貴乃花親方とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
貴乃花親方に関するトピックス:朝日新聞デジタル
大相撲の貴乃花親方(45)が7日、テレビ朝日系「独占緊急特報!!貴乃花105日の沈黙破りすべてを語る」(後7時)に出演し、暴行を受け2場所連続で休場した貴ノ岩(27)について語った。 インタビューは...- スポーツ報知- 10分前

■2021年4月25日
桜島で噴火、火砕流も発生 気象台「普段より大規模」


■2021年4月25日
「新証拠」提示し再び再審請求へ 飯塚事件弁護団


■2021年4月24日
夜の外飲み、金シャチ公開…まん延防止でも人減らぬ週末


■2021年4月24日
「わすれない」追悼のあかり 宝塚線脱線事故から16年


■2021年4月24日
大阪で1097人の感染確認 5日連続で1千人超


■2021年4月24日
緊急事態前日「最後のチャンス」 列つくった駆け込み客


■2021年4月24日
オンライン授業・部活動制限「また作り直し」の学校現場


■2021年4月24日
強盗殺人未遂容疑で男を逮捕 被害者、目つぶしで抵抗


■2021年4月24日
スポーツの現場、指導者の3割が周囲のセクハラを認識


■2021年4月24日
石川で新たに37人が新型コロナ感染 過去最多を更新


■2021年4月24日
<CNET Japan>ヤフー、「スポーツナビ」パ・リーグ試合配信に有料の応援機能--投げ銭で球団を応援


■2021年4月24日
引退・五郎丸が見せた献身 欠場でも最後まで自分らしく


■2021年4月24日
聖火リレーのルート、コロナ対策で急きょ変更に 大分


■2021年4月24日
宮原知子や木下アカデミーの選手らがアイスショー


■2021年4月24日
田中将大、8年ぶり本拠で今季初勝利 日本通算100勝


■2021年4月24日
プロ野球、4球団の主催24試合を無観客に 宣言期間中


■2021年4月23日
<ZDNet Japan>英財務省とイングランド銀行、デジタル通貨の可能性探る--タスクフォース立ち上げ


■2021年4月24日
百貨店、分かれる判断 「発表2日後の閉店は無理ある」


■2021年4月24日
三越伊勢丹と大丸松坂屋、休業対象外に食品・化粧品など


■2021年4月24日
千葉のディズニーランド・シーは継続 酒の提供は停止へ


■2021年4月24日
110万円製品やスワロフスキー… マスク専門店が続々


■2021年4月24日
まだまだ続く缶詰人気 専用売り場は売り上げ5倍


■2021年4月24日
<CNET Japan>Excelベースのローコード言語「Power Fx」って何だ?


■2021年4月24日
老朽原発3基、福井県知事が視察「安全性高まっている」


■2021年4月24日
名古屋市長選、無所属4氏が最後の訴え 25日投開票


■2021年4月24日
緊急事態宣言「繰り返しの反省が全くない」立憲・枝野氏


■2021年4月24日
埼玉県、まん延防止区域に13市町追加 川越・越谷など


■2021年4月24日
全国知事会が緊急提言「旅行キャンセル料、国が負担を」


■2021年4月24日
ASEAN会議、ミャンマー暴力停止求める 特使派遣へ


■2021年4月24日
中国外相、民主巡り米国批判「同じ味のコーラではない」


■2021年4月24日
世界で進むワクチン確保・接種 英国、マスクなし客多数


■2021年4月24日
パリ近郊の警察職員刺殺、男の自宅にイスラム過激派資料


■2021年4月24日
バリ島沖で潜水艦が沈没 隊員ら53人、消息を絶つ


■2021年4月24日
文楽の人間国宝、吉田簑助さん1日早く引退 芸歴81年


■2021年4月24日
サザエさん名前着想の海岸近くに銅像 カツオとワカメも


■2021年4月24日
宝塚歌劇、東西の劇場公演中止 26日から計5公演


■2021年4月24日
TVもYouTubeも等身大 吉田朱里が力まない理由


■2021年4月24日
星出さんISSに到着 2人目の日本人船長、半年指揮へ


■2021年4月24日
ゲノム編集の「高GABAトマト」実る 苗を配布へ 


■2021年4月24日
桃太郎の家来、実は国鳥 親しみ、美しさ、うまさが理由


■2021年4月24日
歌手のミルバさんが死去 「ウナ・セラ・ディ東京」など


■2021年4月24日
元広島のギャレットさん死去 78歳、初の日本一に貢献


■2021年4月23日
俳優の隆大介さん死去、64歳 「影武者」「乱」


貴乃花親方が元付け人を殴打か 元力士が暴力の一部始終を証言 ...
貴乃花親方、暴行事件後の沈黙理由は協会への「礼儀」...- デイリースポーツ- 37分前

■2021年4月24日
タワマン族も羨望 郊外暮らし「東京駅から1時間」がトレンドのワケ
東京、大阪、兵庫、京都で緊急事態宣言が25日から発令されることに。新型コロナウイルスの猛威が収まらない中、東京23区から郊外への転出者が増加傾向にあることが明らかになった。デパート跡地はタワマンか商業

■2021年4月24日
日米首脳会談「一番乗りは短命」に終わる 菅首相にのしかかる不吉なジンクスの末路
23日、4都府県に緊急事態宣言を発令することを正式決定し、会見を開いた菅首相。コロナ対策の後手後手に批判は高まる一方だが意外にも本人は政権運営に自信を深めているという。菅首相が米ファイザー直接交渉で赤

■2021年4月24日
森山愛子“限界突破”!ご当地ソング3部作ほか全31曲を熱唱
コロナ禍で“自粛疲れ”したファンを癒やすべく、演歌歌手の森山愛子(36)が23日、東京・渋谷区にある「けやきホール」で「歌うぜ愛子!限界突破!!」と銘打ったコンサートを行った。森山がステージに立ったの

■2021年4月24日
永峰咲希が単独首位発進 見どころは川奈名物「17番」女子プロのレベルがわかる
【フジサンケイレディス】永峰咲希が逆転V 岡本綾子の仕掛けた難コースを楽しみ攻略かつて尾崎将司によって数々のドラマが生まれた川奈は、2005年から女子プロの舞台となった。ゴルフファンにお馴染みの名物1

■2021年4月24日
プロ野球無観客開催の深刻ダメージ…一部球団は宣言終了まで延期主張、ウン十億円の損失も
25日から1都2府1県で緊急事態宣言が発令されることを受け、プロ野球は対応に追われた。阪神開幕ダッシュ成功も 最大の敵は第4波「緊急事態宣言」■24日に方針決定プロ野球は23日、12球団による臨時実行

■2021年4月24日
阪神・藤浪が諸刃の剣「制球難」再発で自滅! DeNA打線相手に7四死球4失点
病気の再発だ。藤浪が甲子園1450日ぶり勝利も…制球難克服へ早くも正念場3年ぶりにローテ入りした藤浪晋太郎(27)。今季はプロ9年目にして初の開幕投手に指名され、この日まで4試合に登板し2勝負けなし、

■2021年4月24日
4年連続日本一ソフトバンクの強さは「当たり前の走塁」DeNA、日ハムでは不可能か
強さと意識の高さはイコールということだ。DeNA三原代表まさかの“早漏謝罪”…三浦監督は後がなくなる開幕2カード目から5連敗を喫するなど、つまずいたかに思えたソフトバンク。しかし、4月6日以降は10勝

■2021年4月24日
広島主砲・誠也を覚醒させる 巨人の師匠丸とライバル菅野の存在
広島の主砲・鈴木誠也(26)が23日の巨人戦で今季初めて3番に入り、菅野から16日以来の5号ソロ本塁打を放った。巨人に“助っ人野手3人同時起用”構想 守備度外視で虎に対抗その裏には「師匠」と「ライバル

■2021年4月24日
“打撃音痴”ダルがサイ・ヤング賞左腕から学ぶこと マウンドより「打席での粘り」が先決
パドレス・ダルビッシュ有(34)が日本時間24日のドジャース戦に2勝目(1敗)をかけて登板。昨季のワールドチャンピオン相手に敵地ドジャースタジアムで、サイ・ヤング賞左腕カーショー(33)と投げ合う。史

■2021年4月24日
ビーチサッカー代表ロシアW杯出場決定 獅子奮迅のオズ監督兼選手に聞いた
JFA(日本サッカー協会)は4月22日、2021年ビーチサッカーW杯ロシア大会(8月19~29日)に日本代表の出場が決まったことを発表した。五輪サッカー “死の組”日本に対し韓国がホスト国扱いの謎新型

能町みね子氏が週刊文春の"貴乃花親方ベッタリ"報道に激怒し、コラムの ...
貴乃花親方、理事選敗戦は「すっきりしています」テレ...- スポーツ報知- 32分前
貴乃花親方からのメッセージ 貴乃花部屋 TAKANOHANA BEYA
2010年1月場所後に行われる理事選に立候補することを表明し、2010年2月の相撲 協会理事選挙は10人の改選で5つある一門ごとに理事候補を調整して無投票で決定 することが慣例となっており、二所ノ関一門は既に現職理事の放駒と二所ノ関のほか、 新人の鳴戸が立候補を予定しているが、これに貴乃花親方が加わって4人の投票になる ところであった。2009年12月から一門で候補者選定会議が行われ、4人の中で最年少 であった貴乃花親方に対して立候補を断念させる方針に傾き、貴乃花親方は2010年1 月8日に ...
貴乃花親方の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

貴乃花 光司(たかのはな こうじ、1972年8月12日 - )は、東京都杉並区出身の二子山部屋(入門時は藤島部屋)に所属した元大相撲力士で第65代横綱である。
本名は花田 光司(はなだ こうじ)。
愛称は「コウジ」。
相撲協会退職後は本名や「元 貴乃花親方」「貴乃花氏」「貴乃花さん」と表記されることが多い。
引退のとき現役時代の功績に対し一代年寄貴乃花が認められ、貴乃花部屋の師匠をつとめた。
日本相撲協会では2010年に理事に当選以来、相撲教習所所長、審判部長、地方場所部長(大阪)、総合企画部長、巡業部長を歴任した2018年1月4日に横綱(事件当時)日馬富士が起こした傷害事件に関連して理事を解任された。
#理事解任参照。
が、2018年10月に退職。
現在、相撲の普及活動を目的とする一般社団法人貴乃花道場の理事を務めており、「貴乃花光司」としてのタレント・絵本作家 活動はMegu Entertainmentとマネジメント業務提携を結んで行っている。
1972年(昭和47年)、東京都杉並区阿佐ヶ谷に生まれ、同中野区で育つ『大相撲杉並場所展 : 阿佐ケ谷勢その活躍と栄光の歴史』(杉並区立郷土博物館編、1991年)。
現役時代、取組前の場内アナウンスでは中野区を出身地としていた。
父は貴ノ花利彰、母は藤田紀子、兄は花田虎上(三代目若乃花)で、初代若乃花は伯父(父の兄)。
二代目若乃花はかつて義理のいとこ(伯父の娘婿)だった。
2018年に離婚した元妻の河野景子妊娠6か月のできちゃった結婚だった(婚約会見時には否定していた)。
スポニチAnnex(2018年11月26日)2019年1月25日閲覧との間に1男2女があり、長男は花田優一。
血液型はO型。
元々は右利きだったが、長年の相撲の影響で右手に痺れが残ってしまい、今は左手で箸やペンを持つようになっている週刊プレイボーイ 2012年6月4日号 132頁 貴乃花親方の職人気質VOL.023。
現在は大型自動二輪免許を取得し、ハーレーダビッドソンに乗っていることを明かしている週刊プレイボーイ 2013年No.35 117頁 貴乃花親方の職人気質。
* 1972年 8月12日、東京都杉並区で大関(当時関脇)貴ノ花の花田満、元女優の藤田憲子(2001年離婚)の次男として誕生。
誕生時の体重は4,300g。
* 1979年 杉並区立松ノ木小学校に入学。
* 1982年 東京都中野区の藤島部屋土俵開き。
光司も一家とともに、部屋のある中野区に本籍を移転(現在の本籍も中野区にある)。
** 6月、わんぱく相撲東京場所に出場、4年生の部で優勝。
* 1985年 明治大学付属中野中学校に進学。
同校の相撲部に入部し、中学3年間で40勝1敗の成績を残す。
* 1988年 兄勝とともに、藤島部屋に入門。
** 3月場所、兄と同日に初土俵。
四股名は貴花田光司(たかはなだ・こうじ)。
ほかに同期の力士は曙太郎、魁皇博之などがおり「花の六三組」と呼ばれた。
* 1989年 11月場所に十両昇進。
* 1990年 5月場所に幕内昇進。
* 1991年 5月場所初日に初対戦の横綱千代の富士を寄り切り下して、金星を獲得。
この場所中に千代の富士は現役引退。
* 1992年 1月場所で14勝1敗で初優勝。
この場所は三賞を全て受賞した。
** 11月場所直前、宮沢りえとの婚約を発表し、当時国民的な人気を誇っていた2人の若者同士の交際が大きな話題となった。
** 12月、冬巡業中の長崎県五島市で背中を叩いた高校生に平手打ちをした。
境川理事長はこの行為について「これも愛情の表現」と不問に付す一方、被害者を探し出して謝罪している。
* 1993年** 1月場所後に大関昇進。
四股名を貴ノ花と改名。
増位山太志郎に次ぐ親子大関となる。
** 同日、宮沢との婚約解消を公表した。
相手を悪くは言わず「(彼女への)愛情がなくなりました」と言って一人で泥をかぶった姿は感心もされたが、冷たい言葉にも聞こえたために多くの女性と宮沢ファンを敵に回した。
宮沢と最後に会った時に言われた言葉は「強い横綱になってください」だったという。
*** 2014年、美川憲一が宮沢りえの母の依頼を受け宮沢を説得した結果の婚約解消であると明らかにした Daily Sports Online 2014年10月6日。
*** 2019年10月に出版した自叙伝「貴乃花 我が相撲道」で貴乃花は当時を述懐した。
宮沢とは『家の柱になるべく生まれて、その役目を10代の頃から負った者同士の理解と共感』があったことを明かし、「もし(宮沢が芸能界を引退して)職を捨てることになれば、その生き方ができなくなるわけです」と事情を述べている。
*** 2020年5月、木俣正剛(週刊文春元編集長)が週刊文春がこの2人の婚約破談の記事を掲載した経緯をコラムで述懐した。
1992年の年の暮れに出る合併号に掲載するネタが無かったことから貴花田後援会の幹部に取材し、2人の家族がうまくいかないだろうことを示唆されたという。
結果、双方を好きなまま2人が別れることとなったことを、木俣は「我々も含めて大人の世界に潰されたのでした」と綴っている。
** 5月場所を14勝1敗で優勝。
これは宮沢との破局がなければ、「挙式直前場所」になっていたはずの場所である。
** 7月場所では13勝2敗で曙、若乃花と優勝同点だったが優勝決定戦で曙に負け、横綱昇進を見送られる。
** 9月場所では曙に優勝を許し、最年少での横綱昇進を逃す。
しかしながら、曙の全勝優勝を千秋楽で阻止した一番は名勝負として語り継がれる。
** 11月場所でも成績次第では横綱昇進と噂されていたが7勝8敗と負け越してしまい、翌年1月場所を史上最年少のカド番大関として臨むこととなる。
* 1994年 カド番大関の1月場所で14勝1敗と優勝で復活。
以降、大関ながら、5月場所、9月場所と1場所おきに優勝を果たして行く。
** 特に9月場所は初の全勝優勝を達成。
それに加え、年6場所中、既に3場所制覇という快挙を受け、横審で横綱昇進が議論されたが、7月場所の成績が11勝4敗と芳しくなかったため見送られる。
** 四股名を貴ノ花から貴乃花と改名して臨んだ11月場所千秋楽で、横綱曙を下し、2場所連続全勝優勝。
横綱昇進を確実とした(この貴乃花 - 曙戦は平成の名勝負とされている)。
* 1995年** 1月場所に新横綱として登場。
初日にいきなり敗れて連勝は30で止まるが最終的に13勝2敗で優勝。
3場所連続となった。
** 同年5月、河野景子 と結婚。
婚約時すでに河野は妊娠6ヶ月であり、9月に長男花田優一が誕生。
* 1996年** 9月場所は自身初の4連覇を15戦全勝優勝で飾ったが、同場所が自身最後の全勝優勝となった。
1994年から1996年の3年間近くが、貴乃花の全盛期と言われている。
** 11月場所は初土俵以来初めての全休。
この辺りから怪我・病気が相次ぎ、休場する場所が多くなった。
* 1997年 11月場所で通算5回目・4年連続の年間最多勝を獲得するも、同年が最後の年間最多勝となった。
* 1998年** 7月場所、5場所ぶり19回目の優勝。
千秋楽に曙に敗れ14勝1敗、11場所ぶりの全勝はならず。
尚優勝インタビュー時に貴乃花自ら「引退も考えていた」とコメント。
** 9月場所、2場所連続20回目の優勝。
このころ、整体師による洗脳騒動などで父の11代二子山、兄の三代目若乃花らと不和。
特に兄とは絶縁まで宣言した。
* 1999年 9月に兄と一旦和解。
* 2001年** 1月場所は14勝1敗で14場所ぶり21度目の復活優勝を遂げた。
** 5月場所は13日目まで全勝だったが、14日目の武双山戦で巻き落としに敗れ右膝の半月板を損傷。
出場が危ぶまれた千秋楽に強行出場。
本割りでは武蔵丸に突き落としで不甲斐なく負け、優勝決定戦。
優勝決定戦では横綱武蔵丸を上手投げで豪快に下し、通算22回目の優勝を果たす。
観戦に訪れていた首相の小泉純一郎は、表彰式で内閣総理大臣杯を直接手渡し、「痛みに耐えてよく頑張った!感動した!おめでとう!」と祝福。
しかしながら、右膝の故障は見た目以上に重症で、この後7場所連続全休で治療に努めたものの十分に回復せず、結果的にこの優勝が貴乃花最後の優勝となった。
* 2002年 9月場所は8場所ぶりに出場。
進退をかけて臨んだこの場所で、6日目からの9連勝を含む12勝3敗を挙げ、最後まで横綱武蔵丸と優勝争いを繰り広げたが、千秋楽相星決戦を寄り切りで敗れ優勝を逃す。
* 2003年** 1月場所8日目限りで現役を引退。
8日目の対戦相手は安美錦。
日本相撲協会は、相撲界の隆盛に格別の功績があったとして、一代年寄・貴乃花を贈呈し、功労金1億3000万円を支給した。
** 3月、年寄名跡・山響株を取得(名乗りは一代年寄・貴乃花のまま。
同時に兄の勝が退職したときに譲られていた藤島株は兄弟子の安芸乃島へ売却)。
同年6月1日に断髪式を行う。
* 2004年** 6月1日に正式に二子山部屋を継承。
名前も貴乃花部屋に変更され、同日、1500人を招待して創設パーティーが行われた。
** その後、元横綱の肉体があばら骨が浮き出るほどの激やせダイエットぶりが注目された。
胃袋が一般人より大きくなり、食事量を減らすのは至難のわざと言われる引退後の相撲取りの中では極めて異例なやせ方であった。
** 部屋付き親方をしていた16代千田川(安芸乃島)との確執から、移籍を認める書類に捺印を拒み、部屋へ出勤停止とした。
このことで話し合いの機会を失った16代千田川は9月場所11日目(9月22日)審判部部室で貴乃花に書類への捺印を求めて口論となり、北の湖理事長が苦言を呈する騒ぎとなった貴親方、安芸と審判部室で大ゲンカ nikkansports.com 2004年9月23日。
このため、特例で父の11代二子山が保証人として書類に捺印することで、16代千田川は高田川部屋への移籍が認められた。
北の湖理事長は「2人の師匠は二子山。
(貴乃花の印がなくても)重きを置く」と説明し、貴乃花は「二子山親方が押したことは聞いたが、地球がひっくり返っても判は押さない。
今後、彼がどうなっても私は関知しない」と話している。
* 2005年** 5月30日、父が口腔底癌のため死去。
** 6月2日、父の告別式の喪主を務める。
遺骨・位牌も渡さないなど、兄との絶縁を改めて宣言した。
** 7月7日、同月4日に東京家裁で兄が遺産相続放棄をしたと代理人が発表、父の遺産は次男である本人が受け継ぐことになった。
兄の代理人によると、兄は現役引退の際に父親との話し合いで相続放棄を決めており、35日の法要を終えるまで公表しない約束であったという。
** 7月18日、民放のテレビ番組などで日本相撲協会の運営を批判するかのような発言をしたとして協会から厳重注意を受ける。
* 2006年** 5月25日 両国国技館で行われた師匠会に出席。
** 5月28日 11代二子山の一周忌法要が東京都杉並区の天桂寺で行われるため列席し、営まれた後、墓前で日本相撲協会錬成歌を若手力士らと共に歌った。
** 5月30日 命日の30日に旧二子山部屋に縁のある元力士らを集めて千代田区のホテルで、しのぶ会を開く。
** 12月26日 年寄名跡・二子山株の名義書き換えが認められ、正式所有する(山響株は一門外の元幕内巌雄の小野川へ売却。
その後、二子山株も一門外の元大関雅山に売却)。
* 2008年2月4日 日本相撲協会の役員待遇委員・審判部副部長に就任。
** 5月31日、母親の藤田紀子が相撲協会と訴訟で争っている講談社側の証人として出廷する意向であることが判明したため、母親の証言が協会への名誉棄損・不利益となった場合は役員待遇委員・審判部副部長を辞任することを発表した。
藤田は6月に出演したラジオ番組中で出廷しないとしたうえで、息子に迷惑をかけたことを謝罪。
10月16日の口頭弁論で記事を書いた武田頼政は記事の情報源は藤田であり、さらに1992年初場所の初優勝も11代二子山が裏から手を回していたと藤田が話していたと述べた。
貴乃花は武田の発言に激怒し、藤田について「もし本当ならとんでもない人です」と語っている。
* 2009年2月2日 日本相撲協会の役員待遇委員・巡業部副部長・警備本部副部長に異動。
* 2010年** 1月6日 スポーツニッポン評論家(大相撲担当) に就任。
(2017年5月場所より、玉ノ井に引き継がれている)** 2月1日 日本相撲協会理事に当選。
** 2月4日 日本相撲協会理事・相撲教習所長・監察委員長・相撲博物館運営委員に就任。
** 8月20日 日本相撲協会理事・審判部長・ドーピング委員長・新弟子検査担当に職務変更。
* 2012年2月1日 日本相撲協会理事・地方場所部長(大阪)に職務変更。
* 2014年4月3日 日本相撲協会理事・総合企画部長、指導普及部長、生活指導部長、監察委員長、危機管理部長、相撲博物館運営委員(協会本部)に職務変更。
* 2016年3月29日 日本相撲協会理事・巡業部長に職務変更。
* 2018年** 1月4日 日本相撲協会理事を解任され、日本相撲協会の役員待遇委員・指導普及部副部長となる。
** 2月2日 日本相撲協会の理事候補選挙に立候補するものの2票で落選。
** 3月28日 日本相撲協会の新職務分掌で審判部に配属、理事候補選挙落選の慣例により委員に降格。
** 3月29日 日本相撲協会理事会にて春場所中の無断欠勤及び弟子の貴公俊の暴行事件の引責で平年寄に降格。
** 6月20日 貴乃花一門を離脱、無所属になる。
** 9月25日 貴乃花が自ら会見を開き、日本相撲協会退職を表明。
** 10月1日 相撲協会臨時理事会で退職が決まる。
** 10月25日 河野景子と離婚。
* 2019年** 5月 国内外での相撲の普及活動・青少年の育成を目的とする一般社団法人貴乃花道場設立を発表。
** 6月 ふるさと納税ポータルサイト「ふるなび」のイメージキャラクターに就任。
* 2020年** 4月より、神奈川歯科大学で特任教授に就任。

引用:Wikipedia:データベース

貴乃花親方のツイート

貴乃花親方に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング