鈴木誠也とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
鈴木 誠也(広島東洋カープ) | 個人年度別成績 | NPB.jp 日本野球機構
ポジション, 外野手. 投打, 右投右打. 身長/体重, 181cm/98kg. 生年月日, 1994年8月18日. 経歴, 二松学舎大付高. ドラフト, 2012年ドラフト2位 ...
五輪中継で活躍の畠山愛理、侍ジャパン4番の夫・鈴木誠也を「家 ...
新体操元日本代表でスポーツキャスターの畠山愛理が2日、自身のインスタグラムを更新。夫の野球日本代表「侍ジャパン」の4番・鈴木誠也外野手(広島)にエールを送っ ...
鈴木 誠也 - 広島東洋カープ - プロ野球 - スポーツナビ
2021/7/17 - プロ野球 広島東洋カープ 鈴木 誠也のプロフィール、個人成績をお届けします。
<侍ジャパン>どうする“4番・鈴木誠也ノーヒット問題”…「打ち ...
... <侍ジャパン>どうする“4番・鈴木誠也ノーヒット問題”…「打ち待ちっていうのは通用しないと思う」(金子コーチ). posted2021/08/01 12:10.

■2021年8月08日
「1年延期になっていなかったら出られなかった」全5試合で“最後のマウンド”を守った栗林良吏の「圧倒的な支配力」<侍ジャパン優勝>
背番号20と背番号10が抱き合い1つになった瞬間に、いくつもの身体がぶつかってくる。午後10時ジャスト。横浜スタジアムで日本代表「侍ジャパン」が悲願の金メダル獲得を決めた瞬間だった。

■2021年8月08日
侍ジャパンも多数使用! 飛行機の窓と同じ素材の“超頑丈”なフェイスガードなのに…高校球児は使っちゃダメ?《謎ルール》
気がつけば浸透しているスポーツギア。日本のプロ野球界では、2019年からフェイスガードをつけて打席に立つ選手が急増した。

■2021年8月07日
《五輪金メダル・決勝本塁打!》村上宗隆が高校時代に号泣した日… それでも恩師が一目で「この子はプロ」と語った理由
「閉会式が終わって、みんなロッカーに引き上げて、ふとベンチを見に行ったら、村上が1人で座ってましてね。おい、帰るぞって声をかけたら、『坂井先生をもう一度甲子園に連れて行きたかったですー!』って、最後の

■2021年8月07日
アメリカは“2番オースティンと一発強打”さえ警戒すれば 挽回の機会を与えてほしい投手の名は…《五輪野球決勝プレビュー》
様々なキャリア、年齢の選手の寄せ集めだったアメリカは試合を経るごとにチームとしてまとまってきた感がある。大谷翔平の恩師でもあるマイク・ソーシア監督は、あまり極端な選手起用はしないが、次第に適材を適所に

■2021年8月05日
<日韓戦>「緊張したけど気持ちで決めました」山田哲人が大爆発! シドニー、北京と五輪で日本に立ちふさがった宿敵・韓国を撃破
「とにかくめちゃくちゃ緊張していたので、いい結果に繋がって思わずカッツポーズが出ました」日本の全ての得点に絡んだのも山田だった。

■2021年8月05日
<侍ジャパン>ルーキー伊藤&栗林が躍動! 韓国戦“勝利の流れ”を作ったリリーフ陣…オールプロ“3度目の挑戦”で悲願の金メダルへ
韓国撃破。もちろん表のヒーローは決勝3点二塁打を放った山田哲人内野手(ヤクルト)で誰も文句はないところだが、明らかに勝利の流れを作り出したのは、この日もまたリリーフ投手の力投にあった。

■2021年8月05日
「台湾の次に日本野球が好き」「東京五輪はメダルを狙えた!」 呉念庭・宋家豪らがいるのに…ファンが嘆いた台湾「出場辞退」の“その先”とは
「東京オリンピックに台湾野球チームが出られなかったのは、本当に残念だ。メダルを取るチャンスだったのに」台湾に行くたびに話を聞く、日本語が堪能な、あるジャーナリストのコメントだ。筆者もそう思う。

■2021年8月04日
野球の日韓戦、五輪やWBCなどで日本10勝-韓国9勝の“ほぼ五分” メダルへ2つのカギは過去苦しめられた左腕攻略と…〈宿敵分析〉
「全員に見せ場を作りたい」と言う稲葉采配が、うまく転がったと言うべきだろう。さて、8月4日の次戦は韓国だ。

■2021年8月04日
「金メダルをかじってみたい!」クールな山田哲人が東京五輪に燃えているワケ…稲葉監督にかけた“誓いの電話”の内容は?
延長タイブレークの末にアメリカを破り準決勝進出を決めた「侍ジャパン」。そのリードオフマンとして爽快な活躍を見せているのが、「1番・DH」で3試合連続先発する山田哲人内野手(ヤクルト)だ。

■2021年8月04日
《侍ジャパン》室伏広治から教わった「一投一念」…“マッチョマン”吉田正尚が16年秋に送った「便箋にびっしり直筆の手紙」とは?
東京五輪の準決勝進出がかかる、8月2日のアメリカ戦。重苦しい空気を振り払う先取点をたたき出したのは、オリックスの主砲・吉田正尚のバットだった。3回裏2死二塁の場面で打席に入ると、カウント1-1から、や

■2021年8月04日
「日本を一番意識しているはず」侍ジャパン準決勝は“宿敵”韓国…どんなメンバー? ピッチャーはほぼ20代だが元阪神の39歳も
実績、経験を重視した日本とは異なって韓国は「時価」、つまり今、勢いのある選手を選んでいる印象だ。

■2021年8月03日
侍ジャパン、金メダルまであと2勝! “五輪のラッキーボーイ”甲斐拓也だけでない、次々に逆転勝利できる理由<準決勝は韓国戦>
またこの男だ。激闘の米国戦。タイブレークにもつれ込んだ延長10回裏。決着をつけたのは、この五輪の“ラッキーボーイ”甲斐拓也捕手(ソフトバンク)のバットだった。

■2021年8月03日
「メカニックを最低限、戦える状態にできた」侍ジャパンの“切り札”千賀滉大は、なぜ見事に復活できたのか?
しかも日本代表にとっては白星ばかりか、この先の準決勝と決勝に向けて、大きな収穫を得た試合でもある。そうあの千賀が戻ってきたことが、何よりチームにとっては大きな意味があることだった。

■2021年8月03日
“ミラクル星稜”野球を離れた同期17人の思いも背負って…ロッテ岩下大輝が高校野球で学んだ「諦めない心」
2014年7月27日。石川県立野球場にて行われた全国高校野球選手権大会石川大会決勝。星稜高校は、0-8で迎えた9回に一挙9点を奪い、9-8で小松大谷高校に勝利して2年連続17度目の甲子園出場を決めた。

■2021年8月02日
侍ジャパン“投打で振り払うべき不安”とは? 慣れたハマスタで絶好調オースティン、猛打爆発で4強韓国がライバルに《記録でメダル争い展望》
東京オリンピック野球競技、オープニングラウンド6試合をテレビとネットでスコアをつけながら観戦した。好ゲームが多く、予想以上に実力差がないというのが率直な感想だ。

■2021年8月02日
「僕は若い世代の指導が適している」野球エリート・仁志敏久が挑む、DeNAファーム再構築の方法論とは
「選手の力量や性格がわからないところからスタートして、自分がやりたいこと、変えたいことを考えながら行動してきました。まあ、ちょっとやり過ぎたかなと思うこともあれば、もう少し踏み込んでもよかったのではな

■2021年8月01日
<侍ジャパン>どうする“4番・鈴木誠也ノーヒット問題”…「打ち待ちっていうのは通用しないと思う」(金子コーチ)
ただ、それと同時に次の戦いに向けて、再チェックしなければならない課題も炙り出されてきている。それは中軸、特に4番を任されている鈴木誠也外野手(広島)の処遇をどうするかという問題だ。

■2021年8月01日
国際試合では超重要! 甲斐拓也の「初見の投手」も攻略できる“捕手脳”と“瞬時の切り替え”<9番打者がキーマンに>
もちろん効果的な本塁打を打った山田や坂本の活躍も大きかったが、この試合で1人、勝利のキーマンを選ぶとすれば、迷いなく2回に同点タイムリーを放った甲斐拓也捕手(ソフトバンク)の名前を挙げたい。

■2021年7月31日
「千賀くんのノーノーをめっちゃ意識した」18歳のホークス千賀滉大がソフトボール上野由岐子に出会った“9年前”《侍ジャパン》
千賀「(上野さんの言葉で)特に覚えているのは『周りに流されちゃダメ。三流の選手は三流のことしかしない。一流の選手は三流のことはやらない』です」

■2021年7月30日
東京五輪でも“ミスターゼロ”に? “無失点男”岡島秀樹が評価する平良海馬の「ブレない軸」《侍ジャパン》
東京オリンピック、侍JAPANの戦いが28日に幕を切った。日本は初戦でドミニカ共和国と対戦し、4対3と逆転サヨナラで辛勝した。この試合、2点を先制された直後、7回2アウト一、二塁でマウンドに上がったの

■2021年7月30日
もし大谷翔平ら大リーグのスーパースターが五輪に出てたら(出られないけど)… 豪華すぎる打線・投手陣を想像してみた
「なぜ東京オリンピックの野球競技に、大谷翔平は出ていないの?」読者各位の中には会社や家庭で、そんな質問をされたことがある人もいるだろう。その答えはMLBが、オリンピックに関わっていないからだ。

■2021年7月29日
侍ジャパン初戦のドミニカ戦、“薄氷の勝利”のウラにあったベンチの「2つの判断ミス」とは?
日本代表はまさに薄氷を渡る危うい勝利をつかんだ訳だが、この危機を招いた一端にはベンチのミスがいくつかあったことも見逃せない。

■2021年7月29日
“日本のエース”山本由伸、田中将大と「10cm差のステップ幅」に見る“唯一無二”の凄み《侍ジャパン初戦を6回無失点9奪三振の快投》
日の丸の重圧もあっという間に吹き飛ばした。侍JAPANの開幕投手を託された山本由伸投手(オリックス)が、ドミニカ共和国戦を6回2安打無失点の好投で“日本のエース”へと名乗りを上げた。

■2021年7月29日
22歳山本由伸は何がスゴい?「ホームラン打ちたい」野球少年が“球道者”の顔をのぞかせた瞬間とは《侍ジャパン》
今やオリックスだけでなく、侍ジャパンでもエースとなった山本由伸のヒーローインタビューはいつも完璧だ。たとえば今季初勝利を完封で飾った4月1日のソフトバンク戦の試合後。

■2021年7月29日
侍の“事実上主将”坂本勇人が忘れられない、WBCのある場面。
プレミア12のときには5歳上の松田宣浩がいた。しかし東京オリンピックを戦う日本代表で、坂本勇人はチーム最年長としてまとめ役を担う。

■2021年7月28日
鈴木誠也の豪打を支えるアシックスの技術。日本を頂点へ導け!
道具にこだわるプロ野球選手は多い。用具メーカーの担当者にミリ単位の変更をリクエストし、サンプルを受け取っては感触を確かめる。そうやって、自身のパフォーマンスを最大化してくれる相棒を探すのだ。

■2021年7月28日
〈侍ジャパン戦力分析〉左腕の少なさ+千賀滉大と大野雄大は気がかり、野手は充実… “ガチガチの本命”という重圧を跳ねのけられるか
侍ジャパンの稲葉篤紀監督は本当に苦労したはずだ。そもそも東京五輪そのものがあるのかないのかわからなかったし、ここ2年、NPBのペナントレースも極めてイレギュラーな形で行われたからだ。そんな中でチームを

■2021年7月28日
韓国で怖いのは“石直球”の39歳オ・スンファンより勢いのある若手か 日本相手に名将が仕込む策は…〈侍ジャパン対戦国分析〉
実績、経験を重視した日本とは異なって韓国は「時価」、つまり今、勢いのある選手を選んでいる印象だ。

■2021年7月28日
レアード辞退…ゴタゴタなメキシコだが、元阪神ナバーロやMLB317発スラッガーも… NPB“再仕官”へやる気満々?〈侍ジャパン対戦国分析〉
7月28日から東京オリンピックの野球競技が始まる。今回は6チームの参加。各チームの戦力分析をしておこう。

■2021年7月27日
“スタンフォード大卒でヤンキースのドラ1級”エース、MLBの名内野手も… ノーマークなイスラエルも侮れない?〈侍ジャパン対戦国分析〉
7月28日から東京オリンピックの野球競技が始まる。今回は6チームの参加。各チームの戦力分析をしておこう。

■2021年7月27日
ドミニカに“元・超大物大リーガー”2人がいるけど… 要警戒は“巨人コンビと若手超有望株”なワケ〈侍ジャパン対戦国分析〉
7月28日から東京オリンピックの野球競技が始まる。今回は6チームの参加。各チームの戦力分析をしておこう。

■2021年7月27日
大谷翔平の“恩師”が監督、マルティネスにマクガフ、オースティン… アメリカ主力のNPB勢を攻略できるか〈侍ジャパン対戦国分析〉
7月28日から東京オリンピックの野球競技が始まる。今回は6チームの参加。各チームの戦力分析をしておこう。

■2021年7月27日
宮本慎也、川崎宗則、西岡剛…世界を知る“達人”が心配する「三塁の守備」侍ジャパン村上宗隆の起用法は?
侍ジャパンが金メダル獲得に向けてスタートを切った。5日間の強化合宿を経て、楽天、巨人との強化試合を2試合こなし、いよいよ28日にドミニカ共和国との初陣を迎える。

■2021年7月27日
“優勝チームに名捕手あり” 阪神・梅野隆太郎は何が進化した? 矢野監督に通ずる「自分が打ったことよりも」の精神
ついに東京五輪が開幕した。コロナ禍でスタートした「平和の祭典」が無事に閉幕することを祈るばかりだが、世の中が五輪モードに突入した一方で、関西では、ある余韻がまだ残っていた。

■2021年7月27日
『野球が好きすぎて』鯉党ミステリ作家が贈る、謎解きはプロ野球ネタのあとで。
「今村トンボ事件」をご存知だろうか。試合中カープ今村猛投手の後頭部にトンボが止まり1イニング投げ終わるまでずっと止まり続けたという、プロ野球ファンの記憶に残るシーンである。

■2021年7月26日
侍ジャパン強化試合で分かった、投手陣の“ただ1つの不安”… 打線は“大谷翔平のように”動く球とSSK社製ボールに対応できるか
本番まであと2日。そこで強化試合2試合を通じて見えてきた金メダルへの収穫と課題を、投手陣と攻撃陣に分けて考えてみたい。

■2021年7月26日
「慣れないことをやらせないこと…」金を目指す稲葉ジャパンの“2つの不安要素”とは? G.G.佐藤“2度の落球”と岩瀬の“乱調”に学ぶ〈北京の教訓〉
首脳陣は冷静に「やれる選手」か「やれない選手」かを見極めて、事前に「小さな石」を取り除かねばならない。幸い、稲葉監督は北京五輪経験者だ。佐藤が落とすのも岩瀬が打たれたのも見た。就任後もことあるごとに「

■2021年7月26日
大谷翔平の活躍を確信していた? レアードが明かした渡米前の秘話…大谷に「やるべきだ。二刀流は出来るよ」と語ったワケ
初めて見たのは来日1年目、2015年の春季キャンプだった。その時の衝撃は今も鮮明に残っている。ブランドン・レアード内野手が大谷翔平との出会いについて語ってくれた。

■2021年7月26日
リスクより使命…カープ大瀬良大地のエースの心意気、シーズン中では異例の追い込みで復調のきっかけを掴む
緑の芝の上に倒れこみ、真っ青に広がる空を見つめながら、何を思ったのだろう。前半戦最中の6月下旬、マツダスタジアムでの試合前練習で、外野の芝に仰向けになって倒れ込む大瀬良大地の姿があった。開幕から3戦2

■2021年7月24日
「今のプロ野球は1、2番タイプの野手ばかりで…」プロ野球スカウトのリアル評価 今秋ドラフト候補《7人の社会人野手》
今秋10月11日に行われるドラフト会議。野手の候補は誰なのか? 社会人日本選手権で、プロ野球スカウトのリアル評価を聞いた。

■2021年7月24日
プロ野球スカウトのリアル評価を聞いた 今秋ドラフト候補《6人の社会人投手》「栗林良吏(広島)と比較される右腕は…」
今秋10月11日に行われるドラフト会議。ピッチャーの候補は誰なのか? 社会人日本選手権で、プロ野球スカウトのリアル評価を聞いた。

■2021年7月24日
厳しすぎるリハビリを乗り越えて…長嶋茂雄が東京五輪にどうしても“参加”したかった理由《開会式・聖火ランナー》
トーチキスを行ったのは長嶋さんだった。自由になる左手で火を受けると、そこからトーチを王さんに渡し、松井さんに支えられながらゆっくりと歩み始めた。

■2021年7月24日
平良が挑む救援大記録
西武の平良海馬が開幕から39試合、救援の登板で、連続試合の零封という日本プロ野球記録を樹立した。阪神で活躍した藤川球児の記録を塗り替えたものだった。

■2021年7月20日
ドラ1だった“78歳おじいちゃんコーチ”松岡功祐が独立リーグでノックを続けるワケ「私にも夢があるんですよ。それは…」
今年開幕した九州アジアリーグに所属するプロ野球球団、火の国サラマンダーズの松岡功祐総合コーチ。御年78歳。1943年2月生まれ。今季誕生した新球団で、今もノックバットを握る日々だ。プロ野球最年長コーチ

■2021年7月19日
ルーキーの野手1位は佐藤輝明、では投手は…? 大人気野球ゲーム「プロスピ」の選手査定を調べてみた〈侍ジャパンも〉
「プロスピ」新作の売りの一つといえば、プロ野球ファンだけでなく、選手たちからも一目置かれるリアルなデータ。今年は、例年にないほどルーキーたちがそろって大活躍しています。ゲームではどう評価されているので

■2021年7月19日
ゼロを重ねて日本記録更新。平良海馬は悩まない。
この男、春のキャンプのときから「自分の仕事はゼロに抑えることだけ」と話していた。その言葉通り、平良海馬は開幕から3カ月を超えてゼロを積み重ねてきた。

■2021年7月18日
王者ソフトバンク、なぜ“まさかの”前半戦4位に終わった? 12球団ワーストの“ある数字”「生え抜きスターが足りない」
5年連続日本一を目指す常勝軍団がまさかの4位で前半戦を終えた。「怪我人がいたり、体調不良で長期離脱という選手がいたりした中で、若い選手たちが出てきた。チームとしては4位ですが、みんなが(一軍に)いない

■2021年7月18日
8月に38歳…“王さんとノムさんに次ぐ本塁打王6回”の中村剛也 「アーチスト名人技」復調と狙ってほしい2000安打〈週刊セパ記録〉
7月14日の6試合を最後に、NPBのペナントレースは、8月12日まで29日に及ぶ長いブランクに入る。ペナントレースが1カ月近く中断するのは、2シーズン制だった創設年の1936年を除けば、かつてなかった

■2021年7月18日
[指揮官・稲葉篤紀の戦略]侍ジャパン「非情采配もセオリー破りも」
「ドリームチーム」を謳い乗り込んだ北京五輪は屈辱のメダルなし。なぜか勝てない夢舞台の鬼門を打ち破るには、一体何が必要なのか。代表24選手の発表を終えたばかりの将が、覚悟と構想を語った。

■2021年7月17日
「どうしたイチロー! で、次はどうする松坂」19歳で7000万円、1週間303球熱投…松坂大輔“伝説の1999年”を振り返る
「怪物、天才を粉砕」18歳の松坂大輔がイチローから3打席連続三振を奪った様子をリポートした、『週刊ベースボール』99年5月31日号巻頭カラーページの見出しである。

■2021年7月17日
清原和博「思った通り一流や」&長嶋茂雄「彼は野球界を変える人間」 22年前の松坂大輔(18歳)はプロ野球の救世主だった
松坂vs清原の怪物対決。キヨマーは「思った通り一流や。いい雰囲気を持っている。楽しかった」。長嶋茂雄監督は「彼は野球界を変える人間。どうしてもファン的な目で見てしまうんですよ」

■2021年7月17日
千賀滉大の“微妙な状態”で問題が…侍ジャパン、崖っぷちの試合では誰が先発に? 秘密兵器は独特なタイミングのあの投手!?
最も理想的なシナリオはオープニングラウンドを順当に1位通過し、この初戦を勝つことで、そうなれば次から準決勝、決勝となり最短5試合で金メダルにたどり着く。しかしせっかく1位通過しても、もしこのノックアウ

■2021年7月16日
得点圏打率はパ2位、28歳呉念庭はなぜ西武の救世主になれた? 初のオールスター出場は台湾でも話題「毎日、連絡が来ます」
33勝38敗14分け、首位までのゲーム差6.5で前半戦を終えた埼玉西武ライオンズ。山川穂高、外崎修汰ら主力の故障や、新型コロナ感染症の発症と、その濃厚接触者の隔離によって戦力が整わない苦しい展開を強い

■2021年7月15日
“真剣勝負の昭和→お祭りの平成・令和”NPBオールスター史と2021年出場選手の通算記録… 佐藤輝明ら初出場が多数、最多出場は?
第1回のオールスターは翌1951年に始まった。この経緯からもわかるように、昭和の時代のオールスター戦はセ・パ両リーグの威信をかけた日本シリーズと並ぶ「大勝負」だった。

■2021年7月15日
DeNA佐野恵太が今年もヒットを量産できるワケ…SB松田宣浩に教わった、試合前に毎回やっていることとは?
その安定感たるや驚愕に値すると言っていいだろう。“令和のバットマン”として2年連続首位打者も視野に入ってきた横浜DeNAベイスターズの佐野恵太。ペナントレース前半戦を終了し打率.328、109安打はリ

■2021年7月15日
〈侍ジャパンの主砲が28歳に〉吉田正尚が語っていた、豪快スイングを「絶対に“フルスイング”と表現しない」理由
身長173cmと決して大柄ではない体をめいっぱい使って振る姿は、「フルスイング」と表現したくなるのだが、吉田自身がその言葉を使うことはない。必ず「自分のスイング」と言う。「フルスイング」と「自分のスイ

■2021年7月14日
悔しい「二刀流」…捕手と一塁併用でキャリアハイの打撃成績でも、カープ坂倉将吾が目指すはあくまで「捕手一本」
日本が生んだ「二刀流」が全米を驚愕させている今年、広島では捕手と一塁の「二刀流」がじわじわと存在感を増している。若返る打線の中で、中軸にどっしりと座るその選手は坂倉将吾だ。一時は最下位に沈み、前半戦か

■2021年7月12日
石川柊太「ちょっとしんどいんです」 ソフトバンクの29歳が苦しみ悩む“求められるものと生き方とのギャップ”とは
交流戦での最後の登板となった6月11日のスワローズ戦。8回を1点に抑えながら負けがついた石川柊太は、イニング間のキャッチボールで、あることを思いついた。

■2021年7月11日
《来日7年連続の2ケタ本塁打》巨人・ウィーラーが語った「助っ人外国人が日本で成功するために必要な条件」
「相手をリスペクトする、ベースボールをリスペクトする。これはずっと変わらないけど、私は日本の文化、日本の野球もリスペクトしている」

■2021年7月11日
松坂大輔の“輝かしい全盛期と切ない故障禍の記録” 「投げまくって鍛える昭和の大投手」という一時代の終わり
記録を子細に見てみると――松坂大輔の最盛期としてのキャリアは、1998年の甲子園に始まり、2009年のWBCで終わっている。この2つの劇的な「短期決戦」の間に松坂は飛翔して燃え尽きたのだ。

■2021年7月10日
小笠原道大らファイターズ戦士たちに刻まれる大島康徳の姿…敗色濃厚でも汗びっしょりで代打の準備「とにかく熱い人だったから」
紡いでいく言葉の細部から、個人の体温が伝わってくるようだった。語り部たちが、故人との記憶を紐解いていった。ほとばしるような生前の息遣いが聞こえてくるようで、その存在を間接的に共有できた。それほど深く、

■2021年7月09日
22年前、イチローが松坂大輔から“狙って100号ホームランを打った理由”「あれくらいで確信なんて早すぎるんだよ」
初対決で3三振を喫したその2カ月後、稀代のヒットメーカーは100号弾で雪辱を果たした。海を渡っても続いた、2人の天才の対決。その唯一の本塁打を、捕手の視点で振り返る。

■2021年7月09日
あのドラ1は今…「当時の自分をボコボコに」“二刀流”候補だった元ロッテ柳田将利、わずか3年のプロ人生で最初についた嘘とは
あるとき、SNSを流し見していると一本の動画が流れて来た。「子供は外でおもいっきり遊べばいい」 水溜まりではしゃぐ子供の動画にその一文を添えて投稿していたのはプロ野球・千葉ロッテマリーンズの元選手、柳

■2021年7月08日
「兄貴の死を境に、恐怖心を克服できたんです」野球歴”わずか3年“でプロ入りした故・大島康徳さんが闘病中に語った”死生観“
野球歴わずか3年でプロ入りした故・大島康徳さん。大打者への転機となった兄の白血病と、死生観。

■2021年7月08日
「トライさんの技ですね」山本由伸&宮城大弥が信頼する伏見寅威のリード【大学時代は菅野智之の女房役】
見慣れない数字が並ぶ今季のオリックス。7月4日の西武戦の勝利で、パ・リーグ40勝一番乗りを果たし、貯金は11に。その後、9回に失点する嫌なかたちで楽天に連敗したが、まだ2位と2.5ゲーム差の首位にいる

■2021年7月07日
「松坂大輔、引退」名古屋の夜に明かしていた苦悩とは? 球数も怪我も言い訳にしない平成の怪物は、投げることに勇敢だった
松坂大輔が現役引退を発表した。松坂が中日ドラゴンズに所属していた2018年のシーズン終わり、こんな話をしてくれた。

■2021年7月07日
松坂大輔がいたからこそ「松坂世代」は輝いた… 藤川球児「自分も苦しい。でも、松坂の苦しさは他の人とは全く違う」
自分も苦しい。でも、松坂の苦しさは他の人とは全く違う。今はそれも共有できている。同志ですね。(藤川球児)

■2021年7月07日
大リーグ通算282発→オリックスでレギュラー落ち→代打の切り札も“真面目でイイ奴” アダム・ジョーンズを称えたい
MLB通算282本塁打のアダム・ジョーンズがオリックスにやってくると聞いたときも、胸がざわついたものだ。

■2021年7月07日
大島康徳は昭和野球史を彩った「ノンブランドの名選手」 通算2204安打に本塁打王、44歳まで現役、忖度なき好解説
筆者が大島康徳と言う選手を初めて意識したのは1974年10月14日、後楽園球場の巨人-中日戦、つまり長嶋茂雄の「引退試合」のときだった。

■2021年7月06日
岡本和真は「巨人の4番」らしい大打者になれるか ONに原、松井や阿部に比べて“足りない数字”は…【週刊セパ記録】
岡本和真は2018年に33本塁打100打点、打率.309をマークし、わずか22歳で「巨人の4番」として認められるに至った。

■2021年7月05日
肘は「かなり使い古されていた、と」手術を終えたDeNA平良拳太郎に、今永昇太が贈った“粋なプレゼント”とは?
「こんなに野球をしていない時間は人生で初めてかもしれませんね。考えることは多いのですが、あまり考えすぎても仕方がない。ただ今は、現状を受け入れてリハビリをしていくだけです。しかしコレ、本当に治るのかな

■2021年7月02日
またもや登録抹消、巨人・菅野智之の状態が厳しすぎる…東京五輪代表は“本人の決断待ち”か?
当初は交流戦明けの復帰も予定されていたが、菅野本人の希望で慎重には慎重を期して決まった復帰へのステップ。それはあと1カ月を切った東京五輪に向けて描いた復活の青写真でもあったはずだが、突きつけられたのは

■2021年7月01日
根尾を「今一軍に置いているのが私の評価」石川は骨折、高橋は登板が途絶え… あがく“中日ドラ1トリオ”の現在地
 6月を終えて負け越しが8と、中日の苦しい戦いが続いている。こんなときは、せめて将来のチーム像に思いをはせて、梅雨空を吹き飛ばしたい……。なんといっても中日には根尾昂がいる。石川昂弥がいる。そして高橋

■2021年6月30日
ホークス「米ドラ1を蹴った男」スチュワートはどうしてる? 二軍防御率「0.97」で本人は「コンビニの食べ物もトライしてます」
スチュワート21歳「イチグン(本人はそのように日本語で表現した)の打者と対戦してみて、ニグンでは圧倒しないといけないことが分かった」

■2021年6月30日
巨人育成ドラ4→一軍で2試合登板→戦力外… “大谷世代”独立Lでサブマリン転向・坂本工宜は「プロをあきらめきれない」
2019年まで巨人に在籍した投手、坂本工宜(こうき)は、1年のブランクを経て今季から、さわかみ関西独立リーグの神戸三田ブレイバーズ(昨年まで兵庫ブルーサンダーズ)に入団。登録名を「工宜」と改め、再起を

■2021年6月29日
FAで巨人3年目・丸佳浩の復活が阪神追撃の起爆剤 大谷翔平の同僚「トラウトのように」貢献度が特大なワケ【週刊セパ記録】
丸佳浩は2017、18年と連続でMVPを受賞、2016年からの広島3連覇の立役者として鳴り物入りで巨人に移籍した。以後、広島がペナントから見放されたことを見ても、丸の存在感の大きさが分かる。

■2021年6月29日
《ドラフト中間予想》野手“ドラ1候補”ベスト10、なぜ私はJR四国の“無名”20歳ショートを4位に推したか?
社会人野球2年目で、「都市対抗野球」に2度目の出場。しかも、高校から社会人野球に進んだ遊撃手がレギュラーで試合に臨んで、1年目の東京ドームでも2年目も、こちらが思わず唸ってしまうような見事なプレーを立

■2021年6月29日
カープ栗林良吏、コーチが証言する「1年目っぽくない」徹底ぶり…登板10分のために“11時間以上前に球場入り”
「“準備上手は仕事上手”という言葉があるように、準備は野球に限らず大事なこと。社会人時代から変わりません」

■2021年6月29日
【球宴ファン投票1位】オリックス宮城大弥が愛される理由とは? SNS担当も知らなかった“五厘刈り”、ドラ1山下舜平大が見た”先輩”としての顔
オリックス宮城大弥には、愛される理由がある。沖縄・興南高校出身の19歳は、マイナビオールスターゲーム2021のファン投票で、パ・リーグ先発部門最多の23万4046票を獲得し、初選出された。

■2021年6月29日
オリックスを変えた“苦労人”の中嶋聡監督 山田久志や松坂、ダルの球を受けた“捕手らしい”の采配を数字で分析
筆者は関西在住だが、地元ローカルの番組で「そろそろオリックスのことを話題にしたってくれ」という声が上がりつつある。

■2021年6月28日
稲葉監督が侍ジャパンを“オールアマ”で選んだら? 秋のドラフト候補もいる要注目の24名を独自選考【野茂や古田もオリンピアン】
6月16日、東京五輪に臨む野球日本代表のメンバー24人が発表された。メンバー選考に関してはあらゆる意見が出ているが、どの選手も本調子であればプロでもトップクラスの実力者であることは間違いないだろう。

■2021年6月28日
「亀新フィーバー」と「最長試合」のIf。~暗黒期に咲いた徒花~
球史に“たられば”の議論など無意味だろう。それでも、ファンは今もため息まじりにボヤく。若さと躍動感が溢れる2人が駆け回ったあの年。史上最長の戦いに沸き、ヤジを飛ばしたあの年。1992、虎に恋したあの年

■2021年6月27日
西武ライオンズ前身球団の“消えたスタジアム”…23年前に解体&福岡市にあった「平和台球場」、今は何がある?
西鉄ライオンズが本拠地球場にしていた「平和台球場」。すっかり解体された福岡伝説のスタジアム。いったい今はどうなっているのか?

■2021年6月27日
阪神タイガース「甲子園のリリーフカー」を作るにはいくらかかる? 職人たちのこだわり、“猛虎色”に込められた思いとは
シーズン開幕を待つ甲子園球場には、この球場にしかない魅力がいくつもある。美しい芝と土にアルプススタンド、そして銀傘――。リリーフカーも忘れてはならない。

■2021年6月26日
【侍ジャパン】菅野、坂本、鈴木誠也らの選出に不安の声も出ているが…“調子の良さ”だけでは通じない「国際大会」の難しさとは?
「プレミア12」当時はチームでもクローザーとして活躍していたが、その後不振から中継ぎに回っているDeNAの山崎康晃投手の選出には、一部で「稲葉監督があのときのメンバーに思い入れが強く贔屓している」など

■2021年6月25日
藤浪晋太郎も「いい結果につながりました」阪神の“大阪のおばちゃん”ユニフォームが前々年比1.5倍売れている
藤浪晋太郎「今日大阪のおばちゃんみたいなユニフォームを着ているんで、何とかしぶとくいってやろうと…それがいい結果につながりました」

■2021年6月25日
元スカウトが語る「阪神ドラフト変革」~若虎躍動の理由~
生え抜きの若虎たちが躍動する新生タイガース。育成成功への転機は'15年秋にあった。

■2021年6月24日
「我が巨人軍は永久に不滅です!」「ナガシマァ~」涙、涙、涙…日本人にとって38歳長嶋茂雄の引退はどんな衝撃だったか?
「不運にも我が巨人軍は、V10を目指し、監督以下選手一丸となり死力を尽くして最後の最後までベストを尽くし戦いましたが、力ここに及ばず、10連覇の夢は破れ去りました。私は……今日、引退をいたしますが、我

■2021年6月24日
「いまが引き際だぞ」「お金もいりません。もう1年やらせてください」“ミスター”長嶋茂雄37歳が頭を下げた夜
「どうだ、今年限りでバットを置いて、わしのあとを継がんか」川上監督から直々に引退勧告を受ける。「お願いです。もう1年、現役でやらせてください」と長嶋茂雄は畳に手をつき頭を下げた。

■2021年6月24日
矢野燿大「俺らは世界を変えにいく」~指揮官インタビュー~
選手とは上下ではなく横並び。プロとして勝利至上主義ではなく、「勝つことだけを目標にはしなかった」。就任3年目の指揮官は既存の価値観に捉われない、独自の監督像、野球観を掲げていた。

■2021年6月23日
梅野隆太郎「扇の要の“感じる力”」~兄貴分が示す日本一への道~
偉大な先輩投手たちからの教えを受け、リーグを代表する捕手へと成長した「梅ちゃん」。本号発売日に30歳を迎える背番号2が語った、快進撃を支える新星たちへの思いとは。

■2021年6月22日
西武の平良海馬は“クイックと強心臓の160km腕” 藤川球児の「38試合連続無失点」更新へ強運も味方に【週刊セパ記録】
西武の平良海馬は、開幕から34試合連続で自責点0という快投を続けている。開幕からの連続試合無失点記録は2016年に中日・田島慎二が記録した「31」だったが、平良はこれをあっさり抜き、6月20日のロッテ

■2021年6月21日
ノムさん「プロに誘ってすまなかったな…」あれから20年、阪神・F1セブンの元メンバーが明かす“野村監督とのその後”
阪神タイガースのユニフォームを着た陣内智則が切り出した。「F1セブンって覚えてます?」「あぁ~」「おぉ~」どよめきが起こった。「赤星、藤本、上坂……」陣内は、「F1セブン」のメンバーを指折り列挙する。

■2021年6月21日
「彼の言葉が心に刺さったんだ」大活躍マーティンの原点とは? 安田尚憲ら若手の成長にも貢献…すべてはマリーンズのために
その献身的な姿勢にファンは「神」と崇める。千葉ロッテマリーンズで3年目を迎えるレオネス・マーティン外野手だ。今シーズンは4番だけではなく、攻撃的2番としてチームの勝利に貢献し続けている。

■2021年6月20日
“例年なら交流戦で荒稼ぎ”のソフトバンクが11位… 得失点差で見ると“2位相当”なのに、なぜ?【セが久々の勝ち越し】
チーム成績を中心に数字を見ていく。調べてみると、ソフトバンクが不思議な戦い方をしていたことが浮き彫りになった。

■2021年6月20日
高校でも大学でも、東京五輪でも侍ジャパン…エリート代表格はカープ森下暢仁、ではなぜか縁がない人は?【柳田も大舞台は初】
6月16日、東京五輪に出場する野球日本代表の24選手が発表された。国際大会の増加に伴って日本代表チームを常設化し、「侍ジャパン」という名称となったのが2012年。メジャーリーグとの絡みもあって、本当の

■2021年6月19日
日曜朝に“喝”を入れがちな張本勲だけど… イチローが「ハリー」と安打製造機に親しみ、敬意を込めたワケ【81歳に】
数字やバッティングなど些細なことに、あれこれと思いをめぐらせている自分がとてもちっぽけな存在に思えた。(張本勲)

■2021年6月18日
ホークスの36歳ベテラン打撃職人・長谷川勇也が語った“極意”「スタメンと代打では何が一番違うか?」
36歳のベテラン打者が巨人相手に1試合2本塁打――いざ試合になればスタメンと代打では全く違う。「代打の場合はその1打席しかないから考える余裕がない」

■2021年6月18日
「藤浪晋太郎は大丈夫でしょうか?」「最後はやっぱり本人」矢野燿大監督(阪神)がインタビューで厳しくなった瞬間
Number1029号『阪神タイガース 猛虎新風伝』では、矢野燿大監督のインタビューを掲載。就任3年目の指揮官が既存の価値観に捉われない独自の監督像を明かしています。本編で書ききれなかったエピソードを

■2021年6月18日
東京五輪日本代表、捕手・會澤翼の辞退がかなりの“痛手”であるワケ…北京五輪では星野監督の“猛抗議”で失敗した「審判問題」
東京五輪の野球日本代表はメンバー発表の翌日に、故障で広島・會澤翼捕手が代表入りを辞退するアクシデントに見舞われることになった。

鈴木 誠也|侍ジャパン選手プロフィール|野球日本代表 侍ジャパン ...
鈴木 誠也 すずき せいや. SUZUKI SEIYA. 鈴木 誠也. トップチーム. 2021東京オリンピック. 背番号, 51, ポジション, 外野手. 身長, 181cm, 投打, 右投右打.

鈴木 誠也(すずき せいや、1994年8月18日 - )は、東京都荒川区出身のプロ野球選手(外野手)。
右投右打。
広島東洋カープ所属。
妻は元新体操選手でスポーツキャスターの畠山愛理。
漫画『巨人の星』で「(鈴木の出身地である)荒川区町屋の長屋に(主人公の)星一徹・飛雄馬父子が暮らしている」との設定が為されたことから、「町屋」を取り上げた『出没アド街ック天国』(テレビ東京)2006年3月18日放送分では、当時小学5年生だった鈴木と実父を「平成の星親子」として紹介。
実父が自宅内に造った練習場で、鈴木がトスバッティングに取り組んでいる映像も流された。
鈴木が広島へ入団した後も、同番組で町屋を特集する場合(2014年10月18日放送分:「京成 町屋」、2016年11月12日放送分:「ディープな下町」)には、前述した小学生時代の映像を改めて放送。
さらに、広島でのプレー映像や番組独自のインタビュー映像などを交えながら鈴木の近況を紹介している。
父方の祖父はプロボウラーであり、1966年に全日本ボウリング協会で初のパーフェクトゲームを達成した。
小学生時代から前述したような野球漬けの環境で育ったことを背景に、広島の首脳陣からは、練習量の多さや練習への意識の高さを高く評価されている。
鈴木自身も、「集中力が増す」という理由から、深夜に若手合宿所・大野寮の室内練習場で照明を付けずに素振りへ勤しむことがあったという。
2017年シーズンには、「せいや」繋がりで、『聖闘士星矢』とのコラボレーショングッズが広島球団から発売された。
2019年8月17日、元新体操選手でスポーツキャスターの畠山愛理と結婚。
2人は同じ1994年に2日違いで生まれており、互いの誕生日の間である8月17日に婚姻届を提出した。
同年12月3日、ハワイで挙式を執り行った。

引用:Wikipedia:データベース

鈴木誠也に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング