雄星 土肥コーチとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
西武・土肥コーチがみた菊池雄星 | ショウアップナイター
2017年6月13日 - 西武の土肥義弘投手コーチは、菊池雄星をこう評した。菊池は防御率リーグトップの 1.46、勝ち星はリーグ3位の6勝と、楽天へFA移籍したエース・岸孝之に代わる柱として、 その役目を果たす。 開幕から安定した投球を続ける菊池について土肥 ...

■2018年4月30日
8連勝中の巨人は山口俊、対する広島は中村祐 5月1日の予告先発
◆ ソフトバンクは開幕投手の千賀が復帰 日本野球機構から1日の予告先発が発表された。 4月30日のヤクルト戦に勝利し、6年ぶりの8連勝とした巨人。あす1日はマツダスタジアムに乗り込み、2ゲーム差の首位

■2018年4月30日
巨人、8連勝で2位浮上!高橋監督「いい戦いができている」
○ 巨人 11 - 1 ヤクルト ●<6回戦・東京ドーム> 巨人が8連勝で2位に浮上した。 巨人は2回、小林誠司の2点適時打で幸先良く先制すると、3回はゲレーロ、亀井善行の適時打が飛び出し2点を追加。

■2018年4月30日
“恐怖の8番打者”巨人・小林が4打点!「練習しかない」
 “恐怖の8番打者”巨人・小林誠司が、30日のヤクルト戦で2安打4打点の活躍で勝利に貢献した。 0-0の2回二死二、三塁の第1打席、ヤクルト先発・館山昌平のストレートを捉えた打球は、高くバウンドしレフ

■2018年4月30日
阪神、延長戦制し連敗ストップ! ロサリオがV弾、2番植田は全5出塁
● 広島 2 - 4 阪神 ○<6回戦・マツダスタジアム> 阪神が広島戦の連敗を「3」でストップ。延長10回、4番ロサリオが決勝の2号2ランを放ち、スタメン2番の植田は全5打席出塁をマークした。 阪神

■2018年4月30日
15日ぶり登板の巨人・上原、1回無失点 高橋監督「良かったと思います」
 巨人の上原浩治が30日のヤクルト戦で、久々に登板した。 4月15日の広島戦以来となる登板となった上原は、10点リードの8回からマウンドへ。先頭の西浦直亨を137キロのストレートで三飛、続く鵜久森淳志

■2018年4月30日
首位・西武、強すぎる!本拠地12連勝で貯金は14
 西武が30日、楽天に5-2で勝利し、本拠地メットライフドームでの連勝を12に伸ばした。 移籍後2度目の先発となった榎田大樹は2回にウィーラーの2ランで2点を失ったが、3回以降は打たせて取るピッチング

■2018年4月30日
松坂大輔、4241日ぶりの日本球界白星 6回8四死球も3安打1失点の粘投
○ 中日 3 - 1 DeNA ●<6回戦・ナゴヤドーム> 中日が連敗を「4」でストップ。先発の松坂が6回1失点の粘投を見せ、2006年9月19日のソフトバンク戦以来、実に4241日ぶりとなる日本球界

■2018年4月30日
【ロッテ】謎の魚のLINEスタンプが登場「ドクタースランプではありません」
 ロッテは30日、同球団の人気キャラクター「謎の魚」の公式LINEスタンプが販売開始となったことを発表した。 今回のスタンプは、第2形態と第3形態の全40種類。「OK」や「セーフ」など、謎の魚が様々な

■2018年4月30日
ヤンキース、接戦制し9連勝! エンゼルスは4連敗、大谷出場せず
● エンゼルス 1 - 2 ヤンキース ○<現地時間4月29日 エンゼル・スタジアム> ヤンキースが敵地でスイープ(カード全勝)し、今季最長の9連勝。対するエンゼルスは4連敗となり、27日(日本時間2

■2018年4月30日
牧田和久、自己最悪の1回5失点 2発含む6安打、打者一巡の猛攻受ける
● パドレス 2 - 14 メッツ ○<現地時間4月29日 ペトコ・パーク> パドレスの牧田和久投手が29日(日本時間30日)、本拠地でのメッツ戦に救援登板。メジャー移籍後自己ワーストの1回6安打5失

■2018年4月30日
アメリカの傾向は是か非か!?キャンプ地で視た統計の打撃【深澤弘のショウアップナイターヒストリー】
◆ 江本さんがカンカン!? 今週は日米の野球観について。 春先に(解説者の)江本孟紀さんが、アメリカのアリゾナへ行っていて、土産話を色々と聞きましたので、今回はそのお話をしていきたいと思います。 江本

■2018年4月30日
前田健太、中4日で6回投げ切るも2敗目…二死から痛打され4失点
○ ジャイアンツ 4 - 2 ドジャース ●<現地時間4月29日 AT&Tパーク> ドジャースの前田健太投手が29日(日本時間30日)、敵地でのジャイアンツ戦に先発登板し、6回4失点で今季2敗目(2勝

■2018年4月30日
大谷が早くも4本目!移籍1年目の本塁打記録を超えられるか?
◆ 大谷が第4号本塁打! 現地4月27日に行われたエンゼルスとヤンキースの一戦。大谷翔平(エンゼルス)は、ヤンキース先発のルイス・セベリーノから今シーズン第4号となる先制本塁打を放った。しかし、第2打

■2018年4月30日
巨人・阿部が“最高の笑顔”見せた!「やっと打てました」
 巨人の阿部慎之助がようやく“開幕”し、ファンに最高の笑顔を見せた。 昨季は3月31日の中日との開幕戦の第1打席でライトスタンドへ豪快な一発を放ち、初安打を記録。開幕3連戦で打率.545、2本塁打、8

■2018年4月29日
巨人、逆転勝利で7連勝!高橋監督「よくひっくり返した」
 巨人がヤクルトに11—8で勝利し、連勝を7に伸ばした。 打線は2点を追う7回、一死走者なしから安打、相手失策、四球で満塁のチャンスを作ると、代打・阿部慎之助が今季初安打となる2点適時打で同点に追いつ

■2018年4月29日
4連敗の中日は松坂、3連敗のヤクルトは館山が登板 30日の予告先発
◆ 本拠地11連勝中の西武は新加入の榎田 日本野球機構から30日の予告先発が発表された。 29日のDeNA戦に敗れ4連敗中の中日は、新加入の松坂が登板する。ベテラン右腕は19日の阪神戦で、7回2失点と

■2018年4月29日
逆転負けの中日、今季3度目の4連敗 ガルシア好投も鈴木博&田島が2失点
● 中日 2 - 4 DeNA ○<5回戦・ナゴヤドーム> DeNAが逆転勝ちを収め、今季の中日戦は5戦全勝。延長10回、3番筒香が決勝点となる6号2ランを右翼席へ運んだ。対する中日は痛恨の逆転負け。

■2018年4月29日
16得点の西武、本拠地開幕11連勝! 楽天は今季初の6連敗、借金「12」
○ 西武 16 - 4 楽天 ●<5回戦・メットライフ> 西武打線が今季最多の16得点と爆発し、球団記録を更新する本拠地開幕11連勝。先発の多和田は7回6安打2失点と好投し、開幕から5戦5勝とした。 

■2018年4月29日
【日本ハム】3番・西川&1番左翼は杉谷…近藤は右腓腹筋の軽度の筋挫傷
 日本ハムは29日、28日に行われたロッテ戦で途中交代していた近藤健介が都内の病院で検査を受け、右腓腹筋の軽度の筋挫傷と診断されたことを発表。29日のスタメンからは外れ、前日の試合で近藤に代わって途中

■2018年4月29日
田中将大、6回1失点でリーグ1位タイの4勝目 左足首痛の大谷は出場せず
● エンゼルス 1 - 11 ヤンキース ○<現地時間4月28日 エンゼル・スタジアム> ヤンキースの田中将大投手が28日(日本時間29日)、敵地でのエンゼルス戦に先発登板し、6回1失点の好投でリーグ

西武・土肥コーチがみた菊池雄星 (ベースボールキング) - Yahoo!ニュース
2017年6月13日 - ひとつひとつ勝ってエースらしいピッチャーになっている」。 西武の土肥義弘投手コーチ は、菊池雄星をこう評した。菊池は防御率リーグトップの1.46、勝ち星はリーグ3位の6勝 と、楽天へFA移籍したエース・岸孝之に代わる柱として、その役目を ...
【検証'17】西武・雄星がたどりついた心・技・体 (3/4ページ) - サンスポ
左腕最速158キロの雄星 転機は土肥コーチとの出会い「がむし...

■2018年4月30日
楽天がコーチを配置転換 2軍の栗原健太打撃コーチが1軍の打撃コーチに


■2018年4月30日
ヤクルトD7・松本、11失点に肩落とす「難しかった。力不足」


■2018年4月30日
DeNA打線、好投の中日・松坂たたえる 筒香「他の投手と全く違う」


■2018年4月30日
阪神・岩崎、好救援で今季初白星「落ち着いて投げられた」


■2018年4月30日
ロッテD4・菅野、先制の2点適時打で先発起用に応える「いい結果が出て良かった」


■2018年4月30日
巨人・野上、パパになって初登板でお立ち台「「ジャビット君を持って帰りたいと思って頑張った」


■2018年4月30日
巨人・斎藤投手コーチ、久々登板の上原を評価「真っすぐも両サイド使っていた」


■2018年4月30日
中日、外国人中軸で先制 4番復帰のビシエド「貢献できたのはうれしい」


■2018年4月30日
広島・薮田が登録抹消…畝投手コーチ「逃げているように感じた」


■2018年4月30日
広島・高橋大がプロ初安打「やっと出てよかった」


■2018年4月30日
日本ハム・栗山監督、ロッテ・二木に脱帽「存分に彼の良さが出ていた」


■2018年4月30日
広島、リード守り切れず5連勝でストップ 緒方監督「最後に上回られた」


■2018年4月30日
中日・松坂に地鳴りのような声援 ナゴヤDが熱狂に包まれる


■2018年4月30日
DeNA、12残塁の拙攻で3位転落 一回3失点の飯塚「良い流れつくれなかった」


■2018年4月30日
オリ・宗がプロ初本塁打 福良監督「あれで勢いがついた」


■2018年4月30日
ソフトバンク・内川が今季初アーチ 通算2000安打まで残り「6」


■2018年4月30日
【決勝弾一問一答】阪神・ロサリオ「勝利のために頑張った結果が出て本当によかった」


■2018年4月30日
日本ハム・清宮、1軍昇格へ 栗山監督が明言


■2018年4月30日
【指揮官一問一答】中日・森監督、松坂白星に「やつがドラゴンズのユニフォームを着て1勝してくれたというのは…」


■2018年4月30日
オリ・田嶋、苦しんで3勝目「ファンの前で勝つことできて良かった」


■2018年4月30日
西武・榎田、好投で2勝目「粘り強く投げられた」


■2018年4月30日
阪神・ロサリオが延長十回に決勝の2号2ラン 首位・広島の連勝を5で止める


■2018年4月30日
【一問一答】巨人・小林、好調の理由を「もう練習しかない。いろんな人にアドバイスをもらっていい状態が1打席でも続けば」


■2018年4月30日
【怪物一問一答】中日・松坂「久しぶりの勝利を味わうことができて本当に最高です」


■2018年4月30日
明大・森下暢、「投打」で早大に雪辱 善波監督「投球以外でもいい仕事してくれた」/東京六大学


■2018年4月30日
明大、早大から勝ち点 森下暢仁が今季2勝目&適時打/東京六大学


■2018年4月30日
【試合結果】怪物復活! 中日・松坂が日本球界12年ぶり白星 8四死球も6回3安打1失点の粘投


■2018年4月30日
広島・丸、右太ももの治療受ける 連続出場ストップも「悲観はしていない」


■2018年4月30日
巨人・上原、2週間ぶりマウンドで1回を3者凡退


■2018年4月30日
楽天、逆転負けで7連敗 梨田監督「これが現状」


■2018年4月30日
中日・松坂「連敗を止める。その気持ちで投げていました」 6回1失点で勝ち投手の権利持ち降板


■2018年4月30日
広島の高橋大が二回にプロ初安打&プロ初得点 鈴木と同期入団


■2018年4月30日
阪神、七回に糸井が同点打


■2018年4月30日
西武・栗山が球団新309本目の二塁打!開幕から本拠地12連勝


■2018年4月30日
【試合結果】巨人が8連勝で2位浮上! 16安打11得点で“恐怖の8番”小林は4打点


■2018年4月30日
広島・薮田、1安打無失点も7四球…五回途中に降板


■2018年4月30日
京大、遠い勝ち点 エース藤原3失点に青木監督「後を任せるピッチャーが…」/関西学生


■2018年4月30日
岩隈、戦列復帰に遅れも…肩に違和感、投球中断へ


■2018年4月30日
大谷のエ軍、ヤ軍に競り負け3位転落 ソーシア監督「惜しかった」


■2018年4月30日
マー君のヤ軍、2012年以来の9連勝! サバシア「勢いを持続したい」


■2018年4月30日
関学大が今季初勝ち点 八回に大上が走者一掃の二塁打/関西学生


■2018年4月30日
マリナーズ2位浮上 9番ヒーリーが3安打4打点と爆発


■2018年4月30日
ダル5・3登板へ投球練習 今季初勝利懸け本拠地でロッキーズ戦


■2018年4月30日
オリックス・小谷野、死球受け激高…両軍選手飛び出し一時騒然に


■2018年4月30日
大谷のエ軍が3位転落 Dバックスは首位快走


■2018年4月30日
オリックス・宗佑磨がプロ初本塁打先頭打者弾で「チームに勢いが出る一番いい結果」


■2018年4月30日
お笑いトリオ・ななめ45°がオリ戦でスタメン発表 吉田正を「本塁まで止まりませんのでご注意ください」


■2018年4月30日
西武、2年目右腕・今井の処分を5月1日に解除 2月に未成年喫煙発覚


■2018年4月30日
阪神・秋山とDeNA・今永が投げ合い/予告先発


■2018年4月30日
【セ・リーグ公示】4月30日 阪神・能見が抹消


西武・土肥コーチがみた菊池雄星- 記事詳細|Infoseekニュース
◇パ・リーグ 西武8―1楽天(2017年8月3日 メットライフドーム) 炎獅子の勢いが止まらない。西武は3日、楽天を8―1で下し、91年以来、26年ぶりの12連勝を飾った。エースの菊池雄星投手(26...- スポニチアネックス- 1時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも雄星 土肥コーチに関連のある画像ばかりではありません。
雄星 土肥コーチの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

菊池 雄星(きくち ゆうせい、1991年6月17日 - )は、岩手県盛岡市出身のプロ野球選手(投手)。
左投左打。
埼玉西武ライオンズ所属。
日本プロ野球において左投手での最高球速記録保持者(158km)。
ホリプロとマネジメント契約。
妻はフリーアナウンサーの深津瑠美。
利き手は左だが、箸は右利きである。
趣味はラーメンの食べ歩きと読書で、若獅子寮入寮の際は「(持っている本の)10分の1くらい」としながらも50冊を超える本を持ち込んだ。
日本経済新聞で読書日記を連載した際には、愛読した本として司馬遼太郎『燃えよ剣』、浅田次郎『壬生義士伝』、童門冬二『上杉鷹山』、清水潔『殺人犯はそこにいる』、沢木耕太郎『敗れざる者たち』などに言及している日本経済新聞 2018年1月4、11、18、25日夕刊。
小学生時代には野球以外にもバレーボール、水泳、器械体操、習字、ピアノ、ソロバン、将棋、絵など数々の習い事をしていた。
好きな投手にはクレイトン・カーショウとジオ・ゴンザレスを挙げ、理想の投手にはランディ・ジョンソンを挙げている。
球速へのこだわりがあり、世界最速記録となる105mph(約169km/h)を計時したアロルディス・チャップマンも目標としている。
2016年6月24日、フリーアナウンサーの深津瑠美と入籍した。

引用:Wikipedia:データベース

雄星 土肥コーチに関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも雄星 土肥コーチに関連のある動画ばかりではありません。

雄星 土肥コーチに関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング