高山一実 小説家デビューとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
乃木坂46高山一実、グループ初の小説家デビュー「やっと見つけ ... - グノシー
高山一実/モデルプレス=11月3日】乃木坂46の高山一実が、グループ初となる小説 家デビューすることがわかった。11月28日に本格長編小説『トラペジウム』( KADOKAWA)を発売する。(写真 : 高山一実.
乃木坂46から初の小説家デビュー! 高山一実『トラペジウム』11 ... - グノシー
乃木坂高山一実「未来照らす作品に」小説家デビュー
乃木坂高山一実「未来照らす作品に」小説家デビュー(日刊スポーツ ...
乃木坂46高山一実(24)が、小説家デビューすることが2日、分かった。今月28日に著書「トラペジウム」(KADOKAWA)を発売する。グループ初の小説家が誕生する。同作は、高山が雑誌「ダ・ヴィンチ」に...- 日刊スポーツ- 47分前
乃木坂46高山 小説家デビュー | 2018/11/3(土) 9:47 - Yahoo!ニュース
乃木坂46の人気メンバー、高山一実による初小説『トラペジウム』が11月28日(水)に刊行されることが決定した。 本作は雑誌『ダ・ヴィンチ』2016年5月号から2018年9月号まで、2年以上にわたって連載。
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも高山一実 小説家デビューに関連のある画像ばかりではありません。
高山一実 小説家デビューの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

(たかやま かずみ、1994年2月8日 - )は、日本のアイドルであり、女性アイドルグループ乃木坂46のメンバーである。
千葉県南房総市出身。
身長162cm。
血液型A型。
愛称は、かずみん。
高山一実の「一実」という名は、長女であることから名づけられた。
持ちフレーズは「アメイジング」「ポジピース」「バケラッタ」である。
自宅のワンルームを2つの部屋のようにして使用している。
昭和をこよなく愛し「乃木坂46の昭和キャラ」と呼ばれている。
山口百恵、中森明菜、松田聖子のようなアイドルを目指している。
山口百恵の存在はテレビで知った。
中森明菜の存在は親の影響で知り、松田聖子の存在は学校の音楽の授業で松田聖子の「SWEET MEMORIES」という曲を歌ったことがきっかけで知った。
中学の反抗期の頃はかなり荒れていて、この時期に物に当たって壊した場所が実家のいたるところにあるという。
小学1年生の時、母親の勧めで剣道を始めた。
小学校を卒業後、千葉県南房総市内の中学校へ進学した。
学校では剣道部に所属した。
高山が通っていた地元の学校は女子学生が20人弱で学生数が少なかったため、幼稚園から中学校まで皆同じ学校だった。
このため、女の子らしい格好ができず、その反動で中学生の頃からアイドルになりたいと思い始めた。
中学校を卒業後、千葉県立安房高等学校へ進学した。
高校1年生の時、剣道部を退部してからアイドルオタクになり、モーニング娘。
のライブへ通い始めた。
高校2年生の時、「モーニング娘。
9期メンバーオーディション」に応募したが書類選考で落選した。
高校3年生の時、音楽大学の声楽科へ進学しようと考えていたが大学に夢を持てず、アイドル歌手になりたいという夢だけが残ったため、乃木坂46の1期生オーディションを受験した。
2011年8月21日、乃木坂46の1期生オーディションに合格、オーディションでは山口百恵の「夢先案内人」を歌った< />。
暫定選抜メンバーに選ばれ、立ち位置は後列だった。
オーディションを受験した理由は、歌が好きでアイドル歌手になりたかったからである。
合格後は上京した。
2012年2月22日、乃木坂46の1stシングル「ぐるぐるカーテン」でCDデビューした。
同日、2月22日が亡き弟の誕生日であることを公式ブログで明かし、亡き弟へCDをプレゼントし「天国で喜んでくれてたら嬉しい」と語った。
2012年5月2日、乃木坂46の2ndシングル「おいでシャンプー」のカップリング曲「偶然を言い訳にして」で初のユニットを務めた。
2013年4月3日、東京スポーツ新聞で「乃木坂46 高山一実と仲間たち 昭和にアメイジング!」の連載を開始した。
2013年4月7日、『BAD BOYS J』(日本テレビ)でテレビドラマに初のレギュラー出演を開始した。
2014年1月10日、乃木神社で成人式を迎えた。
2014年1月12日、南房総市成人式(千葉県南房総市・白浜フローラルホール)で新成人代表として成人の誓いを務めた。
2015年3月、千葉県南房総市の観光大使に就任した。
2016年1月5日、初の短編小説『キャリーオーバー』を執筆した。
2016年2月、『ちばアクアラインマラソン2016』のPR大使に就任した。
2016年4月6日、雑誌『ダ・ヴィンチ』で初の長編小説『トラペジウム』の連載を開始した。
2016年9月15日、初のソロ写真集『恋かもしれない』(学研プラス)を発売、写真集は週間で1万1816部の売上を記録し、2016年9月26日付のオリコン週間ランキングの写真集部門で1位を獲得した。
写真集は2016年5月下旬に千葉県南房総市で撮影された。
2016年10月17日、乃木坂46の16thシングル「サヨナラの意味」で初のフロントを務めることが発表された。
2017年7月25日、乃木坂46の18枚目シングル「逃げ水」の通常盤のカップリング曲「泣いたっていいじゃないか?」で初のセンターを務めることとなり、楽曲が同日開催の「第37回全国高等学校クイズ選手権」の全国一斉大会関東会場で披露された。


引用:Wikipedia:データベース

高山一実 小説家デビューに関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも高山一実 小説家デビューに関連のある動画ばかりではありません。

高山一実 小説家デビューに関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング