西川貴教 ビジネス論とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
予算確保にも奔走 “歌手で社長”西川貴教が語るビジネス論 (日刊 ...
ミュージシャン西川貴教(46)が発起人となった「イナズマロック フェス」は今年で9回目 。来場者数は10万人にも上り、西日本最大のロックフェスに育て上げた彼の仕事の 進め方、そこに至る苦悩を記した話題の新著「おしゃべりな筋肉」( ...
歌手で社長 西川貴教の挑戦 | 2017/8/22(火) 10:11 - Yahoo!ニュース
予算確保にも奔走 “歌手で社長”西川貴教が語るビジネス論
予算確保にも奔走“歌手で社長”西川貴教が語るビジネス論 - ヤフコメコム
ミュージシャン西川貴教(46)が発起人となった「イナズマロック フェス」は今年で9回目。来場者数は10万人にも上り、西日本最大のロックフェスに育て上げた彼の仕事の進め方、そこに至る苦悩を記した話題の...- 日刊ゲンダイDIGITAL- 14分前
予算確保にも奔走 “歌手で社長”西川貴教が語るビジネス論 (日刊 ...
予算確保にも奔走 “歌手で社長”西川貴教が語るビジネス論. ミュージシャン西川貴教( 46)が発起人となった「イナズマロック フェス」は今年で9回目。来場者数は10万人にも 上り、西日本最大のロックフェスに育て上げた彼の仕事の進め方、 ...
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも西川貴教 ビジネス論に関連のある画像ばかりではありません。
西川貴教 ビジネス論の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

西川 貴教(にしかわ たかのり、本名同じ、1970年9月19日 - )は、日本のミュージシャン、歌手、作詞家、俳優、声優、タレント、ラジオパーソナリティ、実業家。
滋賀県彦根市生まれ、滋賀県野洲市育ち。
単独での所属事務所はディーゼルコーポレーションで、自らが代表取締役を務める。
マネージメントの業務提携はパーフィットプロダクションが行っている。
血液型はA型。
身長161cm。
* プロ野球では阪神タイガースのファン 阪神タイガース 2016年03月16日。
* 色白で女性のようなツルツルの肌がコンプレックスと明かしているが、その特性や体型を生かし、女性ファッション誌『CanCam』で「西川貴子」として女装姿でモデルデビューしたことがある。
その一方で3つのトレーニングジムに通い、食事は1日1食、体脂肪も9%を保つなど15年以上トレーニングを続け、ライブのための体づくりを徹底している。
また、自身のInstagramでその鍛え上げた身体を披露したり、自著『おしゃべりな筋肉 心のワークアウト7メソッド』も刊行している。
* 理想の父親像として児玉清を挙げている。
2002年4月9日の『西川貴教のallnightnippon SUPER!』には児玉がゲスト出演し、この日の放送は、日本民間放送連盟賞を受賞した。
2011年5月17日に児玉が逝去した際には、自身のツイッターで「俳優として、作家として、人として、本当に魅力のある方でした…本当に寂しいです」と追悼コメントを述べた。
* 2007年9月初旬頃、家族にメスのティーカップ・プードルを迎えた。
名前は「ウィさん」で、誕生日は6月29日。
西川貴教 オフィシャルファンクラブ「turbo」サイトのtakanoriダイアリーでは「姫」と呼んでおり、写真付きの日記を書いたりする事がある。
* 著書『西川貴教のとなりの芝生』で、声帯にポリープがあるが「付き合っていけば味になる」と割り切り、切除手術はしていないと発言した『西川貴教のとなりの芝生』ロングインタビューより。

* 東京都の漫画の規制を目的とした都の条例改正とそれに関する石原慎太郎東京都知事の姿勢を問題視しており、また同知事の同性愛者差別発言について「勘違いされたくないのは、今回の条例を否定だけしているのではありません。
条例に関して都民に詳しく説明もせず、内容の審議もそこそこにアニメやコミックは低俗、同性愛者や性同一性障害者には時に差別発言をするような知事が性急に条例を可決させようとしていることに問題があると思っているのです」と批判した 非モテタイムズ 2010年12月16日。
* 2011年東日本大震災の発生直後から、被災者救済のためのチャリティライブ企画などの実現に向けていち早く動き出し、チャリティオークションなどを「STAND UP! JAPAN 2011」プロジェクトとして実現した。
西川本人も、コンサートで使用したギターなどの出品、ライブ会場への募金コーナー設置など、発起人として活動している。
* 2010年5月、Twitterの公式アカウントを取得。
以降、自ら積極的に活動などをツイートしており、フォロワーは2017年5月現在で137万人を超える。
2015年6月にはLINEの公式アカウントも取得。
* 1989年:バンドLuis-Mary結成。
パートはボーカルであり、当時は「灰猫=haine」と名乗る。
* 1991年:1月にLuis-Maryのインディーズデビュー、7月にはメジャーデビューを果たす。
その後、解散までに3枚のシングルと3枚のアルバムをリリース。
* 1993年:灰猫の脱退を期にLuis-Mary解散。
以後、2年弱の間は表舞台から遠ざかる。
* 1995年:accessが活動休止し、ソロ活動をしていた浅倉大介のソロシングル「BLACK OR WHITE?」にヴォーカルとして参加。
デビューに先駆けてライブ活動を行う。
12月には、公式ファンクラブ「turbo」が設立される。
* 1996年:5月にソロプロジェクトであるT.M.Revolutionとしての活動を開始。
* 1997年:『西川貴教のオールナイトニッポン』のラジオパーソナリティを担当(1月6日 - )。
以後2005年まで、8年9か月に渡って放送を続けた。
12月、T.M.Revolutionとして第48回NHK紅白歌合戦に初出場(以後、1998年、2005年、2013年、2014年に出場)。
* 1999年:3月、ラジオでT.M.Revolutionの封印を発表し、それ以後は当時のプロデューサー浅倉大介とのユニットthe end of genesis T.M.R.evolution turbo type D(T.M.R-e)として活動。
4月2日、パフィーの吉村由美と結婚。
* 2000年:T.M.R-eの使命を終え、T.M.Revolutionとして活動再開。
* 2001年:自らデザイン・企画を務めるファッションブランドDEFROCKを立ち上げる。
* 2002年:2月、T.M.Revolutionのセルフプロデュースを開始。
7月1日、吉村由美と離婚、スポーツ報知の一面が独占ニュースで掲載した。
* 2004年:主に、DEFROCKの商品を取り扱うブランドショップ、BABEL FISHを代官山にオープンさせる。
* 2005年:ロックバンドabingdon boys schoolを結成し、本名の名義でボーカルとして参加。
ネイルクィーンのメンズ部門受賞。
* 2006年:1月2日に、1夜限りで西川貴教のオールナイトニッポンが復活。
7月末に、DEFROCK・BABEL FISH事業を凍結。
12月6日にはabingdon boys schoolとしてメジャーデビュー、同バンドの公式ファンクラブA.B.S.F.C.が設立される。
* 2007年:主演を務めるミュージカル「ハウ・トゥー・サクシード」が、4月21日より東名阪にて公演された。
同年11月に、異例の年内再演が決定した。
9月には3年振りとなる、ファンクラブ会員限定恒例イベント「turbo surf'07」をハワイにて開催した。
* 2008年:1月、滋賀プラスワン(滋賀県広報誌)1月号(vol.103)において、「滋賀に元気の風を吹かせよう」というタイトルで嘉田由紀子滋賀県知事との対談が掲載され、郷土である滋賀県について語っている。
5月、映画『コラソン de メロン』に出演(井上和香とのダブル初主演)。
10月24日、滋賀県初となる「滋賀ふるさと観光大使」に任命された。
* 2009年:9月19日・20日の2日間、故郷の滋賀県で県内初となる大型野外音楽フェスティバル「イナズマロックフェス 2009」(滋賀県草津市)を開催。
自身も19日にはabingdon boys schoolとして、20日にはT.M.Revolutionとして出演した。
*2009年:11月3日よりabingdon boys schoolとしてヨーロッパツアーを開始。
過酷なスケジュールの中で、ロシア、フィンランド、スウェーデン、ドイツ、フランス、イギリスを回った。
なかでもドイツ入りは、1週間のうちに4回という過密日程となった。
*2009年12月16日:インディーズレーベル「Defrock Records」を設立。
* 2011年:ミュージカル「ROCK OF AGES」が10月28日より東京で、11月11日より大阪で公演される。
往年のスーパースターの名曲を数多く取り入れたこの作品の主演を務める。
なお、同作品はトニー賞に5部門ノミネートされた、海外作品の日本公演版となる。
* 2013年9月14日:日本初のラスベガス観光大使に就任する。
* 2016年4月1日:自身のデビュー20周年記念事業として『株式會社突風』を設立。
自ら代表取締役社長に就任。
* 2016年7月:西川貴教総合プロデュースのアニメ『B-PROJECT〜鼓動*アンビシャス〜』が放送開始。
* 2017年9月:47歳の誕生日を迎えた19日に、新たに西川貴教名義でデビュー。
シングル「BIRI x BIRI」は西川と親交の深いAAAのSueyoshi Shutaをゲストヴォーカルに加えてリリース。

引用:Wikipedia:データベース

西川貴教 ビジネス論に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも西川貴教 ビジネス論に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング