鄭問 死去とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
漫画家の鄭問さん死去 代表作に「東周英雄伝」/台湾 - ライブドアニュース
2時間前 - (台北 28日 中央社)漫画家・鄭問(チェン・ウェン)さんが26日、心筋梗塞で死去。58歳。 東洋的な水墨画と西洋絵画の技法を融合させたタッチで人気を集めた。漫画家で弟子 の鍾孟舜さんによると、「東周英雄伝」で.

■2018年10月29日
特急プユマとタロコ、あすからツーマン運転に 交通相「安全を確保」/台湾
(台北29日中央社)台湾鉄路管理局(台鉄)は30日から、運転士が2人乗務するツーマン運転を特急プユマ号とタロコ号で開始する。呉宏謀交通部長(交通相)が29日の記者会見で発表した。運転士に運転業務に専念

■2018年10月29日
100歳目前の台湾の医師、今も後進の育成に尽力
(台北29日中央社)台湾の医療に大きな貢献をした個人や団体を表彰する「中華民国医療奉献賞」(立法院厚生会主催)の第28回授賞式が27日、台北市内で開かれ、「台湾胸部X線判読の父」と称される元台湾大学医

■2018年10月29日
居留証の個人番号、付番規則を身分証と統一へ 外国人の利便性向上/台湾
(台北29日中央社)台湾の在留資格を持つ外国人の身分証明書となる居留証(ARC)に記載されるIDナンバー(統一証号)に、国民身分証と同様の付番規則が適用される見通しが明らかになった。内政部が28日、発

■2018年10月29日
台北初電動バス本格導入路線、運行開始 101や猫空ロープウェイ結ぶ/台湾
(台北29日中央社)台北市で29日、電動バスを本格導入した路線の運行が開始した。全区間を電動バスで運行する路線は同市で初めて。路線番号は「66」で、台北メトロ(MRT)動物園駅と台湾鉄道松山駅を結び、

■2018年10月29日
茨城・笠間市で先住民歌手がライブ 東京五輪の台湾ホストタウン
(東京29日中央社)2020年東京五輪・パラリンピックに向け、台湾の「ホストタウン」に登録されている茨城県笠間市で27日、台湾原住民(先住民)プユマ族出身の歌手、サンプーイ(桑布伊)さんがライブを行っ

■2018年10月29日
台湾鉄道出身の張政源氏が新局長に就任 組織改革に着手へ
(台北29日中央社)行政院(内閣)は29日、死傷者200人以上を出した特急プユマ号の脱線事故の責任を取る形で辞任した台湾鉄路管理局(台鉄)の鹿潔身前局長の後任に、張政源・交通部(交通省)政務次長を起用

■2018年10月29日
30日以降は台湾北部や北東部で大雨の恐れ 台風の湿った空気流れ込む
(台北29日中央社)中央気象局によると、北東の季節風や台風26号周辺の湿った空気が流れ込む影響で、台湾北部や北東部は30日から11月3日にかけて大雨になる恐れがある。台風の今後の進路はまだ不確定なため

■2018年10月28日
李登輝氏「中・南部の起業環境整備を」シンポ欠席、代理人が原稿代読/台湾
(台北28日中央社)李登輝元総統(95)が28日、台北市内で開催された経済シンポジウムを前日に続き、欠席した。代読された閉会のあいさつの原稿では「台湾の新たな時代を切り開くには、中部や南部の起業環境を

■2018年10月28日
台湾日本交流書道展、台北で開幕 日台の書260点展示 来月4日まで
(台北28日中央社)台湾と日本の書道作品を紹介する「2018台湾日本交流書道展」の開幕式典が28日、台北市の国父記念館で開かれた。同展は中華民国書学会や産経新聞社などの共催。式典に出席した呉ショウ燮外

■2018年10月28日
北九州の航空会社、台北線を就航 名古屋含め2路線/台湾
(桃園空港28日中央社)北九州市の航空会社、スターフライヤーは28日、台北(桃園国際空港)と北九州、名古屋(中部)をそれぞれ結ぶ2路線を就航させた。桃園空港では放水アーチによる初便の出迎えが行われた。

漫画家の鄭問さん死去 代表作に「東周英雄伝」/台湾 | 社会 | 中央社 ...
2時間前 - (台北28日中央社)漫画家・鄭問(チェン・ウェン)さんが26日、心筋梗塞で死去。58歳。
Ceron - 漫画家の鄭問さん死去 代表作に「東周英雄伝」/台湾 | 社会 ...
漫画家の鄭問さん死去 代表作に「東周英雄伝」/台湾
漫画家の鄭問さん死去 代表作に「東周英雄伝 ... - ついっぷるトレンド
(台北 28日 中央社)漫画家・鄭問(チェン・ウェン)さんが26日、心筋梗塞で死去。58歳。東洋的な水墨画と西洋絵画の技法を融合させたタッチで人気を集めた。漫画家で弟子の鍾孟舜さんによると、「東周英雄...- 中央社フォーカス台湾- 4時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも鄭問 死去に関連のある画像ばかりではありません。
鄭問 死去の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

鄭問(チェンウェン、1958年12月27日 - 2017年3月26日)は台湾の漫画家。
本名は鄭進文 光華日報。
桃園県八徳郷(現・桃園市八徳区)出身。
台湾復興美工の美工科を卒業、インテリアデザインや挿画の仕事を経て、1984年、『戦士黒豹』(『時報週刊』連載)で漫画家デビューした。
筆を用いた端正な作画でたちまち人気漫画家となる。
1990年3月から講談社「モーニング」誌上で『東周英雄伝』の連載を開始し日本デビュー。
その後も『MAGICAL SUPER ASIA–深く美しきアジア』などの作品を発表した。
1991年、日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。
2000年にはプレイステーション2用ゲームソフト『鄭問之三國誌』でキャラクターデザインを担当するなど、漫画以外のジャンルでも活躍した。
2017年3月26日に、心筋梗塞で死去。
2017年4月20日に中華民国総統の蔡英文が褒揚令を授与した。
2018年6月16日から9月17日まで台湾の国立故宮博物院で漫画家とは初となる展覧会が行われた。

引用:Wikipedia:データベース

鄭問 死去に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも鄭問 死去に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング