西城秀樹 死去とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
東京新聞:歌手の西城秀樹さん死去 63歳、広島市出身:話題のニュース ...
42分前 - 歌手の西城秀樹さん死去 63歳、広島市出身. Tweet · このエントリーをはてなブックマークに追加. 2018年5月17日 12時31分. 「傷だらけのローラ」「YOUNG MAN」 などのヒット曲で知られる歌手の西城秀樹さんが16日に死去したことが17日、分かった。63歳 ...
歌手・西城秀樹さん死去 63歳― スポニチ Sponichi Annex 芸能
「YOUNG MAN」大ヒット/西城秀樹さん略歴
西城秀樹さん死去 63歳 最期まで「生涯歌手」 - 芸能 : 日刊スポーツ
昭和の歌謡史を情熱的な歌唱と激しいアクションで彩った歌手西城秀樹(さいじょう・ひでき)さん(本名・木本竜雄=きもと・たつお)が16日に、死去したことがわかった。63歳。 ◆西城秀樹(さいじょう・ひで...- 日刊スポーツ- 5分前
【訃報】西城秀樹さんが死去 突然の報に悲しみの声 | まとめまとめ
歌手・西城秀樹さん死去 63歳 傷だらけのローラ、...- スポニチアネックス- 6分前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも西城秀樹 死去に関連のある画像ばかりではありません。
西城秀樹 死去の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

西城 秀樹(さいじょう ひでき、1955年4月13日 - )は、日本の歌手、俳優。
本名は木本 龍雄(きもと たつお)。
広島県広島市出身。
アースコーポレーション所属。
身長181cm。
血液型はAB型。
既婚。
;スポーツマン・夏男スポーツマンで、小学校の時は柔道を習い、学生時代の部活動は水泳部でマリンスポーツが得意。
先述した「水泳大会」や「運動会」の他、『8時だョ!全員集合』の体操コーナーでも活躍。
趣味はスキューバダイビング(1983年頃より・指導員資格所有)やゴルフ、サーフィンもやっていた。
「情熱の嵐」以降、夏をイメージさせるヒット曲が多いこと。
その激しく歌い踊る姿や真夏のスタジアムコンサートの熱い印象。
『芸能人水泳大会』での活躍、長髪で日焼けした精悍なイメージから「夏男」との異名をとった。
また夏に野外で派手に新曲発表会を行うことが多かった。
;デビュー当時デビュー当時、才能を認められ、先輩の歌手として兄のように慕っていたのは布施明だった。
布施は初期の西城のコンサートのプロデュースに加わっていたこともあった。
若い頃はケンカっ早く、和田アキ子と取っ組み合い(寸前)のケンカをしたことがあると和田の著書に記述されている『和田アキ子だ 文句あっか!』 和田アキ子著、日本文芸社、1983年、19-22頁。
そして時が経ち、現在は笑い話として、この話をお互いラジオや雑誌のインタビューで話している『週刊プレイボーイ』 集英社、2009年10月12日号、158頁。
女性ファンのみならず、山口百恵や岩崎宏美など同世代の女性アイドルにもファンが多く、『第18回日本レコード大賞』で西城が歌唱賞を受賞した際に、彼女らは同じ壇上にいて自分のことのように号泣した1977年1月3日付『毎日新聞』掲載。
;その他広島出身であることから、広島東洋カープのファンである。
;2度の脳梗塞からの復帰2003年、ディナーショーのため訪れていた韓国で脳梗塞を発症。
朝に症状がありながら、その夜のディナーショーをやり通して、さらに空路帰国して入院。
懸命のリハビリにより1か月で復帰会見に臨んだが、実は一部声帯の神経が損傷しており、歌手にとっては致命的ともいえる歌どころか言葉自体を正確に発することができない構音障害を発症しており、引退を発表するつもりだったという。
しかし「すぐに結論を出さずゆっくり治していけば」という夫人の言葉で、芸能活動を継続しながら回復に励む道を選ぶ。
その年『Forever '70s 〜青春〜 伝説のステージ』に出演するも、「ボロボロだった。
」と振り返っている。
2004年、著書『あきらめない 脳梗塞からの挑戦』(リベロ)発売。
自分の闘病体験が同じ病気を患った人たちへの役に立てればと、医療関係のシンポジウムなどでの講演も積極的に行う。
無くした声帯の神経の周辺の神経を刺激し鍛えるボイストレーニング法に取り組み、2006年、脳梗塞発症以来3年ぶりのシングル「めぐり逢い/Same old story 〜男の生き様〜」発売。
その後も徐々に回復傾向に向かい、年々コンサート本数も増えていた。
しかし、2011年に脳梗塞が再発していることが判明、東京都内の病院で入院した。
右半身麻痺の後遺症が残ったが、リハビリに水中運動を取り入れ、筋力をつけることで立つことには支障が無くなり、再びステージに立つまでに回復した。
広島駅近くの東蟹屋町(現東区東蟹屋町)に生まれる。
ジャズギターが趣味だった父親の影響で幼少期から洋楽に馴染み影田裕二「インタビュー 西城秀樹」#歌謡pc、136-139頁、ジャズスクールに通ってドラムを勉強した。
小学3年の時、最初にファンになったのはジェフ・ベックで「メタル歌謡レジェンド 西城秀樹インタビュー」#ヘドバン3、77-87頁、おませなガキでもあり、同世代には洋楽を聴く者は誰もおらず、音楽の話は兄たちとした。
5年生の時にその兄とエレキバンドを結成、小学生ドラマーとして活動した「日本のエンターテイメントを切り拓いた西城秀樹」#40年男、47-51頁。
ベンチャーズ、ビートルズ、ジミ・ヘンドリックス、ローリング・ストーンズ、シカゴ、ジャニス・ジョプリンなどの洋楽に影響を受け、スポーツニッポン、2015年6月23日、1971年のレッド・ツェッペリン広島公演もバンド仲間と観戦。
歌謡曲は聴いてなかった。
中学以降もバンド活動を続け、米軍岩国基地のライブハウスなどにも出演し、1969年の『ウッドストック・フェスティバル』は、そこでテープを録ってもらった物を観た。
強い感銘を受け、それが後のスタジアムライヴにつながったと話している「西城秀樹歌手生活35周年 奇跡の復活 ヒデキカンゲキ!」 東京スポーツ/2006年9月連載。

岩国基地が近かったため、最新の洋楽の情報は東京より早かったと述べている#MM0712、20-23頁。
山陽高等学校時代、ジャズ喫茶でバンド出演時に、たまたま歌っていたところをスカウトされる。
本来、歌手には興味がなかったが、当時、尾崎紀世彦の「また逢う日まで」がヒットして、歌謡曲が変わり始めた時期と感じ、スカウトを承諾した。
父親が頑固で厳しい人であったため芸能界入りを猛反対。
その反対を押し切り、家出同然で広島から上京。
芸能事務所「芸映」に所属。
明大中野高等学校定時制へ転校する。
1972年3月25日、ビクター音楽産業 (RCA) よりシングル「恋する季節」で歌手デビュー。
キャッチフレーズは「ワイルドな17歳」。
片仮名の「ヒデキ」が愛称となる。
1973年6月25日、「情熱の嵐」がオリコン週間チャートで初のベストテン入りとなり、一躍トップアイドルの仲間入りを果たし、郷ひろみ、野口五郎と共に「新御三家」と呼ばれる「西城秀樹 ロック歌手にも影響を与えた永遠のポップ・アイドル」#CD検定、132頁。
「ちぎれた愛」、「愛の十字架」が連続してオリコン週間チャートの第1位を獲得。
絶唱型と言われる歌唱法を披露。
『第15回日本レコード大賞』で初の歌唱賞を受賞する。
1974年、「薔薇の鎖」でマイクスタンド・アクションを披露。
「激しい恋」がオリコン年間チャートの第8位を獲得。
「傷だらけのローラ」が、『第16回日本レコード大賞』で歌唱賞を受賞。
これによりポップス歌手としては史上初となる2年連続受賞を樹立する。
『第25回NHK紅白歌合戦』にも初出場し、その後も着実にヒットを飛ばす。
ホームドラマ『寺内貫太郎一家』にレギュラー出演、松竹映画『愛と誠』で映画初主演と、俳優としても活動する。
1976年の「君よ抱かれて熱くなれ」から1977年の「ボタンを外せ」までは、阿久悠の作詞、三木たかしの作曲のコンビによるヒット作品が続く。
1976年の「ジャガー」、1978年の「炎」で、『東京音楽祭』国内大会でゴールデン・カナリー賞を受賞し、世界大会にも出場。
1979年、「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」で"Y.M.C.A."の4文字を全身で表現するパフォーマンスを披露した。
ロック系のポピュラー音楽を中心にしたコンサート活動も精力的に行い、1974年から1983年まで10年連続で、大阪球場でのスタジアム・コンサートを(1978年からは後楽園球場でも)開催する。
1975年秋には、日本人のソロ歌手として史上初となる日本武道館でのリサイタルを公演し、その後11年連続で開催する。
“秋(静)の日本武道館”と“夏(動)のスタジアム・コンサート”は恒例となる。
1981年4月6日、「リトルガール」でシングル30曲ベストテン入り(オリコン史上初)。
続く「セクシーガール」で、発売シングルレコードの総売上枚数が1,000万枚を突破する。
同年、香港で初のコンサートを開催し、その後もアジア各国でコンサートを行う。
1983年1月21日、スタッフと共に芸映を円満退社し独立、有限会社(現・株式会社)「アースコーポレーション」を設立する。
第1弾シングルは「ギャランドゥ」。
以降、グラハム・ボネットの「Night Games」、ワム!の「Careless Whisper」、バリー・マニロウの「In Search of Love」、「It's All Behind Us Now」をカヴァーする等、それまでの歌謡曲の枠に囚われることなくロック系、バラード系の曲にも意欲的に取り組むようになる。
『NHK紅白歌合戦』は1974年から1984年の「抱きしめてジルバ」まで11年連続出場。
『日本レコード大賞』では1976年の「若き獅子たち」が歌唱賞を受賞(通算3度目)。
金賞は1978年の「ブルースカイブルー」から1983年の「ギャランドゥ」まで6年連続受賞する。
ヒット曲をランキング形式で紹介する音楽番組『ザ・ベストテン』には放送が開始した1978年の「ブーツをぬいで朝食を」から1985年の「腕の中へ」まで22曲(154週)ランクインした。
2000年、「最後の愛」を最後にビクター音楽産業系(RCA⇒RVC⇒BMGビクター)から、ポリドールへ移籍し「Bailamos」をリリースする。
以降はユニバーサルミュージック系(ユニバーサルJ・ナユタウェイブレコーズ)から楽曲をリリースする。
2015年4月13日の還暦記念アルバム『心響 -KODOU-』からBattle Cry Soundレーベルのリリースとなる。
私生活では、大阪在住で元・会社員だった女性と2001年6月30日に結婚。
2002年6月3日に長女が、2003年9月1日に長男が誕生する。
2003年6月21日に85枚目のシングルを発表した直後、公演先の韓国で脳梗塞を発症する。
軽度の言語障害の後遺症は残ったが、闘病の末復帰し、2006年9月27日、3年ぶりに「めぐり逢い/Same old story - 男の生き様 -」が両A面で発売された。
2011年12月20日、脳梗塞の再発との診断を受け、2週間程度入院する。
右半身麻痺と微細な言語障害の後遺症が残ったが、その後は快方へ向けてリハビリに励み、徐々に歩行の状態など改善されている(2013年1月28日閲覧)(2013年1月28日閲覧)。

引用:Wikipedia:データベース

西城秀樹 死去に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも西城秀樹 死去に関連のある動画ばかりではありません。

西城秀樹 死去に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング