野口健とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
野口健公式ウェブサイト
アルピニスト野口健さんに聞く「生きのびる力の育て方」

■2018年10月26日
- ブログ
本日(10月25日)の産経新聞に、野口健連載「直球&曲球」が掲載されました。古民家について、書いています。 ぜひ、ご覧ください。 産経新聞 「野口健の直球&曲球」 2018年10月25日掲載 『僕の心

■2018年10月26日
総社市環境学校 - ブログ
岡山県総社市にて「第10回野口健環境学校」を開催。 市内の小学校を一校ずつまわりながら続いてきた活動です。 橋本龍太郎さんが繋いで下さった片岡市長とのご縁。 環境学校から被災地支援活動など片岡市長と二

■2018年10月25日
富士山クリーンプロジェクト - ブログ
静岡県内の企業が集まりスタートしたこのイベントも13年目。年々参加者数が増えていくのが何よりも嬉しいです。 ごみゼロまではまだまだ道のりは遠いかな。 しかし、僕の実感としてはいいところまできています。

■2018年10月22日
古民家が取材されました - ブログ
昨日、我が家に取材チームがやってきました。 テーマは古民家生活。リフォームして下さった大工の小坂さんとの対談。 廊下や台所またお風呂まで一部屋ずつ、脳みそに汗をかくほど想像力を働かせ、イメージを膨らま

■2018年10月18日
- ブログ
秋に入り全国講演行脚の旅がスタート。秋は年で最も多い講演シーズン。ちゃんとトーク出来ているのか、毎日が試行錯誤。寡黙なアルピニスト、必死です^^; まだしばらく旅芸者生活が続きますが、一番気をつけるこ

■2018年10月17日
富士山清掃への思い(11月23日 11月23日TEAM FUJISAN クリーンキャンペーン 3776) - ブログ
10月は1年間で最も講演会シーズン。お陰様で毎日、全国に飛び回っている旅芸人状態。 こんな僕の話を聞きたいと講演会やイベントを開催して下さる全国の皆さんにはただただ感謝感謝です。 ただほとんど事務所

■2018年10月12日
スタッフブログ:総社市&北海道支援報告〜被災地から被災地へ〜 - ブログ
9月に実施した支援活動を報告させていただきます。 北海道胆振東部地震の状況 9月6日の早朝3時7分、最大震度7の地震が北海道胆振地方を激しく揺らしました。 震度7は震度を表す階級で最も高く、1949

■2018年10月10日
【募集中!】11月23日TEAM FUJISAN クリーンキャンペーン 3776 - ニュース
お申込み先はページ下部をご確認ください。 概略 今年も登山家、野口健と俳優、若村麻由美のTEAM FUJISAN クリーンキャンペーン 3776を開催します! TEAM FUJISAN クリーンキャ

■2018年10月10日
日刊ゲンダイ「愉快な病人たち」 - ニュース
本日10月17日の日刊ゲンダイ「愉快な病人たち」にて、インタビュー記事が掲載されました。 椎間板ヘルニアの辛かった体験を話しています。 ぜひご覧下さい。 ...

■2018年10月08日
Mt.FUJIMAKI Vol.2 - ブログ
亮さんフェスはとってもハッピーな優しい空間でしたね。 控え室の中も他のアーティストの皆さん、和気あいあいと明るかった。僕にも声をかけて下さり気さくなみなさん。亮太さんの仲間は、みなさん肩に力が入ってい

■2018年10月08日
Mt.FUJIMAKI Vol.1 - ブログ
藤巻亮太さん主催のマウント・フジマキにやってきた!物凄いお客さんの圧倒!そしてちょこっとだけ亮さまとトークさせて頂きましたが、ボクはちゃんとトークできていたかな...あ〜緊張した😿 でも、亮様が楽しそ

■2018年10月06日
福岡県苅田町にて講演 - ニュース
福岡県苅田町にて講演会を行います。 事前申し込みは不要となっておりますので、 お近くの方、ぜひ、お越し下さい。 ▪️日時 2018年10月8日(月祝)開場/13:00 開演/13:30 ▪...

■2018年9月27日
西日本豪雨支援 総社市に支援物資を届けました - ブログ
岡山県総社市に到着し救援物資を仮設住宅の皆さんにお届け致しました。 避難所ではなかなか炊きたての温かいご飯を食べる事ができないので、仮設住宅が完成したら真っ先にお米を届けたいと準備していましたが、嬉し

■2018年9月26日
西日本豪雨支援 総社市に苫小牧市から支援品 - ブログ
事務所から岡山県総社市に向けて(仮設住宅・みなし仮設・フリーマーケット)救援物資を載せたトラックが出発。 嬉しい事に北海道の苫小牧市が「震災直後に総社市が毛布1000枚を寄付してくださった。支援返しを

■2018年9月20日
産経新聞連載 野口健の直球&曲球 - ブログ
本日の産経新聞連載記事です ↓ 9月20日 産経新聞掲載 「生き延びる力を養うために」 度重なる豪雨災害に対し「異常気象」という言葉をよく耳にするが、僕の記憶を遡っていくと、ヒマラヤでも同じような事が

プロフィール|野口健公式ウェブサイト
東日本大震災で寝袋を届け、熊本地震では避難テント支援と社会活動も旺盛なアルピニスト野口健さん。冒険家として世界の七大陸最高峰登頂の経験を持ち、人間の極限状態を体験してきた野口さんに「生きのびる」意味...- ウェザーニュース- 2時間前

■2018年10月26日
- ブログ
本日(10月25日)の産経新聞に、野口健連載「直球&曲球」が掲載されました。古民家について、書いています。 ぜひ、ご覧ください。 産経新聞 「野口健の直球&曲球」 2018年10月25日掲載 『僕の心

■2018年10月26日
総社市環境学校 - ブログ
岡山県総社市にて「第10回野口健環境学校」を開催。 市内の小学校を一校ずつまわりながら続いてきた活動です。 橋本龍太郎さんが繋いで下さった片岡市長とのご縁。 環境学校から被災地支援活動など片岡市長と二

■2018年10月25日
富士山クリーンプロジェクト - ブログ
静岡県内の企業が集まりスタートしたこのイベントも13年目。年々参加者数が増えていくのが何よりも嬉しいです。 ごみゼロまではまだまだ道のりは遠いかな。 しかし、僕の実感としてはいいところまできています。

■2018年10月22日
古民家が取材されました - ブログ
昨日、我が家に取材チームがやってきました。 テーマは古民家生活。リフォームして下さった大工の小坂さんとの対談。 廊下や台所またお風呂まで一部屋ずつ、脳みそに汗をかくほど想像力を働かせ、イメージを膨らま

■2018年10月18日
- ブログ
秋に入り全国講演行脚の旅がスタート。秋は年で最も多い講演シーズン。ちゃんとトーク出来ているのか、毎日が試行錯誤。寡黙なアルピニスト、必死です^^; まだしばらく旅芸者生活が続きますが、一番気をつけるこ

■2018年10月17日
富士山清掃への思い(11月23日 11月23日TEAM FUJISAN クリーンキャンペーン 3776) - ブログ
10月は1年間で最も講演会シーズン。お陰様で毎日、全国に飛び回っている旅芸人状態。 こんな僕の話を聞きたいと講演会やイベントを開催して下さる全国の皆さんにはただただ感謝感謝です。 ただほとんど事務所

■2018年10月12日
スタッフブログ:総社市&北海道支援報告〜被災地から被災地へ〜 - ブログ
9月に実施した支援活動を報告させていただきます。 北海道胆振東部地震の状況 9月6日の早朝3時7分、最大震度7の地震が北海道胆振地方を激しく揺らしました。 震度7は震度を表す階級で最も高く、1949

■2018年10月10日
【募集中!】11月23日TEAM FUJISAN クリーンキャンペーン 3776 - ニュース
お申込み先はページ下部をご確認ください。 概略 今年も登山家、野口健と俳優、若村麻由美のTEAM FUJISAN クリーンキャンペーン 3776を開催します! TEAM FUJISAN クリーンキャ

■2018年10月10日
日刊ゲンダイ「愉快な病人たち」 - ニュース
本日10月17日の日刊ゲンダイ「愉快な病人たち」にて、インタビュー記事が掲載されました。 椎間板ヘルニアの辛かった体験を話しています。 ぜひご覧下さい。 ...

■2018年10月08日
Mt.FUJIMAKI Vol.2 - ブログ
亮さんフェスはとってもハッピーな優しい空間でしたね。 控え室の中も他のアーティストの皆さん、和気あいあいと明るかった。僕にも声をかけて下さり気さくなみなさん。亮太さんの仲間は、みなさん肩に力が入ってい

■2018年10月08日
Mt.FUJIMAKI Vol.1 - ブログ
藤巻亮太さん主催のマウント・フジマキにやってきた!物凄いお客さんの圧倒!そしてちょこっとだけ亮さまとトークさせて頂きましたが、ボクはちゃんとトークできていたかな...あ〜緊張した😿 でも、亮様が楽しそ

■2018年10月06日
福岡県苅田町にて講演 - ニュース
福岡県苅田町にて講演会を行います。 事前申し込みは不要となっておりますので、 お近くの方、ぜひ、お越し下さい。 ▪️日時 2018年10月8日(月祝)開場/13:00 開演/13:30 ▪...

■2018年9月27日
西日本豪雨支援 総社市に支援物資を届けました - ブログ
岡山県総社市に到着し救援物資を仮設住宅の皆さんにお届け致しました。 避難所ではなかなか炊きたての温かいご飯を食べる事ができないので、仮設住宅が完成したら真っ先にお米を届けたいと準備していましたが、嬉し

■2018年9月26日
西日本豪雨支援 総社市に苫小牧市から支援品 - ブログ
事務所から岡山県総社市に向けて(仮設住宅・みなし仮設・フリーマーケット)救援物資を載せたトラックが出発。 嬉しい事に北海道の苫小牧市が「震災直後に総社市が毛布1000枚を寄付してくださった。支援返しを

■2018年9月20日
産経新聞連載 野口健の直球&曲球 - ブログ
本日の産経新聞連載記事です ↓ 9月20日 産経新聞掲載 「生き延びる力を養うために」 度重なる豪雨災害に対し「異常気象」という言葉をよく耳にするが、僕の記憶を遡っていくと、ヒマラヤでも同じような事が

野口健 (アルピニスト) (@noguchiken8848) • Instagram photos and ...
1973年8月21日、アメリカ・ボストンで生まれる。父が外交官であったためニューヨーク、 サウジアラビアで幼少時代を過ごし、4歳の時にはじめて日本の地を踏む。小学4年に再び日本を離れてエジプトへ、その後中学、高校は立教英国学院に入学。 しかし勉学に熱中できず、荒んだ日々を過ごし、自他共に認める「落ちこぼれ」であった。そんな時、 先輩との喧嘩で1ケ月の停学処分を言い渡される。学校から自宅謹慎を命じられ、日本に帰されるが父の助言により、一人旅に出て、その時、偶然に書店で手にした植村直己氏の ...
富士山清掃が仕事!登山家の野口健がネット民に嫌われる理由!原発 ...
The latest Tweets from 野口健 (アルピニスト) (@kennoguchi0821). 亜細亜大学山岳部卒。趣味はエベレスト。エベレストや富士山の清掃活動。山梨県にて築200年の古民家生活をスタート。亜細亜大学客員教授。了徳寺大学客員教授。徳島大学医学部運動機能外科非常勤講師。NPO法人ピークエイド理事長。三菱自動車アンバサダー。 野口健環境学校校長。NPO法人富士山クラブ・もりの学校校長。. 日本 関東地方.
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも野口健に関連のある画像ばかりではありません。
野口健の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

野口 健(のぐち けん、1973年8月21日 - )は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン市出身の日本人登山家。
亜細亜大学国際関係学部卒業。
現在はNPO法人PEAK+AID(ピーク・エイド)代表として、ヒマラヤ・富士山での清掃活動といった環境問題への取り組み、また遭難死したシェルパ族の子どもたちへの教育支援「シェルパ基金」やヒマラヤでの学校建設・森林づくり、第二次世界大戦の戦没者の遺骨収集などの社会貢献活動を行っている。
亜細亜大学・了徳寺大学客員教授、徳島大学医学部運動機能外科非常勤講師。
* 植村直巳には登山家としてよりも、地味ではあってもコツコツと挑戦し達成していく生き方に魅かれている。
登山を始め傾倒した経緯から、自身は「根っからの登山家」ではなく登山を通じて自己表現をしているとも言及している。
「アルピニスト」という肩書についてはCM出演の際に「登山家」に代わる肩書きとして提案を受け、以後使うようになった J-Wave。
* マスコミへの露出が多いことや清掃活動にはじまる多方面での活動を売名行為と批判されることについては、どんなにいいことでも善意だけでは継続しないため「仕事としてのマネジメント」が必要だと述べている。
*政治的な発言の多さでも知られる。
チベットでの人権侵害・環境対策などについて中華人民共和国に対し批判的な意見を公式ブログ・Twitterに載せている等。
* 選挙時の応援活動を多く行っているが、特定の政党に対する応援ではなく、政治家個人(共に活動した仲間)を応援するとのスタンスを取っている。
環境保護関連で野口の活動に理解を示した橋本龍太郎・元秘書や側近たちの選挙応援、2005年9月の第44回衆議院議員総選挙・2016年東京都知事選挙では小池百合子の選挙応援・応援演説に駆け付けている NEWS PROJECT。
2007年東京都知事選挙では、石原慎太郎のポスターに登場した。
* タレントのイモトアヤコが2012年9月にマッターホルンに登頂後、頂上からヘリコプターを利用して下山したことを批判した「えっ、ヘリを使っていましたか(笑)。
遭難、または体調不良がなければ通常では考えにくい選択肢。
」「僕ならば登山は中止します。
ガイドの判断だとするならばスイスでの登山はそれが一般的なのかもしれませんが。
」「個人的な考え方ですが、山登りというものは自力で下山するところまでが山登り。
」「エベレストはまだ早いんじゃないかな。
」とツイッターで述べた。
その後、イモトはマナスル(8163m、死亡率17.85%)登頂に成功し自力で下山している。

2014年8月の女性自身のインタビューではイモトの身体能力・精神力・トレーニングぶりについて高い評価をする一方、救助が望めない場所で遭難したときに「自分の思いで来たんだから、これでよかったんだと思えるか、やっぱりあの仕事受けなきゃよかったって思うのか。
それで彼女が死ぬときに本望だと思わなければ、不幸な死に方ですよね」と語っている。
* 13歳のときに入手したNikonFM2を現在まで愛用している。
登山を始め、エベレスト登頂までは動画で記録をしていたが、ものごとのB面(貧困問題など)を伝えていくには動画より写真のほうが見てもらいやすいと述べている。

引用:Wikipedia:データベース

野口健のツイート

野口健に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも野口健に関連のある動画ばかりではありません。

野口健に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング