KUSHIDA 涙とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
KUSHIDAが新日本を退団、棚橋質問に涙流す - MSN.com
24分前 - 新日本プロレスのKUSHIDA(35)が7日、都内で会見を行い、1月末で契約満了し、海外へ進出すると発表した。
KUSHIDA選手が新日本プロレスを退団 - NJPW FUN
新日本KUSHIDAが退団発表 棚橋からの質問で涙堪えきれず...

■2019年7月14日
なぜ、内藤哲也は矢野通に3分で敗れたのか
なぜ、内藤哲也は矢野通に3分で敗れたのか。多くの新日本プロレスファンが唖然とした瞬間について振り返ってみたい。 いよいよ幕が開けた新日本プロレス真夏の祭典「G1クライマックス29」。 Bブロックにも数

■2019年7月13日
石井智宏の夏。ベストバウトの機運高まるBブロック
石井智宏の夏。ベストバウトの機運高まるBブロックについて書いてみたい。 いよいよ本日、7月13日からスタートする「G1クライマックス29」Bブロック公式戦。 矢野通選手だけでなく、初参戦となるタイチ選

■2019年7月12日
新日本プロレスの春男が夏男となる瞬間へ
新日本プロレスの春男が夏男となる瞬間へ大きな期待を込めて今回のコラムを執筆したい。 ダラス大会で開幕した「G1クライマックス29」。Aブロック公式戦最初のメインイベントはオカダ・カズチカ選手と棚橋弘至

■2019年7月11日
G1クライマックス29の新グッズまとめ
新日本プロレスの公式Twitterにて、G1クライマックス29の新グッズが発表された。 「アメリカ・アメリカン・エアラインズ・センター」で幕を開けた「HEIWA Presents G1 CLIMAX

■2019年7月11日
新日本プロレスの海外進出に秘められたビジネスプラン
新日本プロレスの海外進出に秘められたビジネスプランについて考察してみたい。 僕は関わっているお仕事も相まってこういった妄想を膨らませることが大好物である。 2019年、真夏の最強戦士決定戦「G1クライ

■2019年7月10日
オカダ・カズチカと棚橋弘至がダラスで魅せた極上スマイル
オカダ・カズチカと棚橋弘至がダラスで魅せた極上スマイルは何度見ても堪らない。 いよいよスタートした新日本プロレス真夏の最強戦士決定戦「G1クライマックス29」。その開幕は歴史上初となる海外で行われる運

■2019年7月09日
日菜太は新日本プロレスの東京ドーム大会へ参戦するのか
日菜太は新日本プロレスの東京ドーム大会へ参戦するのか うーん。個人的にこういったニュースを取り扱うのか迷うところだが、一応書き残しておこう。 正直、「日菜太選手は一体何を言ってるんだろう?」といった感

■2019年7月08日
KENTAは新日本プロレスにアジャストしなければならない
KENTAは新日本プロレスにアジャストしなければならない。早急に、だ。 「G1クライマックス」は新日本プロレスを代表する真夏の最強戦士決定戦。KENTA選手の枠はYOSHI-HASHI選手がぶち上げて

■2019年7月07日
タイチが新日本プロレス真夏の最強戦士決定戦を熱くする!
タイチが新日本プロレス真夏の最強戦士決定戦を熱くする! いよいよ開幕を目前に控えた新日本プロレス真夏の祭典「G1クライマックス29」。 いや、このコラムが出るタイミングはちょうどAブロックの激戦がスタ

■2019年7月06日
「G1クライマックス29」Aブロックで気になる試合5選
「G1クライマックス29」Aブロックで気になる試合5選をお届けしたい。 オカダ・カズチカ選手や棚橋弘至選手を中心に現代の新日本プロレスを象徴するタイプのレスラーが集ったAブロック。 “曲者”も数多く名

■2019年7月05日
真夏のライオンキングダム煽りPVまとめ!
真夏のライオンキングダム煽りPVまとめをお贈りする。 新日本プロレス真夏の最強戦士決定戦「G1クライマックス29」の開催が迫ってきた。 タイチ選手、ウィル・オスプレイ選手、鷹木信悟選手、ジョン・モクス

■2019年7月04日
新日本プロレスファンに朗報!有田と週刊プロレスとファイナルシーズンへの期待
新日本プロレスファンに朗報!有田と週刊プロレスと(有プロ)ファイナルシーズンへの期待を書いてみたい。 まさに「時は来た。それだけだ」という言葉が相応しい極上のビッグニュースが発表された。 「有田と週刊

■2019年7月03日
EVILは「G1クライマックス29」で下克上を起こせるか?
EVILは「G1クライマックス29」で下克上を起こせるか? 敢えて“下克上”という言葉を選んだが、今のEVIL選手にとってはこの言葉が相応しいのかもしれない。 今週土曜日から幕を開ける「G1クライマッ

■2019年7月02日
新日本プロレスジュニア戦士たちの熱き15日間は未来への咆哮だ
新日本プロレスジュニア戦士たちの熱き15日間は未来への咆哮だ。 「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア26」の優勝決定戦が両国国技館で開催される。 現WWEのスーパースターKUSHIDA選手の悲願達成と

■2019年7月01日
長州力引退!現在の新日本プロレスに与えた影響
長州力引退!彼が現在の新日本プロレスに与えた影響は凄まじい。 新日本プロレスだけでなく、全日本プロレスを股にかけたレジェンド中のレジェンド。選手として、新日本プロレスの現場として手腕を発揮した。 そん

■2019年6月30日
ロビー・イーグルの「CHAOS」加入は実現するか?
ロビー・イーグルの「CHAOS」加入は実現するか? このテーマが非常に気になる時間となった。 新日本プロレスのオーストラリア・メルヘボン大会。「NJPW SOUTHERN SHOWDOWN inMEL

■2019年6月29日
新日本プロレスの今を見る。2019年6月のNJPWFUN
2019年6月のNJPWFUN。このコーナーを書くのは何だが久し振りな気がしている。 そして、文体もいつもとは違うですます口調で書いていたはずが、普段通りの記述になつまている。 まぁ、細かいことは気に

■2019年6月28日
プロレス総選挙1位は棚橋弘至!新日本プロレスが上位を独占
プロレス総選挙1位は棚橋弘至!新日本プロレスが上位を独占した意味について書いてみたい。 “革命戦士”長州力さんが真壁刀義選手のキングコングニードロップ4連発を受け、マットに沈み10カウントゴングが響く

■2019年6月27日
内藤哲也が目の前の試合を大切にする理由とは
内藤哲也が目の前の試合を大切にする理由とは何か。 「ロス・インゴブレナブレス・デ・ハポン」を結成し、“制御不能”になって以降の内藤哲也選手は「トランキーロ」という言葉を使うようになった(正確には1人「

■2019年6月26日
YOSHI-HASHIの要求が等価交換であると思った理由
YOSHI-HASHIの要求が等価交換であると思った理由について書いてみたい。 ベビーフェイスのYOSHI-HASHI選手とヒールのザック・セイバーJr.選手。 その構図は等価交換が成立していないと思

■2019年6月25日
後藤洋央紀は新日本プロレスLA道場にいた!柴田勝頼との修行に涙
後藤洋央紀は新日本プロレスLA道場にいた!柴田勝頼との修行に涙を流してしまった。 修行の旅に出る。そう言い残して、Twitterや新日本プロレス公式スマホサイト日記の更新をストップしていた後藤洋央紀選

■2019年6月24日
ジョン・モクスリーが語った棚橋弘至VS鈴木みのるの激戦を今見る意義
ジョン・モクスリーが語った棚橋弘至VS鈴木みのるの激戦を今見る意義について書き残す。 そう、この試合はいつ新日本プロレスファンになった方でも関係なく、ぜひ見て欲しい好勝負である。 先日公開された新日本

■2019年6月23日
マイケル・エルガンが新日本プロレスから大日本プロレスへ
マイケル・エルガンが新日本プロレスから大日本プロレスへ新しい戦いを求めたことを発表した。 2019年にファンの多くから惜しまれつつ、新日本プロレスを退団したマイケル・エルガン選手。 2016年3月の契

■2019年6月23日
棚橋弘至の新日本コンクルソ構想とカウント2.9からの『復活力』
棚橋弘至の新日本コンクルソ構想とカウント2.9からの『復活力』について書いてみたい。 2019年6月13日に発売された「カウント2.9から立ち上がれ 逆境からの『復活力』」を昨日読み終えた。 と、思い

■2019年6月22日
内藤哲也VSジェイ・ホワイトは新日本プロレスの切り札だ
内藤哲也VSジェイ・ホワイトは新日本プロレスの切り札だ。 「KIZUNA ROAD」真っ最中の新日本プロレスであるが、久しぶりに「新日本プロレスワールド」での中継は後楽園ホールや仙台大会のみ。 「ベス

■2019年6月21日
EVILの宣戦布告に石井智宏の影響力を感じた
EVILの宣戦布告に石井智宏の影響力を感じた。 現在、新日本プロレスは「KIZUNA ROAD」の真っ只中。「G1クライマックス29」のエントリー選手やブロック分け、会場別の対戦カードも発表となり、目

■2019年6月20日
ザック・セイバーJr.が新日本プロレスで魅せた漢気
ザック・セイバーJr.が新日本プロレスで魅せた漢気が凄まじい。 先日決定したブリティッシュヘビー級選手権試合の流れからYOSHI-HASHI選手の挑発を受けることになったザック・セイバーJr.選手。

■2019年6月19日
YOSHI-HASHIの「オイ!」は仲間たちの心の叫びだったのか
YOSHI-HASHIの「オイ!」は仲間たちの心の叫びだったのかもしれない。 「G1クライマックス29」はこれまで当たり前のようにあったレスラーの名前が消え、新規参戦レスラーが25%以上を占めるという

■2019年6月18日
田口隆祐が魅せた新日本プロレスの新境地
田口隆祐が魅せた新日本プロレスの新境地を書き残しておく。 「バレットクラブ(BULLET CLUB) 」エル・ファンタズモ選手&石森太二選手に敗れてしまった「ロッポンギ3K」YOH選手&SHO選手。

■2019年6月17日
鈴木みのる落選「G1クライマックス」出場選手発表について
鈴木みのる落選「G1クライマックス」出場選手発表について書いてみたい。 後楽園ホール大会で「G1クライマックス 2019」の出場選手が発表された。 この日の僕は朝からイベント出演のため、全く新日本プロ

【新日本】退団発表のKUSHIDAはWWE参戦か「世界で活躍したい」 - 東スポ
新日本プロレスは7日、都内の事務所で会見を開き、所属選手のKUSHIDA(35)が契約満了となる今月末をもって退団すると発表。今後は「海を渡り、プロレスを隅から隅まで、もっともっと、自分の目で見てみ...- デイリースポーツ- 1時間前

■2019年7月15日
【新日本】EVILにも敗れた飯伏 左足不安も「まだ諦めてない」
 新日本プロレス「G1クライマックス」Aブロック公式戦は14日、大田区総合体育館大会で行われ、“キング・オブ・ダークネス”EVILが飯伏幸太(37)を破り初白星を挙げた。開幕戦(日本時間7日、米国..

■2019年7月15日
【新日本】KENTAが飯伏に続き棚橋も撃破 今年のG1台風の目に
 新日本プロレス「G1クライマックス」Aブロック公式戦は14日、大田区総合体育館大会で行われ、KENTA(38)が前年度覇者・棚橋弘至(41)を撃破し無傷の連勝。開幕戦(日本時間7日、米国・テキサス州

■2019年7月14日
【GIIサマーナイトフェスティバル】本紙記者の最終日(15日)推奨レース予想
【GIIサマーナイトフェスティバル】大分県の別府競輪場で開催されている「第15回サマーナイトフェスティバル」(GⅡ)は15日、最終日を行う。決勝に勝ち上がったのは、以下の9人。 △1 中川誠一郎(40

■2019年7月14日
【GIIサマーナイトフェスティバル】 中川誠一郎がファンの心を沸騰させる
【GIIサマーナイトフェスティバル(14日)】中川誠一郎(40)は準決勝12Rで山崎賢人(26)、園田匠(37)と3人で結束しレースを支配した。山崎は沈んだものの、園田と2人で決勝に勝ち上がり、「賢人

■2019年7月14日
【GIIサマーナイトフェスティバル】 園田匠が2年ぶりのビッグ決勝進出だ
【GIIサマーナイトフェスティバル(14日)】園田匠(37)が準決勝12Rを3着で突破し、一昨年伊東のサマーナイトフェスティバル以来となるビッグレースの決勝に勝ち上がった。九州の大会で決勝に乗れた喜び

■2019年7月14日
【GIIサマーナイトフェスティバル】 松浦悠士が決勝で目指すものは――
【GIIサマーナイトフェスティバル(14日)】松浦悠士(28)は2月に当所で行われた全日本選抜の決勝で何もできずに終わった悔しい過去がある。その後も大きなレースの決勝に乗るものの、思うような走りができ

■2019年7月14日
【GIIサマーナイトフェスティバル】 佐藤慎太郎に追い込み選手の思いが巡る
【GIIサマーナイトフェスティバル(14日)】佐藤慎太郎(42)は準決勝11Rで渡辺雄太(24)をマークして3着で決勝進出を決めた。ハイペースの流れの中、後ろにいた清水裕友(24)をブロックするなど、

■2019年7月14日
【GIIサマーナイトフェスティバル】 平原康多が木暮安由から魂受け取った
【GIIサマーナイトフェスティバル(14日)】平原康多(37)は準決勝11Rで前回りを志願した木暮安由(34)の仕掛けに乗り、最終的には自力に転じての1着で決勝に勝ち上がった。関東ラインがどうあるべき

■2019年7月14日
【GIIサマーナイトフェスティバル】 渡辺雄太は冷静で的確な走りを身につけている
【GIIサマーナイトフェスティバル(14日)】渡辺雄太(24)が準決勝11Rを強気かつ、丁寧な組み立てで2着に入った。連係した佐藤慎太郎(42)とはこのところ結果を出せていなかったので、3着の佐藤と一

■2019年7月14日
【GIIサマーナイトフェスティバル】 村上博幸が今年初のビッグ決勝進出
【GIIサマーナイトフェスティバル(14日)】村上博幸(40)は準決勝10Rで古性優作(28)の後位からしぶとく伸びて3着に入った。今年は記念での活躍は目立っていたものの、GII以上の大会でいいところ

KUSHIDA 涙 -価格.com -Amazon.co.jp -youtube.comの画像
KUSHIDA、1月末での新日退団を発表…先輩・棚...- スポーツ報知- 2時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもKUSHIDA 涙に関連のある画像ばかりではありません。
KUSHIDA 涙の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

KUSHIDA(クシダ、1983年5月12日 - )は、日本の男性プロレスラー。
WWE・NXT所属。
東京都大田区出身。
血液型B型。
専修大学卒業。
本名および旧リングネーム:櫛田 雄二郎(くしだ ゆうじろう)。
* 根っからのプロレス好き。
家では毎日のように、兄・建太郎を相手にプロレスごっこで勤しんでいた程で、6~7歳の頃には既にムーンサルトプレスをマスターしていた。
* 母・幸子の証言によると、少年時代のKUSHIDAは全く手が掛からず、反抗期もなかったという。
小中高を通じて成績は上位で、スポーツ万能。
学級委員長を務めることもしばしばで、通信簿のコメント欄にも賛辞ばかりが並んでいたほどの模範的な優等生だった。
ただしKUSHIDA自身が揉め事を嫌う性格であったことから、優等生を演じていた部分が少なからずあったことを明らかにしている。
* 1998年の春、高田延彦が主宰する高田道場が、自宅からは徒歩圏内で、電車に乗っても一駅という至近の距離で設立されたことに心ときめいたという。
プロレスラーを志していた当時のKUSHIDAは、「これは、運命に違いない」と、述懐している。
* 専修大学在学中は、東京スポーツ(以下「東スポ」)編集局でアルバイトをしていた。
東スポからは、正社員としての内定も得ていたが、プロレスラーとしての夢を捨てきれず、内定を辞退している東京スポーツ 2010年12月16日付 6面「プロレス応援団長 柴田惣一のズバリ直撃!」。
* 東スポ勤務時代、同紙の「風俗男セン」の現場に駆り出され、SMイメクラ取材の写真モデルとしてメディアデビューを果たしている。
KUSHIDA自身はこの経験について、「人前に出ることの恥ずかしさというものは、あれでなくなりました」と思い述べている。
* 映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の大ファンであることを公言しており、アレックス・シェリーとのタッグチーム名をタイム・スプリッターズと名付けたのも、同作品をこよなく愛しているからということが関わっている。
2014年1月4日の東京ドーム大会では、怪我から復帰したシェリーを、怪我する元の状態から連れてくるという意味を込めて、劇中に登場するタイムマシン『デロリアン』に乗って入場するという演出をやってのけている。
また、この頃から同作品の主人公、マーティ・マクフライが着用しているデニムジャケット・ダウンベストを着込んで入場するようになった。
* 2014年から3年連続で9月のビッグマッチであるDESTRUCTIONにてIWGPジュニアヘビー級王座の防衛に失敗し、王座から陥落してしまうというジンクスを背負っていたが、2017年の大会ではエル・デスペラード相手に防衛に成功しジンクスを払拭した。
* 2019年のインタビューでは「BULLET CLUB入りが叶わなかったのを理由に新日本を退団した」というインターネット上の噂に対して「憶測、妄想があたかも事実のように広まるのは本意ではない」とファン層へ訴えつつも、プロレスを隅から隅まで見たいという好奇心から退団したのだと、希望が通らなかったという説を否定。
「好奇心があるとはいえ決断するには相当な勇気が必要だったのでは?」というインタビュアーからの質問には、新日本時代に「チャンピオンになどなれない」と言われたり、学生時代に「小さいからプロレスラーになれるわけがない」と言われたりして、そのたびに反骨精神が燃えたものだ、と答えている。
そして、WWE入りが濃厚視されている中で「ネガティブな噂を口にするレスラーは大体インターネットから情報を仕入れているものであり、WWEの経験は実際にそこに入団したものしか話せない」と説いた。
これらのことから、KUSHIDAにはインターネットを信用しない傾向があると言える『週刊プロレス』NO.1996 2019年2月13日号 pp.15-18。

引用:Wikipedia:データベース

KUSHIDA 涙に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもKUSHIDA 涙に関連のある動画ばかりではありません。

KUSHIDA 涙に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング