西城秀樹とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
西城秀樹 オフィシャルサイト HIDEKI SAIJO OFFICIAL WEBSITE
西城秀樹オフィシャルサイト. ... 同窓会コンサート2014 · キャプテンサンタ30周年特別 企画 HIDEKI SAIJO x CAPTAIN SANTA ロングスリーブTシャツ · 2015.4.13発売 還暦 記念アルバム「心響 -KODOU-」特設サイト · 「心響」西城秀樹 還暦記念アルバム!
あの人は今どうしてる?西城秀樹の現在 | LAUGHY [ラフィ]
来歴- 年表- 1972年 - 1975年- 1976年 - 1979年
西城秀樹 -価格.com -Amazon.co.jp -youtube.comに関するニュース
2015年4月8日 - 歌手,俳優と幅広く活躍してきた西城秀樹さん。最近姿を見ないけど,今どうしているの かと思っていらっしゃる方もいるのでは?そこで西城秀樹さんの現在について調べました 。
西城秀樹が明かした脳梗塞の意外な予防法! | アサ芸プラス
西城秀樹 脳梗塞後の心境を語る〈還暦鼎談「郷ひろみ×西城秀樹...
西城秀樹の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

西城 秀樹(さいじょう ひでき、1955年〈昭和30年〉4月13日 - 2018年〈平成30年〉5月16日 )は、日本の男性歌手、俳優。
新御三家の1人。
本名は木本 龍雄(きもと たつお)。
広島県広島市出身 ※一番上の写真は1974年に里帰りした際に『月刊明星』の取材で広島の黄金山展望台で撮られたもの。
「シェー!」をする写真は、愛宕町8付近にあった最初の自宅前で撮られたもの。
お好み焼き・かばざわから二葉通りの愛宕交番に抜ける通り沿い。
借景の低い方の山は東山で現在はゴルフ練習場・広電ゴルフが建っている。
文中の山陽高校は、高台ではなく平地にある。
吉田拓郎が練習拠点にしていたのは『パンチ』でなく二軒西隣にあったカワイ楽器広島店。
カワイも現在は移転している。

アースコーポレーション所属。
身長181cm。
血液型はAB型。
既婚。
; 愛されキャラ西城秀樹という人は天性の"愛されキャラ"。
末っ子で両親や姉・兄に非常に可愛がられて育ったため、年上の心を掴むのが上手く、芸映やRCAレコード(現・ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)のスタッフ・音楽関係者が口を揃えて「性格がよくて人懐っこくて礼儀正しい。
何事にも真面目に取り組むから、スタッフは皆『ヒデキのためにやろうじゃないか』という意識になった。
そういう求心力や人間的魅力があった」と証言している。
西城は当初、同じ年のアイドル、野口五郎・郷ひろみに人気で後れをとっていた。
田頭信幸や伊丹幸雄など、ほぼ同世代で西城より人気が先行していた男性アイドルも他にいて、野口や郷に比べて新御三家では三番手の扱い。
1973年は新御三家初どころか、1970年代デビューの男性アイドルで初めてオリコンシングル1位という偉業を達成し、さらに『第15回日本レコード大賞』で初の歌唱賞を受賞したにも関わらず、初出場が確実視された『第24回NHK紅白歌合戦』は落選。
関係者の落胆は大きく、それ以上に西城のショックは大きなものだった。
こうした逆風もトップになるための試練と強く受け止めた。
当時劇団四季の演出家だった浅利慶太は西城の事を「秀樹はいい子だ、彼とだったら喜んで一緒にやろう」というのがスタッフ、キャストの共通した意見ですね。
多勢の共演者に好かれるということは、その場の繕いで出来る事ではありません。
あれだけのスタイル、スターとしての人気がありながら全く人間的に、昂ったり、驕ったところがなく、非常に素直に成長していますね。
僕は、年に一度か、二年に一度、彼と組んでやりたいと思ってます」(原文ママ)。
2018年5月21日、西城のバックを藤丸バンドとして務めるなどした盟友・芳野藤丸はこう語っている。
「秀樹はヘタなロックよりロックしていて、いやロック以上だなって。
エンターテイナーとして素晴らしかった」。
2021年2月27日(発売日同年2月22日)週刊現代3月6日号で音楽ディレクターの岡村右は西城の事をこう評している。
「彼を『天才肌』と言う人もいますが、僕は決してそうは思わない。
本物の努力家でした」 参照また西城の細やかな気遣いについても岡村は「私が特別だからというわけではない。
彼はファンを含めて、自分の力になってくれる人を大切にしていました」 参照。
「超売れっ子でしたから、少しくらい天狗になってもおかしくない。
でも秀樹は真逆でした。
レコーディングのたびに、どこが良かったか、どこが悪かったか、いつも食い下がるように聞いてきました」と回顧 参照。
日本歌手協会理事長の合田道人は西城の事を「ヒデキさんは、汗が飛び散ってカッコいい男でしたね。
まるでスポーツ選手のような、汗が似合う男性だったんです。
今も西城秀樹の代わりになる人はいませんよ」と三回忌後に語っている。
写真家の中村昇は西城の事を「素顔は大らかでストレート、裏表のない気さくな青年」、またスタジアムライブでは「本番での秀樹は、僕を見つけると必ず目線をくれたり、ニコッと笑ってくれたりするんですよ。
そんなときは男の僕でもドキッとするほど魅力的でしたね」と回顧。
2021年4月13日、西城の生誕66周年にオリジナルアルバム復刻発売が決定、その日に発表された。
レコード会社へのアルバム再発のリクエストも多く、またファンの間でもCDとして手元に置いておきたいという要望も多かった。
2021年4月19日「誰も知らなかった西城秀樹。
」青志社からファンの熱望により復刊された。
但し1975年出版のものとは多少の違いがある。
初版の207頁・復刻では223頁の「新人の草川佑馬」が復刻では「詩人の草川佑馬」(誤植)、また復刻の145頁には「注釈」が新たに加わっている。
復刻の写真は全て違うものとなっている。
; スポーツマン・夏男スポーツマンで、小学校の時は柔道を習い、学生時代の部活動は水泳部でマリンスポーツが得意。
先述した「水泳大会」や「運動会」の他、『新春かくし芸大会』や、『8時だョ!全員集合』の体操コーナーなどでも活躍。
趣味はスキューバダイビング(1983年頃より・指導員資格所有)やゴルフ、サーフィンもやっていた。
「情熱の嵐」以降、夏をイメージさせるヒット曲が多いこと。
その激しく歌い踊る姿や真夏のスタジアムコンサートの熱い印象。
『芸能人水泳大会』での活躍、長髪で日焼けした精悍なイメージから「夏男」との異名をとった。
また夏に野外で派手に新曲発表会を行うことが多かった。
; デビュー当時デビュー当時、才能を認められ、先輩の歌手として兄のように慕っていたのは布施明だった。
布施は初期の西城のコンサートのプロデュースに加わっていたこともあった。
ヴォイストレーナーの大本恭敬の息女・大本京は「呼吸法、共鳴(深い響き)、地声からファルセットまでを自在に使いこなせるように、徹底的にたたき込みます」と語り「西城秀樹はどんなジャンルも歌いこなす唯一無二のスターだった」と回顧している西城をスカウトした上条英男との関係から、芸映に所属する前に暫くの間、上条の事務所「ジュエム・カンパニー」に所属した。
西城秀樹という芸名もその時付けられ、西城のサインは同じ事務所にいた五十嵐淳子が考えた。
デビューして半年後の1972年9月22日に『週刊セブンティーン』の企画で、東京北区滝野川周辺の女子高の前でヒデキグッズ(サイン入りノート)1500冊を配った。
同誌で告知もしたため、他校の生徒まで押しかけ女子高の門前でヒデキグッズの奪い合いが始まり大騒ぎになってパトカーが出動する事態になった。
10月17日に今度は市ヶ谷から飯田橋付近の公園に出現すると告知し、再びノートを配った。
これは女子高生に熱狂的に支持されるヒデキをワイドショーに取材してもらい、お茶の間の主婦層にもヒデキの人気ぶりをアピールしようというプロモーションの一環だった。
若い頃はケンカっ早く、和田アキ子と取っ組み合い(寸前)のケンカをしたことがあると和田の著書に記述されている『和田アキ子だ 文句あっか!』 和田アキ子著、日本文芸社、1983年、19-22頁。
この一件で仲良くなり、以降は姉弟のように付き合った『週刊プレイボーイ』 集英社、2009年10月12日号、158頁。
; ミュージカルとの出会い1976年5月(昭和51年5月)劇団四季の「ジーザス・クライスト・スーパースター」を観劇し衝撃を受ける。
21歳の西城が知らない世界であった。
のちに西城は『わが青春の北壁』企画協力をした安部寧にこう語っている。
「見ている間じゅう、からだが、かっかと燃えていました。
見終わってからの感動を忘れられません。
ぼくの知らなかったところで、こんなにすばらしい仕事をしている人たちがいるのかと、すっかりショックを受けてしまったんです」(原文ママ)それに対し安部の西城評。
「私がこの際、むしろ強調しておきたいのは西城が四季と出会った時の、その率直な態度である。
ショックをショックとして受け止めた素直さである。
しかも彼は、自分にショックを与えた四季の俳優のなかに飛び込んで行き、いっしょに仕事をしたいという気持を持つに至った。
おどろき、興奮、感動にとどまることなく、それを行動にまで発展させた西城秀樹を、私は、若いに似合わず大した奴だと思わずにはいられない」(原文ママ); 西城のファン女性ファンのみならず、山口百恵や岩崎宏美など同世代の女性アイドルにもファンが多く、『第18回日本レコード大賞』で西城が歌唱賞を受賞した際に、彼女らは同じ壇上にいて自分のことのように号泣した1977年1月3日付『毎日新聞』掲載。
この時代のエピソードとして、元テレビ・ディレクターのテリー伊藤が西城秀樹の死後に明かした秘話(還暦となった西城秀樹から直接打ち明けられたとされる昔の思い出話)によれば、西城秀樹は人気絶頂の若い頃、山口百恵からラブレターをもらったことがあるという(サンスポ.com、2018年5月20日)。
山口からもらった手紙の話は西城の著書にも書かれている他「山口百恵ちゃんは、デビュー前からずっとボクのファンだった」#熱き想い、26頁。
、山口が西城のファンだったことは、山口の新人時代の『月刊明星』や『月刊平凡』に書かれている。
ミュージカル『わが青春の北壁』を演出した当時劇団四季の演出家だった浅利慶太は西城のファンの事をこう語っている。
「ミュージカルをやって一番感心した事は、秀樹君のファンのレベルの高さです。
実に質いいお客様で、初めは、経験がないので心配しましたが、彼に対して非常に温かい。
秀樹君を、育てようという姿勢が見える。
彼は幸福な役者ですね。
あれだけ良いお客様に恵まれたら、いい役者になります。
彼と一緒に成長する年齢層があるんでしょうね」岩崎宏美は「17歳のとき、秀樹さんの前座で歌って、そのあと照明の横からステージの秀樹さんを観ていました。
生は初めてでしたが、とても輝いていました。
そのときからずっと印象は変わりません。
本当にカッコいい歌手でした」と述べた。
デビューが同じ頃で同学年だった坂口良子が西城の大ファンで、連載を持っていた『週刊セブンティーン』のゲストに西城を指名し呼んだことがある。
西城は大人の女性からもよくモテて、十朱幸代と付き合いがあったことは双方認めている「あの女優(ひと)との恋、少し話そうか」#熱き想い、110-113頁。

特に外国人女性は感情をストレートに表現するため、1978年の第7回東京音楽祭に出演したエモーションズにモテモテで大変困惑し、同年7月22日、ソロシンガーとして初めて後楽園球場で行ったコンサートで共演した黒人ダンサーに「ワタシハアナタガスキデス」とたどたどしい日本語で告白された。
ダイアナ・ロスにホテルの部屋に誘われたともいわれ、1984年4月、共に来日していたシルヴィー・バルタンとアリ・マッグローには追いかけ回された。
アリは1984年の第13回東京音楽祭にゲスト審査員に招かれた際に、歌唱した西城を「これまであんなセクシーな若い男の子見たことない」と一目惚れし、スティーブ・マックイーンの前の夫であるロバート・エヴァンスとの間にできた息子を連れての来日だったが、そんなことはお構いなしで、女性週刊誌から当時交際していると噂された作曲家との仲を聞かれると、「もうターゲットは日本人に変えたわ」と答えるほど西城に熱を入れ上げた。
西城の海外進出の切っ掛けも外国人女性が関係している。
1980年代に香港を皮切りにアジア公演をプロデュースしたのは「オールプロデュース」という企画会社だったが、この会社の社長の娘が当時、アメリカンスクールに通っていて、その娘から「ヒデキはアメリカ人のスクール生からウケがいい」と聞かされた「オールプロデュース」の六車暢志が「そういわれればヒデキは上背もあるし、熱唱型。
ひょっとしたらいけるかもしれない。
まず、手近な国際都市・香港で試してみよう」と思いついたのを始まりとしている。
; 広島出身広島東洋カープのファン。
また広島のお好み焼きは、学校帰りや部活、バンド練習の帰りなど、何かと仲間とつるんで食べた青春の味、ソウルフード。
「最後の晩餐」にもお好み焼きを選んだほど。
広島の実家では4、5軒隣りがお好み焼き屋だったが、1970~80年代の東京都内では広島のお好み焼き店は数軒、10数軒だったため、都内を探しまわり渋谷の「マコ」や千駄ヶ谷の「お多福」などでよく食べた(両店舗とも現在は閉店)。
年350回通ったこともあり、海外から帰国すると家にも帰らず直行した。
お好み焼き好きが高じて1980年代前半に原宿パレフランスビル地下1Fにレナウンから店を借りて友人に譲り、お好み焼き店「MOMIJI HOUSE(モミジハウス)」をオープンしたこともある。
その店で働いていた人が渋谷の宮益坂を昇りきった左側の青山セブンハイツ1階に1984年「MAO」という広島のお好み焼き店を始めたため、この店の常連でもあった(現在は閉店)。
知名度が今よりずっと低かった時代から、テレビ番組等でよく広島のお好み焼きを紹介し、やはり1980年代に都内で広島のお好み焼き店を6店舗経営していた島田洋七とともに広島のお好み焼き普及者の一人であった。
; 「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」のエピソード西城は1979年に「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」をシングルとして発売するが、この曲は当初シングル化する予定がなくファンからの要望で急遽発売することになったため、神奈川県内のビクターレコード工場では生産が追いつかない状況となった。
それを知った西城自らが工場へ出向き、従業員を前に「残業させてしまいますが、お願い申し上げます」と呼びかけて自ら激励の意志を込めて「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」をミカン箱の上から歌唱して工場を激励したという。
; 脳梗塞からの復帰2001年秋、仕事から帰宅した際、妻に「ふらつく」「しゃべり辛い」と不調を訴える。
病院で検査をすると脳梗塞が確認され緊急入院。
この時は一週間ほどで退院した。
疾患は軽度で再発はないと思い、また、周囲に過度な心配をかけぬために対外的に「二次性多血症で入院」と発表した。
2003年、ディナーショーのため訪れていた韓国で2度目の脳梗塞を発症。
朝に症状がありながら、その夜のディナーショーをやり通して、さらに空路帰国して入院。
懸命のリハビリにより1か月で復帰会見に臨んだが、実は一部声帯の神経が損傷しており、歌手にとっては致命的ともいえる歌どころか言葉自体を正確に発することができない構音障害を発症しており、引退を発表するつもりだったという。
しかし「すぐに結論を出さずゆっくり治していけば」という夫人の言葉で、芸能活動を継続しながら回復に励む道を選ぶ。
その年『Forever '70s 〜青春〜 伝説のステージ』に出演するも、「ボロボロだった。
」と振り返っている。
2004年、著書『あきらめない 脳梗塞からの挑戦』(リベロ)発売。
自分の闘病体験が同じ病気を患った人たちへの役に立てればと、医療関係のシンポジウムなどでの講演も積極的に行う。
無くした声帯の神経の周辺の神経を刺激し鍛えるボイストレーニング法に取り組み、2006年、脳梗塞発症以来3年ぶりのシングル「めぐり逢い/Same old story 〜男の生き様〜」発売。
その後も徐々に回復傾向に向かい、年々コンサート本数も増えていた。
しかし、2011年に脳梗塞が再発していることが判明、東京都内の病院で入院した。
右半身麻痺の後遺症が残ったが、リハビリに水中運動を取り入れ、筋力をつけることで立つことには支障が無くなり、再びステージに立つまでに回復した。
ステージ復帰後、最晩年まで週に4回ほどのペースでリハビリを続け、自宅で意識不明となる2018年4月25日の日中もリハビリを受けていた事が死去後明らかにされている。
なお、2003年の発症時、及び2011年の再発時も、2001年の脳梗塞発症の事実は伏せられたままだった為、西城が生前脳梗塞を発症したのは、対外的には公表した2回とされていた。
更に、西城の死後出版された妻の著書では、公表した2回と伏せられていた最初の発症以外にも複数回脳梗塞を発症しており、軽度のものを含め実際の発症回数は8回に及んだ事、西城が度々発症した脳梗塞が『ラクナ梗塞』と呼ばれる隠れ脳梗塞だった事が明かされている。
同書ではこの他にも、西城が脳梗塞の他に小脳の機能に障害を及ぼす多系統萎縮症を発症していると診断されていた事も記述されており、一度は回復しつつあった歩行状態や発声が、晩年にかけ再び悪化していったことが、この病気によって引き起こされた自律神経障害に起因するものだったことが明かされている。
2018年4月25日、自宅で家族と団らん中に倒れ、神奈川・横浜市の病院に救急搬送された。
その後、3週間ほど入院していたが、その間意識が戻ることはなかった。
また、通夜・葬儀の司会を務めた徳光和夫は自身のラジオ番組で、家族から聞いた話として、治療に当たった医師と家族との間で延命治療についての話があったことを明かしており、その時の容態について「仮に延命治療をしても意識が戻るわけではなく、そのまま生涯を終える」状態であったと話している。
最終的に西城の子供達の意見を受けて、延命治療はしない事となった。
そして、2018年5月16日、午後11時53分、家族にみとられながら息を引き取った。

引用:Wikipedia:データベース

西城秀樹に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング