鳥山明 鳥嶋和彦とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
私的漫画世界|鳥山明|ドラゴン・ボール
鳥山明は子どもの頃から絵を描くのが好きで,高校卒業後にデザイン会社に就職します。 ... 当時の鳥山の作品は新人賞のレベルには達していませんでしたが,編集者の「 鳥嶋和彦」は鳥山の絵とアルファベットで表現されている描き文字にセンスを感じ,「今は ...
編集者から社長に!?編集者「鳥嶋和彦」の伝説がハンパない! - NAVER まとめ
『ジャンプ』伝説の編集長は『ドラゴンボール』をいかにして生み...
【イベントレポート】鳥嶋和彦が「鳥山明の作り方」伝授、「キャラはジャングル ...
ドラゴンボールの生みの親 『ジャンプ』伝説の編集長...- ITmedia ビジネスオンライン- 10月26日
創刊50周年「ジャンプ」伝説の元編集長が語る「鳥山明をめぐる社内政治 ...
Dr.スランプやドラゴンボールを生み出した鳥山明を発掘し、育て上げたといっても過言ではない伝説の編集者・鳥嶋和彦さん。いまや社長にまで上り詰めた彼の仕事の伝説の...
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも鳥山明 鳥嶋和彦に関連のある画像ばかりではありません。
鳥山明 鳥嶋和彦の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

鳥山 明(とりやま あきら、1955年(昭和30年)4月5日 - )は、日本の漫画家、デザイナー。
愛知県名古屋市出身『COMIC BOX』「わしの裏話」、1985年11月号。
、同県清須市在住(合併前は清洲町) 2014年6月24日閲覧。

プロダクションは「BIRD STUDIO」(バードスタジオ)。
血液型はA型。
妻は漫画家のみかみなち。
=; 様々なメカ: 作中にロボットや車、バイクなどが多く登場するのも特徴のひとつで、父親がかつてバイクレーサーだった影響もあるとのこと鳥山明「わしと自動車」『Dr.スランプ 第14巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1984年6月15日、ISBN 4-08-851194-8、145頁。

『Dr.スランプ』では表紙や扉絵に車ばかりを描いていたら、鳥嶋に「いい加減飽きた、この漫画は車が主人公だっけ?」と嫌味を言われたことがある鳥山明『Dr.スランプ 第14巻』カバー折り返し。

ただし、構造に詳しいわけではなく、専門用語などは理解できないという鳥山明『Dr.スランプ 第12巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1983年12月15日、ISBN 4-08-851192-1、カバー折り返し。

他にも『スター・ウォーズ』など好みのSF映画からの影響が強い。
オリジナルのメカを考えるのが一番楽しいときであり、どのように乗り込むのか、どこにエンジンが付いているのかなどをきちんと考えて描いているとのこと。
; 動物好き: 脇役に擬人化した動物キャラクターが多いのは、「人間だけだと顔を描き分けるのが大変だから」週刊少年ジャンプ特別編集「鳥山先生に完全密着取材Q&A!!なるほど!?ザ・ドラゴンボール」『DRAGON BALL 冒険SPECIAL』集英社、1987年12月1日、雑誌29939-12/1、139-140頁。
、「動物好きというということもあるが、基本的に人間より安易にバリエーションが増やせるから。
特に犬は人間よりはるかに忠実でピュアなイメージなので多用している」Vジャンプ編集部編「鳥山明に聞いてみた!2013 CHARACTER編」『ドラゴンボール超全集1』29頁。
とのこと。
多くが人間の言葉を操るなど普通に人間社会に溶け込んでいる。
元来が少年時代に「馬やチンパンジーを飼いたい」と親に駄々をこねたほどの動物好きで、犬や猫を始め、ウサギ、鳥類、魚類などの飼育を趣味としている鳥山明「わしと動物その2」『Dr.スランプ 第14巻』62頁。

ハイギョの飼育がテーマの短編作品『ハイギョのマヒマヒ』を執筆しており、『Dr.スランプ』にも、村の乱暴者がブンチョウの飼育を通じて更生する、などのエピソードがある。
唯一ネズミだけは苦手だったが、子供にせがまれて飼い始めたハムスターの影響で苦手意識が薄れた、と語っている。
1978年に『週刊少年ジャンプ』52号にて読み切り作品『ワンダーアイランド』でデビュー。
集英社との専属契約下で『週刊少年ジャンプ』などジャンプ系列誌に作品を発表。
代表作『Dr.スランプ』『ドラゴンボール』はいずれもテレビアニメ化され、1981年から1999年にかけてフジテレビ系列の毎週水曜日19:00 - 19:30は『Dr.スランプ アラレちゃん』から始まり、『ドラゴンボール』『ドラゴンボールZ』『ドラゴンボールGT』『ドクタースランプ』と、長期に渡り鳥山原作のアニメが放映されていた。
漫画家としての活動の合間にデザイナーとしても活動し、『ドラゴンクエストシリーズ』などのゲームやマスコットのキャラクターデザイン、プラモデルや車などのデザインを多数手掛けている。
漫画家デビュー以来、地元で活動を行っており、Dr.スランプ単行本の描きおろしページによると、当時は名古屋空港から航空便で原稿を送っていたとの事である(現在、名古屋空港から東京方面の航空便は東海道新幹線の利便性に圧倒されて廃止)鳥山明「ドキュメンタリー ボクはこうやってDr.SLUMPをかいているのさっ!!3」『Dr.スランプ 第3巻』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、1980年12月15日、ISBN 4-08-851183-2、86頁。

1980年から90年代の「(週刊少年)ジャンプ黄金時代」を支えた立役者であり、当時編集長を務めた西村繁男は、「『週刊少年ジャンプ』発行部数600万部達成の快挙は、鳥山明の破壊的なパワーを借りて初めて実現し得たことは、誰も否定できないだろう」と評価している『さらばわが青春の『少年ジャンプ』』pp.282。
『Dr.スランプ』『ドラゴンボール』は2018年現在でも、コマーシャルに起用されたり、グッズが作られるなど根強い人気を博している。

引用:Wikipedia:データベース

鳥山明 鳥嶋和彦に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも鳥山明 鳥嶋和彦に関連のある動画ばかりではありません。

鳥山明 鳥嶋和彦に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング