H2Aロケット 打ち上げとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
H2Aロケット、40回目の打ち上げへ 温室効果ガス観測衛星「いぶき2号 ...
地球温暖化をもたらす温室効果ガスの観測衛星「いぶき2号」などを載せたH2Aロケット 40号機が29日未明、鹿児島県の種子島宇宙センターで午後1時8分の打ち上げに向け最終作業に入った。H2Aは今回が40回目の節目の打ち上げと ...
ロケット打ち上げ情報 予定(計画)と結果 : 宇宙技術開発株式会社
温室効果ガスを観測、「いぶき2号」午後打ち上げへ
JAXA:「いぶき2号」搭載 H2Aロケット打ち上げ - 毎日新聞
温室効果ガスを観測する衛星「いぶき2号」を搭載したH2Aロケット40号機が、午後1時すぎに、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられます。 H2Aロケット40号機は28日夜、組立棟からゆっくりと...- TBS系(JNN)- 19分前
JAXA|H-IIAロケットの概要
<JAXA>「いぶき2号」搭載 H2Aロケット打ち...- 毎日新聞- 33分前
H2Aロケット 打ち上げの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

H-IIA ロケット(エイチツーエー ロケット)は、宇宙開発事業団(NASDA)と後継法人の宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工が開発し三菱重工が製造および打ち上げを行う、人工衛星打ち上げ用液体燃料ロケットで使い捨て型のローンチ・ヴィークル。
JAXA内での表記は「H-IIAロケット」で、発音は「エイチツーエーロケット」であるが、新聞やテレビなどの報道では、「H2Aロケット」または「H-2Aロケット」と表記され、「エイチにエーロケット」と発音される場合が多いJAXA職員のブログ。
H-IIAロケットは、先代のH-IIロケットを全体にわたって再設計して構造を大幅に簡素化し、一部に海外の安価な製品を利用をすることで、信頼性を高めながら急激な円高により失われたコスト競争力を回復させることを目的に開発された。
また、開発中に起きたH-IIロケット5号機と8号機の相次ぐ失敗や、H-IIAロケット6号機の失敗による信頼性の低下を回復するため、運用開始後にも改良が行われた。
1996年に開発が開始され 三菱重工公式サイト、開発費(H-IIからの改良開発費)は約1,532億円であった。
H-IIAと同じくH-IIを技術基盤とするH-IIBの開発費約270億円との合計は1,802億円であり、同じく前機種から改良開発されたデルタ IVの開発費2,750億円、アトラス Vの開発費2,420億円との比較でも安価に開発されているといえる。
打ち上げ費用は構成によって異なるが約85億円 - 120億円であり、H-IIロケットの140億円 - 190億円に比べると大幅に低減されている。
静止トランスファ軌道への打ち上げ能力は4.0 - 6.0 tであり、H-IIロケットと同等 - 約1.5倍の能力である。
2001年夏に試験機1号機が打ち上げられて以来、40回中39回の打ち上げに成功している。
打ち上げ成功率は97.5%。
H-IIAと同エンジンを使用するH-IIBロケットも含めると47回中46回の打ち上げに成功しており、打ち上げ成功率は97.9%(2018年10月29日時点)。
H-IIAは2023年度に退役する予定である。
一方、2014年度からH-IIAの後継の次世代基幹ロケットとなるH3ロケットが開発中であり、2020年度に試験機1号機が打ち上げられる予定である。

引用:Wikipedia:データベース

H2Aロケット 打ち上げに関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもH2Aロケット 打ち上げに関連のある動画ばかりではありません。

H2Aロケット 打ち上げに関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング