GACKT 接触事故とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
GACKT、接触事故にあう「クルマがぶつかってきた」 (スポーツ報知 ...
18時間前 - 歌手のGACKT(44)が11日深夜、自身のインスタグラムで車の接触事故を起こ.
GACKT、高級車が接触事故も余裕「丸くなった」 - 芸能 : 日刊スポーツ
GACKT、愛車ベントレーの接触事故を報告「貰い事故。怪我は...
GACKT、接触事故に遭っていた「怪我はなかったし怒る必要もなし ...
歌手のGACKTが12日、自身のツイッターとインスタグラムで、愛車のベントレーが右折してきた車両に接触される事故に遭っていたことを明かした。 GACKTはツイッターで「いきなりボクのベントレーの横っ...- デイリースポーツ- 37分前
GACKT、接触事故にあう「クルマがぶつかってきた」 : スポーツ報知
GACKT、接触事故に遭っていた「怪我はなかったし...- スポニチアネックス- 1時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもGACKT 接触事故に関連のある画像ばかりではありません。
GACKT 接触事故の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

GACKT(ガクト、1973年7月4日 - )及び神威 楽斗(かむい がくと、Gackt Camui)は、日本の男性シンガーソングライター、俳優。
沖縄県出身。
本名は大城ガクト。
旧芸名:Gackt(読み同じ)。
GACKTのファンの総称は『LOVERS』。
身長180cm、血液型A型。
これまでに、CDシングル47枚とアルバム19枚をリリースし、男性ソロアーティストの『オリコンシングルランキングTOP10獲得作品数』において日本で首位の記録を持つ(2017年2月時点)。
2001年から、4回連続でNHK紅白歌合戦に出場、密着取材の特別番組が組まれるなど、NHKとの結びつきは強い。
2007年には、NHK大河ドラマ『風林火山』に準主役ともいえる上杉謙信役で出演した同作で共演した緒形拳について、2008年の死去後の追悼番組で、「初めて、甘えられる人に出会った」と涙ながらに語った。

同年には、劇中の甲冑姿で撮影した写真集『龍の化身(NHK大河出演役としては局始まって以来の初の写真集)』が発売され、第58回NHK紅白歌合戦にも同じ姿で出演し、巨額の費用を投じて『風林火山』にちなんだ特別な演出を全額自己負担で施した。
『機動戦士ガンダム』の熱烈なファンで、『オールナイトニッポン』のパーソナリティであった頃、番組中でよく台詞を口にしていた他、横浜アリーナでの『オールナイトニッポン』でのイベント出演の際は、ファンからの呼びかけにより「ジーク・ジオン!」を連呼していた。
それ以降もその他の番組内でガンダムが取り上げられた際にはアムロ・レイやカイ・シデンのモノマネをしばしば行っている。
ガンダムはファースト(初代)を好み、「その後のガンダムは商業主義の副産物」とばっさり言い切ったこともある。
家庭教師の経験がある。
2009年の『仮面ライダーディケイド』で主題歌を担当するが自分で作詞作曲しないということ、平成仮面ライダーに関する知識がなかったことなどから、当初は引き受けることには慎重な姿勢を見せていた。
なお、同作主演の井上正大とは、プロモーションビデオでの共演を機にプライベートでも交流を持つようになったという。
劇場版『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』とその主題歌のプロモーションビデオでは、ライダーマンに変身する結城丈二を演じる(実際に変身する描写はない)。
この配役は、出演依頼を受けた際に「正大の背中を押せる役柄」を希望し、スタッフから提案されたもの『Stay the Ride Alive』初回生産限定盤のライナーノーツにおける井上正大との対談より。

年齢に関しては、メジャーデビュー以降は非公表にしていたが、主演舞台の『眠狂四郎無頼控』の会見で来年37歳になると発言した。
テコンドーの黒帯を有している。
日本語、英語、中国語(北京語)、韓国語、フランス語等が話せる。
『12月のLove song』は4カ国語(日・英・中・韓)で発表している。
2015年9月4日、ブログマガジンを配信し、いつもサングラスをかけている理由は、目が弱いためであることを打ち明けた。
光を調整する機能が壊れており、特に日差しの下だと光を取り込み過ぎて何も見えなくなるほどであると、悲観的ではなく軽い書き方で説明した。
私生活では、自宅内にある道場でパーフェクトボディをキープすべくとても厳しいトレーニングを行い、炭水化物を極力控えた食事を日に一度(基本的に夕食)、専属のシェフが調理したものを一皿ずつ運ばせて口にする。
就寝時間は遅く、睡眠時間も大変短い。
なお、このトレーニングの影響で握力などの筋力がすさまじい為、彼との握手の際は注意が必要である。
現在は生活拠点を日本でなく、海外に置いている。
3歳の頃ピアノの練習を開始し、11歳で一度中断するも14歳前後に友人の影響で再開する。
高校でドラムの演奏を始め、卒業後は水商売やディーラー、スタジオの音響などの仕事の傍らドラムのヘルプを続け、京都でYOUとバンド『Cains feel』を立ち上げ、ボーカルを務める。
人からの紹介でMALICE MIZERのManaとKoziに会い、MALICE MIZERへの加入を決め上京、1995年10月から1999年1月にかけて2代目ボーカルとして活動する。
* 1999年1月 - MALICE MIZERを脱退。
* 2002年9月22日 - 北京工人体育場で行われた「日中国交30周年記念コンサート」に出演。
* 2003年10月2日 - さいたまスーパーアリーナで行われたDream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴに出演。
* 2005年12月24日 - 自身初の東京ドームライブを決行。
* 2006年1月14日 - ソウルオリンピックスタジアムにおいて、日本と全く同じ規模と内容のコンサートを行う。
* 2006年2月28日 - 兵庫県立舞子高等学校の卒業式来校を依頼され、卒業生・在校生の前で未発表曲「野に咲く花のように」を披露。
同曲は翌年にCD音源化された。
* 2007年 - NHK大河ドラマ『風林火山』に上杉謙信役として出演。
この時の経験により、大の謙信ファンとなる2007年以降の謙信公祭(新潟県上越市で毎年8月に行われる祭り)に謙信役として特別参加(2009年度のみ、大河ドラマ「天地人」が放送していた関係で北村一輝が参加)。
当時の衣装を身にまとい、乗馬捌きを披露している。

* 2007年5月25日 - YOSHIKIらと新バンド「S.K.I.N.」を結成し、翌月より音楽活動を開始することを発表。
* 2007年7月2日 - 6月20日にリリースした「RETURNER 〜闇の終焉〜」にて、自身初のオリコンシングルチャート初登場1位を獲得。
* 2007年11月14日 - 人民大会堂で行われた「日中国交35周年記念コンサート」に出演。
日本語と中国語で「12月のLove song」を披露。
* 2008年4月23日 - ハリウッド映画『BUNRAKU』に準主役として出演することが決定。
* 2008年7月31日 - VOCALOID2技術を用い、GACKTの声をベースとしたバーチャルボーカリストソフトウェア「がくっぽいど」が株式会社インターネットより発売される。
* 2009年6月 - 名称をGacktからGACKTに変更。
* 2009年8月23日 - 『Animelo Summer Live 2009 -RE:BRIDGE-』に出演。
さいたまスーパーアリーナにてアニメ、ゲーム主題歌を熱唱。
* 2009年11月5日 - 「NEMURI × GACKT PROJECT」発表。
初主演舞台『眠狂四郎無頼控』の製作発表記者会見で、来年37歳になることを公表 毎日jp 2009年11月5日。
* 2010年7月16日〜24日 - 自身のバンド「YELLOW FRIED CHICKENz」を従え、初となるロンドン・パリ・バルセロナ・ミュンヘン・ボーフムでのヨーロッパツアー【GACKT COMING TO EUROPE 2010 ATTACK OF THE“YELLOW FRIED CHICKENz”】を開催。
*2011年3月12日 - Twitterのアカウントを取得。
一ヶ月で60万人を越えるフォロワー数を獲得。
翌13日には東北太平洋沖地震に際して著名人の友人(真矢、泉谷しげる)らと共にSHOW YOUR HEART基金を設立し、被災地への救援を呼びかける。
* 2011年6月9日 - 新生YELLOW FRIED CHICKENzの活動を再開することを、ニコニコ動画の"禁級来日記者発表"で発表する。
同時に新メンバーとワールドツアーの発表も行った。
新メンバーにはLUNA SEAのドラマー・SHINYA(真矢)、ボーカルのJON(from fade)、ギターのTAKUMI、ベースのU:ZO(ex RIZE)が加わり、ツインボーカル&トリプルギターの新編成となった。
* 2012年7月15日 - 10月2日 - GACKT原作・脚本・演出・主演舞台『MOON SAGA -義経 秘伝- 』を東京・名古屋・大阪・福岡にて開催。
* 2012年8月21日 - ニコニコ動画で運営しているブロマガを開始。
毎月4のつく日を目安に配信している。
* 2013年5月11日 - 7月7日 - 99年のソロデビューから現在に至るまで、14年のGACKTの歴史を振り返るベストツアー『BEST OF THE BEST Vol.I』を開催した。
* 2014年8月8日 - 10月31日- GACKT原作・脚本・演出・主演舞台『MOON SAGA -義経 秘伝- 第二章』を東京・大阪・名古屋 他4都市の全7都市にて開催。
* 2016年3月19日 - 7月3日 - 自ら「最後になる」と位置付けた『GACKT WORLD TOUR 2016 LAST VISUALIVE 最期ノ月 -LAST MOON- supported by Nestlé』を開催。
* 2017年12月26日 - 自身のブログを更新し、GACKT自身が仮想通貨事業(ICOプロジェクト「SPINDLE」)に参画していることを表明すると共に、自身の本名について『大城ガクト』であることを初めて公表した GACKT オフィシャルブログ 2017年12月26日付。

引用:Wikipedia:データベース

GACKT 接触事故に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしもGACKT 接触事故に関連のある動画ばかりではありません。

GACKT 接触事故に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング