Internet Explorerとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
Internet Explorer のダウンロード - ブラウザー - Windows - Microsoft
最新バージョンの Internet Explorer をダウンロードしてください。このインターネット ブラウザーの新機能やヘルプ、詳細を確認できます。
Windows Internet Explorer 7: ホーム - Microsoft
マイクロソフトが提供する無償の Web ブラウザ、Internet Explorer 7 をダウンロード するか、その機能を確認してください。 タブ ブラウジングや、改良された印刷機能、検索 機能、セキュリティ機能からどのような利点を得られるかを実感してください。
Internet Explorer - Microsoft Download Center
Internet Explorer 9. Windows Internet Explorer 9 を使用すれば、Web サイトが豊か な表現力を備えるだけでなく、PC 上のネイティブ アプリケーションと同等の性能も実現 できます。 03. Windows 7 向け Internet Explorer 11. Windows 7 に最適な高速で ...
Internet Explorer - ウィキペディア
Windows Internet Explorer(ウィンドウズ インターネット エクスプローラー)は、 マイクロソフトが開発するウェブブラウザである。以前の名称はMicrosoft Internet Explorerであった。一般的に、IEやMSIEと呼ばれる。 Windows 95以降のWind...
Internet Explorerの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

インターネットとは、インターネット・プロトコル・スイートを使用し、複数のコンピュータネットワークを相互接続した、地球規模の情報通信網のことである。
省略してネットとも呼ばれる。
インターネットでは、「インターネット・プロトコル・スイート」(あるいは「TCP/IPプロトコル・スイート」)と呼ばれる、一種の標準化された通信プロトコルと概念モデル(OSI参照モデル)を組み合わせて明確に提供することで、世界中のネットワークとネットワーク、ネットワーク機器とネットワーク機器の相互接続を可能にし、「ネットワークのネットワーク」が実現している。
インターネット・プロトコル・スイートが標準化された形で明確に提供されていることによって、あるユーザがインターネットに既存の(やや古い通信プロトコルの)ネットワークや自分独自の方式のネットワークや独自の機器などを接続しようとする場合でも、それらとインターネットとの相違部分や差分を明確にでき、合わせるべき対象が明確化されているおかげで、その相違を解消したり橋渡しする機器を用意し、間に挟みさえすれば接続できることになった。
そして核として機能する標準化されたプロトコルや概念モデルがあることで、次第にネットワーク同士の相互接続が実現した。
一般にネットワークというのは、物理的なレベル(物理的な実体)(=「物理層」)から始まって、その上に順に電気的なレベル、単純な信号のレベル、信号で表現させた情報のレベル... と、まるで層(レイヤー)を積み上げるような形で成立しているわけだが、このインターネットでは、下のほうの層ではcopper wire(銅線)はもちろんのこと、光ファイバーや無線も含んでいる。
インターネットの最上位層の「アプリケーション層(応用層)」で用意されている枠組みは、初期段階では比較的単純なものばかりだったが、そこに徐々に複雑・高度なものが付け足され、充実化・複雑化・高度化してきた経緯がある。
初期段階ではたとえば、電子メール、ウェブのハイパーテキスト文書、などの単純なものであった。
その後に、ピア・トゥ・ピアなどの、ウェブアプリケーション、音声通信、ストリーミングなどの仕様や方法論が提案されたり、標準的な方法が決まるなど、徐々に増えていった。
1980年代にニューメディアの1つとしてビデオテックスが家庭に普及し始めたが、人間の要求に対する技術水準の低さからシェアが伸びず、マニア向けとなっていた。
フランスではMinitelという規格が世界で唯一の成功を収めた。
ニューメディアの流れは1990年代のマルチメディアに受け継がれ、インターネットを基盤とするWorld Wide Web普及の原動力となっていった。
1990年代前半では、世界的に見るとインターネットを利用したことのある人の割合はごくわずかで、ほとんどの人はインターネットとは何かも全く知らず、電子メールの送受信もしたこともなく、ウェブブラウザの画面も見たことが無い、という状態であった。
だが、当時普及していたOSのメーカー(Apple社やMicrosoft社など)が、インターネットに対応したOSやe-mailクライアント・ソフトやウェブブラウザも最初からインストール済みの形で提供するようになると、その便利さに気付く人々は指数級数的に増えて行き、趣味的で個人的なウェブサイト(「ホームページ」)を公開し電子メールのやりとりをする人々が徐々に増え、利用する人々の数が増えるにつれて企業もその商業的な機会に着目するようになり、公式のサイト設置と電子メール対応をする企業が徐々に増え始めた。
またウェブページの数が増えるにつれ、検索エンジンの必要性の高まりと乱立と競争が起き、2000年代には企業がインターネット上の枠組みを活用して、本格的に商業的サービスを提供するようになり、たとえば大規模なオンラインモールなども運用されるようになった。
また電子掲示板、SNSの利用も進み、物理的な距離とは無関係に様々なコミュニティが形成されるようになった。
こうして2000年代には、電子メールやウェブサイトなどに慣れた人々が多数派となり、ほとんどの国で、インターネットは一種の「社会インフラ」のひとつともなった。
さらに2010年代にはスマートフォン(スマホ)の爆発的な普及により、先進国の人々はインターネットに接続している機器を身につけるようにして生活し、スマホを用いてインターネット経由で家族・友人から知人・同僚・外国の取引先までと連絡を取り合うなど、国境を越えて世界中のニュースを知り、日常的に商品を購入し、予約をとる、といった具合で、先進国の人々が生活する上でインターネットはますます欠かせない存在となっている。
インターネットによって、個人、一般企業、教育機関、政府組織などの、スマホやPCやサーバが相互接続されており、国境を越えて世界各国の組織や個人が繋がっているわけである。
2010年代末になりIoTに対応した機器も比較的安価に販売されるようになり、各家庭の電灯やエアコンや調理器具や冷蔵庫などでインターネットに接続される機器も増えつつある。
これらはしばしばスマートスピーカーやスマホから音声で操作されるが、これもインターネット上のサーバのAIによって音声認識されることで動作している。

引用:Wikipedia:データベース

Internet Explorerに関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング