金銀錯嵌珠龍文鉄鏡とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
金銀錯嵌珠竜文鉄鏡 - e国宝
卑弥呼の鏡「可能性高い」 大分・日田で出土の鉄鏡「金銀錯嵌珠...
金銀錯嵌珠龍文鉄鏡とは
「三国志の英雄」として知られる曹操(155~220年)の墓「曹操高陵」を発掘した中国・河南省文物考古研究院の潘偉斌(ハン・イヒン)氏が、大分県日田市のダンワラ古墳出土と伝わる国重要文化財「金銀錯嵌珠...- 佐賀新聞- 47分前
復元レプリカ 金銀錯嵌珠龍文鉄鏡
指定名称:金銀錯嵌珠竜文鉄鏡大分県日田市日高町所在古墳出土 1面径21.1 古墳時代・6世紀東京国立博物館. J-37439. 古代の鏡は青銅で作られるのが普通で、鉄製のものは稀である。その稀な鉄鏡のなかでも本例は、銹化のため剥落が著しいものの、 鉄 ...
大分・日田で出土の鉄鏡「金銀錯嵌珠龍文鉄鏡」 - Yahoo!ニュース ...
名 称: 金銀錯嵌珠龍文鉄鏡 (きんぎん さくがん しゅりゅうもん てっきょう) 【 国の重要文化財 】 "錯嵌"(さくがん)とは象嵌(ぞうがん)のことです □ 年 代: 1世紀~3世紀 弥生時代 □ 出土地: 大分県日田市日高町 東寺 ダンワラ古墳 (竪穴式古式古墳) 1933年 ...
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも金銀錯嵌珠龍文鉄鏡に関連のある画像ばかりではありません。
金銀錯嵌珠龍文鉄鏡の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

金銀錯嵌珠龍文鉄鏡(きんぎんさく がんしゅ りゅうもん てっきょう「鉄製の鏡の背面に金銀錯(金と銀を埋め込む)と嵌珠(色石を嵌め込む)で龍文(龍の文様)を表した」の意。
)は、大分県日田市日高町にあったとされるダンワラ古墳から出土したと伝えられる弥生時代中期の鉄鏡。
国の重要文化財に指定されている。
金銀錯嵌珠龍紋鉄鏡、金銀錯嵌珠龍文鏡とも呼ばれる。
直径21.1cm、厚さ2.5mmの鉄鏡で、反りはなく平面である。
装飾は、腐蝕のために剥落した部分が多いが、約3分の1が残存しており、原状をうかがうことができる。
背面全面に金で竜文が象嵌されており、角や爪は銀で象嵌されている。
また、眼や体の所々には赤や緑の玉が嵌められている。
中心のつまみ付近には漢代の書体で「長宜子孫」(子は欠落)の4文字が金で刻まれている。
この鉄鏡は漢代のものと考えられているが、前漢か後漢かについては両論がある。
金銀を象眼した鉄鏡は、日本国内ではこの金銀錯嵌珠龍文鉄鏡しか出土していない。
また、中国の三国時代に書かれた『曹操集訳注』には、魏の曹操が金錯鉄鏡を持っていたと記されており、この種の鉄鏡は高位の支配層の所持物であったと考えられる。
2019年には中国の研究者が、曹操の陵墓(西高穴2号墓)から出土した鉄鏡をX線を用いて調査した結果、金銀錯嵌珠龍文鉄鏡とほぼ同型式である可能性が高いと発表している。

引用:Wikipedia:データベース

金銀錯嵌珠龍文鉄鏡に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも金銀錯嵌珠龍文鉄鏡に関連のある動画ばかりではありません。

金銀錯嵌珠龍文鉄鏡に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング