黒田博樹 寄付とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
黒田博樹氏、西日本豪雨に義援金1000万円寄付「早く ... - ORICON NEWS
29分前 - ニュース| プロ野球広島東洋カープOBで元メジャーリーガーの黒田博樹氏(43)が12 日、西日本豪雨で甚大な被害を受けた被災地へ、広島県庁が開設した義援金口座に1000万円を寄付したことを所属事務所を通じ発表した。 黒田氏は「 ...
黒田博樹氏 義援金1000万円寄付|BIGLOBEニュース
西日本豪雨 元カープ・黒田さんが1千万円義援金「少しでもお力...
黒田博樹氏、西日本豪雨に義援金1000万円寄付「早く救助されることを願っ ...
プロ野球の広島やヤンキースなどで投手として活躍した黒田博樹さん(43)が、西日本豪雨の支援のために、広島県庁が開設した義援金受付口座に義援金を送付1000万円を寄付したことを所属事務所が発表した。 ...- 産経新聞- 46分前
黒田博樹氏、広島県に西日本豪雨の義援金1000万円を寄付「少しでもお ...
黒田博樹氏、西日本豪雨に義援金1000万円寄付「早...- オリコン- 1時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも黒田博樹 寄付に関連のある画像ばかりではありません。
黒田博樹 寄付の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

黒田 博樹(くろだ ひろき、1975年2月10日 - )は、大阪府大阪市出身の元プロ野球選手(投手)。
右投右打。
野球解説者。
父は元プロ野球選手の黒田一博。
日本人投手で史上初めてNPB/MLB通算先発勝利(先発投手勝利)数のみで200勝を達成した投手である - 日刊スポーツ(2016年8月21日)。
また、NPB/MLB40球団勝利を記録した唯一の日本人選手でもある。
現在はよしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属する。
* 両親をガンで失ったため、癌の研究や啓発を行う活動に多額の寄付をしており、ロサンゼルスのメディアに紹介されたこともある。
父が肺ガンになった際は入院先の広島に足しげく通い、メジャー挑戦を1年先延ばしにしたのは父の闘病を支えたい気持ちが強かったというのも理由のひとつだった。
* 上宮高校時代の3年間は控え投手だった。
特に高校3年生の夏は、西浦克拓(元日本ハム)、溝下進崇に続く三番手投手と目されており、ついには公式戦で一球も投げずに部活を引退した。
スポルティーバ(2015年2月27日)*広島時代の2006年のシーズン終盤、FA移籍の情報が各スポーツ紙を賑わせている真っ只中、ファンが動き、完成させたのが広島市民球場外野席に突如現れた巨大横断幕である。
それには多くのファンからのメッセージ、そして大きな文字で「我々は共に闘って来た 今までもこれからも… 未来へ輝くその日まで 君が涙を流すなら 君の涙になってやる Carpのエース 黒田博樹」と記されていた。
更にシーズン最終登板試合には満員のファンが黒田の背番号15の赤いプラカードを掲げ球場を赤色に染め上げ、後に「あのファンの気持ちは大きかった」と述べた。
この一連のエピソードは翌年7月に『誰がために〜黒田博樹物語〜』(漫画:吉原基貴、原案協力・取材:戸塚啓)として漫画化され、ヤングアニマル(白泉社)に掲載された。
* ドジャース時代にほぼ毎日キャッチボールをともにしたクレイトン・カーショウと仲が良い - sportsnaviコラム(2010年5月25日)。
カーショウとは10歳以上の年齢差があり、国籍や考え方、生活習慣も違ったが、お互いに尊重し合いながら成長していったという。
投球についてたびたび話し合うだけでなく、プライベートでも頻繁に食事を共にしたり、プレゼントを贈り合ったりもしていた。
2011年にトレードでの移籍に心が傾いた際にもカーショウにだけ心境を明かした他 - スポーツニッポン(2011年8月1日)、この年ドジャースで最後の登板となった試合前にカーショウとキャッチボールをした際には、この年233イニングを投げたカーショウは、既にシーズン最後の登板を終えてキャッチボールを禁じられていたためコーチたちに止められたが、「いいんだ、ヒロが先発するんだから、僕がキャッチボールの相手をするのは当然だろう」としてキャッチボールを続けたといい、カーショウはこの年最後のミーティングでも「ヒロに話しておきたい。
ドジャースに来年も残ってほしいんだ」と話し、ミーティングが終わってロッカールームに戻った黒田は感極まって泣いてしまったという。
この年のオフにFAとなり移籍先の球団を選んだ際には、「カーショウと投手同士としては対戦したくないな」という思いからナショナル・リーグの球団への移籍は避けたという。
2013年7月31日のドジャース戦でカーショウとの対戦が実現した際には、試合はヤンキースが勝利したが、黒田が7回5安打無失点、カーショウが8回5安打無失点とそれぞれ好投し互いに勝敗はつかず - 日刊スポーツ(2013年8月1日)、黒田は「カーショウなら仕方がないと思ってましたし、こういう展開だとなかなか勝つチャンスがないと思っていたんで、僕はもう常に0点に抑え続けるしかないかなと思ってました」 - 日刊スポーツ(2013年8月1日)、カーショウも「彼はアメリカン・リーグで最も良い投手のひとりだから負けるのは仕方がない」とそれぞれ語ったMLB.com Recap、2013年7月31日。

引退報告にカーショウを訪ねた際にも先発登板の翌日だったカーショウにキャッチボールに誘われ、5年間使ったグラブにメッセージを添えた物を贈られた。
* NPBとはやり方の違うMLBのトレーニングについて「アメリカに来たのでアメリカの野球を受け入れないと、自分のことも受け入れてもらえないと思った。
こっちに来た以上はこっちのやり方も自分でトライしてみないと。
そういう姿勢というのは、みんなに伝わると思う。
アメリカの野球をしに来たので、調整法であれ、トレーニングであれ、一度受け入れることは大事」として積極的に取り入れ、「結果も毎年良くなっているので、アメリカのやり方を信じてトライしたのも僕にとっては良かった」と語っており - sportsnaviコラム(2011年10月11日)、また、日本でプレーしていた頃は「練習や試合だけの日もあれば、ゆっくりする日もあるんだろうな」とメジャーについてのイメージを漠然と描いていたが、毎日のようにユニフォームを着て球場に行かなければならない実状を経験して、練習時間が長いと言われる日本のほうがむしろ「しんどくない」と思ったという。
そのため「日本と同じような調整では絶対に身体がもたない」と思い、調整法を変えていくことに至ったという。
* 高校時代、西郷隆盛が甥の市来政直に贈った漢詩の一節『雪に耐えて梅花麗し』に感銘を受け、以来それを座右の銘としている。
ヤンキース時代の2012年のスプリング・キャンプのミーティングで各選手が日替わりで自分の好きな言葉を披露した際に、黒田はこの言葉を紹介している。
この言葉には主将のデレク・ジーターや監督のジョー・ジラルディも共鳴したという - スポーツニッポン(2012年8月16日)。
* 高校生くらいの頃からB'zの曲をよく聞いており、2015年度の登場曲に使用された「RED」は、黒田から直々に登場曲制作の依頼に応えた書き下ろした楽曲である(B'zがジャンルを問わず一個人のために楽曲を提供するのは今回が初となる) - BARKS音楽ニュース(2015年3月25日)。
* 日本人投手で史上初めてNPB/MLBの先発勝利数のみで200勝(野茂英雄の先発勝利数は199勝)かつ大卒プロ史上初めて先発勝利数(先発投手勝利数)で200勝に達した投手である。
(これまで大卒200勝投手は4人いたが、いずれも先発投手勝利と救援投手勝利の合算で200勝している。
大卒200勝投手の先発勝利数は、村山実が188勝、藤本英雄が184勝、若林忠志が179勝、杉下茂が133勝となっている。
ちなみに高卒社会人プロの野茂英雄は先述のとおりNPB/MLB通算先発勝利数は199勝であり、救援投手勝利の2勝との合算で201勝となっている。
) - 日刊スポーツ(2016年8月21日)* 2015年9月には国際連合訓練調査研究所の親善大使に任命されているUnited Nations Institute for Training and Research。

引用:Wikipedia:データベース

黒田博樹 寄付に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも黒田博樹 寄付に関連のある動画ばかりではありません。

黒田博樹 寄付に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング