KUSHIDA 涙とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
KUSHIDAが新日本を退団、棚橋質問に涙流す - MSN.com
24分前 - 新日本プロレスのKUSHIDA(35)が7日、都内で会見を行い、1月末で契約満了し、海外へ進出すると発表した。
KUSHIDA選手が新日本プロレスを退団 - NJPW FUN
新日本KUSHIDAが退団発表 棚橋からの質問で涙堪えきれず...

■2019年1月15日
石森太二のセーラー・ボーイズと涙が止まらないバックステージ
石森太二選手のセーラー・ボーイズとその裏側で巻き起こっている涙が止まらないバックステージコメントについて語りたい。 2019年1月5日に後楽園ホールで開催された「NEW YEAR DASH!!」で現『

■2019年1月14日
本当のプロレスファンとは何かについて考えみる
本当のプロレスファンとは何かについて考えみようと思う。 ここ数日、Twitter上で「本当のプロレスファン」というワードが話題に上っていた。 ことの発端については、 あるアカウントが本当のプロレスファ

■2019年1月13日
ファンカスティカマニア2019開幕!風神・雷神が新日本プロレスに降臨!
ファンカスティカマニア2019が開幕した。メキシコCMLLのスペルエストレージャたちが織りなすフェイスタに新日本プロレスのリングとしては初となる風神・雷神が降臨した。 また別の試合ではあのナマハゲ選手

■2019年1月12日
内藤哲也を社会人として尊敬できる理由をじっくりと考えてみた
内藤哲也選手を社会人として尊敬できる理由をじっくりと考えてみた。 新日本プロレスの“主役”こと“制御不能のカリスマ”内藤哲也選手。 2015年に『ロス・インゴベルナブレス』へ加入後、2016年には自身

■2019年1月11日
メイ社長の新日本プロレスへ向けた“社内報”にリーダーの強さを学ぶ
メイ社長の新日本プロレスへ向けた“コラムと言う名の社内報”。僕はここにリーダーとしての強さを学んだ。 「メイ社長、腹に何かを抱えているな」 新日本プロレスの公式スマホサイトで無料公開された「第36回

■2019年1月10日
田口隆祐が石森太二に挑戦表明!ジュニアの門番が再び修羅と化すか?
田口隆祐選手がIWGPジュニア王者である石森太二選手に挑戦表明を行った。 髙橋ヒロム選手が凱旋帰国を果たして以来となる第69代IWGPジュニアベビー級チャンピオンの挑戦表明。田口隆祐選手は再び、新日本

■2019年1月09日
新日本プロレスにナマハゲ初上陸!7年越しの凱旋帰国に期待が高まる
新日本プロレスにナマハゲ初上陸!7年越しの凱旋帰国にでどんな技を魅せてくれるのだろうか。期待が高まる。 ルチャの祭典「NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2019(

■2019年1月08日
KUSHIDA VS 棚橋弘至が決定した背景と世界を目指す理由
KUSHIDA VS 棚橋弘至が決定した背景と世界を目指す理由について語りたい。 2019年1月末日を持って新日本プロレスを退団することが発表されたKUSHIDA選手。ラストマッチは1月29日の後楽園

■2019年1月08日
NEW YEAR DASH!! 反逆の鈴木軍に期待しかない
鈴木軍がいよいよNEW YEAR DASH!!で本領を発揮した。2019年初頭からはじまる反逆の鈴木軍に期待しかない。 そして、1月6日、冬の札幌2日目に『鈴木軍』と『ロスインゴ ・インゴベルナブレス

■2019年1月07日
KUSHIDA選手が新日本プロレスを退団
2019年1月6日に行われたイッテンヨン『レッスルキングダム13』2夜明け会見に元『IWGPジュニアベヒー級チャンピオン』KUSHIDA選手が登壇した。 そこで明かされたのは、2019年1月でKUSH

■2019年1月07日
高橋裕二郎の魅力について本気出して考えてみた
僕たちの高橋裕二郎が『バレットクラブ(BULLET CLUB)』に帰ってきた。復帰記念ということで、高橋裕二郎選手の魅力について本気出して考えてみたいと思う。 新日本プロレス最大のビッグマッチである、

■2019年1月06日
新日本プロレスの動画撮影禁止というルールが守られない理由
新日本プロレスの動画撮影禁止というルールが守られない理由について考えてみたい。 2019年のイッテンヨン『レッスルキングダム13』は最高の時間となった。だが、TwitterやInstagramなどのS

■2019年1月06日
オカダ・カズチカはキング・オブ・ストロングスタイル2.0を襲名するか?
2019年のイッテヨン『レッスルキングダム13』で原点回帰、完全無欠の姿へと舞い戻ったオカダ・カズチカ。この復活劇は“レインメーカー”第2期の幕開け。キング・オブ・ストロングスタイル2.0の襲名前夜と

■2019年1月05日
新日本プロレスの「Hopes and Dreams」に涙が止まらなかった話
新日本プロレスが魅せた「Hopes and Dreams」を目の当たりにした直後、このブログを書いている。未だ僕の涙は止まらないままだ。 2019年のイッテンヨン『レッスルキングダム13』がたった今幕

■2019年1月04日
ケニー・オメガがUndertaleをオマージュした本当のワケ
ケニー・オメガ選手は、なぜUndertaleをオマージュした動画を投稿したのか。その理由を考えてみたい。 いよいよ本日、新日本プロレスの祭典イッテンヨン『レッスルキングダム13』が開催される。 201

■2019年1月03日
飯伏幸太はイッテンヨンの第1試合で世界中の度肝を抜く
飯伏幸太はイッテンヨンの第一試合で世界中の度肝を抜くと思っている。そう、この日世界のプロレスファンは改めて飯伏幸太の破壊力を知ることになるだろう。 2019年のイッテヨン『レッスルキングダム13』まで

■2019年1月02日
プロレス初心者の予備校『有田と週刊プロレスと』シーズン3が完結
『有田と週刊プロレスと』はプロレス初心者の予備校のような番組であり、ベテランファンまでが楽しめる究極のエンターテインメントだ。 2019年1月2日0時にAmazonプライムビデオで配信された『有田と週

■2019年1月02日
メイ社長のマーティングスキルに新日本プロレスの未来を見た
敏腕マーケターが魅せた今回のゲリラ調印式。僕はメイ社長のマーティングスキルに新日本プロレスの未来を見た。 2018年の大晦日。新日本プロレスの公式Twitterで突如ある発表が行われた。その内容は、渋

■2019年1月01日
AEW始動に見る、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンが動画に進出すべき理由
AEW(オールエリートレスリング)2019年1月1日に発表された。 以前からヤングバックス(マット・ジャクソン選手、ニック・ジャクソン選手)とcody選手、ハングマン・ペイジ選手の4人が設立すると噂し

■2019年1月01日
新日本プロレスラーあけおめツイートまとめ【2019年】
明けましておめでとうございます!平成最後の年となる2019年の幕が開けました! 闘い始めのイッテンヨン『レッスルキングダム13』まであと3日。今年のスタートとなる運命の東京ドームで一体どんな好勝負が繰

■2018年12月31日
5つの名シーンで振り返る2018年の新日本プロレス
今月もありがとうございました! 今回は2018年12月のNJPW FUN 特別編として、僕の心を強く揺さぶった新日本プロレスの名シーン5選をお届けします。 ケニー・オメガ選手と飯伏幸太選手の『ゴールデ

■2018年12月30日
矢野通の本は、読んだらためになる人生哲学書だ
矢野通選手の本は、読んだらあなたのためになる人生哲学書である。 先日、友人から「絶対、読んでもためにならない本 矢野通自伝」を返却してもらったので、久しぶりに読み返してみた。 同書の大まかな流れとして

■2018年12月29日
オカダ・カズチカはジェイ・ホワイトに勝てるか?
オカダ・カズチカはジェイ・ホワイトにイッテンヨン『レッスルキングダム13』で勝てるのか。 今回はこの点について考えてみたい。 2018年1月6日。内藤哲也選手との東京ドームメインイベント『IWGPヘビ

■2018年12月28日
飯伏幸太VS髙橋ヒロムというNEVER無差別級の新しい景色
飯伏幸太選手VS髙橋ヒロム選手。内藤哲也選手の同級生に挑む“TICKING TIME BOMB”の姿を想像してみたい。 イギリス、メキシコ、アメリカのリングを渡り歩き、新日本プロレスのジュニアに凱旋帰

■2018年12月27日
内藤哲也の贅沢な時間とネタバレが不快感を生む理由
内藤哲也選手が常に言及している「プロレスファンにとって贅沢な時間」という言葉。このフレーズの意味とネタバレが引き起こす不快感について考えてみたいと思う。 2018年12月22日、平成仮面ライダーシリー

■2018年12月26日
中邑真輔が新日本プロレスに復帰する夢を見た話
中邑真輔選手。『キング・オブ・ストロングスタイル』の二つ名を持ち『IWGPインターコンチネンタル王者』として、長年新日本プロレスを牽引した存在だ。 現在はWWEのスーパースターとして世界を股にかける活

■2018年12月25日
SANADAがロス・インゴブレナブレス・デ・ハポンに加入した理由が判明する?
新日本プロレスの公式スマホサイトの会員になるなら今しかない。 そう、運命の回が迫ってきたのだ。 書籍化も行われた『内藤哲也“自伝”トランキーロの真実』。最新回はBUSHI選手が『ロス・インゴベルナブレ

■2018年12月24日
クリスマス企画!NJPWFUN的ベスト興行を“妄想”してみた
新日本プロレスの2018年年内興行が終了して9日が経った。 ケニー・オメガ選手は棚橋弘至選手を公式スマホサイトのインタビューで挑発。「ヒールとしてのケニー・オメガを出す」という“ザ・クリーナー”の再来

■2018年12月23日
石井智宏VSザック・セイバーJr.の試合が盛り上がらないわけがない
2018年の新日本プロレスで好勝負を連発した選手を各ユニットから1人ずつ選出して欲しい。 もしもこのような質問が届いたら間違いなく、この2人がランクインすると思う。 『CHAOS』石井智宏選手と『鈴木

■2018年12月22日
棚橋弘至VSケニー・オメガの論争を超サイヤ人で解説してみる
新日本プロレスの2018年を締めくくったのは、ケニー・オメガ選手のマイクだった。 「自分も棚橋も間違ってるのかもしれない。一番大切なことは今日のような試合をすることだと思う」 多くの人の胸を打ったメッ

【新日本】退団発表のKUSHIDAはWWE参戦か「世界で活躍したい」 - 東スポ
新日本プロレスは7日、都内の事務所で会見を開き、所属選手のKUSHIDA(35)が契約満了となる今月末をもって退団すると発表。今後は「海を渡り、プロレスを隅から隅まで、もっともっと、自分の目で見てみ...- デイリースポーツ- 1時間前

■2019年1月15日
高田賢三氏が苦しい反論? パクリ疑惑に関する見解にネット騒然「高田賢三さんもキナ臭いな」
 TBS系「ビビット」は15日、昨年7月に韓国の会社から詐欺容疑で刑事告訴されたファッションブランド「KENZO」の創始者、高田賢三氏(79)の反論を放送した。韓国の会社と契約を巡り、トラブルになって

■2019年1月15日
倉田真由美氏 関与否定のNGTメンバーと運営に「気遣いが足りない」
 15日放送のTBS系「ビビット」は、アイドルグループ「NGT48」のメンバー・山口真帆(23)が告白したファンからの暴行事件を取り上げた。NGTの運営スタッフは14日、都内で初めて取材対応。運営サイ

■2019年1月14日
「見取り図」が上方漫才協会大賞 賞に飢えていた2人は歓喜
 若手漫才師の育成とサポートを目的に発足した「上方漫才協会」主催の「第四回 上方漫才協会大賞」が14日、大阪市のなんばグランド花月で行われ、お笑いコンビ「見取り図」(盛山晋太郎=33、リリー=34)が

■2019年1月14日
【大日本】デスマッチ王者・高橋匡哉が伊東破りV2 1・27名古屋で木高とV3戦決定
 大日本プロレスのBJW認定デスマッチヘビー級王者・高橋匡哉(32)が14日、東京・後楽園ホール大会で伊東竜二(42)を下しV2に成功した。試合は蛍光灯などのデスマッチアイテムのほか、観客が持ち寄った

■2019年1月14日
Da―iCE ツアー最終・大阪城ホール公演で1万人ファン魅了
 15日にメジャーデビューから5年の節目を迎える男性5人組ダンスボーカルグループ「Da―iCE」が14日、大阪城ホールでライブを行った。昨年9月に千葉・幕張メッセでスタートし、17都市21公演で約6万

■2019年1月14日
【高校サッカー】青森山田が2大会ぶり2度目V
 全国高校サッカー選手権は14日、埼玉スタジアムで決勝を行い、青森山田が流経大柏(千葉)に3―1で快勝し、2大会ぶり2度目の優勝を果たした。前半32分に先制を許したが、10番を背負うMF檀崎竜孔(3年

■2019年1月14日
74歳・黒沢年雄が妙なコスプレで渋谷に登場「何でもやる」と27年ぶり新曲アピール
 夢グループの通販番組でおなじみの俳優・黒沢年雄(74)が14日、新曲「ゆかいなじいちゃん」(30日発売)の発売を記念し、ブラックジャック風のコスプレ姿で渋谷の街を愉快に練り歩いた。この日、同所では大

■2019年1月14日
氷川きよしら文化放送一日ジャック 電話オペレーターに挑戦
 氷川きよし(41)や山川豊(60)ら芸能事務所「長良グループ」に所属する演歌歌手が14日、東京・港区の文化放送で行われた「文化放送×長良グループ ジョイントRADIO!~未来につなげたい平成の名曲 

■2019年1月14日
【大相撲初場所】稀勢の里は逸ノ城に完敗 横綱歴代ワースト8連敗
 大相撲初場所2日目(14日、東京・両国国技館)、横綱稀勢の里(32=田子ノ浦)は幕内逸ノ城(25=湊)に完敗。進退の懸かった場所で初日から2連敗となり、いよいよ引退の土俵際に追い込まれた。立ち合いが

■2019年1月14日
【京成杯】ラストドラフトがデビュー2連勝で重賞初制覇
 14日、中山競馬場で行われたGIII第59回京成杯(芝2000メートル)は4番人気のラストドラフトが直線抜け出して勝利。デビューから2連勝で重賞初制覇を飾った。勝ち時計は2分01秒2。2着は2番人気

KUSHIDA 涙 -価格.com -Amazon.co.jp -youtube.comの画像
KUSHIDA、1月末での新日退団を発表…先輩・棚...- スポーツ報知- 2時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもKUSHIDA 涙に関連のある画像ばかりではありません。
KUSHIDA 涙の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

KUSHIDA(クシダ、1983年5月12日 - )は、日本の男性プロレスラー。
東京都大田区出身。
血液型B型。
新日本プロレス所属。
専修大学卒業。
本名および旧リングネーム:櫛田 雄二郎(くしだ ゆうじろう)。
* 根っからのプロレス好き。
家では毎日のように、兄・建太郎を相手にプロレスごっこで勤しんでいた程で、6~7歳の頃には既にムーンサルトプレスをマスターしていた。
* 母・幸子の証言によると、少年時代のKUSHIDAは全く手が掛からず、反抗期もなかったという。
小中高を通じて成績は上位で、スポーツ万能。
学級委員長を務めることもしばしばで、通信簿のコメント欄にも賛辞ばかりが並んでいたほどの模範的な優等生だった。
ただしKUSHIDA自身が揉め事を嫌う性格であったことから、優等生を演じていた部分が少なからずあったことを明らかにしている。
* 1998年の春、高田延彦が主宰する高田道場が、自宅からは徒歩圏内で、電車に乗っても一駅という至近の距離で設立されたことに心ときめいたという。
プロレスラーを志していた当時のKUSHIDAは、「これは、運命に違いない」と、述懐している。
* 専修大学在学中は、東京スポーツ(以下「東スポ」)編集局でアルバイトをしていた。
東スポからは、正社員としての内定も得ていたが、プロレスラーとしての夢を捨てきれず、内定を辞退している東京スポーツ 2010年12月16日付 6面「プロレス応援団長 柴田惣一のズバリ直撃!」。
* 東スポ勤務時代、同紙の「風俗男セン」の現場に駆り出され、SMイメクラ取材の写真モデルとしてメディアデビューを果たしている。
KUSHIDA自身はこの経験について、「人前に出ることの恥ずかしさというものは、あれでなくなりました」と思い述べている。
* 映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の大ファンであることを公言しており、アレックス・シェリーとのタッグチーム名をタイム・スプリッターズと名付けたのも、同作品をこよなく愛しているからということが関わっている。
2014年1月4日の東京ドーム大会では、怪我から復帰したシェリーを、怪我する元の状態から連れてくるという意味を込めて、劇中に登場するタイムマシン『デロリアン』に乗って入場するという演出をやってのけている。
また、この頃から同作品の主人公、マーティ・マクフライが着用しているデニムジャケット・ダウンベストを着込んで入場するようになった。
*2014年から3年連続で9月のビッグマッチであるDESTRUCTIONにてIWGPジュニアヘビー級王座の防衛に失敗し、王座から陥落してしまうというジンクスを背負っていたが、2017年の大会ではエル・デスペラード相手に防衛に成功しジンクスを払拭した。

引用:Wikipedia:データベース

KUSHIDA 涙に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもKUSHIDA 涙に関連のある動画ばかりではありません。

KUSHIDA 涙に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング