谷垣禎一 復帰待望論とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
谷垣氏に高まる復帰待望論 | 2019/3/13(水) 7:35 - Yahoo!ニュース
自民党内で谷垣禎一前幹事長の政界復帰を期待する声が根強い。二階俊博幹事長は夏の参院選比例代表での擁立を模索しているが、谷垣氏本人は固辞しており、実現するかは不透明だ。13日に2人が会談する。
自民・谷垣氏、高まる復帰待望論=参院比例、本人は固辞(時事通信 ...
自民・谷垣氏、高まる復帰待望論=参院比例、本人は固辞
「谷垣氏、政界に戻ってきて欲しい」自民・森山国対委員長 - 産経ニュース
自民党内で谷垣禎一前幹事長の政界復帰を期待する声が根強い。 特に、2月の党大会で健在ぶりを示して以来、待望論が高まっている。二階俊博幹事長は夏の参院選比例代表での擁立を模索。ただ、本人は固辞しており...- 時事通信- 31分前
谷垣禎一氏に政界復帰待望論|ニフティニュース - ニフティニュース - nifty
「谷垣氏、政界に戻ってきて欲しい」自民・森山国対委...- 産経新聞- 14時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも谷垣禎一 復帰待望論に関連のある画像ばかりではありません。
谷垣禎一 復帰待望論の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

谷垣 禎一(たにがき さだかず、1945年(昭和20年)3月7日 - )は、日本の政治家、弁護士。
京都府遺族会会長、有隣会特別顧問。
衆議院議員(12期)、科学技術庁長官(第56代)、総理府原子力委員会委員長(第56代)、大蔵政務次官(小渕内閣)、金融再生委員会委員長(第3・4代)、国家公安委員会委員長(第69代)、産業再生機構担当大臣(第1次小泉第1次改造内閣)、食品安全担当大臣(第1次小泉第1次改造内閣)、財務大臣(第3・4・5代)、国土交通大臣(第9代)、海洋政策担当大臣(福田康夫改造内閣)、法務大臣(第93代)、自由民主党総裁(第24代)、自由民主党政調会長(第50代)、自由民主党幹事長(第47代)、自民党たばこ議員連盟顧問等を歴任。
父は、文部大臣(第100代)を務めた衆議院議員の谷垣専一 . 日刊ゲンダイ .(2014年10月17日)。
祖父は、陸軍中将の影佐禎昭.現代ビジネス.(2014年9月27日)。
麻布中学校時代は剣道部、麻布高等学校時代は山岳部に所属。
いずれにおいても部活の先輩であった橋本龍太郎に指導を受けた。
その縁で、橋本龍太郎が会長を務めていた日本山岳ガイド協会の会長を橋本から引き継いだ。
東京大学入学後もスキー山岳部に入部し、活動にのめり込んで留年したり、司法試験で何度も不合格になる等、苦労人的なエピソードも持っている。
他の趣味は落語鑑賞、サイクリング。
サイクリングにはロードバイクやマウンテンバイクを愛用し、何度もロードレースに参加し好タイムで完走している。
ただ、2009年にはサイクリング中に転倒し、ケガをした。
政界でも指折りの自転車愛好者で、自転車活用推進議員連盟と日本サイクリング協会の会長を務め、協会公式サイトの「会長の新年ご挨拶」ページにはヘルメットにレーサージャージ姿の自身の写真を載せたり 日本サイクリング協会公式サイト、総裁就任後は選挙応援や地方遊説にも自転車を活用している。
自転車関連でのメディア露出も多く、例えばムック本『イエローバイシクル 』では、111.28kmの距離(いわゆる「ロングライド」の距離である)を同誌編集長と共に自転車で走りながら語り合う前代未聞のインタビューを受けたり、単行本『自転車会議』では共著者に名を連ねたりしている。
*東京大学法学部には、1年間の浪人生活を経て進学している。
同期には弁護士で、衆議院議員や内閣官房長官を務めた仙谷由人がおり(ただし仙谷は現役で合格している)、当時の縁から現在でも冗談を交わすこともある仲だという MSN産経ニュース(産経新聞)のプレミアム特集コーナー「水内茂幸の夜の政論」第5回の記事より。

また、2011年6月に死別した佳子夫人とは、法学部在籍中に通っていた司法試験合格を目指す予備校で出会って以来の仲。
*学生時代から弁護士志望で政界入りの意欲は持っておらず、父・専一からも「こういう仕事は世襲じゃないんだから、お前は継ぐな」と言われていたが、1983年6月27日に父が急逝。
当時株主総会の集中日で弁護士として多忙を極めていた所を後援会から「ホテルで缶詰め」にされ、「警察の取り調べのように」出馬を要請された。
7月3日に出馬を承諾、8月7日に補欠選挙で当選する慌ただしさだった『週刊文春』2003年9月11日号・阿川佐和子との対談より。

*愛読書は四書五経など中国の古典や宋代の詩人・蘇軾の漢詩などで、しばしば中国の故事を引用する。
また読書を巡るインタビューでは、竹越与三郎の『二千五百年史』、田口卯吉の『日本開化小史』、北畠親房『神皇正統記』、新井白石『読史余論』といった史論への嗜好を語っている早野透『政治家の本棚』朝日新聞社290頁。
*日蓮宗寺院の檀信徒であり全日本仏教会機関誌「全仏」2010年9月号、同宗を鑽仰する国会議員のグループ「法華一乗会」に加入しているほか、同宗が千鳥ヶ淵戦没者墓苑で行っている戦没者追善供養法要にも参列したことがある日蓮宗新聞2010年9月1日号。
またクリスチャンではないものの週刊ポスト2013年2月1日号聖書に造詣が深く、キリスト教系の政財官界人の親睦会「インターナショナル・VIP・クラブ」の講師を務め、「国会議員が集まって聖書を読みながら祈る会」を発足させたメンバー議員の一人。
*ワイン愛好家で名誉ソムリエの称号を持つ。
ただし、かつての宏池会の同僚議員であった森田一によれば、ワインは蘊蓄派というよりガブ呑み派の酒豪だという。
*巨人軍の熱烈なファンであり、東京ドームで野球観戦する際にはプロ野球選手のプレーに批評を加えるほど。
*1996年に『文藝春秋』が企画した「現役政治部記者が選ぶ21世紀のリーダー」では3位に選出され(1位は鳩山由紀夫)、そこでは「政策通でありながら議運・国対で汗をかける政治家」として評価されている。
また読売新聞が2001年にキャリア官僚100人を対象に実施したアンケート(2001年1月に紙面掲載)によれば、「2010年に活躍が予想される政治家」で1位(2位石原伸晃、3位額賀福志郎)、「21世紀中に首相になって欲しい政治家」では石原と共に1位に選ばれている『読売新聞』 2001年1月6日。
*2000年の加藤の乱に際しては、加藤紘一・山崎拓に同調。
しかし森派や橋本派の切り崩しにより造反の動きは鈍り、加藤、山崎の2人だけで不信任案への賛成票を投じに行こうとする加藤にすがりついて「加藤先生、大将なんだから! 一人で突撃なんてダメですよ! 加藤先生が突撃するときは俺たちだってついて行くんだから!大将は自重しなきゃダメですよ!」と涙ながらに慰留するシーンが話題になった。
*尊敬する歴史上の政治家は聖徳太子。
影響を受けた政治家は宮澤喜一『朝日新聞』 2010年8月28日15面。

引用:Wikipedia:データベース

谷垣禎一 復帰待望論に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも谷垣禎一 復帰待望論に関連のある動画ばかりではありません。

谷垣禎一 復帰待望論に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング