鶴見辰吾とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
鶴見辰吾(ツルミ シンゴ) | ホリプロオフィシャルサイト
鶴見辰吾出演 ミュージカル『ドン・ジュアン』待望の再演決定!
鶴見辰吾 | NHK人物録 | NHKアーカイブス
鶴見辰吾俳優つるみしんご. 1964年生まれ、東京都出身。77年、ドラマ『竹の子すくすく』でデビュー。代表作にドラマ『3年B組金八先生』『高校聖夫婦』、映画『翔んだ ...
鶴見辰吾の出演ドラマ一覧(0000000028) - WEBザテレビジョン
鶴見辰吾(つるみしんご)の出演ドラマ一覧。芸能人、タレントのプロフィール・画像・写真・動画・TV(テレビ) 映画 ドラマ 出演番組・スケジュール・SNSをまとめて ...
鶴見辰吾 : 関連作品(映画) - 映画.com
鶴見辰吾が出演/製作した最新映画や、作品の一覧、フィルモグラフィーをチェックできます!護られなかった者たちへ(2021年10月1日}公開予定)、マスカレード・ ...
鶴見辰吾の出演映画作品|MOVIE WALKER PRESS
俳優「鶴見辰吾」が携わった映画116作品を紹介。「マスカレード・ナイト(2021年9月17日(金)公開)」の出演。現在上映中の「るろうに剣心 最終章 The Beginning」の ...

鶴見 辰吾(つるみ しんご、1964年12月29日 - )は、日本の俳優、タレント。
東京都出身、神奈川県横浜市在住。
成蹊大学法学部政治学科卒業。
ホリプロ所属。
弟は元俳優の三上祐一。
母方の先祖に本多康重。
趣味・特技は自転車(ロードバイク)、日舞、スキー。
「ロードバイク好き芸能人の元祖」とも呼ばれ、2007年には自転車活用推進研究会により2代目自転車名人に選出されている。
『J SPORTS cycle road race』にもしばしばゲストとして招かれており、2010年のツール・ド・フランス中継に登場した際は「多い月は月間2000km以上自転車で走る」とコメントした。
50歳にして初マラソンに挑戦。
2015年3月15日開催の第1回横浜マラソンでは、レース前自ら「3時間30分以内が目標」と語ったが、それを大きく上回る3時間12分58秒という驚異的なゴールタイムで完走した。
しかし、この大会は後に186.2メートル距離が短いことが判明、リベンジして臨んだ2016年の横浜マラソンで3時間9分27秒の初公式記録で完走した 日刊スポーツ 2016年3月14日閲覧。
2017年5月3日に放送された日本テレビ系『ナカイの窓』に出演「ハマりすぎ芸能人 第5弾」にて、18ホールをタイムと打数で競う新たなスポーツ『スピードゴルフ』という競技にハマっていると熱く語った。
ゴルフは通常18ホール4時間以上は掛かるスポーツであるが、同競技内においては1時間程でホールアウトをしてしまうという。
「すごい疲れる」と本音を漏らしたものの、そのハードな『スピードゴルフ』を体験し「普段のゴルフがメチャクチャ楽しい」とコメントした。
目指す俳優像として、俳優の仕事を料理に例え、例えば映画『Zアイランド』主演の哀川翔が(俳優でいうスターに相当する)メインの「ステーキ」であれば、自身は生でも茹でてもおいしくハンバーグのつなぎにもなれる、さまざまな食べ方を提供できて主役にも脇役にもなれる「卵」のような存在でありたいと語っている。
2011年の第12回東京フィルメックスの特集上映「相米慎二のすべて〜1980-2001 全作品上映〜」『翔んだカップル』のトークゲストとして登場し、相米慎二監督の思い出を語った。
原宿幼稚園、港区立青山小学校に通い、成蹊中学校・高等学校、成蹊大学法学部政治学科卒業。
(映画の『翔んだカップル』や『レイクサイド マーダーケース』で共演した薬師丸ひろ子とは幼稚園・小学校の同級生。
)小学校時代の楽しみは「宝塚」で、『ベルサイユのばら』のアンドレに憧れて将来自分も舞台に立ちたいと願うものの、男はタカラジェンヌになれないと知って涙をのむ。
中学生となり、叔母が応募したテレビドラマ『竹の子すくすく』(1977年)の一般公募オーディションで2,582人の応募者の中から選ばれて片平なぎさの弟役を演じ、12歳でデビュー。
その後子役としてNHK大河ドラマなどに出演する。
1979年、中学3年生の時に『3年B組金八先生』第1シリーズに出演。
中学生の妊娠・出産を題材としたエピソード「十五歳の母」で杉田かおる演じる同級生と恋に落ち、妊娠、そして父親となる難役を演じて注目を集める。
『3年B組金八先生』にて主要生徒役を演じたことをきっかけに、1980年代は『高校聖夫婦』など、大映テレビ制作ドラマの常連として松村雄基や伊藤かずえらとともに活躍。
また、1980年には相米慎二監督のデビュー作となる『翔んだカップル』で映画初出演し、映画初主演を務める。
成蹊大学に入学するとドラマの主役が相次いで、一時学業を離れた後、卒業をあきらめきれないとして数年後に大学に戻り8年がかりで卒業している。
1987年には映画プロデューサーとして『卒業プルーフ』を製作し、商業映画史上最年少プロデューサー(当時)として話題となる。
1990年代に入ると映画やテレビ、舞台などで幅広く活躍。
役者としての将来に不安を抱き始めた30歳目前には根津甚八の助言も得て人生初の悪役にも挑戦し、試行錯誤を経て、映画『GONIN』(1995年)で演じた暴力団の若頭役のリアルな演技が評判を呼ぶ。

脇役に回って以降は、青春スター時代のイメージとは一変した地味で抑えた役柄・悪役も演じるようになり、リアリティある中高年役をこなせる俳優として活躍している。
私生活では、2004年に一般女性と結婚。
妻の出身地であり、昔から好きだったという神奈川県横浜市にて生活する。

引用:Wikipedia:データベース

鶴見辰吾のツイート

鶴見辰吾に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング