野口健とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
野口健公式ウェブサイト
アルピニスト野口健の公式ウェブサイトです。 ... 甲府のアウトドアーショップ エルクさんにて開催される野口健×藤巻亮太写真展のパネル設置が無事に完了したみたいです! 僕は地方講演会でまだ会場入りはできていませんが、三村さんチームか完璧に ...

■2019年10月25日
11月~12月 野口健講演会情報 - ニュース
11月13日(水) 【防災のつどい】 ■会場:北区赤羽会館講堂(北区赤羽南1-13-1) ■主催:赤羽消防署 ■内容:○第一部 表彰式(午後1時30分から午後2時15分まで)火災...

■2019年10月03日
2019マナスル遠征隊、素晴らしいメンバーでした - ブログ
今回は、いや、今回も登れませんでしたが、素晴らしいメンバーと挑戦できない事は本当に幸せでした。 来年も彼らと挑戦したい。 明日はヘリが飛べばカトマンズ!!! 帰国したら来年に向け再始動致します。 応援

■2019年10月03日
来年こそ! - ブログ
来年こそ! ...

■2019年10月03日
上部での写真 - ブログ
上部での様子です。 ...

■2019年10月03日
ドローン撮影 - ブログ
平賀カメラマンによるドローン撮影です。 ...

■2019年10月03日
ベースキャンプ撤退します - ブログ
厳しい条件はみな同じ。 その中で登頂できた人、登れなかった者、そして犠牲になった方、多くの人間ドラマが展開された今シーズンのマナスル峰。 あの日、僕らが下山を開始した頃、山頂付近で遭難死されたポーラン

■2019年10月02日
マナスル遠征2019、撤退のお知らせ - ブログ
今シーズンのマナスル挑戦は断念致します。 詳細は帰国してからご報告致しますが、やはり約2週間で8000m峰を登るのは無理がありました。 ただ、今回は確かな手応えも感じつつ、来年のリベンジに向け気持ちを

■2019年9月28日
【お知らせ】野口より電話がありました。 - ブログ
‪先ほど、野口より電話がありました。 ネパール時間18時頃、野口、平賀カメラマン、シェルパ、無事にベースキャンプに着きました。‬ ‪ヤマテンの猪熊さんの天気予報通り、大雪の中での下山となったようです。

■2019年9月27日
【お知らせ】野口より電話がありました。 - ブログ
9月28日、‪日本時間朝4時、最終キャンプの野口より、電話がありました。天候が良くなく、風も強くなっているため、一旦、下山するようです。‬ ‪現地より連絡がありましたら、また、お知らせ致します。‬ ‪

■2019年9月27日
【音声】最終キャンプより電話がありました - ブログ
9月27日、日本時間21時30分頃、最終キャンプの野口より電話がありました。 天候を見て、アタックするかどうかを判断するとの事です。 以下、音声になります。 190927_0022.mp3 通話の内容

■2019年9月26日
【音声】野口より、キャンプ3より電話がありました - ブログ
9月26日、日本時間夜11時、野口より、電話がありました。 本日、キャンプ3につき、みな、体調も良く、元気でいるようです。 音声はこちらより。 20190927010108.mp3 通話内容はこちらか

■2019年9月26日
【音声】野口健より電話連絡がありました - ブログ
9月26日、日本時間午後1時ころ、野口より電話がありました。 今、キャンプ2にいますが、これからキャンプ3を目指します。 190926_0014.mp3 通話の内容はこちらより。 「え~、今日は9月2

■2019年9月24日
【音声】野口健よりキャンプ1から電話がありました - ブログ
9月24日日本時間13時30分頃、野口より、キャンプ1より、電話連絡がありました。 以下、お聞きいただけます。 190924(mp3).mp3 「えー、今日は24日でしょうか?今、5600mのキャンプ

■2019年9月23日
野口健×絵子 親子対談「ニュージーランド留学前夜 野口絵子 壮行会」 - ブログ
念願のアフリカ大陸最高峰キリマンジャロ(5,895m)への登頂を果たした野口絵子は、ニュージーランドの高校へ入学するために2019年8月31日に日本を発ちました。 出国前夜の8月30日未明、荷造りに

■2019年9月23日
【音声】野口健より電話連絡がありました - ブログ
9月23日、日本時間16時30分、野口健より電話連絡がありました。 音声は以下より、お聞きください。 190923_0012.mp3 【音声の内容】 「今日は、今、ベースキャンプを出発したところです。

アルピニストとシェルパの娘との、世にも奇妙な「結婚生活」(島地 勝彦 ...
大人の遊びを知り尽くした伝説の編集者・島地勝彦が、ゲストとともに“男の遊び” について語り合う「遊戯三昧」。今回は、1999年に25歳で7大陸最高峰最年少登頂記録を樹立したアルピニスト、野口健さんをお迎えした。世界的登山家は何をきっかけに山を目指し ...

■2019年10月29日
「春画と日本人」の監督が語る「見えないものに怯える日本社会」
「表現の不自由展」の問題は、芸術と社会の関係を考えるきっかけとなった。果たして両者はどうあるべきなのか? かつて開催が懸念された「春画展」を追った映画監督が、「見ないものに怯える日本社会」を語った。

■2019年10月29日
手帳を変えれば人生が変わる! その4つの理由を科学から教えます
365日の科学の出来事や元素周期表、ノーベル賞受賞者の一覧など、役立つ情報満載の科学ファン必携のスケジュール手帳。そんな『科学手帳』にはおおきく4つの特徴があります。その中身を少しだけ覗いてみましょう

■2019年10月29日
10月29日 人工甘味料「チクロ」が使用禁止に(1969年)
【サイエンス365days】は、「あの科学者が生まれた」、「あの現象が発見された」、「あの技術が発明された」など科学に関する歴史的な出来事を紹介する「この日なんの日」のコーナー

■2019年10月29日
米副大統領の「中国共産党激烈批判」に、習近平政権はどう反論したか
アメリカ東部時間の10月27日午前9時(日本時間同日午後10時)、ドナルド・トランプ大統領が、緊急会見を開き、ISの最高指導者バグダディ氏の殺害に成功したと発表した。

■2019年10月29日
「八ッ場ダムが洪水を防いだ」という主張は、こんなにも危うい
10月12日、日本列島に上陸した台風19号(最大気圧915hpa、最大風速55m/s)は、各地に豪雨をもたらした。10月25日までに判明している人的被害は死者77名、行方不明者8名、負傷者435名だと

■2019年10月29日
企業の育児支援の多くが「ワンオペ育児」を生んでいるという皮肉
男性の家事育児参加がかなり広まってきた今でも、ワンオペ育児に悩む女性は少なくない。実は、企業が「女性活躍」の名の下に進めている育児支援制度の多くが、この「ワンオペ育児」を結果的に促進してしまっている側

■2019年10月29日
ビジネスに応用可能な「編集思考」の特性とその落とし穴
『異質なモノをかけ合わせ、新たなビジネスを生み出す 編集思考』は、一般には書籍、新聞、雑誌の世界で用いる編集の技法を、編集思考に転換し、広範なビジネスに応用することを目指す意欲的作品だ。著者の佐々

■2019年10月29日
閉幕まで残り1週間、東京モーターショーはこのクルマを見逃すな!
10月24日に開幕した「第46回東京モーターショー2019」の一般公開も、今日(本コラムアップの10月29日)を含めて、残り1週間となった。今回は、これだけは見逃せないという展示とクルマを、筆者のプレ

■2019年10月29日
日本株「黄金期」到来で、絶好調「ゲーム銘柄」がまだまだいけるワケ
日本株は近年珍しく独歩高といえる上昇を見せており、年初来高値を更新し続けている状況だ。そんな環境下で元気いっぱいに大きな動きを見せているセクターがある。ゲーム業界だ。記憶に新しいところでは、スマホ向け

■2019年10月29日
山が燃える! 夕陽を浴びて真っ赤に染まった世界遺産・知床の山々
この日は、日中、知床の山中での動物たちの撮影をして、日が落ちてきたところでオホーツク海の夕焼けが見たくなり、知床五湖の遊歩道を辿って、海岸へ向かいました。道すがら、なにげなく振り返ると、そこには思いも

■2019年10月29日
60歳を過ぎたら、「勉強」よりも「アウトプット」が脳に良い
巷でよく聞かれる、「何歳になっても学び続けるべき」という言葉に、老年医学の専門家・和田秀樹氏は疑問を投げかける。人生100年時代において、「学び」より大切なものとは何なのか。脳科学の観点から答えを出す

■2019年10月28日
武蔵小杉の「高級タワマン」で起きた悲劇…その全貌が見えてきた
つい2週間前まで、誰もが憧れる高級タワマンだった。停電、断水、果てはマンション前に悪臭を放つ汚泥が溜まった。なぜこんな事態になったのか。「人気の街」を襲った悲劇を徹底検証する。

■2019年10月28日
デキるビジネスマンはやっている「業界の未来を予測する」驚きの技術


■2019年10月28日
10月28日 日本初の速記講習校が開設(1882年)
【サイエンス365days】は、「あの科学者が生まれた」、「あの現象が発見された」、「あの技術が発明された」など科学に関する歴史的な出来事を紹介する「この日なんの日」のコーナー

■2019年10月28日
金田正一、400勝達成の最終シーズン「ギリギリの戦い」の凄まじさ
今年2019年、10月6日にかつての大投手金田正一さんが亡くなった。金田正一は400勝投手として紹介される。

■2019年10月28日
森ゆうこ議員「質問漏洩」騒動、野党調査チームのお粗末すぎる勘違い
先週の本コラム「森ゆうこ議員「質問漏洩」騒動で、非難された私が直接お答えしよう」で、同騒動に関する事実関係をすべて公開した。まともな人がこの記事を読めば、森議員は筆者に謝罪すべきと考えるのが普通だ。し

■2019年10月28日
「繰り返し使えるロケット」で宇宙旅行へ!大型「産学連携」実現まで
東京理科大学の米本浩一教授が参画する大学発宇宙ベンチャー企業、株式会社SPACE WALKERも、宇宙旅行に魅せられた企業の一つである。大学で培った技術を商業化する「産学連携」の仕組みとはどのようなも

■2019年10月28日
韓国経済を襲う恐ろしき「半導体不況」、GDPもヤバい状況に…
足元で世界的に半導体市況の低迷が鮮明化している。それに伴い、半導体産業への依存度が高い韓国経済は一段と厳しい状況に追い込まれつつある。

■2019年10月28日
株価急落、いよいよ「ソフトバンク・ショック」を警戒すべきワケ
カリスマ経営者の孫正義氏が率いるソフトバンクグループで、ここへきて「異変」が起き始めた。発端は、ソフトバンクグループ傘下の「10兆円ファンド(ソフトバンク・ビジョン・ファンド)」の投資先である米ウィー

■2019年10月28日
世界遺産知床の「空の王者」オジロワシ 遡上する鮭を狙って帆翔中!
世界遺産の知床で撮影したオジロワシです。尾羽のフチが黒いので、この春に生まれた若い個体と推測できます。

【野口健の直球&曲球】「生き延びる力」を養うために - 産経ニュース
2018年9月20日 - 野口健さん. 度重なる豪雨災害に対し「異常気象」という言葉をよく耳にするが、僕の記憶を遡(さかのぼ)っていくと、ヒマラヤでも同じような事が言われ続けてきた。あれは確か1990年代中頃だったか、エベレスト遠征中にベースキャンプで雨が ...
【野口健の直球&曲球】栗城史多さん、1つぐらい諦めてもよかったのに ...
2018年6月7日 - また1人、仲間が山で逝(い)ってしまった。ヒマラヤから帰国したその日に栗城史多(くりき・のぶかず)さんの訃報(5月21日、35歳で死去)が報じられた。エベレスト…
コスモ アースコンシャス アクト | 野口 健 トークセッション - TOKYO FM
2002年よりアルピニストの野口健さんを迎えて、「野口健 講演会」を開催してきましたが、2015年度からは装いも新たに「野口健 トークセッション」をスタートさせました。 ホスト役は、アルピニストとして数多くの現場経験から、地球の未来について語ることのできる ...
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも野口健に関連のある画像ばかりではありません。
野口健の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

野口 健(のぐち けん、1973年8月21日 - )は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン市出身の日本人登山家。
亜細亜大学国際関係学部卒業。
2018年現在はNPO法人PEAK+AID(ピーク・エイド)代表として、ヒマラヤ・富士山での清掃活動といった環境保護への取り組み、また遭難死したシェルパ族の子どもたちへの教育支援「シェルパ基金」やヒマラヤでの学校建設・森林づくり、第二次世界大戦の戦没者の遺骨収集などの社会貢献活動を行っている。
亜細亜大学客員教授、了徳寺大学客員教授、徳島大学医学部運動機能外科非常勤講師。
* 植村直巳には登山家としてよりも、地味ではあってもコツコツと挑戦し達成していく生き方に魅かれている。
登山を始め傾倒した経緯から、自身は「根っからの登山家」ではなく登山を通じて自己表現をしているとも言及している。
*「アルピニスト」という肩書きについては、CM出演の際に「登山家」に代わる肩書きとして提案を受け、もともと「登山家」という言葉に悪印象を持っていた野口は以後「アルピニスト」の肩書を使うようになったANA WORLD AIR CURRENT J-Wave(2013年8月17日)。
* マスコミへの露出が多いことや清掃活動にはじまる多方面での活動を「売名行為」と批判されることについては、どんなにいいことでも善意だけでは継続しないため「仕事としてのマネジメント」が必要だと述べている。
* タレントのイモトアヤコが2012年9月にマッターホルンに登頂後、頂上からヘリコプターを利用して下山したことを批判した「えっ、ヘリを使っていましたか(笑)。
遭難、または体調不良がなければ通常では考えにくい選択肢。
」「僕ならば登山は中止します。
ガイドの判断だとするならばスイスでの登山はそれが一般的なのかもしれませんが。
」「個人的な考え方ですが、山登りというものは自力で下山するところまでが山登り。
」「エベレストはまだ早いんじゃないかな。
」とツイッターで述べた。
その後、イモトはマナスル(8163m、死亡率17.85%)登頂に成功し自力で下山している。

2014年8月の女性自身のインタビューではイモトの身体能力・精神力・トレーニングぶりについて高い評価をする一方、救助が望めない場所で遭難したときに「自分の思いで来たんだから、これでよかったんだと思えるか、やっぱりあの仕事受けなきゃよかったって思うのか。
それで彼女が死ぬときに本望だと思わなければ、不幸な死に方ですよね」と語っている。
* 13歳のときに入手したNikonFM2を現在まで愛蔵している。
登山を始め、エベレスト登頂までは動画で記録をしていたが、ものごとのB面(貧困問題など)を伝えていくには動画より写真のほうが見てもらいやすいと述べている。
*政治的な発言の多さでも知られる。
チベットでの人権侵害・環境対策などについて中華人民共和国に対し批判的な意見を公式ブログ・Twitterに載せている等。
**2004年、自民党から参議院議員選挙比例区への出馬を打診され、本人も意欲を示していたがタレント議員批判に反発し不出馬を表明。
2007年、「一見、環境保護には縁遠そうな自民党から議員になることにこそ意味がある」と雑誌で語ったことから、同年7月の参議院議員選挙出馬の噂もあったが本人は公式ブログで不出馬を表明している。
** 選挙時の応援活動を多く行っているが、特定の政党に対する応援ではなく「政治家個人(共に活動した仲間)を応援する」とのスタンスを取っている。
環境保護関連で野口の活動に理解を示した橋本龍太郎・元秘書や側近たちの選挙応援、2005年9月の第44回衆議院議員総選挙・2016年東京都知事選挙では小池百合子の選挙応援・応援演説に駆け付けている NEWS PROJECT。
2007年東京都知事選挙では、石原慎太郎のポスターに登場した。

引用:Wikipedia:データベース

野口健のツイート

野口健に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも野口健に関連のある動画ばかりではありません。

野口健に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング