銀河鉄道999 ドラマ化とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
「銀河鉄道999」実写ドラマに栗山千明&前田旺志郎!プレッシャー ...
松本零士の名作SF漫画「銀河鉄道999」が、初の実写ドラマとして6月18日、BS スカパー!で生放送されることが決定した。
銀河鉄道 生放送で初ドラマ化 | 2018/5/15(火) 7:27 - Yahoo!ニュース
<銀河鉄道999>初の実写ドラマ化 メーテルは栗山千明、鉄郎...
銀河鉄道999 40周年記念作品 舞台 銀河鉄道999 GALAXY OPERA
松本零士さんの人気SFマンガ「銀河鉄道999」が、スカパー!で実写ドラマ化され、メーテルを栗山千明さん、星野鉄郎をお笑いコンビ「まえだまえだ」の前田旺志郎さんが演じることが15日、明らかになった。同...- まんたんウェブ- 1時間前
『銀河鉄道999』舞台化に大反響!「車掌の顔とかどうするのか気になる ...
栗山千明、憧れの“メーテル”に「雰囲気にぴったり」- スポニチアネックス- 2時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも銀河鉄道999 ドラマ化に関連のある画像ばかりではありません。
銀河鉄道999 ドラマ化の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

銀河鉄道999』(ぎんがてつどうスリーナイン、Galaxy Express 999)は、松本零士作のSF漫画、およびそれを原作としたテレビアニメ番組、アニメ映画である。
略称は「999(スリーナイン)」。
本項ではこのうち、主として漫画作品と関連作品について述べる。
アニメ番組、アニメ映画の詳細については「銀河鉄道999 (アニメ)」を参照のこと。
{|__TOC__|}※キャストは特筆なき場合、テレビ版のものである。
テレビドラマ版の演者については、#テレビドラマの節を参照。
; 星野鉄郎: 声 - 野沢雅子: 本作の主人公。
機械の体をタダでくれるという触れ込みの星へ行ける銀河超特急999号のパスをメーテルから貰い、彼女とともに999号で旅をすることとなる。
: 原作・テレビ版と劇場版で容姿が大きく異なる。
これは既に放送していたテレビ版とは別の『999』を作ろうということによる。
; メーテル:声 - 池田昌子: 鉄郎を999の旅へと誘う謎の美女。
鉄郎の母によく似た風貌をしている。
; 車掌:声 - 肝付兼太: 999号で勤務している車掌。
性格はまじめだが、客へのサービスは忘れない。
; 機関車:声 - 山田俊司→戸谷公次 / 柴田秀勝(劇場版第2作) / 山寺宏一(劇場版第3作): 人格を持っている999号のコンピューター。
プライドが高い。
しかし、アニメ版でメーテルに逆らえなかったシーンがある。
; 謎の声: 声 - 田中崇(後の銀河万丈) / 納谷悟朗(劇場版第1作) / 松本零士(WEBアニメ 不滅の空間軌道): メーテルに指示を下す謎の声。
物語の終盤で正体が明らかとなる。
; 鉄郎の母 / 星野加奈江: 声 - 坪井章子 / 滝沢久美子(不滅の空間軌道): 雪の晩、鉄郎とメガロポリスに向かう途中のところを機械伯爵に襲われ、物語冒頭で射殺されてしまう。
: テレビアニメ版では鉄郎の回想などを通じてたびたび登場している。
; 機械伯爵: 声 - 柴田秀勝 / 中村秀和(不滅の空間軌道): 鉄郎親子を襲った機械化人。
鉄郎の母をライフルで射殺したあと、彼女をハンティング・トロフィーにして自宅の応接間に飾り、仲間と祝杯を挙げていた。
そこを復讐に来た鉄郎によって仲間共々皆殺しにされ、彼の屋敷は火をかけられたことにより灰燼に帰した。
: 劇場版第1作では機械化人の英雄とされ、宇宙を渡り歩くことのできる城・時間城のボスとして鉄郎の前に現れる。
また、惑星ヘビーメルダーの歌姫リューズ(声 - 小原乃梨子)を愛人としている。
: 『メーテルレジェンド』にも登場している。
; アンタレス: 声 - 今西正男 / 久松保夫(劇場版第1作) / 糸博(1997年のラジオドラマ) / 郷里大輔(プレイステーション用ゲーム松本零士999 〜Story of Galaxy Express 999〜): 999を襲った列車強盗。
正真正銘の生身の人間であり、その体には数多くのエネルギー弾が不発弾となってめり込んでいる。
999をトレインジャックして自分の住処とする小惑星へと進路を変更させた。
鉄郎がタイタンで手に入れた戦士の銃のメンテナンスを行い、彼に「命乞いされようとも、心を鬼にして、撃たれる前に撃て」という宇宙で生き抜くための非情の掟を説いた。
体内の不発弾はいつ爆発してもおかしくない状況だが特に気にしている様子はなく、「いつかこいつら(不発弾)が爆発しておれはなにも残さず、消し飛ぶのだ」と言って笑い飛ばすという豪快さも見せる。
: たくさんの子供を持つ父親であり、2ヶ月以上家に帰っていなかった。
テレビ版では、機械化人から物資を奪おうとした際に妻を殺されたことが語られ、メーテルと再婚しようとしたが断られた。
: 劇場版第1作ではタイタンにアジトを持つぶどう谷の山賊のボスとして登場し、機械伯爵に親を殺された孤児たちを養っていた。
原作やテレビ版に比べ体型もスリムになり、風貌も精悍になっている。
孤児たちの仇を討つべく、母の仇討ちのため機械伯爵の時間城に乗り込んだ鉄郎の救援に駆けつけた。
メーテルが只者ではないことに気づいており、気をつけるよう鉄郎に遺言する。
; クレア: 声 - 川島千代子 / 麻上洋子(劇場版第1作) / 皆口裕子(劇場版第3作):クリスタルガラス製の機械化人。
生身の体を買い戻すため、999のアルバイトのウェイトレスとして働いている。
体内エネルギーの振動を強くして、その体をホタルのように発光させることもできる。
小惑星帯トンネルで鉄郎を助けるために体を砕け散らせて死亡した。
原作では、このときに鉄郎が持っていたクレアの体の破片が、終着駅で鉄郎の危機を救うキーアイテムとなる。
エターナル編では何者かにより再生され、999の食堂車に勤務している。
(メニューの表紙には"CLAIR RESTAURANT 999"と表記されている) 停車する星の情報説明やアドバイスを車掌に代わって鉄郎にすることがある。
元の身体は冥王星に保管されていたが、何者かに盗まれてしまう。
:劇場版第1作では小惑星帯トンネルを無事に通過したので終盤まで登場する。
鉄郎に恋心を抱くも、鉄郎がメーテルに好意を持っていることに気付いて思い悩む姿が随所で見られた。
; シャドウ: 声 - 信沢三恵子 / 藤田淑子(劇場版第1作): 冥王星の墓守を務める機械化人で、「迷いの星のシャドウ」と呼ばれている。
機械の体にはなったものの、生身の体のときの顔ほどの美しさには及ばなかったため、顔はのっぺらぼうである。
: 機械の体になったことを後悔しており、生身の体に戻りたがっていた。
テレビ版では、生身の体に戻るために必要な鉄郎の魂を奪おうとして彼に母親の幻を見せ、メーテルから引き離そうとしていた。
劇場版第1作では一人身の寂しさに耐えられずに鉄郎を狙うが、メーテルに自分の中の迷いを指摘されて断念した。
劇場版第2作では、999は冥王星に停車せず、通過するだけであったが、999を見上げる姿で1カットのみ登場している。
: エターナル編では冥王星でホテルシャドウを経営をしており、シャドウ夫人と呼ばれている。
; リューズ: 声 - 北浜晴子: 重力の底にある家で暮らす機械化人で、時間を操る能力を持つ。
これにより333号を脱線させ、車内の時間を進めて333号の乗客を白骨に変えた。
列車脱線の常習者で、999号で20台目になると語っている。
1人暮らしの寂しさから鉄郎を自分の家に連れて行き、同居を条件に機械の体を与えると鉄郎に言うがそれを拒否される。
リューズは機械の体になったいきさつを話してなおも鉄郎に同居を迫ったが、鉄郎の固い意志を見てそれをあきらめ、鉄郎がいつかメーテルをとるか自由をとるかで悩む時が来ることを話し、彼を解放した。
: リューズが語ったところによれば、彼女は500年前に交際していた男性の言うがままに自分の肉体を機械の体にした結果、このような体になった挙句にその男性から捨てられたとのことであり、テレビ版ではその様子が詳しく描かれた。
これにより彼女がかつてフラメンコの踊り手であったこと、交際していた男性の名がクロック男爵(声 - 徳丸完)であることなどが明かされた。
; ニセハーロック / 影男: 声 - 安原義人 / 大塚明夫(1997年のラジオドラマ) / 井上真樹夫(松本零士999): 惑星ヘビーメルダーの支配者として君臨する機械化人。
影男はアニメでのクレジット表記である。
ハーロックの名を騙って悪行の限りを尽くしていた。
ニセハーロックと後述するレリューズが登場するエピソード「時間城の海賊」に先行して劇場版第1作が公開されており、時間城はニセハーロックの居城として登場することとなった。
また「過去から未来まで渡り歩くことのできる城」というニセハーロックと部下のセリフから、タイムマシンとしても機能することが明らかとなっている。
: メーテルの対決の際にも、城内に仕掛けてある落とし穴で鉄郎を母が殺される前の晩にタイムスリップさせるといった卑怯な行為に及んでいるが、最期は愛人のレリューズにも裏切られ自分の体の時間を進められた結果、電子頭脳を残して肉体を消滅させられてしまう。
: メーテルのかつての同士・過去の親しき仲間とも取れるような描写がなされており、電子頭脳だけとなったその姿を見てメーテルは涙を流し、鉄郎に対してニセハーロックもかつては鉄郎のような心を持った若者だったと語っている。
: テレビ版では暗所を好み極度に光を嫌う描写が追加されたほか、レリューズに暴力を加えるシーンなども描かれた。
メーテルにとっては許すべからざる敵として描かれており、最期を迎えた際にも彼を哀れむような描写はない。
ただテレビ版でも、かつてはメーテルとともに宇宙に正義を取り戻そうとした同士だったことがメーテルの弁で語られ、彼女を裏切って多くの仲間を死に追いやった卑怯者とされている。
またメーテルの先手を常に取り続け、彼女に反撃のチャンスを与えなかったとも語られている。
; レリューズ: 声 - かおりくみこ / 小林優子(1997年のラジオドラマ): ヘビーメルダーの酒場の歌姫で、ニセハーロックの愛人。
重力の底を住処とするリューズの姉であり、彼女もまた機械化人である。
タイムスリップの能力を持ち、時間の流れの中を移動できる。
外見的には若い女性のように見えるが、妹のリューズが500歳以上であることから彼女も相当に高齢であることは確かである。
: 劇場版第1作に登場した機械伯爵の愛人・リューズに相当するキャラクターで、歌詞から劇場版のリューズが歌う「やさしくしないで」を酒場で歌っていることがわかる。
メーテルの後を追う鉄郎を時間城へと連行するが、時間の流れの中へと落下させられた鉄郎を連れ戻す。
最期はニセハーロックを裏切り、自分達と時間城の時間を進めて城と運命をともにした。
: テレビ版では「想い出なみだ色」を歌っている。
また、妹のリューズがいなくなってからニセハーロックと出会うまでのいきさつも描かれた。
原作では彼女が最期を迎える描写はなく、時間城崩壊後の描写もニセハーロックについてメーテルが言及しているのに対し、テレビ版ではレリューズのほうに描写が割かれている。
崩壊する時間城の中でギターを弾き「想い出なみだ色」を歌いながら肉体が朽ち果てていく様子が描かれ、劇場版の時間城崩壊シーンを踏襲するものとなっている。
後に残された時間城の残骸から鉄郎がレリューズのギターを見つけ出し、酒場に戻ってきて彼女のギターを酒場のマスターに渡すシーンも描かれた。
; S・F・メタルメナ:原作にのみ登場するクレアの後任のウェイトレス。
口が大きめな姉御な風貌の機械化人。
言動はかなり乱暴であるが、結果的に鉄郎を助けるものとなっている。
感謝すると皮肉や憎まれ口で返す性格で謎は多い。
数話連続で登場し物語の中からも外からも意味深な存在であったが、その後はなかったことのように姿が見えない。
: 劇場版第2作にもメタルメナ(声 - 麻上洋子)という機械化人が登場するが、クレアの後任と機械化人という設定以外に特に共通点はない。
; プロメシューム: 声 - 来宮良子: メーテルの母にして機械帝国の女王。
終着駅で鉄郎を待つ。
機械の体による人間の機械化のみならず、全宇宙の機械化を進めている。
; メノウ: 声 - 坪井章子(1997年のラジオドラマ) / 江森浩子(松本零士999): 原作におけるプロメシュームの側近を務める機械化人で、アニメには登場しない。
クレアの母で、彼女の体をクリスタルガラスにした。
クレアの弁によれば見栄っ張りとのことである。
これから機械の体になる生身の人間への配慮から、先入観を持たせないために顔はのっぺらぼうで黒い体をしている。
: 終着駅近くの通過駅「予約カタログ」にて、機械の体のカタログ配達人として鉄郎の前に現れる。
終着駅の一つ手前の臨時停車駅「最後の晩餐」では、若い女性を装い鉄郎の行動を観察していた。
1977年から1981年にかけて、少年画報社「少年キング」にて、同誌の看板作品として連載された。
ヒットコミックス全18巻。
第23回(1977年度)小学館漫画賞を受賞した松本零士の代表作。
連載中にテレビアニメ化、劇場アニメ化されて大ヒットしてアニメブームの原点を確実なものとし、『宇宙戦艦ヤマトシリーズ』とともに昭和50年代の松本零士ブームをも巻き起こした。
1981年に連載を終了して、当初はこれをもって完全に完結し続編はないとしていた「アニメージュ」徳間書店、1981年8月号。
松本零士インタビュー。
その後もイベント向けの番外編的な短編映像化は行われていたが、1996年になって小学館「ビッグゴールド」誌上で続編の連載が始まる。
1999年の「ビッグゴールド」誌の休刊後は、「ビッグコミック」を経てWebで不定期連載し、松本は999話まで描きたいとしていた『朝日新聞』1997年9月11日付夕刊。
正式名称ではないものの、「少年キング」版を「アンドロメダ編」、1996年からの新作を「エターナル編」とファンの間で便宜上の仮称がつけられている。
エターナル編は1998年に劇場アニメ化されて、ストーリーの完結までを描くその続編が1999年に劇場アニメとして公開される予定だったが頓挫している。
宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』とモーリス・メーテルリンクの『青い鳥』をヒントに執筆が始められ 『アニメ画集 銀河鉄道999』少年画報社、1978年。
松本零士インタビュー。
松本零士『ぴーぷる最前線』福武書店、1983年、p.126、全体的に寓話性や教訓性がやや強いものの、物語や登場人物の印象的な描写によって多くのファンを得た。
物語の枠組みは『銀河鉄道の夜』に登場する銀河鉄道を元にしているが、列車や運行システムの細部は日本の旧国鉄をモデルとしている。
松本自身が『銀河鉄道の夜』『青い鳥』とともに、SLの引く列車に乗って東京へ行った青春時代の体験が基になっていることを述べている『松本零士の世界』辰巳出版、2005年、p.209。
松本零士インタビュー。
松本零士『遠く時の輪の接する処』東京書籍、2002年、p.117.。
タイトルの999には、大人の1000になる前で未完成の青春の終わりという意味が込められている松本零士『遠く時の輪の接する処』東京書籍、2002年、p.176。

引用:Wikipedia:データベース

銀河鉄道999 ドラマ化に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも銀河鉄道999 ドラマ化に関連のある動画ばかりではありません。

銀河鉄道999 ドラマ化に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング