西郷輝彦 がん再発とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
西郷輝彦、がん再発を発表 来年春先まで治療を最優先 (スポニチ ...
俳優の西郷輝彦(70)が30日、がんが再発したことを公表した。所属事務所が西郷.
西郷輝彦、がん再発明かす (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
西郷輝彦、がん再発を発表 来年春先まで治療を最優先
西郷輝彦、がん再発を告白 治療優先のため1月の舞台降板 (サンケイ ...
俳優の西郷輝彦(70)が30日、がんが再発したことを公表した。所属事務所が西郷の直筆の署名入りFAXで発表した。 西郷は6年前に前立腺がんと診断され全摘出の手術を受けた。その後の経過は順調で仕事を続...- スポニチアネックス- 14分前
西郷輝彦、がん再発を告白 治療優先のため1月の舞台降板 - 芸能社会 ...
西郷輝彦、がん再発明かす- デイリースポーツ- 21分前

■2018年4月30日
阿部侍が!豊川侍が!文枝侍が仰天登場!大阪松竹座で映画「のみとり侍」試写会
 25日までスーパー歌舞伎II「ワンピース」を上演していた松竹座。邦画3社が垣根を越えてコラボする史上初のスーパー試写会に客席が沸いた。

■2018年4月30日
東山紀之、再入院していた山口達也に苦言「お酒で注意したことがある」
 「ハー…」。東山は“弟”への失望感で思わず深いため息をついた。

■2018年4月30日
星野源“侍”は引きこもりでござる!時代劇映画コミカルに初主演「非常にワクワク」
 音楽、芝居、文筆とマルチに活躍する星野が、今度は時代劇で魅せる。

■2018年4月30日
布袋寅泰、特注ギターで熱唱! hideさん没後20年メモリアルライブ
 1998年5月に急逝したX JAPANのギタリスト、hideさん(享年33)の没後20年メモリアルライブが29日、東京・青海の野外特設会場で最終日を迎えた。

■2018年4月30日
平塚千瑛、映画「私は絶対許さない」初主演で体当たり演技!
 公開中の映画「私は絶対許さない」(和田秀樹監督)で初主演を飾った女優、平塚千瑛(ちあき、31)。15歳でレイプされ復讐(ふくしゅう)だけを胸に生きてきた雪村葉子さんの手記を映像化した衝撃作で、体当た

■2018年4月30日
大手オスカー移籍の田中大貴アナ、5・1初仕事&ネット番組初実況!
 30日にフジテレビを退社する田中大貴アナウンサー(38)が、フリー転身後初仕事として、5月1日にスポーツ映像配信サービス「DAZN」で配信されるプロ野球・広島-巨人で、ネット番組でのプロ野球実況に初

■2018年4月30日
ジャニーズ銀座へようこそ!HiHi Jetsと東京B少年が魅了
 ジャニーズJr.のグループ、HiHi Jetsと東京B少年が29日、東京・有楽町のシアタークリエでエンターテインメントショー「ジャニーズ銀座2018」の初日を迎えた。

■2018年4月30日
金正恩氏、拉致問題「日本と対話」 安倍首相が文大統領との電話会談で確認


■2018年4月30日
櫻井翔主演「ラプラスの魔女」が森永製菓「inゼリー」とコラボ!


■2018年4月30日
黒木華の主演映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」がテレビ初放送


■2018年4月30日
剛力彩芽も熱愛認めた!インスタでZOZO前澤氏は「とても大切」


■2018年4月30日
森山愛子、新曲の舞台・福島で奮闘中だべ!「年末に向けて頑張ります」


■2018年4月30日
時代劇映画初の高畑充希「ほぼ紅一点、そわそわします」


■2018年4月30日
相田翔子「NAON-」初出演!Wink再始動は「夢がいっぱい」


■2018年4月30日
トランプ大統領がご満悦、「ノーベル平和賞」支持者が連呼


■2018年4月30日
山口達也の弟・Kouzyは涙「家族の中では飲まなかった」


■2018年4月30日
紅白出場も意欲? ひふみん、小林幸子と「赤鼻のトナカイ」デュエット


■2018年4月30日
読売TVのOB・辛坊治郎が出馬!?鶴橋監督の売り込みに「よろしくお願いします」


■2018年4月30日
劇団四季「オペラ座-」が日本上演30年


■2018年4月30日
山本彩、NMB6期生オーディションに「夢に対して熱い気持ち持った子入って」


■2018年4月30日
米朝会談「3~4週間以内」 トランプ米大統領、北朝鮮非核化へ日韓と連携


■2018年4月30日
3人そろって『ミスFLASH』発売イベント「点数は100点」


■2018年4月30日
「すてきな写真が撮れた」今野杏南、『写真展』に満足げ


■2018年4月30日
長井短、CMでの背中丸出しに「エッチな気持ちになっちゃう」


■2018年4月30日
警官の顔ペロリ「蚊を取ろうとした」 会社員の33歳男を逮捕


■2018年4月30日
好天GW!みんなで堀りデー3万人 横浜「海の公園」潮干狩り


■2018年4月30日
AKBチーム8が結成4周年記念公演!山田菜々美が「黒看」映画初主演も発表


■2018年4月30日
自民党副幹事長が大けが、繁華街で通行人とトラブルに


■2018年4月30日
大矢真那、乳がんの矢方美紀に気遣い「これ以上進まないことを願っています」


■2018年4月30日
東名で多重事故、バイクの3人死傷


■2018年4月30日
受刑者逃走3週間…GWも厳戒 向島は潮干狩り客5分の1


■2018年4月30日
藤森慎吾が『ちばアクアラインマラソン』PR「360度海というのが一番の売り物」


■2018年4月29日
ニュルに現われた謎のAMG GT Rのプロトタイプは「ブラックシリーズ」!?


■2018年4月29日
歌って踊れて2次元命「オタレースクイーン」霧島聖子ちゃん


■2018年4月29日
落合福嗣、タメ口やめたのは明石家さんまがきっかけ 父・博満氏から怒られた過去明かす


■2018年4月29日
丸山桂里奈、過去に8股された恋人をリスペクト?「すごい才能なんじゃないかなって」


■2018年4月29日
指原莉乃、HKTの成長に感慨深げ「泣きそうになっちゃった」


■2018年4月29日
山口組系幹部ら2人逮捕 大阪市浪速区のビルで男性に重傷負わせた疑い


■2018年4月29日
ゆりやん、一発ギャグを披露「ちくしょ~からの松竹~!」


■2018年4月29日
金正恩氏「日本と対話用意」 韓国の文大統領、北朝鮮に拉致提起


■2018年4月29日
ミッツ、山口達也のTOKIO復帰希望発言は「言ってほしくなかった」


■2018年4月29日
さや姉、NMBへ強い愛情「これからも長くグループとして続いてほしい」


■2018年4月29日
ミスFLASH、3人そろって白いビキニで登場


■2018年4月29日
注目は新開発の「S58」エンジン…新型BMW X4の高性能モデル「M」がニュルへ


■2018年4月29日
【スバル・XV 1.6i-L試乗】特徴を3点に絞って紹介 注目は、頑強ボディ・スムーズエンジン・驚異の最低地上高


■2018年4月29日
もしかしてこれもハイブリッド? スバル・XVの「インテリジェントボクサー」モデル


■2018年4月29日
木梨憲武、今後のバラエティー番組出演は「タイミングさえ合えば」


■2018年4月29日
北京で発表されたフォレスターハイブリッド…普通のフォレスターと「見た目」はどう違う?


■2018年4月29日
ノンスタ井上、山口達也の騒動で飛び火?「井上メンバーは反省してるのか?」


■2018年4月29日
試着室でスマホ盗撮疑い アパレル店員の男を逮捕


  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも西郷輝彦 がん再発に関連のある画像ばかりではありません。
西郷輝彦 がん再発の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

西郷 輝彦(さいごう てるひこ、1947年2月5日 - )は、日本の歌手、俳優、タレント。
本名、今川 盛揮。
鹿児島県鹿児島郡谷山町(のち谷山市、現:鹿児島市)出身。
身長176cm、体重66kg、血液型はA型。
歌手としては、橋幸夫・舟木一夫と共に「御三家」と呼ばれた(徳川御三家になぞらえて命名された)。
芸名は明治維新の三傑の一人西郷隆盛にちなむ。
芸名の「西郷」は尊敬する郷土の英雄・「大西郷」こと西郷隆盛にちなむ。
1987年の年末時代劇スペシャル「田原坂」(日本テレビ系)では「小西郷」こと西郷従道役を演じた。
2008年新春に放送された「南洲翁異聞」(鹿児島テレビ放送開局40周年記念ドラマ)で、ついに念願の西郷隆盛役を演ずることになった。
また「輝彦」の名前については、当初「一」(はじめ)という候補があったそうだが、頭でっかちで倒れそうということで父親に命名してもらったそうである。
エルビス・プレスリーの大ファンで自身のコンサートやライブでも「アメリカの祈り」などを披露する。
アップルの商品の大ファンで、「がっちりマンデー」の「スティーブ・ジョブス」特集(2009年2月8日放送)では「芸能界一のアップルマニア」として出演。
VTRを見て感涙してしまい、司会の加藤浩次から「好き過ぎ」と言われてしまった。
MacBook Airの発表会でスティーブ・ジョブスが封筒からMacBook Airを取り出すパフォーマンスに感銘し、MacBook Air購入後に封筒に入れてみたことがある。
故郷・鹿児島に対する思いから、地方博覧会であった1989年開催の「サザンピア21」のテーマソングを歌唱するだけでなく作詞も手がけ、コマーシャルにも出演。
「どーんと鹿児島」では、PRも兼ねて生出演し、ネイティブの鹿児島弁でインタビューに答えていた。
幼少の頃から芸事に傾倒し、小学生時代は剣舞や絵画を習ったり、近所の子供を集めては自身で作った紙芝居を披露したり、地元の慈眼寺公園でチャンバラごっこに明け暮れる少年だった。
中学に入ると主としてスポーツに力を入れ、野球、テニス、バレーなど、あらゆるスポーツをそつなくこなす少年であった。
背が高かったこともあり、他のクラブから試合への参加を頼まれることもあったとのことである。
またジャズが好きだった兄の影響で音楽にも傾倒し、将来は歌手になりたいとの夢を抱いていた一方、石原裕次郎、小林旭などダイヤモンドラインと言われた日活映画に憧れ映画俳優になりたいとの夢もあり、当時あった映画会社5社のニューフェイスに応募したが、結果は落選だったNHK『スタジオパークからこんにちは』(1997年)より。
1962年に鹿児島商業高校中退後、鹿児島からヒッチハイクで大阪に行く。
アルバイトサロン(略してアルサロ)でボーイをしながら、かねてから下見をしていた有名なジャズ喫茶のオーディションを受けるも落選し、途方に暮れていたところを、審査員の口利きでバンドボーイとなる。
その後京都、名古屋などをぐるぐるまわりながら、バンド活動をしていたところを龍美プロに誘われ入社。
1964年2月、クラウンレコードより「君だけを」でデビュー。
同曲は60万枚を売り上げた『精選盤 昭和の流行歌 歌詞集』日本音楽教育センター、151頁。

「十七才のこの胸に」もヒットし、両曲でその年の第6回日本レコード大賞新人賞を獲得。
同年「十七才のこの胸に」で映画デビュー。
しかし事務所が解散し、東京第一プロダクション(現 第一プロ)へ移籍するも同社を退社した相澤秀禎マネージャー(業務成績不振及び素行不良が原因で退社)の画策により1965年にクラウンレコード、太平洋テレビなどと共同出資(西郷は50%)によって誠和プロを設立し、当面はクラウン・レコード宣伝部に事務所を置き、社長業を兼ねる。
ビート歌謡曲歌手として大人気であっただけでなく多くの映画に主演し、1960年代を代表する青春スターであった。
自ら我修院建吾のペンネームで雑誌『明星』に連載小説を書き、映画にもなった自作曲「傷だらけの天使」もヒットした。
銀川晶子、五代けんも西郷自身の作詞作曲時のペンネームである。
またデビュー当時のキャッチフレーズは「太陽の王子」であった。
1965年5月10日に鹿児島市鹿児島体育館で行われた帰郷ショーで観客が入場口に殺到し、整理の警官1名が死亡、観客13名が負傷するという事故が起きている。
1966年に発売した「星のフラメンコ」は、30万枚を売り上げる大ヒットとなり、スポーツ報知、2008年6月15日6時0分。
(インターネットアーカイブのキャッシュ)、いくつかの歌手によるカバーのほか、タモリ(曲名は「肉のフラメンコ」)やCMなどにパロディー化もされている(本人出演のテレビCMでのセルフパロディーもあった)。
また、2008年には、フラメンコの本場であるスペイン出身の歌手・が自身のアルバムでカバーした。
1970年代に入り「真夏のあらし」(第12回日本レコード大賞作曲賞受賞曲)や「情熱」、「略奪」、「愛したいなら今」とロックポップス色を前面に出した曲が立て続けにヒットし、1971年2月には日生劇場でのロングラン公演を果たし大成功を収めた。
1973年、劇作家花登筺の誘いを受けテレビドラマ「どてらい男(ヤツ)」(関西テレビ制作・フジテレビ系)に主演し、同番組は高視聴率を獲得し1977年までのロングランヒットとなる。
これ以降歌手活動を一時縮小する。
1975年からは時代劇にも進出。
特に国民的時代劇であるTBS「ナショナル劇場」の「水戸黄門第6部」の第1話にゲストとして招かれ出演したことがきっかけで、同枠の時代劇「江戸を斬る」の主演遠山金四郎役に抜擢された。
同時代劇で京都映画祭新人賞を受賞。
また第4シリーズの初回において最高視聴率36.7%を獲得するなどの人気シリーズとなり、俳優としての地位を確立した。
またあらゆる面でその後の人生に大きな影響を与えた森繁久弥に師事し、舞台「暖簾」、「孤愁の岸」、「屋根の上のヴァイオリン弾き」などに出演する森繁ファミリーの一員でもあった。
NHK大河「独眼竜政宗」の片倉景綱役や、時代劇「水戸黄門」(TBS系)の松平頼常役、「江戸を斬る」の遠山金四郎役など主に時代劇俳優として活躍する一方、近年では,タレントとしてもみのもんたの「午後は○○おもいッきりテレビ」(NTV系)などに出演している。
1983年には自身がかねてから演じてみたいと切望していた田中角栄を、映画「小説吉田学校」で演じた(主演吉田茂は森繁が演じた)。
また同年からはロート製薬提供の長寿クイズ番組である「新アップダウンクイズ」の司会にも挑戦した。
1994年にはデビュー30周年を機に、「別れの条件」で歌手活動を再度本格化させる。
2000年10月からは橋幸夫、舟木一夫とともにG3K(御三家)ツアーとして2001年12月まで全国100カ所以上においてコンサートを行い、あらためて人気の強さを示した。
2003年には、芸能生活40周年を記念したコンサートツアー「西郷輝彦 VICTORY」全国40公演を行う。
2005年よりブログを開設。
当初は関西弁で書かれ更新されていたが、現在では普通の口調になっている。
2009年デビュー45周年を迎え、1月20日には東京千代田区の日比谷公会堂で昼夜2回の記念コンサートを開催。

引用:Wikipedia:データベース

西郷輝彦 がん再発に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも西郷輝彦 がん再発に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング