野口五郎 追悼コメントとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
野口五郎が追悼 あまりに突然 | 2018/5/17(木) 14:19 - Yahoo!ニュース
急性心不全のため死去した西城秀樹さんとともに「新・御三家」と呼ばれた野口五郎がコメントを発表。「あまりにも突然で、今は言葉が見つかりません」。
西城さん死去 “新御三家”野口五郎「今は言葉が見つかりません」 郷ひろみ ...
西城さんの訃報を受け、野口五郎(62)が17日に所属事務所を通じてコメントを発表した。 ... 拡大写真野口五郎 (C)ORICON NewS inc. ... 西城秀樹さん死去 “新御三家”郷ひろみが追悼「とても悲しい気持ちでいっぱい」 (18年05月17日).
野口五郎さん追悼コメント (朝日新聞デジタル) - auヘッドライン
西城秀樹さんと同じく新御三家の一人とされてきた野口五郎さんは「あまりにも突然で、 今は言葉が見つかりません。気持ちの整理がつくまで少し時間を下さい。申し訳ありません」とのコメントを事務所を通じて出した。
《追悼》盟友・五郎 - au Webポータル
歌手・西城秀樹さんの訃報を受け、西城さん、郷ひろみ(62)ともに「新御三家」として人気を博した歌手の野口五郎(62)が17日、所属事務所を通じてコメントを発表した。「 あまりにも突然で、今は言葉が見つか.
西城秀樹さん死去 郷ひろみが追悼 - エンタメ - 朝日新聞デジタル&w
西城秀樹さん死去 郷ひろみが追悼 ... 西城さんの訃報を受け、郷ひろみ(62)が17日、 所属事務所を通じてコメントを発表した。 【動画】西城秀樹 ... また、トップアイドルの仲間入りを果たし、郷と野口五郎(62)とともに「新御三家」と呼ばれた。
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも野口五郎 追悼コメントに関連のある画像ばかりではありません。
野口五郎 追悼コメントの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

野口 五郎(のぐち ごろう、1956年2月23日 - )は、日本の歌手、俳優である。
本名、佐藤 靖(さとう やすし)。
岐阜県美濃市出身。
オフィス・ジー所属。
新御三家の一人として、1970年代の日本を代表する男性アイドルである。
血液型はA型。
妻はタレントの三井ゆり。
子供は一女一男。
実兄は作曲家の佐藤寛。
岐阜県美濃市に生まれる。
曽祖父は人形浄瑠璃の太夫、両親はアマチュア楽団「青空楽団」の歌手同士週刊現代 2016年3月26日・4月2日号 p.92 - 94「私の地図」。
本来、家族会議で「直樹」と命名するつもりだったが、父親が家族に許可を得ずに「靖」という名前で出生届を出したという。
1966年10月、フジテレビの『日清ちびっこのどじまん』で荒木一郎の「今夜は踊ろう」を歌い優勝。
中部日本放送の『どんぐり音楽会』に出演し、ザ・ワイルド・ワンズの「青空のある限り」を歌い1位となる「野口五郎 哀しみの終るときに」p.87。
『ちびっこのどじまん』をきっかけに本格的に歌手を目指すことを決意。
自ら“ソウルソング”という美空ひばりの『リンゴ追分』の作曲家・米山正夫の門下生になりたく、約2年間、米山が係わるオーディションに何度も出場。
ついに声が掛かって中学2年生の時、プロを目指し実母とともに上京、東京・浅草の伯父の経営する印刷工場の一室に下宿し、美濃市立美濃中学校から台東区立台東中学校に転校「野口五郎 哀しみの終るときに」p.225 - 226「年譜」。
NPミュージック・プロモーションに所属し、堀越高等学校に進学する。
1971年5月1日、当初は演歌歌手としてシングル曲「博多みれん」で15歳2か月の若さでデビュー。
キャッチフレーズは「青い木の芽の、はだざわり」で売り出したデビュー当時のキャッチフレーズが「かわいらしい演歌のホープ」と言われていたが、これは週刊誌が勝手につけたものでレコード会社が付けたキャッチフレーズは「青い木の芽の、はだざわり」(※昭和46年6月4日発行 日刊レコード特信に博多みれんのキャッチフレーズとして記載されている。
)、が、同曲のセールスは全く振るわなかった。
しかし2曲目の「青いリンゴ」からポップス歌手に転向してスマッシュ・ヒット、若い女性ファンの人気を獲得。
1972年12月31日、第23回NHK紅白歌合戦において当時としては最年少(16歳10か月)となる初出場歌手に抜擢されて、「めぐり逢う青春」を歌う。
1973年4月9日、「オレンジの雨」がオリコン週間チャートで初のベストテン入り。
続く「君が美しすぎて」は第3位にランクされ、第24回NHK紅白歌合戦も同曲で出場。
西城秀樹・郷ひろみと共に新御三家と呼ばれて、一躍トップアイドルの仲間入りを果たす。
1974年11月25日、「甘い生活」で初のオリコン週間チャートの第1位を獲得。
最大のヒット曲となり、第25回NHK紅白歌合戦も同曲で出場。
この作品で筒美京平は第16回日本レコード大賞・作曲賞を受賞。
1975年2月10日、実兄 (佐藤寛)作曲による「私鉄沿線」が有線放送をきっかけに大ヒットし、「甘い生活」から2作品連続してオリコン週間チャートの第1位を獲得する。
また年末の第8回日本有線大賞・グランプリ、第17回日本レコード大賞・歌唱賞、第6回日本歌謡大賞・放送音楽賞など、多くの音楽賞を受賞し第26回NHK紅白歌合戦も同曲で出場。
さらに第3回FNS歌謡祭(1975年上半期)では「哀しみの終るとき」で最優秀歌唱賞を受賞。
『再会』で映画初主演。
1975年4月4日 - 1983年3月、日本テレビ系のバラエティー番組『カックラキン大放送!!』にメイン・タレントとしてレギュラー出演、視聴者にコミカルな面をアピールして広く一般大衆の人気を獲得した。
1976年、「きらめき」が第2回日本テレビ音楽祭・グランプリ、第5回東京音楽祭・ゴールデンスター賞を受賞。
「針葉樹」では第18回日本レコード大賞・歌唱賞、第7回日本歌謡大賞・放送音楽賞を受賞し、第27回NHK紅白歌合戦も同曲で出場。
発売前の「むさし野詩人」で第9回日本有線大賞・有線功労賞を受賞。
4月29日、日本テレビ系で単独のバラエティー番組『輝け!五郎・マペット ゲバゲバ90分!』が放送される。
1977年、「風の駅」1978年1月19日に放映開始されたTBS「ザ・ベストテン」の第1回放送時、獲得ポイント5436点の10位だったが、栄えある第1曲目として歌われた楽曲でもある(角川インタラクティブ・メディア「別冊ザテレビジョン ザ・ベストテン 〜蘇る! 80'sポップスHITヒストリー〜」2004年12月、ISBN 978-4-0489-4453-3 (p.46)参照)。
で第8回日本歌謡大賞・放送音楽賞を受賞、第28回NHK紅白歌合戦も同曲で出場。
映画『季節風』で主役を演じ、同名タイトルの主題歌「季節風」を歌う。
1978年、「グッド・ラック」で第9回日本歌謡大賞・放送音楽賞、第20回日本レコード大賞・金賞を受賞し、第29回NHK紅白歌合戦も同曲で出場。
1979年、「青春の一冊」で5年連続となる第10回日本歌謡大賞・放送音楽賞を受賞し、第30回NHK紅白歌合戦にも同曲で出場。
1980年12月31日、第31回NHK紅白歌合戦に「コーラス・ライン」で出場。
1981年12月31日、第32回NHK紅白歌合戦に「裏切り小僧」で10年連続10回目の出場を果たす。
1983年、連続ドラマ『誰かが私を愛してる』にヒロイン・多岐川裕美の相手役として出演。
その主題歌「19:00の街」が「グッド・ラック」以来久々の15万枚を超えるヒットとなる。
第12回東京音楽祭・世界大会でフリオ・イグレシアス賞を受賞。
同年末の第34回NHK紅白歌合戦にも、同曲で2年ぶり11回目のカムバック出場を果たした(野口自身2014年現在、最後の紅白出演)。
1985年4月 - 1987年9月、再び日本テレビ系のバラエティー番組『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』にレギュラー出演。
1995年、初のNHK大河ドラマ『八代将軍吉宗』に徳川頼職役で出演。
2006年には『功名が辻』にも出演。
1999年、刑事ドラマ『ケイゾク』に出演、早乙女仁役を演じる。
2002年、NHKの連続テレビ小説『さくら』で、ヒロイン・さくら先生 (演:高野志穂) の赴任先となる中学校の英語担当教師を演じる。
私生活では長年独身を通していたが、2001年に三井ゆりと北マリアナ諸島のロタ島で挙式。
なお結婚披露宴は徳光和夫が司会を務め、その模様が日本テレビにより全国に中継放送された。
2002年6月5日、2780グラムの第一子となる女児が誕生。
2004年5月2日、2994グラムの第二子となる男児が誕生。
2005年、音楽プロデューサーとして音楽映像配信サイト『音コレ』 (2006年7月20日、『Gプロデュース』と改名) を立ち上げ、ものまね、インディーズ、オリジナル楽曲をプロデュース。
根本はるみ、網野泰寛などもプロデュースしている。
NTTドコモ、KDDI au、SoftBankの公式サイトにおいても、「音コレものまねMIX」「うれセン!」として着うたフル、着うた、着モーションなどを配信。
2007年10月16日、飛騨・美濃観光大使を委嘱。
2008年9月21日、北マリアナ諸島の観光親善大使に夫妻で任命。
2010年5月1日、デビュー40周年を迎える。
近年は、六本木[STB139スイートベイジル]におけるライブがゴールデンウィークの恒例になっていた。
最終公演2014年5月22日。
2015年4月13日、新御三家の盟友、西城秀樹が自ら「ヒデキ還暦!」と題した満60歳の記念ライブに、野口がゲストとしてバースデーケーキを運びながら登場し、熱い抱擁を交わした。

引用:Wikipedia:データベース

野口五郎 追悼コメントに関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも野口五郎 追悼コメントに関連のある動画ばかりではありません。

野口五郎 追悼コメントに関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング