西城秀樹 死去とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
東京新聞:歌手の西城秀樹さん死去 63歳、広島市出身:話題のニュース ...
42分前 - 歌手の西城秀樹さん死去 63歳、広島市出身. Tweet · このエントリーをはてなブックマークに追加. 2018年5月17日 12時31分. 「傷だらけのローラ」「YOUNG MAN」 などのヒット曲で知られる歌手の西城秀樹さんが16日に死去したことが17日、分かった。63歳 ...
歌手・西城秀樹さん死去 63歳― スポニチ Sponichi Annex 芸能
「YOUNG MAN」大ヒット/西城秀樹さん略歴
西城秀樹さん死去 63歳 最期まで「生涯歌手」 - 芸能 : 日刊スポーツ
昭和の歌謡史を情熱的な歌唱と激しいアクションで彩った歌手西城秀樹(さいじょう・ひでき)さん(本名・木本竜雄=きもと・たつお)が16日に、死去したことがわかった。63歳。 ◆西城秀樹(さいじょう・ひで...- 日刊スポーツ- 5分前
【訃報】西城秀樹さんが死去 突然の報に悲しみの声 | まとめまとめ
歌手・西城秀樹さん死去 63歳 傷だらけのローラ、...- スポニチアネックス- 6分前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも西城秀樹 死去に関連のある画像ばかりではありません。
西城秀樹 死去の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

西城 秀樹(さいじょう ひでき、1955年〈昭和30年〉4月13日 - 2018年〈平成30年〉5月16日 )は、日本の男性歌手、俳優。
新御三家の1人。
本名は木本 龍雄(きもと たつお)。
広島県広島市出身。
アースコーポレーション所属。
身長181cm。
血液型はAB型。
既婚。
; スポーツマン・夏男スポーツマンで、小学校の時は柔道を習い、学生時代の部活動は水泳部でマリンスポーツが得意。
先述した「水泳大会」や「運動会」の他、『新春かくし芸大会』や 、『8時だョ!全員集合』の体操コーナーなどでも活躍。
趣味はスキューバダイビング(1983年頃より・指導員資格所有)やゴルフ、サーフィンもやっていた。
「情熱の嵐」以降、夏をイメージさせるヒット曲が多いこと。
その激しく歌い踊る姿や真夏のスタジアムコンサートの熱い印象。
『芸能人水泳大会』での活躍、長髪で日焼けした精悍なイメージから「夏男」との異名をとった。
また夏に野外で派手に新曲発表会を行うことが多かった。
; デビュー当時デビュー当時、才能を認められ、先輩の歌手として兄のように慕っていたのは布施明だった。
布施は初期の西城のコンサートのプロデュースに加わっていたこともあった。
西城をスカウトした上条英男との関係から、芸映に所属する前に暫くの間、上条の事務所「ジェームス・カンパニー」に所属した。
西城秀樹という芸名もその時付けられ、西城のサインは同じ事務所にいた五十嵐淳子が考えた。
 デビューして半年後の1972年9月22日に『週刊セブンティーン』の企画で、東京北区滝野川の女子高の前でヒデキグッズ(サイン入りノート)1500冊を配った。
同誌で告知もしたため、他校の生徒まで押しかけ女子高の門前でヒデキグッズの奪い合いが始まり大騒ぎになってパトカーが出動する事態になった。
10月17日に今度は市ヶ谷から飯田橋付近の公園に出現すると告知し、再びノートを配った。
若い頃はケンカっ早く、和田アキ子と取っ組み合い(寸前)のケンカをしたことがあると和田の著書に記述されている『和田アキ子だ 文句あっか!』 和田アキ子著、日本文芸社、1983年、19-22頁。
この一件で仲良くなり、以降は姉弟のように付き合った『週刊プレイボーイ』 集英社、2009年10月12日号、158頁。
; 西城のファン女性ファンのみならず、山口百恵や岩崎宏美など同世代の女性アイドルにもファンが多く、『第18回日本レコード大賞』で西城が歌唱賞を受賞した際に、彼女らは同じ壇上にいて自分のことのように号泣した1977年1月3日付『毎日新聞』掲載。
この時代のエピソードとして、元テレビ・ディレクターのテリー伊藤が西城秀樹の死後に明かした秘話(還暦となった西城秀樹から直接打ち明けられたとされる昔の思い出話)によれば、西城秀樹は人気絶頂の若い頃、山口百恵からラブレターをもらったことがあるという(サンスポ.com、2018年5月20日)。
山口からもらった手紙の話は西城の著書にも書かれている他「山口百恵ちゃんは、デビュー前からずっとボクのファンだった」#熱き想い、26頁。
、山口が西城のファンだったことは、山口の新人時代の『月刊明星』や『月刊平凡』に書かれている。
岩崎宏美は「17歳のとき、秀樹さんの前座で歌って、そのあと照明の横からステージの秀樹さんを観ていました。
生は初めてでしたが、とても輝いていました。
そのときからずっと印象は変わりません。
本当にカッコいい歌手でした」と述べた。
西城は大人の女性からもよくモテて、十朱幸代と付き合いがあったことは著書で認めている「あの女優(ひと)との恋、少し話そうか」#熱き想い、110-113頁。

特に外国人女性は感情をストレートに表現するため、1978年の第7回東京音楽祭に出演したエモーションズにモテモテで大変困惑し、同年7月22日、ソロシンガーとして初めて後楽園球場で行ったコンサートで共演した黒人ダンサーに「ワタシハアナタガスキデス」とたどたどしい日本語で告白された。
ダイアナ・ロスにホテルの部屋に誘われたともいわれ、1984年4月、共に来日していたシルヴィー・バルタンとアリ・マッグローには追いかけ回された。
アリは1984年の第13回東京音楽祭にゲスト審査員に招かれた際に、歌唱した西城を「これまであんなセクシーな若い男の子見たことない」と一目惚れし、スティーブ・マックイーンの前の夫であるロバート・エヴァンスとの間にできた息子を連れての来日だったが、そんなのお構いなしで、女性週刊誌から当時交際していると噂された作曲家との仲を聞かれると、「もうターゲットは日本人に変えたわ」と答えるほど西城に熱を入れ上げた。
麻原彰晃は西城の大ファンで、『情熱の嵐』がとりわけ好きで、盲学校時代に寄宿生らを集め、西城のレパートリーを歌う「松本智津夫ショー」を何度も開催し盲学校生を困らせた。
; 広島出身広島東洋カープのファン。
また広島のお好み焼きは、学校帰りや部活、バンド練習の帰りなど、何かと仲間とつるんで食べた青春の味、ソウルフード。
「最後の晩餐」にもお好み焼きを選んだほど。
広島の実家では4、5軒隣りがお好み焼き屋だったが、1970~80年代の東京都内では広島のお好み焼き店は数軒、10数軒だったため、都内を探しまわり渋谷の「マコ」や千駄ヶ谷の「お多福」などでよく食べた(両店舗とも現在は閉店)。
年350回通ったこともあり、海外から帰国すると家にも帰らず直行した。
お好み焼き好きが高じて1980年代前半に原宿にレナウンから店を借りて友人に譲り、お好み焼き店をオープンしたこともある。
その店で働いていた人が渋谷の宮益坂を昇りきった左側の青山セブンハイツ1階に1984年「MAO」という広島のお好み焼き店を始めたため、この店の常連でもあった(現在は閉店)。
知名度が今よりずっと低かった時代から、テレビ番組等でよく広島のお好み焼きを紹介し、やはり1980年代に都内で広島のお好み焼き店を6店舗経営していた島田洋七とともに広島のお好み焼き普及者の一人であった。
;「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」のエピソード西城は1979年に「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」をシングルとして発売するが、この曲は当初シングル化する予定がなくファンからの要望で急遽発売することになったため、神奈川県内のビクターレコード工場では生産が追いつかない状況となった。
それを知った西城自らが工場へ出向き、従業員を前に「残業させてしまいますが、お願い申し上げます」と呼びかけて自ら激励の意志を込めて「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」をミカン箱の上から歌唱して工場を激励したという。
; 脳梗塞からの復帰2001年秋、仕事から帰宅した際、妻に「ふらつく」「しゃべり辛い」と不調を訴える。
病院で検査をすると脳梗塞が確認され緊急入院。
この時は一週間ほどで退院した。
疾患は軽度で再発はないと思い、また、周囲に過度な心配をかけぬために対外的に「二次性多血症で入院」と発表した。
2003年、ディナーショーのため訪れていた韓国で2度目の脳梗塞を発症。
朝に症状がありながら、その夜のディナーショーをやり通して、さらに空路帰国して入院。
懸命のリハビリにより1か月で復帰会見に臨んだが、実は一部声帯の神経が損傷しており、歌手にとっては致命的ともいえる歌どころか言葉自体を正確に発することができない構音障害を発症しており、引退を発表するつもりだったという。
しかし「すぐに結論を出さずゆっくり治していけば」という夫人の言葉で、芸能活動を継続しながら回復に励む道を選ぶ。
その年『Forever '70s 〜青春〜 伝説のステージ』に出演するも、「ボロボロだった。
」と振り返っている。
2004年、著書『あきらめない 脳梗塞からの挑戦』(リベロ)発売。
自分の闘病体験が同じ病気を患った人たちへの役に立てればと、医療関係のシンポジウムなどでの講演も積極的に行う。
無くした声帯の神経の周辺の神経を刺激し鍛えるボイストレーニング法に取り組み、2006年、脳梗塞発症以来3年ぶりのシングル「めぐり逢い/Same old story 〜男の生き様〜」発売。
その後も徐々に回復傾向に向かい、年々コンサート本数も増えていた。
しかし、2011年に脳梗塞が再発していることが判明、東京都内の病院で入院した。
右半身麻痺の後遺症が残ったが、リハビリに水中運動を取り入れ、筋力をつけることで立つことには支障が無くなり、再びステージに立つまでに回復した。
ステージ復帰後、最晩年まで週に4回ほどのペースでリハビリを続け、自宅で意識不明となる2018年4月25日の日中もリハビリを受けていた事が死去後明らかにされている。
なお、2003年の発症時、及び2011年の再発時も、2001年の脳梗塞発症の事実は伏せられたままだった為、西城が生前脳梗塞を発症したのは、対外的には公表した2回とされていた。
更に、西城の死後出版された妻の著書では、公表した2回と伏せられていた最初の発症以外にも複数回脳梗塞を発症しており、軽度のものを含め実際の発症回数は8回に及んだ事、西城が度々発症した脳梗塞が『ラクナ梗塞』と呼ばれる隠れ脳梗塞だった事が明かされている。
2018年4月25日、自宅で家族と団らん中に倒れ、神奈川・横浜市の病院に救急搬送された。
その後、3週間ほど入院していたが、その間意識が戻ることはなかった。
また、通夜・葬儀の司会を務めた徳光和夫は自身のラジオ番組で、家族から聞いた話として、治療に当たった医師と家族との間で延命治療についての話があったことを明かしており、その時の容態について「仮に延命治療をしても意識が戻るわけではなく、そのまま生涯を終える」状態であったと話している。
最終的に西城の子供達の意見を受けて、延命治療はしない事となった。
そして、2018年5月16日、午後11時53分、家族にみとられながら息を引き取った。

引用:Wikipedia:データベース

西城秀樹 死去に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも西城秀樹 死去に関連のある動画ばかりではありません。

西城秀樹 死去に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング