100mとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
1位 多田 3位 山縣が代表内定 | 男子100m決勝 | 第105回日本 ...
特に男子の世界記録保持者は「人類最速の男」、夏季オリンピックでの優勝者は「世界一速い男」の称号が与えられる。100mを10秒で走ると平均速度は秒速10m、すなわち時速 ...
多田修平 涙の優勝インタビュー(代表内定) | 男子100m | 第 ...
東京2020オリンピックの陸上 男子100m の競技情報です。放送・配信予定や競技日程・結果、メダル速報、気になる選手情報などをお届けします。
リオ五輪 男子100m予選+男子400mリレー決勝 | NHK
1位 多田 3位 山縣が代表内定 | 男子100m決勝 | 第105回日本陸上選手権. 9秒台の記録を持つ4人が3つの東京オリンピック代表枠を争った男子100m。

100メートル競走(ひゃくメートルきょうそう、、)は、100メートルをいかに短い時間で走るかを競う陸上競技で、短距離走に分類される。
日本語では、百メートル走(ひゃくメートルそう)『大辞泉』、100メートル走、100m(ひゃくメートル)、100 、100米走 等々、さまざまな略語が用いられる。
の100メートル走決勝戦(2008年8月16日)陸上競技場では、メインスタンド前に当競技用の直線セパレートレーンが設置されている。
陸上競技の中で人気が高く、花形競技である。
特に男子の世界記録保持者は「人類最速の男」、オリンピック(夏期大会)での優勝者は「世界一速い男」の称号が与えられる。
100mを10秒で走ると平均速度は秒速10m、すなわち時速36kmであるが、2008年5月31日に9秒72の(当時の)世界記録を打ち立てたウサイン・ボルトが、100mでは人類で初めて公式に時速37km以上の平均速度で走った9秒73が時速37kmの壁である。

なお同じスプリント競走で、加速に必要な距離の比率が走行距離に対してより小さい200mでは、1996年にマイケル・ジョンソンが19秒32を記録し、100mよりも先に平均時速37kmを超えている(時速37.27 km)。
ただ2010年現在では、100mの世界記録における平均速度(時速37.59km)が200mの世界記録における平均速度(時速37.52km)を上回っている。
100mで必要とされるのは骨格から生み出される最高速と、最高速により早く到達する加速である。
長年にわたって190cmを超えるような長身・大型の選手は大きな加速度を得にくいという点で不利であるとされてきたが、21世紀に入ってからはボルトやアサファ・パウエルら身長190cm台の選手が世界トップに名を連ねるようになってきている。
一般的には30mから40mの間に最高速に達し、そのスピードをできるだけ維持しながらゴールに達する。
加速力の差で選手は前半逃げ切り型と後半追い込み型の2種類に大別される。
元世界記録保持者のモーリス・グリーンのように、本質的には前半飛び出し型であるが、走りの技術に工夫を凝らすことでそれほど後半にスピードの落ちないタイプもいる。
逆にボルトのように、後半追い込み型ながら前半の速いタイプもいる。
追い風により加速とトップスピードが向上し、一般に追い風1.0m/sで0.05秒から0.06秒の短縮が可能と言われる。
そのため、追い風2.0m/sを超える場合は公式記録とはならず追い風参考記録となる。
当然のことながら、世界記録の殆どが追い風の状況下で出されている。
風速計測は50m地点のコース脇に設置した風速計で、スタート時点から10秒間計測するただしこの計測方法は10秒以内で走るランナーにとっては、ゴール後に風力が変わって追い風参考記録になる等の不当なことも稀にある。
(詳細は陸上競技参照)。
また、高所の方が気圧が低いために空気抵抗が少ないため、短距離競技には好記録が出るとされている。
しかし、風速と異なり明確な基準はないため「高所記録」と記載されるだけで公式記録として残る(公式記録に「A」と記載される)。
世界的に男子はジャマイカやアメリカ合衆国勢を中心としたアフリカ系アメリカ人選手がオリンピックや世界選手権で圧倒的に強く、欧州勢がそれを追う展開となっている。
急速にスピード化が進んだ1980年代以降は黒人選手の独壇場といっても過言ではない様相を呈しており、非黒人選手は決勝進出はおろか準決勝進出も困難となっている。
中でもアジアの選手の目立った活躍は、1932年ロサンゼルスオリンピックで6位入賞を果たした吉岡隆徳ぐらいであり、以降はアジアの選手の上位入賞は皆無であった。
2015年世界陸上北京大会において、蘇炳添が世界選手権ではアジア初となる決勝進出の快挙を果たした(決勝は9位)。
これは女子部門でも例外ではなく、欧州勢がそれを追う展開となっている。
男子ほどではないものの、非黒人選手が上位入賞するケースは稀である。
アジアの選手の目立った活躍は、1928年5月20日の第15回日本陸上競技選手権大会で当時の世界記録(12秒2)を出した人見絹江と、1968年メキシコシティーオリンピックで決勝に進出し7位に入る健闘を見せた紀政ぐらいである(当時、オリンピックの入賞は6位までだった)。

引用:Wikipedia:データベース

100mに関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング