鈴木愛 賞金女王とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
渋野日向子2位タイ、鈴木愛が賞金女王/最終日詳細 - ゴルフ ...
全英女子オープン覇者の渋野日向子(21=RSK山陽放送)が、史上最年少での賞金 女王を逃した。優勝は通算11アンダーのペ・ソンウ(韓国)。2位に同7アンダーの渋… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・ ...
鈴木愛が2年ぶり賞金女王奪還 渋野へのライバル心隠さずつ ...
<速報>渋野日向子が現時点の2位タイでホールアウト 逆転女王...
鈴木愛が2年ぶり賞金女王 渋野日向子は757万円及ばず【国内 ...
<LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ 最終日◇1日◇宮崎CC(宮崎県)◇6535ヤード・パー72)>今季国内女子ツアー最終戦は、現在終盤を迎えている。逆転での賞金女王がかかった渋野日向子は、...- ゴルフ情報ALBA.Net- 34分前

■2019年12月11日
2019年の賞金王・今平周吾がGDOにやってきた!
2年連続賞金王を獲得した今平周吾選手が今シーズンを終えたばかりの10日、東京・品川のGDO本社を訪問してくれました。いつもとは違った、センスを感じさせる私服姿での登場です。 口数は少ないですが、サービ

■2019年12月11日
過去最多「9」の国と地域が集う世界選抜 松山英樹の自覚
◇世界選抜VS米国選抜対抗戦◇プレジデンツカップ 事前(11日)◇ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)◇7055yd(パー71) オーストラリア、南アフリカ、日本、韓国、メキシコ、カナダ、チリ、台

■2019年12月11日
「100」を境に売れ筋パターの形が違った! ピン型を好むのは?
パター選びは“フィーリング”とよく言われるが、GDOユーザーはどのような基準でパターを選んでいるのだろうか。GDOショップで今年の販売データ(1/1~12/5)から購入数を分析したところ、法則性が見え

■2019年12月11日
ウッズがいきなりの「選手、オレ」 松山はシンプソン&リードと対戦
◇世界選抜VS米国選抜対抗戦◇プレジデンツカップ 事前(11日)◇ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)◇7055yd(パー71) いきなり会見場がどよめいた。両軍の首脳陣が向かい合って座り、キャプ

■2019年12月11日
畑岡奈紗 2020年の目標は「世界一」
今季主戦場の米国ツアーで1勝、国内メジャー2勝を挙げた畑岡奈紗が11日(水)、用具契約を結ぶ東京・港区の住友ゴム工業スポーツ事業本部東京事務所を訪れた。今年1年の活動報告後に取材に応じ、来年の目標を「

■2019年12月11日
不適切発言の笠りつ子が新人セミナーに出席 ファンからは激励
笠りつ子が11日(水)、都内で開催されていた日本女子プロゴルフ協会(LPGA)の新人プロらに向けた3日間のセミナーに参加した。笠は10月「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」開幕前に大

■2019年12月11日
ため息、悲鳴、そして歓声… 18番グリーンが生んだドラマ【佐藤信人の視点】
「日本シリーズJTカップ」の舞台、東京よみうりカントリークラブの18番ホール(パー3)で、ことしもまた多くの筋書きのないドラマが生まれました。 18番ホールは年間を通しても1、2を争うほど、難度の高い

■2019年12月11日
正会員を目指す黄金世代 21歳・高木優奈が見つめる足元
渋野日向子や畑岡奈紗ら、女子ツアーで目覚ましい台頭を見せる“黄金世代”たち。国内外でゴルフ界を沸かせた彼女たちだが、もちろん同世代の全員がスポットライトを浴びているわけではない。21歳の高木優奈は今年

■2019年12月11日
浅地洋佑、片岡大育ら日本勢6人が出場
◇アジアンツアー◇インドネシアマスターズ 事前情報◇ロイヤルジャカルタGC(インドネシア)◇7361yd(パー72) インドネシアマスターズは12日(木)から4日間、首都ジャカルタで開催される。アジア

■2019年12月11日
“監督兼選手”ウッズ 若き精鋭たちに語った1敗の記憶
◇世界選抜VS米国選抜対抗戦◇プレジデンツカップ 事前(10日)◇ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)◇7055yd(パー71) プレジデンツカップでの“監督兼選手”は、1994年の第1回大会のヘ

■2019年12月11日
石川遼が選んだ今年の一文字は『泥』 最終戦で得た学び
ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」で今季3勝目を挙げてシーズンを締めくくった石川遼が10日、埼玉県内のゴルフ場で取材に応じ、2019年を象徴する一文字に『泥』を選んで色紙に記した。 優勝会見

■2019年12月11日
渋野日向子が新人賞と特別賞 初のダブル受賞/GTPA選出
日本ゴルフトーナメント振興協会(GTPA)は11日(水)、2019年の「ルーキー・オブ・ザ・イヤー(新人賞)」と「特別賞」を発表し、渋野日向子が初のダブル受賞を果たした。新人賞はほかに河本結、稲見萌寧

■2019年12月11日
スライスを防ぐ魔法の言葉 荒川侑奈
「脱スライスで飛距離アップ」をレスキュー♪ 【アマチュアゴルファーNさんの悩み】 「スライスばかりで思ったような飛距離が出ません。どうしたら、ボールをつかまえて飛ばすことができますか?」 【荒川侑奈の

■2019年12月10日
国内シニアツアー 2020年も試合数18で変わらず、賞金総額は増額
日本プロゴルフ協会(PGA)は10日(火)、都内で会見を開き、2020年の国内シニアツアー競技日程を発表した。試合数は2減1増、1復活で19年シーズン同様18試合で変更はないが、賞金総額は前年比320

■2019年12月10日
日本人最多4度目の対抗戦 松山英樹は純粋に「勝ちたい」
◇世界選抜VS米国選抜対抗戦◇プレジデンツカップ 事前(10日)◇ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)◇7055yd(パー71) 出場回数に応じてキャディバッグにあしらわれるカップの数は「4」にな

■2019年12月10日
片岡大育はQT失敗もアジアに活路「世界中どこへでも」
◇国内男子◇ファイナルクォリファイングトーナメント 最終日(10日)◇セントラルゴルフクラブ 西コース(茨城県)◇7165yd(パー72) ツアー3勝の片岡大育は最終予選会でも来季レギュラーツアーの出

■2019年12月10日
チョ・ミンギュがトップ通過 上井邦裕はQT上位で出場権
◇国内男子◇ファイナルクォリファイングトーナメント 最終日(10日)◇セントラルゴルフクラブ 西コース(茨城県)◇7165yd(パー72) 2020年度の日本男子ツアー出場権をかけた6日間(予選4日・

■2019年12月10日
2019年一番人気の「G410」シリーズ ポイントは純正シャフトの選び方
2019年も残りわずか。そろそろ冬のボーナスも支給される頃で、新しいドライバーを買い替えようかと悩んでいる人もいるのでは?GDOショップ内で今年の売れ筋ドライバーを調べたところ、メーカー別ではピンがN

■2019年12月10日
2019年シーズン名言集/欧州ツアー
面白く、機知に富んでおり、時として腹立たしい。2019年、我々が耳にしてきた数々の言葉。思い出深い上半期名言も加筆再掲し、2019年の「レース・トゥ・ドバイ」で飛び出した名言とともに、ヨーロピアンツア

■2019年12月10日
クラブは“顔”が命! 2019秋の最新アイアンを見比べ隊(後編)
アイアン総勢16本! 後編(8本)は“国産”中心に 第一印象となるクラブの“顔”を、クラブ設計家・松尾好員氏の解説付きで紹介していく「クラブは“顔”が命!」シリーズ。2019年の夏から秋にかけて発売さ

【速報】鈴木は首位に4打差で終了 渋野2打差で残り4ホール【国内 ...
渋野日向子、4打差2位タイで逆転賞金女王ならず 鈴...- THE ANSWER- 44分前

■2019年12月11日
2019年の賞金王・今平周吾がGDOにやってきた!
2年連続賞金王を獲得した今平周吾選手が今シーズンを終えたばかりの10日、東京・品川のGDO本社を訪問してくれました。いつもとは違った、センスを感じさせる私服姿での登場です。 口数は少ないですが、サービ

■2019年12月11日
過去最多「9」の国と地域が集う世界選抜 松山英樹の自覚
◇世界選抜VS米国選抜対抗戦◇プレジデンツカップ 事前(11日)◇ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)◇7055yd(パー71) オーストラリア、南アフリカ、日本、韓国、メキシコ、カナダ、チリ、台

■2019年12月11日
「100」を境に売れ筋パターの形が違った! ピン型を好むのは?
パター選びは“フィーリング”とよく言われるが、GDOユーザーはどのような基準でパターを選んでいるのだろうか。GDOショップで今年の販売データ(1/1~12/5)から購入数を分析したところ、法則性が見え

■2019年12月11日
ウッズがいきなりの「選手、オレ」 松山はシンプソン&リードと対戦
◇世界選抜VS米国選抜対抗戦◇プレジデンツカップ 事前(11日)◇ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)◇7055yd(パー71) いきなり会見場がどよめいた。両軍の首脳陣が向かい合って座り、キャプ

■2019年12月11日
畑岡奈紗 2020年の目標は「世界一」
今季主戦場の米国ツアーで1勝、国内メジャー2勝を挙げた畑岡奈紗が11日(水)、用具契約を結ぶ東京・港区の住友ゴム工業スポーツ事業本部東京事務所を訪れた。今年1年の活動報告後に取材に応じ、来年の目標を「

■2019年12月11日
不適切発言の笠りつ子が新人セミナーに出席 ファンからは激励
笠りつ子が11日(水)、都内で開催されていた日本女子プロゴルフ協会(LPGA)の新人プロらに向けた3日間のセミナーに参加した。笠は10月「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」開幕前に大

■2019年12月11日
ため息、悲鳴、そして歓声… 18番グリーンが生んだドラマ【佐藤信人の視点】
「日本シリーズJTカップ」の舞台、東京よみうりカントリークラブの18番ホール(パー3)で、ことしもまた多くの筋書きのないドラマが生まれました。 18番ホールは年間を通しても1、2を争うほど、難度の高い

■2019年12月11日
正会員を目指す黄金世代 21歳・高木優奈が見つめる足元
渋野日向子や畑岡奈紗ら、女子ツアーで目覚ましい台頭を見せる“黄金世代”たち。国内外でゴルフ界を沸かせた彼女たちだが、もちろん同世代の全員がスポットライトを浴びているわけではない。21歳の高木優奈は今年

■2019年12月11日
浅地洋佑、片岡大育ら日本勢6人が出場
◇アジアンツアー◇インドネシアマスターズ 事前情報◇ロイヤルジャカルタGC(インドネシア)◇7361yd(パー72) インドネシアマスターズは12日(木)から4日間、首都ジャカルタで開催される。アジア

■2019年12月11日
“監督兼選手”ウッズ 若き精鋭たちに語った1敗の記憶
◇世界選抜VS米国選抜対抗戦◇プレジデンツカップ 事前(10日)◇ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)◇7055yd(パー71) プレジデンツカップでの“監督兼選手”は、1994年の第1回大会のヘ

■2019年12月11日
石川遼が選んだ今年の一文字は『泥』 最終戦で得た学び
ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」で今季3勝目を挙げてシーズンを締めくくった石川遼が10日、埼玉県内のゴルフ場で取材に応じ、2019年を象徴する一文字に『泥』を選んで色紙に記した。 優勝会見

■2019年12月11日
渋野日向子が新人賞と特別賞 初のダブル受賞/GTPA選出
日本ゴルフトーナメント振興協会(GTPA)は11日(水)、2019年の「ルーキー・オブ・ザ・イヤー(新人賞)」と「特別賞」を発表し、渋野日向子が初のダブル受賞を果たした。新人賞はほかに河本結、稲見萌寧

■2019年12月11日
スライスを防ぐ魔法の言葉 荒川侑奈
「脱スライスで飛距離アップ」をレスキュー♪ 【アマチュアゴルファーNさんの悩み】 「スライスばかりで思ったような飛距離が出ません。どうしたら、ボールをつかまえて飛ばすことができますか?」 【荒川侑奈の

■2019年12月10日
国内シニアツアー 2020年も試合数18で変わらず、賞金総額は増額
日本プロゴルフ協会(PGA)は10日(火)、都内で会見を開き、2020年の国内シニアツアー競技日程を発表した。試合数は2減1増、1復活で19年シーズン同様18試合で変更はないが、賞金総額は前年比320

■2019年12月10日
日本人最多4度目の対抗戦 松山英樹は純粋に「勝ちたい」
◇世界選抜VS米国選抜対抗戦◇プレジデンツカップ 事前(10日)◇ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)◇7055yd(パー71) 出場回数に応じてキャディバッグにあしらわれるカップの数は「4」にな

■2019年12月10日
片岡大育はQT失敗もアジアに活路「世界中どこへでも」
◇国内男子◇ファイナルクォリファイングトーナメント 最終日(10日)◇セントラルゴルフクラブ 西コース(茨城県)◇7165yd(パー72) ツアー3勝の片岡大育は最終予選会でも来季レギュラーツアーの出

■2019年12月10日
チョ・ミンギュがトップ通過 上井邦裕はQT上位で出場権
◇国内男子◇ファイナルクォリファイングトーナメント 最終日(10日)◇セントラルゴルフクラブ 西コース(茨城県)◇7165yd(パー72) 2020年度の日本男子ツアー出場権をかけた6日間(予選4日・

■2019年12月10日
2019年一番人気の「G410」シリーズ ポイントは純正シャフトの選び方
2019年も残りわずか。そろそろ冬のボーナスも支給される頃で、新しいドライバーを買い替えようかと悩んでいる人もいるのでは?GDOショップ内で今年の売れ筋ドライバーを調べたところ、メーカー別ではピンがN

■2019年12月10日
2019年シーズン名言集/欧州ツアー
面白く、機知に富んでおり、時として腹立たしい。2019年、我々が耳にしてきた数々の言葉。思い出深い上半期名言も加筆再掲し、2019年の「レース・トゥ・ドバイ」で飛び出した名言とともに、ヨーロピアンツア

■2019年12月10日
クラブは“顔”が命! 2019秋の最新アイアンを見比べ隊(後編)
アイアン総勢16本! 後編(8本)は“国産”中心に 第一印象となるクラブの“顔”を、クラブ設計家・松尾好員氏の解説付きで紹介していく「クラブは“顔”が命!」シリーズ。2019年の夏から秋にかけて発売さ

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも鈴木愛 賞金女王に関連のある画像ばかりではありません。
鈴木愛 賞金女王の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

鈴木 愛(すずき あい、1994年5月9日 - )は、徳島県三好郡東みよし町(旧:三加茂町)出身の、日本の女子プロゴルファーである。
所属はセールスフォース・ドットコム。
東みよし町立加茂小学校、東みよし町立三加茂中学校、倉吉北高等学校(鳥取県)卒業。
2004年に宮里藍が「We Love KOBEサントリーレディスオープンゴルフトーナメント」で優勝するのをテレビで観てゴルフの魅力にはまり、小学校5年生だった2005年からゴルフを始める。
2009年に中学生で「四国女子アマチュアゴルフ選手権競技」で優勝。
これをきっかけにプロゴルファーを志す。
高校は、徳島県内のゴルフ強豪校からの誘いを断り、2010年にゴルフ部が新設された倉吉北高等学校(鳥取県)に進学。
半年ほど寮生活をしていたが、徳島に残っていた家族も揃って引っ越し、家族全員でサポートする体制を取った。
プロデビュー後も母親が運転する自家用車で競技会に参加している。
2013年日本女子プロゴルフ協会(LPGA)最終プロテストに進出し3位で合格、なお2位には成田美寿々が合格している。
同年のステップ・アップ・ツアー「中国新聞ちゅーピーレディースカップ」で下部ツアーながらプロ初優勝。
2014年9月、LPGAツアー公式戦「日本女子プロゴルフ選手権大会」において同ツアー初勝利を初の公式戦勝利で飾ると共に、宮里藍が2006年に21歳83日で達成した同大会史上最年少勝利を更新する、20歳128日での優勝でもあった(2014年9月14日 ゴルフダイジェスト・オンライン 9月15日閲覧)。
同年は年間獲得賞金ランキング(賞金ランク)13位となり自身初のシード入りを果たすの生涯成績・記録を参照。
2015年2月19日、セールスフォース・ドットコム(クラウドコンピューター・サービスの提供企業、本社は米国)と所属契約を締結したことを発表。
同年シーズンは「ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ」で李知姫に、「Meijiカップ」では西山ゆかりにいずれもプレーオフで敗れた。
ツアー2勝目はならなかったが、賞金ランク14位。
2016年、LPGAツアー公式戦「日本女子プロゴルフ選手権大会」を2年ぶりに制するなど、年間2勝を挙げ、賞金ランク5位。
2017年にはLPGAツアー2勝を挙げ、日本人選手として森田理香子以来4年ぶりとなる賞金女王に輝いた。
2018年7月上旬に豪雨災害に見舞われた西日本地域の復興のため、日本赤十字社を通じて2000万円の寄付を行った。
同年は4勝を挙げ、賞金ランク3位。
2019年11月、「樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント」優勝、「TOTOジャパンクラシック」で米LPGAツアー初優勝を果たすと、「伊藤園レディスゴルフトーナメント」にも優勝し史上2人目2007年に全美貞が「屋島クイーンズゴルフトーナメント」、「サロンパスワールドレディスゴルフトーナメント」、「ヴァーナルレディース」で3週連続優勝を達成しているの3週連続優勝を達成した。
月間3勝は大山志保に次いで2人目大山は2006年8月に「クリスタルガイザーレディスゴルフトーナメント」、「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」、「ヨネックスレディスゴルフトーナメント」で優勝している。

年間7勝は史上3人目(4度目)不動裕理が2003年に10勝、2004年に7勝を挙げた。
またイ・ボミが2015年に7勝を挙げている。


引用:Wikipedia:データベース

鈴木愛 賞金女王に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも鈴木愛 賞金女王に関連のある動画ばかりではありません。

鈴木愛 賞金女王に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング