野村萬斎 解放とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
野村萬斎のドキュメンタリー番組がwowowで放送決定! 萬斎からの ...
映画「のぼうの城」で独特の存在感で観客をひきつけた狂言師・野村萬斎六百年の歴史をもつ「狂言」を「今」に解放つNY ... 3月にニューヨークで上演された世田谷パブリックシアター主催公演『マクベス』(構成・演出・主演:野村萬斎)の舞台裏 ...

■2018年12月14日
『オン・ユア・フィート!』が開幕。歌姫の栄光と挫折、決して人ごとじゃない心の内
全世界でレコード売り上げ1億枚以上、「CONGA」「1-2-3」など数多くのヒ...

■2018年12月08日
【開幕中!】ツキステ。第7幕 稽古場レポート
1月から12月までの各月をイメージした、12人の男性キャラクターたち。Six ...

■2018年12月07日
【後編】ツキステ。第7幕 輝山立×横尾瑠尉×佐藤友咲×三山凌輝スペシャル対談
12月5日に開幕した、2.5次元ダンスライブ「ツキウタ。」ステージの 第7幕『...

■2018年12月06日
【前編】ツキステ。第7幕 輝山立×横尾瑠尉×佐藤友咲×三山凌輝スペシャル対談
2.5次元ダンスライブ「ツキウタ。」ステージの第7作目となる、第7幕『CYBE...

■2018年12月06日
宇崎竜童、三浦祐太朗、若旦那が語る。「フラメンコの踊りと合わせると役が 降りてくる!」
近松門左衛門の代表作「曽根崎心中」が、フラメンコのリズムに乗せて歌い、踊る舞踊...

■2018年12月03日
第五十六回 赤坂をどり 稽古場レポート 
本番を一週間後に控えた「赤坂をどり」の稽古場。毎年3月に上演される「赤坂をどり...

■2018年12月03日
加藤和樹、鎌苅健太、河合龍之介が、10年ぶりに再会する同級生に。『僕らの未来』読み合わせ
加藤和樹さん・鎌苅健太さん・河合龍之介さんが、ミュージカル『テニスの王子様』卒...

■2018年11月30日
藤原祐規×白石康介「こゝろ」対談「『極上文學』は直球ど真ん中!」
名だたる文豪の名作を"朗読演劇"として、毎回独特の世界観で届ける「極上文學」シ...

■2018年11月30日
栄光の真っ只中に思わぬ悲劇が! 『オン・ユア・フィート!』稽古場レポ2幕
歌姫グロリア・エステファンの波乱万丈の人生を、彼女のヒット曲に乗せて綴るミュー...

■2018年11月30日
【レベッカ #5】「このサスペンスは、毎日同じ物語ではない。日によって違います」――『レベッカ』マキシム役、山口祐一郎インタビュー
■『レベッカ』特別連載vol.5■『エリザベート』『モーツァルト!』『...

■2018年11月29日
新感覚のタップダンス×戦国時代!戦国TAPミュージカル「TAKEDA」開幕
スーパー・エキセントリック・シアターが主催する戦国TAPミュージカル「TAKE...

■2018年11月28日
尾藤イサオ主演 T1project Musical『幸せな時間』公演決定!
T1project『素敵な世界』『殺し屋は歌わない』に続くT1projectの...

■2018年11月27日
少年社中・井俣太良×生駒里奈『トゥーランドット』対談
今年1月から始まった少年社中20周年記念シリーズのファイナルとなる、少年社中第...

■2018年11月26日
熱いラテンのリズムに乗せて、踊る!歌う! 『オン・ユア・フィート!』稽古場レポ
『オン・ユア・フィート!』の稽古場に潜入してきました。キューバ出身の歌姫グロリ...

■2018年11月23日
加藤和樹「このメンバー、この時代だからこそ響く舞台に」project K『僕らの未来』顔合わせ
加藤和樹さん・鎌苅健太さん・河合龍之介さんが、ミュージカル『テニスの王子様』卒...

国民評議会 リビア全土の解放を宣言、カダフィ独裁終わる - 動画 Dailymotion
(字幕・23日) (02:46) シルト制圧とカダフィ大佐の死により、リビア国民評議会が全土の 解放を宣言。国民は各地で ...

■2018年12月16日
Serphが星空×暗闇×音楽のプラネタリウムライブ『LIVE in the DARK』出演
音楽と映像のイベント『LIVE in the DARK』の第9回公演が、2月8日に東京・押上のコニカミノルタプラネタリウム“天空”in 東京スカイツリータウンで開催される。『LIVE in the D

■2018年12月16日
アピチャッポン作品をオールナイト上映、『世紀の光』『光りの墓』など3作
オールナイト上映イベント『世界の映画作家Vol. 205 アピチャッポン 幽玄の詩 2019』が、1月12日に東京・池袋の新文芸坐で開催される。新文芸坐の企画シリーズ『世界の映画作家』。今回はタイ出身

■2018年12月15日
無料『exPoP!!!!!』にTENDOUJI、No Buses、The Taupe、Cairophenomenonsら
CINRAとEggsによる入場無料のライブイベント『Eggs×CINRA presents exPoP!!!!! volume116』が、12月20日に東京・渋谷のTSUTAYA O-nestで開催さ

■2018年12月15日
『BRUTUS』危険な読書特集に武田砂鉄、荻上チキ、佐野史郎、川上未映子ら
特集記事「危険な読書」が本日12月15日発売の『BRUTUS No.884』に掲載されている。昨冬に引き続いて掲載される同特集は、価値観や生き方の変化を促す読書体験がテーマ。対談として武田砂鉄と荻上チ

■2018年12月15日
現代のビデオゲームのあり方を探る展覧会『イン・ア・ゲームスケープ』
展覧会『イン・ア・ゲームスケープ:ヴィデオ・ゲームの風景、リアリティ、物語、自我』が、本日12月15日から東京・初台のNTTインターコミュニケーション・センター [ICC]で開催されている。『文化庁メ

■2018年12月15日
大沢たかお主演×入江悠監督『AI崩壊』 賀来賢人、岩田剛典らが共演
入江悠監督の新作映画『AI崩壊』が2020年に全国公開される。藤原竜也主演の映画『22年目の告白 -私が殺人犯です-』のスタッフが集結する同作の舞台は、AIが医療や金融、交通、セキュリティーなど国民の

■2018年12月15日
坂本慎太郎の2019年初ワンマンが決定、3月に富山ヘリオスで開催
坂本慎太郎のワンマンライブが3月16日に富山・南砺市福野文化創造センター ヘリオスで開催される。今年の後半は9月の中国ツアー、10月の国内ツアー、11月のオランダの音楽イベント『LE GUESS WH

■2018年12月15日
福山翔大主演の青春音楽映画『JK☆ROCK』 バンドメンバー役に山本涼介ら
映画『JK☆ROCK』が4月6日から東京・新宿バルト9ほか全国で公開される。同作は、元バンドマンと女子高生バンドの青春を描く作品。自身が所属していたロックバンド「JoKers」の解散をきっかけに音楽の

■2018年12月15日
山田涼介&芳根京子が全編広島弁 織守きょうやの小説『記憶屋』映画化
映画『記憶屋』が2020年から全国で公開される。同作は、『第22回日本ホラー小説大賞』読者賞を受賞した織守きょうやの同名小説を実写映画化するもの。主人公は自分がプロポーズした翌日に年上の恋人・杏子と連

■2018年12月14日
生きづらさ抱えた女性たち描く 映画『シスターフッド』予告編&場面写真
映画『シスターフッド』の予告編と場面写真が公開された。同作はドキュメンタリーパートと劇映画パートを織り交ぜたモノクロ映画。映画監督の池田、池田のパートナーのユカ、大学生の美帆、ヌードモデルの兎丸愛美や

■2018年12月14日
生田斗真と吉岡里帆が朗読、短歌から平成を振り返るNHK BS『平成万葉集』
短歌の番組『平成万葉集』が、1月2日にNHK BSプレミアムで放送される。『平成万葉集』は平成に詠まれた無数の短歌の中から秀逸なものを紹介する番組。天皇皇后や歌人、ホームレスや短歌マニアの小学生まで、

■2018年12月14日
ニットクリエイター蓮沼千紘の個展『—まにまに—』 新作や初の映像作品も
蓮沼千紘の個展『—まにまに—』が12月19日まで東京・表参道 ROCKETで開催されている。ハンドニットブランド「an/eddy」のニットクリエイターとして活動している1986年生まれの蓮沼千紘。「小

■2018年12月14日
神田莉緒香が語る、SNS時代におけるファンとの理想的な関係作り
SNSネイティブ世代のSSW。明るく元気な姿の裏にある、想いや葛藤なども明かした

■2018年12月14日
マヒトゥ・ザ・ピーポーの新AL『不完全なけもの』2月発売 寺尾紗穂ら参加
マヒトゥ・ザ・ピーポー(GEZAN)のニューアルバム『不完全なけもの』が2月6日にリリースされる。GEZANでの活動に加えて、青葉市子とのデュオNUUAMMや寺尾紗穂の楽曲への参加、テニスコーツとの合

■2018年12月14日
滝沢朋恵“うすいいのり”
『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジ

■2018年12月14日
ジョン・マエダや福岡伸一が登壇『NSK Future Forum 3』レポート
荒牧悠、市原えつこ、和田永ら気鋭アーティストも出演したフォーラムイベント

■2018年12月14日
映画『チワワちゃん』に岡崎京子がコメント、「みんな、ありがとう」
映画『チワワちゃん』のポスタービジュアルと原作者・岡崎京子のコメントが公開。あわせて原作漫画の復刊が発表された。1994年に発表された『チワワちゃん』は、東京で若さを謳歌する男女グループのマスコット的

■2018年12月14日
リキッド年越し企画にOGRE YOU ASSHOLE、小袋成彬、John Natsukiが追加
音楽イベント『liquidroom presents NEW YEAR PARTY 2019』の第3弾追加出演者が発表された。12月31日に東京・恵比寿のLIQUIDROOMで開催される同イベントは、

■2018年12月14日
映画『サスペリア』本予告公開 グァダニーノ監督絶賛の日本版ポスターも
映画『サスペリア』の本予告編と日本版オリジナルポスタービジュアルが公開された。『君の名前で僕を呼んで』のルカ・グァダニーノ監督による新作となる同作は、1970年代のドイツを舞台に、名門バレエカンパニー

■2018年12月14日
会田大也×佐藤ねじ対談 才能を鍛えるための学び方を紐解く
ミュージアムエデュケーター会田大也とユニークな制作物を生む佐藤ねじに聞く

野村萬斎狂言会 - 和歌の浦万葉薪能の会 - Jugem
2018年3月23日 - 見に行きたいナ… ☺ という方はぜひ「競 技 か る た 愛 好 会」にてお待ちしております、 初心者大大大大歓迎です。無理やり引き入れた会員達の解放のため興味がない方でもまずは見に来て頂ければ幸いです。闇のゲームはしません。

■2018年11月24日
近畿地方都市美協議会
11月2日(金)ルミエール華月殿八州の間で、近畿地方都市美協議会の総会が開かれ、景観研修セミナーの事例発表として、和歌の浦万葉薪能の会の「高津子山を桜の山に」事業の報告をしてきました。総会が終わってか

■2018年11月18日
野村萬斎狂言会
薪能の報告も一段落ついて、これから「野村萬斎狂言会」の準備にかかります。私たち、和歌の浦万葉薪能の会の10周年記念として、和歌山市内では初めての「野村萬斎狂言会」を開いたのが、平成21年5月21日(木

■2018年11月17日
会報 第86号ができました。
万葉薪能 会報 Vol.86ができました。 今回は、10月の薪能の報告が主なものです。2面と3面には、いつものように能楽ワークショップに出演してくれた皆さん、全員の写真を掲載しました。...

■2018年11月14日
高津子山を桜の山に 11月の作業
11月11日(日)高津子山の作業日です。 この日は、和歌浦ジャズマラソンの日でもあります。 いつも高津子山に参加してくれている方の中にも、ハーフマラソンや10kmのコースに参加される方もいます。 また

■2018年10月31日
高津子山を桜の山に 3か月ぶりの作業
高津子山の整備は久しぶりです。 7、8月は休んでいて、9月の事業日は雨。 3か月ぶりの作業です。 でも、思いの外、荒れていないのは、会の活動とは別に、日々整備してくれている方がいるからです。 9月のい

■2018年10月15日
萬斎が薪能にやってきた
今までは単独で「野村萬斎狂言会」を3回開催してきましたが、20周年記念ということで、初めて薪能に萬斎さんに来ていただきました。 当日は、「観世会 秋の別会」で観世宗家の当主にだけ舞うことが許されている

■2018年10月15日
観世流能「紅葉狩」
第2部 「和歌の浦万葉薪能の会」の20周年記念として、片山家能楽・京舞保存財団に選んでいただいた「紅葉狩」。 特に今回は、鬼揃という小書が付いた特別な演出、見応えがあり、素晴らしかったですね。見所の皆

■2018年10月14日
第20回和歌の浦万葉薪能 開催
遅くなりましたが、第20回和歌の浦万葉薪能の報告です。 長くなります(笑) 今年の薪能も、台風に翻弄されましたが、10月7日(日)朝から快晴です。 飛行機が飛ばなかった場合、JRが運休した場合&hel

■2018年10月09日
第20回和歌の浦万葉薪能
第20回和歌の浦万葉薪能、1,200名を超える観客の方に詰めかけていただき、無事に終了しました。第1部の能楽ワークショップに出演した皆さんも、いつも以上の出来栄えでした。 観世流能「紅葉狩」は、素晴ら

■2018年10月07日
第20回和歌の浦万葉薪能
おはようございます。 今現在、和歌山市は晴天です。本日の「第20回和歌の浦万葉薪能」、予定通り、片男波公園野外ステージで開催します。混雑が予想されますので、お気をつけてお越しください。...

■2018年10月06日
薪能、前日
今日は、雨音で目が覚めました。 急いで外を見ると、しっかりと雨が降っています。 慌てて天気予報を確認すると、これからは晴れてくるようで、まずは一安心。 いつもは金曜日に始めていた能舞台の設営は、今日か

■2018年10月05日
明後日は、第20回万葉薪能の当日です。
明後日は、第20回万葉薪能の当日です。このところ、台風に振り回されましたが、何とか無事に開催できそうな予報に変わってきました。よかったです。当日券の問い合わせも増えているようです。 さて...

■2018年10月04日
「第20回万葉薪能」は、今週末10月7日です。
「第20回万葉薪能」は、今週末10月7日です。今年は、台風が頻繁にやってきますね。 先週の24号に続き、今週末には、台風25号が…。 片山九郎右衛門師は、前日は、宮崎延岡で薪能を演じてい

■2018年9月30日
和歌浦天満宮でのご祈祷と万葉館との打ち合わせ
9月30日(日)今年の「第20回万葉薪能」が無事行われることを祈願して、台風が近付く中、和歌浦天満宮にお参りに行きました。以前は、薪能の始めに「火入れ式」を行い、和歌浦天満宮の小板宮司がその年の薪能に

■2018年9月30日
能ワークショップ 小林能舞台での練習
能ワークショップの5回目の練習は、例年通り、小林先生の自宅能舞台での練習です。本番で着物を着る子どもたちは、着付けもしてもらいます。試験中で忙しい高校生は、制服のまま駆けつけたり、早く来て早く帰っ..

■2018年9月27日
鏡山から見る居待の月
今年の十五夜は、9月24日。 十五夜は、日没と月の出がほとんど同じ時間です。 これ以降、月の出は、およそ30〜40分ずつ遅くなっていきます。 16日目は、十六夜(いざよい)。 17日目は、まだかまだか

■2018年9月27日
名月に舞う
中秋の名月をめでながら、舞や踊りを観賞する「名月に舞う」が、9月29日(土)午後5時半から、和歌山県立近代美術館・博物館前庭(和歌山市吹上)で開催されます。和歌山文化協会が主催します。 今年で23回目

■2018年9月25日
「能ワークショップ」4回目の練習
能ワークショップの4回目の練習。 26名の参加、欠席1名です。 2時からですが、慣れた高校生は、試験中のようで、1時半頃に来て、早めに練習を付けてもらいます。今回も、お弟子さんと小林先生とで練習を進め

■2018年9月23日
中秋の名月と片男波海岸の状況
今年の中秋の名月は、明日9月24日です。 ちなみに、満月は、9月25日になります。 今日23日は、月の出17時12分 日没17時56分なので、まだ明るいうちに月が上ります。 台風のため中止になった妹背

■2018年9月18日
能ワークショップ 3回目の練習
「太鼓のワークショップ」のあと、午後から「能ワークショップ」の練習です。 今日は、25名の出席です。 小林先生から練習をつけてもらったあと、別室でお弟子さんにおさらいをしてもらう人。お弟子さんに教えて

■2018年9月17日
太鼓のワークショップ 最後の練習
今日は、太鼓のワークショップの最後の練習です。 もちろん、全員出席です。 今日は、本番を想定して、組み合わせの決定や、入退場の確認をします。手組もしっかり覚えています。コ...

■2018年9月17日
今年の薪能は、10月7日(日)です。
薪能当日、野村萬斎師は、二十六世観世宗家の観世清和師に請われ、「観世会 秋の別会」で能「三輪」に出演し、すぐさま和歌山に向かうことになっています。そのため、狂言のあと、能を観覧するのが通例ですが、今回

■2018年9月16日
お願い
今年の薪能は、10月7日(日)です。前売り券は、お陰様で完売いたしました。 「和歌の浦万葉薪能の会」では、能の上演では極めて珍しく、上演中の薪能の撮影を可能としていました。 他のお客様の迷惑にならない

■2018年9月15日
太鼓のワークショップ 4回目の練習
今日は、午前10時から、「太鼓のワークショップ」の4回目の練習です。 講師の前川先生は、京都在住なので、早く来られます。9時15分に行った時には、すでに浴衣に着替えて、太鼓を組んでいる所でした。 今日

■2018年9月09日
台風後の片男波公園
今日の「高津子山を桜の山に」の作業は中止になりました。 知らずに来てしまう人がいるといけないので、集合時間に集合場所に向かいます。 すると、一人の方が黙々と作業をしています。 話を聞くと、昨日私がバイ

■2018年9月08日
台風21号の傷痕
台風21号が猛威を振るいましたね。 慣れない停電生活も経験しました。 皆さんのところはどうだったでしょうか? 和歌の浦も心配だったので、雨が止んでいる時に、様子を見に行きました。 妹背山の三断橋は、新

■2018年9月08日
第20回万葉薪能 
今朝、9月8日のニュース和歌山のイベント欄に、10月7日の「第20回和歌の浦万葉薪能」が紹介されています。ありがたいことに、前売り券は完売です。 以前お伝えしたように、雨天の時に上演する健康館のアリー

■2018年9月05日
高津子山の作業、9月から再開です。
9月9日(日) 7月、8月と休んでいた「高津子山を桜の山に」の作業が再開します。 今年は、とっても暑い夏でした。 また大雨も、大きな台風もありました。 山はどんな状況でしょうか?作業が休みの時も...

■2018年9月02日
薪能、本番まであと1か月
9月になりました。薪能の本番まで、あと一月あまりです。今年は、20回記念ということで、狂言に野村萬斎を招聘したのが影響したのか、前売り券の販売予定枚数は8月31日を以て、終了いたしました。申し訳ありま

■2018年9月01日
和歌山城納涼ナイター
夏の間、和歌山城が午後8時まで入場時間が延長されています。 その期間も、今日8月31日までということなので、ちょっと行ってみました。 夕陽も期待しましたが、厚い雲に遮られました。それではと、...

■2018年8月28日
「能ワークショップ」2回目の練習
8月26日(日)午前中の「太鼓のワークショップ」に続いて、午後2時から「能ワークショップ」の2回目の練習です。 22名の参加。 今日も小林先生はお元気です。まずは、大人の方の謡の練習。これには、和歌山

■2018年8月27日
「太鼓のワークショップ」3回目の練習
8月26日午前10時から、「太鼓のワークショップ」の3回目の練習がありました。 今回は、全員参加です。3人ずつ、2組に別れての練習です。まず、カシラ・ツケガシラ・ヲロシ・キザミ・アゲと基本的...

■2018年8月25日
能楽ワークショップ
8月26日(日)は、3回目の「太鼓のワークショップ」と2回目の「能ワークショップ」の日です。 一日中、市民会館に詰めていることになります。 「太鼓のワークショップ」は、今までより難しいことをやっていま

■2018年8月25日
第20回和歌の浦万葉薪能
今年の薪能は、20周年ということで、演目にも工夫を凝らし、能は、華やかな「紅葉狩」、狂言は初めての和泉流、野村萬斎・裕基親子の「蝸牛」という組み合わせ。 . 萬斎師は、今まで「野村萬斎狂言会」として3

■2018年8月23日
2019年度日本万国博覧会記念基金助成事業募集説明会
日本万国博覧会記念基金事業は、1970年(昭和45年)に開催された日本万国博覧会の成功を記念し、収益金の一部を基金として管理し、その運用益を万博の成功を記念するにふさわしい国際相互理解の促進に資する活

■2018年8月18日
第20回万葉薪能 あちこちに掲載してもらっています。
私たちの、和歌の浦万葉薪能は、今年20回を迎えています。それでも、まだ知らなかったという方がたくさんいらっしゃいます。新聞やテレビ、ラジオにもできるだけ取り上げてもらえるように考えています。&nbs.

■2018年8月17日
英文チラシ 今年も作成しました。
和歌の浦万葉薪能の会では、従来のチラシの他に、4年前から英文のチラシも作成しています。 関西国際空港や高野山など、外国の人が多く訪れるようなところに置かせていただいています。 日本的なものを感じてもら

■2018年8月08日
紀の川橋本 SUMMER BALL2018
橋本市の新しい夏まつりとして定着した、「紀の川橋本 SUMMER BALL 」2018年で6回目を迎えるこのイベントに、太鼓のワークショップのあと、出かけてきました。尺玉も含めて6000発という、紀北

■2018年8月05日
「能ワークショップ」初回の練習
8月5日(日)今年で11年目になる「能ワークショップ」が始まりました。 講師は、ずっと観世流シテ方の小林慶三先生です。 小林先生は、今年87才。その上今年の春にアキレス腱を切っています。 心配していま

■2018年8月05日
太鼓のワークショップ 2回目の練習
8月に入っても、暑さは続いていますね。 2回目の太鼓のワークショップ、参加者は小学生2名、中学生1名、高校生1名です。 太鼓は3台用意しています。 3人が練習して、順番に一人が休憩します。続け...

■2018年8月02日
第4回 橋の日記念イベント
「橋の日」は、「私たちの生活と文化に、密接なかかわりを持つ川や橋に感謝し、橋や河川とのふれあいの日に」ということで、宮崎県の「橋の日実行委員会」が1986年に制定したようです。 以来、全国で橋に感謝す

■2018年7月27日
日前宮薪能
今日は、日前宮薪能の日でした。 43回目。6時半開始ですが、まだまだ暑いですね。 次第に暗くなり、開始を待っています。当会のホープ、宮楠君は、舞囃子「船弁慶」を。長刀を手に、...

■2018年7月24日
第66回港まつり花火大会
ここ2年、用があって見に行けませんでした。それまでは、招待席に案内してもらって、毎年見ていました。 今年は、久しぶりに、高津子山から見ることにします。66回目だそうです。 駐車場は使用できませんが、展

■2018年7月22日
第1回太鼓のワークショップ
7月21日(土)午後2時より、和歌山市民会館4階和室にて、「太鼓のワークショップ」1回目の稽古がありました。 今年の申込は、6名。小学生が3名、中学生が2名、高校生が1名。 2名の小学生が昨年に続いて

■2018年7月17日
平成30年度 太鼓のワークショップ
早い梅雨明けのあとの大雨と、その後の猛暑日が続いています。 特定非営利活動法人「和歌の浦万葉薪能の会」設立の目的は和歌の浦で薪能を上演し、能狂言文化を普及させることです。 そしてその能狂言の普及のため

■2018年7月16日
第43回日前宮薪能
和歌山市で開催している薪能は、私たちの「和歌の浦万葉薪能」と「日前宮薪能」です。 7月26日(木)その「日前宮薪能」が開催されます。 43回目になります。私たちは、今年20回目、頑張らないと(笑) .

■2018年7月07日
狂言ワークショップ、無事に開催しました
7月7日(土)午後2時より、毎年恒例の「狂言ワークショップ」を市民会館4階和室で開きました。 大雨が続く天候の中、それでも9名の方が参加してくれました。 大蔵流狂言方の善竹忠重先生率いる「志芸の会(し

■2018年7月02日
狂言ワークショップ
7月7日(土)午後2時より、和歌山市民会館4階和室にて、もうすっかり恒例となった「狂言ワークショップ」を開催します。狂言は対話を中心としたせりふ劇です。 大がかりな舞台装置は一切用いず、言葉やしぐさに

■2018年6月24日
足ノ郷峠のコアジサイ
梅雨ですねぇ。 シトシトと雨の降る梅雨の中にも、私たちを楽しませてくれるアジサイ。 そんなアジサイの中にも、小さな花をつけるコアジサイ。日本固有のアジサイは、ガクアジサイのように中央に小さな花があり、

■2018年6月19日
ワークショップ、始まります。
和歌の浦万葉薪能の会は、和歌山市民会館と協力して、ワークショップを開催しています。 今年も、「狂言ワークショップ」と「太鼓のワークショップ」「能ワークショップ」を開きます。 「市報わかやま」でも募集し

■2018年6月16日
第20回和歌の浦万葉薪能は、10月7日(日)です。
第20回和歌の浦万葉薪能は、10月7日(日)です。 そのための準備は、すでに始まっています。 チケットの発売は、7月1日から。ローソンチケットでは、Lコード52180。 チケットぴあでは、Pコ...

■2018年6月15日
会報84号ができました。
梅雨ですね。 あちこちで、アジサイの花盛りのようです。 会報84号が完成しました。 会報は、「万葉薪能通信」として、第1回薪能が開催された翌年、平成12年2月に発信を始めました。 平成17年3月に現在

■2018年6月07日
高津子山を桜の山に 今年前半最後の作業日
「高津子山を桜の山に」は、「能狂言」と並ぶ、和歌の浦万葉薪能の会のもう一つの事業です。 高津子山は、和歌浦湾から吹き上げる心地良い潮風と、木々の匂いが薫る標高約150mの里山です。かつては「新吉野」と

■2018年5月28日
「万葉の故地 和歌の浦を写す」開催しました。
5月27日(日) 和歌の浦万葉薪能の会平成30年度第2回セミナー「万葉の故地 和歌の浦を写す」を開催しました。 参加者は、20名。NHKの「あすのWA」を見て来てくれた方もいました。 あまり暑くなく、

■2018年5月26日
明日は、「万葉の故地 和歌の浦を写す」です。
5月27日(日)午後1時30分から、和歌の浦万葉薪能の会平成30年度第2回セミナー「万葉の故地 和歌の浦を写す」を開催します。和歌浦の写真家松原時夫氏に案内していただきます。 玉津島神社に集合、和歌浦

■2018年5月22日
万葉の故地 和歌の浦を写す
「万葉の故地―和歌の浦を写す」という題で、写真家の松原時夫先生に和歌の浦を案内してもらうセミナーです。 今年は、例年より少し遅く、5月27日(日)の開催です。 和歌浦を記録して60年の写真家松原時夫氏

■2018年5月14日
日本芸術文化振興財団個別相談会
5月14日(月)大阪市中之島のグランキューブ大阪にて、日本芸術文化振興財団の個別相談会が開かれたので、参加してきました。芸術文化振興財団からは、助成金をいただいて7年目になります。 1回の薪能を開催す

■2018年5月13日
明日の和歌祭りは、中止です。
今朝(5月12日)のニュース和歌山に、「雑賀踊先頭の鬼面完成」という記事が載っていました。和歌浦一帯で5月13日(日)に開かれる紀州東照宮の例祭、和歌祭。鬼の面をかぶり、棒を振る演目「雑賀踊」では、傷

■2018年5月06日
和歌祭り 2018
紀州東照宮は、紀州藩祖、徳川頼宣(よりのぶ)により創建され、父家康の霊を慰めるための「和歌祭り」が発祥しました。 元和8年(1622)に始まり、今年で396年目になる、伝統のある祭りです。かつては、日

■2018年4月28日
彩(いろどり)〜日本遺産〜
2017年12月より日本遺産を彩りをテーマに紹介するミニ番組「彩(いろどり)〜日本遺産〜」(BS-TBS)が始まりました。ナレーターは女優の上白石萌音さん。放映は、毎週水曜よる9時54分からです。日本

野村萬斎狂言会 - 和歌の浦万葉薪能の会 - Jugem
2017年12月28日 - 同公演では、新年や祝賀など儀礼的な場で舞う祝典曲『三番叟』を、野村萬斎の総合演出と真鍋大度の映像演出で上演。『三番叟』は面を ... 村松亮太郎×真鍋大度対談 映像をスクリーンから解放したもの ... 野村萬斎×真鍋大度「FORM II」 ...

■2018年11月24日
近畿地方都市美協議会
11月2日(金)ルミエール華月殿八州の間で、近畿地方都市美協議会の総会が開かれ、景観研修セミナーの事例発表として、和歌の浦万葉薪能の会の「高津子山を桜の山に」事業の報告をしてきました。総会が終わってか

■2018年11月18日
野村萬斎狂言会
薪能の報告も一段落ついて、これから「野村萬斎狂言会」の準備にかかります。私たち、和歌の浦万葉薪能の会の10周年記念として、和歌山市内では初めての「野村萬斎狂言会」を開いたのが、平成21年5月21日(木

■2018年11月17日
会報 第86号ができました。
万葉薪能 会報 Vol.86ができました。 今回は、10月の薪能の報告が主なものです。2面と3面には、いつものように能楽ワークショップに出演してくれた皆さん、全員の写真を掲載しました。...

■2018年11月14日
高津子山を桜の山に 11月の作業
11月11日(日)高津子山の作業日です。 この日は、和歌浦ジャズマラソンの日でもあります。 いつも高津子山に参加してくれている方の中にも、ハーフマラソンや10kmのコースに参加される方もいます。 また

■2018年10月31日
高津子山を桜の山に 3か月ぶりの作業
高津子山の整備は久しぶりです。 7、8月は休んでいて、9月の事業日は雨。 3か月ぶりの作業です。 でも、思いの外、荒れていないのは、会の活動とは別に、日々整備してくれている方がいるからです。 9月のい

■2018年10月15日
萬斎が薪能にやってきた
今までは単独で「野村萬斎狂言会」を3回開催してきましたが、20周年記念ということで、初めて薪能に萬斎さんに来ていただきました。 当日は、「観世会 秋の別会」で観世宗家の当主にだけ舞うことが許されている

■2018年10月15日
観世流能「紅葉狩」
第2部 「和歌の浦万葉薪能の会」の20周年記念として、片山家能楽・京舞保存財団に選んでいただいた「紅葉狩」。 特に今回は、鬼揃という小書が付いた特別な演出、見応えがあり、素晴らしかったですね。見所の皆

■2018年10月14日
第20回和歌の浦万葉薪能 開催
遅くなりましたが、第20回和歌の浦万葉薪能の報告です。 長くなります(笑) 今年の薪能も、台風に翻弄されましたが、10月7日(日)朝から快晴です。 飛行機が飛ばなかった場合、JRが運休した場合&hel

■2018年10月09日
第20回和歌の浦万葉薪能
第20回和歌の浦万葉薪能、1,200名を超える観客の方に詰めかけていただき、無事に終了しました。第1部の能楽ワークショップに出演した皆さんも、いつも以上の出来栄えでした。 観世流能「紅葉狩」は、素晴ら

■2018年10月07日
第20回和歌の浦万葉薪能
おはようございます。 今現在、和歌山市は晴天です。本日の「第20回和歌の浦万葉薪能」、予定通り、片男波公園野外ステージで開催します。混雑が予想されますので、お気をつけてお越しください。...

■2018年10月06日
薪能、前日
今日は、雨音で目が覚めました。 急いで外を見ると、しっかりと雨が降っています。 慌てて天気予報を確認すると、これからは晴れてくるようで、まずは一安心。 いつもは金曜日に始めていた能舞台の設営は、今日か

■2018年10月05日
明後日は、第20回万葉薪能の当日です。
明後日は、第20回万葉薪能の当日です。このところ、台風に振り回されましたが、何とか無事に開催できそうな予報に変わってきました。よかったです。当日券の問い合わせも増えているようです。 さて...

■2018年10月04日
「第20回万葉薪能」は、今週末10月7日です。
「第20回万葉薪能」は、今週末10月7日です。今年は、台風が頻繁にやってきますね。 先週の24号に続き、今週末には、台風25号が…。 片山九郎右衛門師は、前日は、宮崎延岡で薪能を演じてい

■2018年9月30日
和歌浦天満宮でのご祈祷と万葉館との打ち合わせ
9月30日(日)今年の「第20回万葉薪能」が無事行われることを祈願して、台風が近付く中、和歌浦天満宮にお参りに行きました。以前は、薪能の始めに「火入れ式」を行い、和歌浦天満宮の小板宮司がその年の薪能に

■2018年9月30日
能ワークショップ 小林能舞台での練習
能ワークショップの5回目の練習は、例年通り、小林先生の自宅能舞台での練習です。本番で着物を着る子どもたちは、着付けもしてもらいます。試験中で忙しい高校生は、制服のまま駆けつけたり、早く来て早く帰っ..

■2018年9月27日
鏡山から見る居待の月
今年の十五夜は、9月24日。 十五夜は、日没と月の出がほとんど同じ時間です。 これ以降、月の出は、およそ30〜40分ずつ遅くなっていきます。 16日目は、十六夜(いざよい)。 17日目は、まだかまだか

■2018年9月27日
名月に舞う
中秋の名月をめでながら、舞や踊りを観賞する「名月に舞う」が、9月29日(土)午後5時半から、和歌山県立近代美術館・博物館前庭(和歌山市吹上)で開催されます。和歌山文化協会が主催します。 今年で23回目

■2018年9月25日
「能ワークショップ」4回目の練習
能ワークショップの4回目の練習。 26名の参加、欠席1名です。 2時からですが、慣れた高校生は、試験中のようで、1時半頃に来て、早めに練習を付けてもらいます。今回も、お弟子さんと小林先生とで練習を進め

■2018年9月23日
中秋の名月と片男波海岸の状況
今年の中秋の名月は、明日9月24日です。 ちなみに、満月は、9月25日になります。 今日23日は、月の出17時12分 日没17時56分なので、まだ明るいうちに月が上ります。 台風のため中止になった妹背

■2018年9月18日
能ワークショップ 3回目の練習
「太鼓のワークショップ」のあと、午後から「能ワークショップ」の練習です。 今日は、25名の出席です。 小林先生から練習をつけてもらったあと、別室でお弟子さんにおさらいをしてもらう人。お弟子さんに教えて

■2018年9月17日
太鼓のワークショップ 最後の練習
今日は、太鼓のワークショップの最後の練習です。 もちろん、全員出席です。 今日は、本番を想定して、組み合わせの決定や、入退場の確認をします。手組もしっかり覚えています。コ...

■2018年9月17日
今年の薪能は、10月7日(日)です。
薪能当日、野村萬斎師は、二十六世観世宗家の観世清和師に請われ、「観世会 秋の別会」で能「三輪」に出演し、すぐさま和歌山に向かうことになっています。そのため、狂言のあと、能を観覧するのが通例ですが、今回

■2018年9月16日
お願い
今年の薪能は、10月7日(日)です。前売り券は、お陰様で完売いたしました。 「和歌の浦万葉薪能の会」では、能の上演では極めて珍しく、上演中の薪能の撮影を可能としていました。 他のお客様の迷惑にならない

■2018年9月15日
太鼓のワークショップ 4回目の練習
今日は、午前10時から、「太鼓のワークショップ」の4回目の練習です。 講師の前川先生は、京都在住なので、早く来られます。9時15分に行った時には、すでに浴衣に着替えて、太鼓を組んでいる所でした。 今日

■2018年9月09日
台風後の片男波公園
今日の「高津子山を桜の山に」の作業は中止になりました。 知らずに来てしまう人がいるといけないので、集合時間に集合場所に向かいます。 すると、一人の方が黙々と作業をしています。 話を聞くと、昨日私がバイ

■2018年9月08日
台風21号の傷痕
台風21号が猛威を振るいましたね。 慣れない停電生活も経験しました。 皆さんのところはどうだったでしょうか? 和歌の浦も心配だったので、雨が止んでいる時に、様子を見に行きました。 妹背山の三断橋は、新

■2018年9月08日
第20回万葉薪能 
今朝、9月8日のニュース和歌山のイベント欄に、10月7日の「第20回和歌の浦万葉薪能」が紹介されています。ありがたいことに、前売り券は完売です。 以前お伝えしたように、雨天の時に上演する健康館のアリー

■2018年9月05日
高津子山の作業、9月から再開です。
9月9日(日) 7月、8月と休んでいた「高津子山を桜の山に」の作業が再開します。 今年は、とっても暑い夏でした。 また大雨も、大きな台風もありました。 山はどんな状況でしょうか?作業が休みの時も...

■2018年9月02日
薪能、本番まであと1か月
9月になりました。薪能の本番まで、あと一月あまりです。今年は、20回記念ということで、狂言に野村萬斎を招聘したのが影響したのか、前売り券の販売予定枚数は8月31日を以て、終了いたしました。申し訳ありま

■2018年9月01日
和歌山城納涼ナイター
夏の間、和歌山城が午後8時まで入場時間が延長されています。 その期間も、今日8月31日までということなので、ちょっと行ってみました。 夕陽も期待しましたが、厚い雲に遮られました。それではと、...

■2018年8月28日
「能ワークショップ」2回目の練習
8月26日(日)午前中の「太鼓のワークショップ」に続いて、午後2時から「能ワークショップ」の2回目の練習です。 22名の参加。 今日も小林先生はお元気です。まずは、大人の方の謡の練習。これには、和歌山

■2018年8月27日
「太鼓のワークショップ」3回目の練習
8月26日午前10時から、「太鼓のワークショップ」の3回目の練習がありました。 今回は、全員参加です。3人ずつ、2組に別れての練習です。まず、カシラ・ツケガシラ・ヲロシ・キザミ・アゲと基本的...

■2018年8月25日
能楽ワークショップ
8月26日(日)は、3回目の「太鼓のワークショップ」と2回目の「能ワークショップ」の日です。 一日中、市民会館に詰めていることになります。 「太鼓のワークショップ」は、今までより難しいことをやっていま

■2018年8月25日
第20回和歌の浦万葉薪能
今年の薪能は、20周年ということで、演目にも工夫を凝らし、能は、華やかな「紅葉狩」、狂言は初めての和泉流、野村萬斎・裕基親子の「蝸牛」という組み合わせ。 . 萬斎師は、今まで「野村萬斎狂言会」として3

■2018年8月23日
2019年度日本万国博覧会記念基金助成事業募集説明会
日本万国博覧会記念基金事業は、1970年(昭和45年)に開催された日本万国博覧会の成功を記念し、収益金の一部を基金として管理し、その運用益を万博の成功を記念するにふさわしい国際相互理解の促進に資する活

■2018年8月18日
第20回万葉薪能 あちこちに掲載してもらっています。
私たちの、和歌の浦万葉薪能は、今年20回を迎えています。それでも、まだ知らなかったという方がたくさんいらっしゃいます。新聞やテレビ、ラジオにもできるだけ取り上げてもらえるように考えています。&nbs.

■2018年8月17日
英文チラシ 今年も作成しました。
和歌の浦万葉薪能の会では、従来のチラシの他に、4年前から英文のチラシも作成しています。 関西国際空港や高野山など、外国の人が多く訪れるようなところに置かせていただいています。 日本的なものを感じてもら

■2018年8月08日
紀の川橋本 SUMMER BALL2018
橋本市の新しい夏まつりとして定着した、「紀の川橋本 SUMMER BALL 」2018年で6回目を迎えるこのイベントに、太鼓のワークショップのあと、出かけてきました。尺玉も含めて6000発という、紀北

■2018年8月05日
「能ワークショップ」初回の練習
8月5日(日)今年で11年目になる「能ワークショップ」が始まりました。 講師は、ずっと観世流シテ方の小林慶三先生です。 小林先生は、今年87才。その上今年の春にアキレス腱を切っています。 心配していま

■2018年8月05日
太鼓のワークショップ 2回目の練習
8月に入っても、暑さは続いていますね。 2回目の太鼓のワークショップ、参加者は小学生2名、中学生1名、高校生1名です。 太鼓は3台用意しています。 3人が練習して、順番に一人が休憩します。続け...

■2018年8月02日
第4回 橋の日記念イベント
「橋の日」は、「私たちの生活と文化に、密接なかかわりを持つ川や橋に感謝し、橋や河川とのふれあいの日に」ということで、宮崎県の「橋の日実行委員会」が1986年に制定したようです。 以来、全国で橋に感謝す

■2018年7月27日
日前宮薪能
今日は、日前宮薪能の日でした。 43回目。6時半開始ですが、まだまだ暑いですね。 次第に暗くなり、開始を待っています。当会のホープ、宮楠君は、舞囃子「船弁慶」を。長刀を手に、...

■2018年7月24日
第66回港まつり花火大会
ここ2年、用があって見に行けませんでした。それまでは、招待席に案内してもらって、毎年見ていました。 今年は、久しぶりに、高津子山から見ることにします。66回目だそうです。 駐車場は使用できませんが、展

■2018年7月22日
第1回太鼓のワークショップ
7月21日(土)午後2時より、和歌山市民会館4階和室にて、「太鼓のワークショップ」1回目の稽古がありました。 今年の申込は、6名。小学生が3名、中学生が2名、高校生が1名。 2名の小学生が昨年に続いて

■2018年7月17日
平成30年度 太鼓のワークショップ
早い梅雨明けのあとの大雨と、その後の猛暑日が続いています。 特定非営利活動法人「和歌の浦万葉薪能の会」設立の目的は和歌の浦で薪能を上演し、能狂言文化を普及させることです。 そしてその能狂言の普及のため

■2018年7月16日
第43回日前宮薪能
和歌山市で開催している薪能は、私たちの「和歌の浦万葉薪能」と「日前宮薪能」です。 7月26日(木)その「日前宮薪能」が開催されます。 43回目になります。私たちは、今年20回目、頑張らないと(笑) .

■2018年7月07日
狂言ワークショップ、無事に開催しました
7月7日(土)午後2時より、毎年恒例の「狂言ワークショップ」を市民会館4階和室で開きました。 大雨が続く天候の中、それでも9名の方が参加してくれました。 大蔵流狂言方の善竹忠重先生率いる「志芸の会(し

■2018年7月02日
狂言ワークショップ
7月7日(土)午後2時より、和歌山市民会館4階和室にて、もうすっかり恒例となった「狂言ワークショップ」を開催します。狂言は対話を中心としたせりふ劇です。 大がかりな舞台装置は一切用いず、言葉やしぐさに

■2018年6月24日
足ノ郷峠のコアジサイ
梅雨ですねぇ。 シトシトと雨の降る梅雨の中にも、私たちを楽しませてくれるアジサイ。 そんなアジサイの中にも、小さな花をつけるコアジサイ。日本固有のアジサイは、ガクアジサイのように中央に小さな花があり、

■2018年6月19日
ワークショップ、始まります。
和歌の浦万葉薪能の会は、和歌山市民会館と協力して、ワークショップを開催しています。 今年も、「狂言ワークショップ」と「太鼓のワークショップ」「能ワークショップ」を開きます。 「市報わかやま」でも募集し

■2018年6月16日
第20回和歌の浦万葉薪能は、10月7日(日)です。
第20回和歌の浦万葉薪能は、10月7日(日)です。 そのための準備は、すでに始まっています。 チケットの発売は、7月1日から。ローソンチケットでは、Lコード52180。 チケットぴあでは、Pコ...

■2018年6月15日
会報84号ができました。
梅雨ですね。 あちこちで、アジサイの花盛りのようです。 会報84号が完成しました。 会報は、「万葉薪能通信」として、第1回薪能が開催された翌年、平成12年2月に発信を始めました。 平成17年3月に現在

■2018年6月07日
高津子山を桜の山に 今年前半最後の作業日
「高津子山を桜の山に」は、「能狂言」と並ぶ、和歌の浦万葉薪能の会のもう一つの事業です。 高津子山は、和歌浦湾から吹き上げる心地良い潮風と、木々の匂いが薫る標高約150mの里山です。かつては「新吉野」と

■2018年5月28日
「万葉の故地 和歌の浦を写す」開催しました。
5月27日(日) 和歌の浦万葉薪能の会平成30年度第2回セミナー「万葉の故地 和歌の浦を写す」を開催しました。 参加者は、20名。NHKの「あすのWA」を見て来てくれた方もいました。 あまり暑くなく、

■2018年5月26日
明日は、「万葉の故地 和歌の浦を写す」です。
5月27日(日)午後1時30分から、和歌の浦万葉薪能の会平成30年度第2回セミナー「万葉の故地 和歌の浦を写す」を開催します。和歌浦の写真家松原時夫氏に案内していただきます。 玉津島神社に集合、和歌浦

■2018年5月22日
万葉の故地 和歌の浦を写す
「万葉の故地―和歌の浦を写す」という題で、写真家の松原時夫先生に和歌の浦を案内してもらうセミナーです。 今年は、例年より少し遅く、5月27日(日)の開催です。 和歌浦を記録して60年の写真家松原時夫氏

■2018年5月14日
日本芸術文化振興財団個別相談会
5月14日(月)大阪市中之島のグランキューブ大阪にて、日本芸術文化振興財団の個別相談会が開かれたので、参加してきました。芸術文化振興財団からは、助成金をいただいて7年目になります。 1回の薪能を開催す

■2018年5月13日
明日の和歌祭りは、中止です。
今朝(5月12日)のニュース和歌山に、「雑賀踊先頭の鬼面完成」という記事が載っていました。和歌浦一帯で5月13日(日)に開かれる紀州東照宮の例祭、和歌祭。鬼の面をかぶり、棒を振る演目「雑賀踊」では、傷

■2018年5月06日
和歌祭り 2018
紀州東照宮は、紀州藩祖、徳川頼宣(よりのぶ)により創建され、父家康の霊を慰めるための「和歌祭り」が発祥しました。 元和8年(1622)に始まり、今年で396年目になる、伝統のある祭りです。かつては、日

■2018年4月28日
彩(いろどり)〜日本遺産〜
2017年12月より日本遺産を彩りをテーマに紹介するミニ番組「彩(いろどり)〜日本遺産〜」(BS-TBS)が始まりました。ナレーターは女優の上白石萌音さん。放映は、毎週水曜よる9時54分からです。日本

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも野村萬斎 解放に関連のある画像ばかりではありません。
野村萬斎 解放の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

野村 萬斎(のむら まんさい、本名・野村 武司〈のむら たけし〉、1966年(昭和41年)4月5日 - )は、狂言方和泉流の能楽師、俳優。
能楽狂言方和泉流野村万蔵家の名跡である。
二世野村万作と詩人阪本若葉子の長男として生まれる。
野村裕基は萬斎の長男。
*1970年:『靱猿』で初舞台。
*1979年:筑波大附属小を卒業。
*1981年:『千歳』を披く。
*1982年:筑波大附属中を卒業。
*1984年:『三番叟』を披く。
*1985年:黒澤明監督作品『乱』で、鶴丸役(「野村武司」として出演)。
*1985年:筑波大附属高を卒業。
*1986年:『奈須与市語』を披く。
*1987年:『ござる乃座』主宰(以後年2回)。
*1988年:『釣狐』を披く。
*1990年:『ハムレット』主演。
*1994年:曾祖父・五世万造の隠居名、萬斎を襲名。
NHK大河ドラマ『花の乱』で、細川勝元役。
文化庁芸術家在外研修制度で渡英。
*1996年:『花子』を披く。
*1997年:NHK朝の連続テレビ小説 『あぐり』で、望月エイスケ役(吉行エイスケがモデル)。
*2000年:司馬遼太郎原作『世に棲む日日』のNHKスペシャルドラマ『蒼天の夢』で、高杉晋作役。
*2001年:『まちがいの狂言』演出・主演(シェイクスピア『間違いの喜劇』の翻案)。
滝田洋二郎監督作品『陰陽師』で、安倍晴明役(映画初主演)。
*2002年:世田谷パブリックシアター芸術監督に就任。
*2003年:NHK子供番組 『にほんごであそぼ』出演開始。
長男・野村裕基、『靱猿』で初舞台。
ジョナサン・ケント演出『Hamlet』に主演し、「男優だけのハムレット」として日本公演のほかロンドン公演を行った。
*2004年:ギリシャ・アテネの古代劇場で上演された蜷川幸雄演出のギリシャ悲劇『オイディプス王』に主演。
9月2日、重要無形文化財「能楽」保持者に認定(総合認定役割:狂言方(和泉流))文化庁「国指定文化財等データベース」。
*2007年:世田谷パブリックシアター芸術監督(2期目)*2008年:東京大学教養学部非常勤講師。
*2010年:『現代能楽集V〜「春独丸」「俊寛さん」「愛の鼓動」』で、企画・監修。
*2011年:文部科学省日本ユネスコ国内委員会委員に就任。
*2016年:映画『シン・ゴジラ』にてモーションキャプチャによるゴジラ役を担当。
公開当日まで出演はシークレットとなっていた。
東京都生まれ。
4人きょうだいの3番目で姉・姉・妹という女性に囲まれて育った。
1979年に筑波大学附属小学校を卒業後、筑波大学附属中学校・高等学校を経て、1989年に東京藝術大学音楽学部邦楽科能楽専攻を卒業した。
平成6年(1994年)萬斎を襲名。
伯父・初世野村萬(本名:太良)と父・二世野村万作(本名:二朗)の兄弟は、六世万蔵の息子だが、六世の死後名跡を分配することになった。
長男・萬(太良)が七世野村万蔵を襲名し、次男・万作(二朗)は五世万造(六世万蔵の父)の隠居名・萬斎を相続することになった。
しかし、万作は「万作」という名に愛着を持っていたために「萬斎」を自分では名乗らず、この名前を名乗ることを希望した長男・武司に譲ったものである。
父の兄弟には萬の他に、四男・野村四郎(観世流シテ方)、五男・野村万之介(狂言方)がいる。
いとこに、九世野村万蔵および万蔵家の分家である万禄家を50年ぶりに復興した福岡在の野村万禄(本名:吉積史高)がいる。
母方の曾祖父は福井県知事・鹿児島県知事を務めた阪本釤之助、祖父は詩人・ドイツ文学者の阪本越郎。
越郎の兄に阪本瑞男、異母弟に高見順、従兄に永井荷風がいる。
幼少より厳しい稽古が必要とされる伝統芸能の世界で育つ。
狂言以外でも一般の俳優としてドラマ、映画、舞台などで活動を行っており、端整な容姿と気品ある物腰、独特の発声等で存在感を示す。
NHKで1994年の大河ドラマ『花の乱』や、1997年の朝の連続テレビ小説『あぐり』、2000年のスペシャルドラマ『蒼天の夢』などに出演し、知名度を上げた。
その後、2001年に映画『陰陽師』で主演し、また2008年に木曜時代劇『鞍馬天狗』で主演の鞍馬天狗(倉田典膳)を演じた。
NHK Eテレの子供向け番組『にほんごであそぼ』に2003年の放送開始時よりレギュラー出演している。
東京2020 開会式・閉会式 4式典総合プランニングチームの一員でもある。
また、著作や舞台イベントなどで狂言の普及に努めるかたわら、日本伝統芸能と現代劇との融合を目指して『藪の中』や『RASHOMON』、『敦 - 山月記・名人伝 - 』などを演出し、評価を得た。
重要無形文化財「能楽」保持者に認定(総合認定)。

引用:Wikipedia:データベース

野村萬斎 解放のツイート

野村萬斎 解放に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも野村萬斎 解放に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング