足入れ付き浮き輪 危険性とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
危険な「足入れ付き浮き輪」 | 2019/8/18(日) 10:01 - Yahoo!ニュース
ツイッター上で「足入れ付き浮き輪」の危険性を訴えたツイートが大きな反響を呼んでいる。現在も盛んに流通しているこのタイプの浮き輪について、あらためて考える。
繰り返される事故 ~業界への「要望」に意味はあるか~(山中龍宏) - 個人 ...
繰り返される事故 ~業界への「要望」に意味はあるか~

■2019年8月23日
エア遊具の安全について考える(山中龍宏)
プールや海岸などに設置された「エア遊具」による重大な傷害が発生している。今月半ばには死亡事故も起きた。一見すると柔らかく安全そうな「エア遊具」の課題について考える。続きを読む

■2019年8月18日
繰り返される事故 ~業界への「要望」に意味はあるか~ 「足入れ付き浮き輪」の危険性を考える(山中龍宏)
ツイッター上で「足入れ付き浮き輪」の危険性を訴えたツイートが大きな反響を呼んでいる。現在も盛んに流通しているこのタイプの浮き輪について、あらためて考える。続きを読む

■2019年7月30日
貸し切りバスにチャイルドシートは取り付けられるか? ~子どもの安全な移動について考える~(山中龍宏)
今月、東京都内である国際学会が開かれた。開催前、10か月の子どもを帯同するというヨーロッパの人から、「見学時に乗る予定の貸し切りバスに、チャイルドシートは付いていますか?」という質問が寄せられた。続き

■2019年7月20日
令和元年度「子どもの事故防止週間」実施に寄せて(山中龍宏)
7月22日から28日まで、令和元年度「子どもの事故防止週間」が実施される。今年のテーマは「お出かけや外での遊びの際には安全対策を」ということだが、具体的な安全対策は示されているだろうか。続きを読む

■2019年7月20日
サッカーゴール等の転倒事故を防ぐ ~その7~(山中龍宏)
香川県で活動する団体「子ども安全ネットかがわ」がサッカーゴール等固定チェック活動を行なった。この活動について、同団体代表の弁護士:仙頭 真希子さんに報告をしていただいたので、紹介する。続きを読む

■2019年6月07日
「気をつけましょう」では事故はなくならない-本の帯紙に思う(山中龍宏)
2019年5月20日に本を出した。その帯紙には「『気をつけましょう』では事故はなくならない」と書かれている。続きを読む

■2019年5月13日
今こそ徹底的な検証と具体的な対策を~大津の保育園児交通死傷事故について考える~(山中龍宏)
5月8日に大津市で起きた保育園時交通死傷事故。事故原因と再発予防策について多角的に考えることが必要ではないだろうか。続きを読む

■2019年4月08日
保育事故の検証報告書を読む その2 ~東京都事業所内保育所のケース~(山中龍宏)
昨年8月にも保育事故の検証報告書に関する見解を述べたが、今回はまた別の事例を取り上げ、私の意見、そして提言を述べてみたい。このシリーズはしばらく続けてみるつもりである。続きを読む

■2019年2月17日
「膨らむカプセルおもちゃ」による傷害~その予防策を考える(山中龍宏)
小さなカプセルに入ったおもちゃが幼児の体内に入るという事故が発生し、幼児が重大な傷害を負った。カプセルの中には水やお湯につけると膨らむスポンジ状のおもちゃが入っている。この事故の予防策を考える。続きを

■2019年2月08日
「アセスメント販売(R)」とは ~傷害情報を製品改善につなげる新しい販売活動~(山中龍宏)
今年1月、「(株)ふたごじてんしゃ 」の中原 美智子さんが提案されている「アセスメント販売(R)」という販売手法を知った。購入者も開発・販売チームの一員となるユーザ参加型の新しい手法である。続きを読む

■2019年2月02日
ガイドラインの存在意義を問う ~保育園の遊具事故に関連して~(山中龍宏)
2017年4月に発生した遊具事故について、今年1月24日、高松地方検察庁は当時の園長を「不起訴処分」とした。その理由について、強い違和感を覚えた。続きを読む

■2019年1月29日
乳幼児には「枝豆」も危険!(山中龍宏)
まもなく節分。節分に行われる「豆まき」の豆による誤嚥や窒息についてはよく知られているが、季節を問わず食卓にのぼる「枝豆」についての危険性はあまり知られていない。今回は「枝豆」の危険性について考える。続

■2019年1月13日
サッカーゴール等の転倒事故を防ぐ その6 ~ゴールの固定状況をチェックしよう~(山中龍宏)
本日1月13日は「サッカーゴール等固定チェックの日」である。ゴール等の転倒により、子どもが重大な傷害を負う事故が後を絶たない。このような傷害を予防するためのソリューションを示す。続きを読む

■2019年1月07日
予防できた死・予防できる死 ~事故死の予防に取り組む~(山中龍宏)
「事故による傷害予防」の基本的な考え方とは何か。それは、「変えられるものを見つけ、変えられるものを変えることによって、変えたいものの発生頻度や重症度を変えること」である。続きを読む

■2019年1月04日
サッカーゴール等の転倒事故を防ぐ その5 ~書類送検で予防はできるか?~(山中龍宏)
2017年1月13日、福岡県大川市の小学校で、児童がハンドボール用ゴールの下敷きになって亡くなった。昨年12月、福岡県警が当時の校長らを書類送検した。書類送検は果たして予防につながるのだろうか?続きを

■2018年11月27日
死角を「見える化」して事故を防ぐ ~子どもが保護者や知人に轢かれる事故を予防するために~(山中龍宏)
子どもが保護者や知人に轢かれる事故が依然起きている。このような事故を予防するためにはどうしたらよいのだろうか。続きを読む

■2018年11月20日
Co-Designでつくる子どもに優しい製品:子どもの傷害予防リーダー養成講座 学生コース(山中龍宏)
9月8日に行われたSafe Kids Japanの活動報告会で大野 美喜子さんが発表した「子どもの傷害予防リーダー養成講座:学生コース」について報告する。続きを読む

■2018年11月19日
どれだけ速く事故は起こるのか ~Safe Kids Japan活動報告会 その2~(山中龍宏)
Safe Kids Japanの活動報告会で西田 佳史さんが発表した内容を紹介する。事故はどれだけ短い時間で起きているのだろうか。続きを読む

■2018年11月17日
「死角バス停」のニュースを見て考える(山中龍宏)
全国に多数あるとみられる「死角バス停」。本年8月に起きた女児死亡事故を受け、対策が協議され始めている。続きを読む

■2018年10月05日
Safe Kids Japan活動報告会(1)~子どもの傷害予防活動とメディア ~(山中龍宏)
子どもの傷害予防活動に欠かせないメディアとの連携。その課題と成果を報告する。続きを読む

子ども用のこういうタイプの浮き輪は転倒するとめっちゃ怖いことになるので ...
反響を呼ぶツイート 2019年8月15日、ある人から「ツイッター上で『足入れ付き浮き輪』が話題になっていますよ」という情報をいただいた。早速そのツイートを見てみると、「Hiro」さんという医療者の方の...- Yahoo!ニュース 個人- 2時間前
絶対に目を離さないで!!浴槽用浮き輪で乳幼児の溺死も!(続報)(発表 ...
ツイッター上で「足入れ付き浮き輪」の危険性を訴えたツイートが大きな反響を呼んでいる。現在も盛んに流通しているこのタイプの浮き輪について、あらためて考える。
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも足入れ付き浮き輪 危険性に関連のある画像ばかりではありません。
足入れ付き浮き輪 危険性の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

足入れ付き浮き輪 危険性に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも足入れ付き浮き輪 危険性に関連のある動画ばかりではありません。

足入れ付き浮き輪 危険性に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング