGT48 躍進に関連のある画像ばかりではありません。
NGT48 躍進の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

NGT48(エヌジーティー フォーティーエイト)は、秋元康のプロデュースにより、2015年に誕生した新潟市を拠点とする日本の女性アイドルグループ。
AKB48グループを構成するグループのひとつである。
運営会社および所属事務所はAKS。
所属レーベルはアリオラジャパン(ソニー・ミュージックレーベルズ)。
AKB48を含めて日本国内外にあるAKB48の姉妹グループ(AKB48グループ)の7組目(日本国内5組目)発表当時、すでに活動休止していたSDN48は除き、公式にAKB48グループのひとつとして数えられていたSNH48は含む。
として2015年に結成され、同年8月21日に新潟市歴史博物館(みなとぴあ)でお披露目された。
新潟市中央区万代にある『ラブラ2』4階に、専用劇場『NGT48劇場』が2016年1月10日にオープンした。
2017年4月12日に、ソニー・ミュージックレーベルズのアリオラジャパンレーベルよりシングル「青春時計」でメジャーデビューし、Billboard JAPANの「Hot 100」および「Top Singles Sales」の各チャート、オリコン週間チャートなどで第1位を獲得している。
グループ名の「NGT」は、劇場所在地である新潟市および新潟県の「新潟」(NIIGATA)に由来する。
世間では札幌や沖縄に新グループが誕生するのではないかとの噂があり、プロデューサーである秋元康すら最初にスタッフから新潟の新グループ発足について聞いたときには驚いたという。
関係者によれば、新潟にAKB48グループの誘致を働きかけたのは、NGT48劇場が入居するラブラ2を運営する三井不動産と地元のバス事業者である新潟交通だという。
物販だけでは地域活性化に限界があり、「体験型」活性化策が必要だとして若者や30 - 40代の客層が見込め、新潟への経済効果が期待できるNGT48劇場の誘致が進められたという。
背景には秋元康の「日本海側にもAKB48グループを」という思惑もあった。
グループ立ち上げ時のメンバー26名の平均年齢は16.7歳と、姉妹グループと比較して若干高かった。
他の姉妹グループと同様に、グループ名から1文字ずつ取ったチーム制を導入しており、2017年11月時点で「チームNIII」単に「N」ではNMB48の「チームN」と区別ができない上、当時正式にAKB48グループの一つであったSNH48に「チームNII」がすでに結成されていたため、「III」が追加されている。
「III」はローマ数字の3。
読みは「チーム エヌスリー」。
の1チームとチームに所属していない研究生により構成されている。
メンバーは2018年4月19日時点で、チームNIII 15名、研究生 13名の計28名で、そのうち1名がAKB48との兼任である< />。
グループのロゴマークは、県鳥の朱鷺をイメージしており、 白の背景に 赤の「NGT48」の文字と背景の右と下に赤いエッジを配したものが使用されている。
今村によると、新潟を訪れた際に見た新幹線に描かれていた朱鷺の印象からこのカラーに決定した。
白は新潟の米や雪景色、赤は情熱もイメージしている。

引用:Wikipedia:データベース

NGT48 躍進に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもNGT48 躍進に関連のある動画ばかりではありません。

NGT48 躍進に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング