藤田志穂 ギャル社長時代とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
あの“ギャル社長”藤田志穂が今、振り返る――益若つばさや小森純が ...
今から約12年前の2005年、“ギャル社長”という肩書きで突如ブレイクした藤田志穂. ... あの“ギャル社長”藤田志穂が今、振り返る――益若つばさ. 今では結婚し、 ... 今や若い 世代を支援する彼女に“ギャル社長”時代から振り返ってもらった。
19歳で起業した元“ギャル社長”藤田志穂が気付いた「大人が本当にやる ...
約10年前「ギャル革命」を掲げて19歳で起業した、元“ギャル社長”の藤田志穂さん。 現在は全国の若者と“食”をつなぐ架け橋としての活動をしています。今回はそんな藤田 志穂さんの仕事観に迫ります。

■2017年11月10日
「銀座線」と「丸ノ内線」が他の鉄道とつながらない“深い事情”とは?
東京都心を縦横無尽に運行している地下鉄路線。 その多くは私鉄やJRと相互乗り入れする形で、乗り換えることなく郊外と都心を直結しています。 一方、他の鉄道に乗り入れることなく、長年に渡り独自路線の運行を

■2017年11月10日
【マンガ】無能と思われたら「窓際」に席を変えたらいい
こんにちは。しりもとです。仕事がうまくいかないとき、自分は無能だと落ち込んでいませんか?あなたの中には、まだ見ぬ素晴らしい才能が眠っているはずです。 >> 過去の作品一覧はこちら 著者:しりもと 絵や

■2017年11月09日
聞き上手は、“決めた時間内だけは○○しない”――ライター・丘村奈央子の「聞き方」講座
常識を打ち破る、新しい「聞き方」を 仕事でもプライベートでも、欠かせないのは他者とのコミュニケーションです。会話での「聞く」をもっと磨けると提案しているのがフリーライターの丘村奈央子さん。第1回、第2

■2017年11月09日
身体を作り、文化を作り、繋がりを作る。食メディアの究極を目指すベテラン編集者の矜持
「食を通じて世界中の人々をHappyに。」をビジョンに掲げ、成長を続けているRetty株式会社。今、そんな環境を新たなチャレンジの場とし、多様な経験を積んだプロフェッショナルな人材が集まってきています

■2017年11月08日
「注意」のつもりが“人格否定”と思われているかも?――山口拓朗の「夫婦円満法」
今年で結婚20年目。2度の離婚危機を乗り越えて、今ではお互いが相手を認めて応援し合い、それぞれのビジネスを発展させている山口拓朗さん、朋子さんご夫婦。拓朗さんは文章の専門家として、これまでに著書を10

■2017年11月08日
自分の“権限”ばかりに気をとられている人に「成功」はない――ドラッカーからの伝言
『プロフェッショナルサラリーマン(プレジデント社、小学館文庫)』や『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」(日本経済新聞出版社)』等のベストセラー著者である俣野成敏さんに、P・F・ドラッカーの名

■2017年11月07日
なぜ日本人は「それはダメだよ」と直接注意しないのか? | ユリコタイガー
第一線で活躍するビジネスパーソンに、「ファッションへのこだわり」をうかがうシリーズ第 3 弾。今回は日本のゲーム・ビジネス業界や芸能界で活躍中のイタリア人コスプレイヤー、ユリコタイガーさんです。活動の

■2017年11月06日
「覚えたいことを、覚えたいときに、覚えたいだけ」記憶するコツとは
『頑張らない英語』シリーズ(あさ出版)や『英語を「続ける」技術』(かんき出版)など数々の英語学習に関する著書を出されている西澤ロイさん。英語の“お医者さん”として、英語学習の改善指導なども行っている西

■2017年11月02日
「好きなことを仕事に」という視点を捨てろーー“世界の紛争の最前線”で戦う26歳・永井陽右氏の仕事論
世界の紛争の最前線で戦う日本の若者がいる。永井陽右26歳。 大学1年時からソマリアを救うための団体を立ち上げ、ソマリア人の若者ギャングの社会復帰プロジェクトを開始。卒業後はソマリア紛争の最前線に立ち、

■2017年11月02日
3人の“イクメン”エンジニアが体感した、男性社員が育休を取得しやすいカルチャーの正体
3.16%——これが、2016年度雇用均等基本調査で明らかになった、日本の男性の育休取得率。お世辞にも「多い」とはいえない数字です。そのような中、モバイルファクトリー代表の宮嶌裕二は2017年10月、

■2017年11月01日
「フラグを立てる」感覚を持つとビジネスはもっと楽しくなる|サイバーエージェント副社長 日高裕介さん
さまざまなシーンで活躍しているビジネスパーソンや著名人に、ファミコンにまつわる思い出から今につながる仕事の哲学や人生観についてうかがっていく本連載「思い出のファミコン - The Human Side

■2017年11月01日
目先の利益しか見えない人に物事の「本質」は見抜けないーーマンガ『エンゼルバンク』に学ぶビジネス
『プロフェッショナルサラリーマン(プレジデント社、小学館文庫)』や『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」(日本経済新聞出版社)』等のベストセラー著者である俣野成敏さんに、ビジネスの視点で名作マ

■2017年10月31日
【マンガ】ワンマン社長は新入社員がちょっと苦手…(19)
こんにちは、イラストレーターのにぎりこぷしです。今回はウシヤマ工業に新入社員がやってきます。はじめて部下をもつ蟻塚にいったいなにが起こるのか。どうぞお楽しみください!! みなさんの会社の新入社員や、身

■2017年10月31日
上から目線に要注意!「催促メール」の書き方
「論理的に伝わる文章の書き方」や「好意と信頼を獲得するメールコミュニケーション」等の文章力・コミュニケーション力向上をテーマに執筆・講演活動を行う山口拓朗さん。そんな山口さんに、今回は「催促メールの書

■2017年10月30日
誰とでも会話が弾むようになる「あいづち」の極意
仕事をしていると、お客様や上司・同僚と話す機会がたくさんありますよね。そんなとき、「会話が続かない……」という経験はありませんか? 上手に会話ができると人間関係を築く上でとてもプラスになるものです。逆

■2017年10月30日
トラブルメーカーを「やる気」にさせる接し方ーー“世界の紛争の最前線”で戦う26歳・永井陽右氏の仕事論
世界の紛争の最前線で戦う日本の若者がいる。永井陽右26歳。 大学1年時からソマリアを救うための団体を立ち上げ、ソマリア人の若者ギャングの社会復帰プロジェクトを開始。卒業後はソマリア紛争の最前線に立ち、

■2017年10月27日
「安定した生活と仕事のやりがい、どちらを選んだらいい?」【シゴト悩み相談室】
若手ビジネスパーソンのシゴトのお悩み相談第19弾!人事歴20年超、心理学にも明るい曽和利光さんが、温かくも厳しく受け止めます!

■2017年10月27日
“痛いおじさん”を脱出しよう。43歳現役カリスマホストに聞く「女性に心を開いてもらうためのコミュニケーション術」
最近、“おじさん”の肩身がどんどん狭くなっているように感じています。ライターの園田菜々です、こんにちは。 若い女の子にLINEをすれば「キモい」、若い女の子を食事に誘えば「ウザい」、若い女の子に挨拶を

■2017年10月26日
聞き上手は、相手との「共通点」を“探さない”――ライター・丘村奈央子の「聞き方」講座
常識を打ち破る、新しい「聞き方」を 仕事でもプライベートでも、欠かせないのは他者とのコミュニケーションです。会話での「聞く」をもっと磨けると提案しているのがフリーライターの丘村奈央子さん。前回に引き続

■2017年10月25日
「こんなはずじゃなかった…」から逃れる唯一の方法とは?ーーマンガ『エンゼルバンク』に学ぶビジネス
『プロフェッショナルサラリーマン(プレジデント社、小学館文庫)』や『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」(日本経済新聞出版社)』等のベストセラー著者である俣野成敏さんに、ビジネスの視点で名作マ

■2017年10月24日
認知症になっても働ける?その可能性を探るプロジェクトが示したものとは
厚生労働省が2015年に発表した「認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)」によれば、日本の認知症患者数は2012年の時点で462万人(約7人に1人の割合)。団塊の世代が75歳以上になる2025年に

■2017年10月24日
残業しない組織は“あえて”部下をゆっくり集合させる
『「残業しないチーム」と「残業だらけチーム」の習慣』(明日香出版社)の著者である石川和男さん。石川さんは、建設会社総務部長・大学講師・専門学校講師・セミナー講師・税理士と、5つの仕事を掛け持ちするスー

■2017年10月23日
ダンジョン化する日も近い?「品川駅」が乗車客数で「渋谷駅」を追い抜いたワケ
世界一の利用者数を誇る「新宿駅」を筆頭に、長年、駅の乗車人員ベスト5(※JR東日本発表分のみ)は「池袋駅」「渋谷駅」「横浜駅」「東京駅」の5駅が、多少の順位の入れ替わりがあるものの、ほぼ同じ顔触れが十

■2017年10月20日
30代女性が「仕事力を高め、キャリアを前進させる」ために必要なこと【女性活躍支援イベントレポート】
リクルートキャリアとパソナキャリアの女性活躍支援プロジェクトチームの共催イベント「キャリージョ・エンカレッジ・プログラム」。9月9日、『30代ワーキングウーマンのための仕事力の高め方』が開催されました

■2017年10月20日
【マンガ】なぜスーツに「紐のない革靴」を合わせてはいけないのか?
こんにちは。しりもとです。仕事の上で、服装に気を使うことはとても重要です。社会のルールと自分のセンス、どちらを信じたらいいのでしょうか。 >> 過去の作品一覧はこちら 著者:しりもと 絵や漫画など描い

■2017年10月19日
育児、仕事、ボクシング。三足のわらじを履く“戦うシングルマザー”「勝って、娘をリングに上げたい!」――初代日本女子プロボクシングバンタム級王者・吉田実代の仕事論
プロボクサーとして、インストラクターとして、そしてシングルマザーとして。三足のわらじを履く女性格闘家がいる。その名は吉田実代。10月6日、新設された日本女子王座のバンタム級タイトルマッチで勝利し、初代

■2017年10月19日
「夫婦“円満”か“不仲”かは相手次第」のウソ。誰と結婚しても結果は同じ!――山口拓朗の「夫婦円満法」
今年で結婚20年目。2度の離婚危機を乗り越えて、今ではお互いが相手を認めて応援し合い、それぞれのビジネスを発展させている山口拓朗さん、朋子さんご夫婦。拓朗さんは文章の専門家として、これまでに著書を10

■2017年10月18日
仕事がうまくいく「聞き方」3つのコツとは?――ライター・丘村奈央子の「聞き方」講座
常識を打ち破る、新しい「聞き方」を 仕事でもプライベートでも、欠かせないのは他者とのコミュニケーションです。交流は一方通行では成立せず、必ず「話す」と「聞く」が存在します。この「聞く」をもっと磨けると

■2017年10月18日
自分の価値を高めたいのなら“美人薄命”を見抜かなければいけないーーマンガ『エンゼルバンク』に学ぶビジネス
『プロフェッショナルサラリーマン(プレジデント社、小学館文庫)』や『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」(日本経済新聞出版社)』等のベストセラー著者である俣野成敏さんに、ビジネスの視点で名作マ

■2017年10月17日
ビジネス文章が「もっと速く書ける」ようになる“シンプルな考え方”――上阪徹の『超スピード文章術』
仕事でもプライベートでも、文章を書く機会がどんどん増えている昨今。ところが、文章をめぐって、こんな思いを持っている人がいませんか? 「文章が苦手。書いている時間が辛い。メールも企画書もできれば書きたく

元ギャル社長こと、藤田志穂さんからペタされている!!!|グラニーの ...
すげ~~~!!! 以外な人からペタされとりますよ!!!( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚. かなりペタしたからかな。暇だったのかな。 ペタ初めてされとった。 めっちゃ、嬉しい というか光栄です。 藤田さんにはこれからの日本の食事情をもっと楽しく ...

■2017年11月06日
SPIの数学がかなり難しい!
詳細は後日記しますが、転職活動を本格始動しました。 明日は面接を1社受けてきます。 本命は別にあるので、明日は練習位の気持ちで。 で、その本命がSPIと思われる筆記試験を受けるようになっていて、先週位

■2017年11月01日
グラニー 2017年10月のPV数
どうも、こんばんは。今夜は少し遠くで火事があってあたふたとしていました。 さて、今月はなんと、6905PVありました。ありがとうございます。しっかし、10000PVはまだまだ遠いですね~ ドラクエ1

■2017年10月23日
ついに株の1単元が100株に統一の時代がもう1年程で実現
2018年10月1日までに1単元が100株に統一されるようです。 URL:http://www.jpx.co.jp/equities/improvements/unit/tvdivq00000050

■2017年9月30日
失敗事例集に励まされた日経マネー 201711月号
久々に投資への意欲が最近戻りつつあります。今年は3月末に退職して以来職につかず、職業訓練を受けつつ、就活をして過ごしています。 実は2016年の1~2月の暴落時に当時100万円程、株式投資していたので

■2017年9月30日
月間一万ページビューを目指して
ドラクエ11の記事も9月半ば頃まではスゴイ勢いで毎日ご覧頂いたいてようですが、最近、その勢いが落ちてきたように思います。 いろいろな方がモンスターの出現場所を報告した事もあるのでしょう。私の記事の有

■2017年9月30日
栃木部2巻 レモン牛乳なんてしばらく飲んでないよ
裏表紙のレモン牛乳の話ですが、レモン牛乳はいったいいつ最後に飲んだのだろうという位飲んでいません。 でも、宇都宮駅のお土産コーナーにはしっかりレモン牛乳の関連品が並んでいます。でも、いつも買っていきま

■2017年9月30日
ドラクエ11 結局セーニャが戻るまでしか出番がなかったロウ
皆さんドラクエ11の進捗状況はいかがでしょうか。 7月に購入した方は大方全面クリアして、アイテム集めであったりレベル上げであったり、あるいは時渡り迷宮が終わってなくてそこだけやっていたりといろいろか

■2017年9月30日
いろえんぴつ サンドイッチ「い」と「え」の発音が苦手な栃木人が言うと 栃木部 1巻の裏表紙
実家栃木暮らしも早半年になろうとしています。 最近、本屋で栃木をPRするマンガを見つけて気になって思わず購入してしまいました。 「い」と「え」の発音のところに、「あー、あるある」と共感して買いました。

■2017年9月29日
皆様のおかげで月間3000ページビューを超えました
2017年9月はドラクエ11の記事を見に来て頂いた方のおかげで人生初となる、月間1000ページビューを超えて3000ページビューも超えるという快挙を上げる事ができました。 主にダイオウイカ出現場所の

■2017年9月28日
ドラクエ11 ベロニカのザコ処理イオラとボス戦でのバイキルト
ドラクエ11で中盤以降、過ぎ去りし時を求めるまでパーティーから外れるベロニカですが、序盤のイオが使える頃から私は相当のザコモンスター処理においてベロニカの呪文を多用しました。 本作はフィールドやダン

ギャル社長…|藤田志穂オフィシャルブログ Powered by Ameba
2度目の成人かぁヘ(゚∀゚*)ノ こっちは 2倍の成人になっちゃってる(笑) ギャル社長らしく お洒落なカラーの着物で レッドがエキゾチックでいいね!!! ペタにアメンバー認証してくれ てありがとうです。 今は女性時代だしストリートをパワフルに盛り上げてよ 志穂社長(^O ^)/.

■2017年11月03日
明日は決勝大会!!
前々回のブログに続き、前回のブログにもコメントやら色々と、本当に有り難うございますm(_ _)m相変わらず母子共に元気で、赤ちゃんはNICUからGCUに移動になり、あたしからの母乳練習や外に出る準備を

■2017年11月01日
破水から12日目。
10月の中旬に破水して入院し、気付けばあっという間に11月少し遅くなってしまいましたが。。。タイトル通りの破水から12日目に、無事に出産しました10月29日午後12:37予定日よりも約1ヶ月も早く会

■2017年10月25日
破水から1週間。
お久しぶりです〜タイトル通りちょうど1週間前の夕方に破水しまして。。。そのまま入院になりました母子共に元気なので、もう少し早めにブログも書こうかと思ったんですが。。。なんせ初めての体験で、まだ無事に

■2017年10月17日
オーナーズ会議!
昨日は第2回、丸の内農園オーナーズ会議でした~!前回に引き続き、11月4(土)5(日)に行われるジャパンハーヴェストに参加する皆さんでの意見交換です今回もグラフィックレコーディング!!皆さんがざっく

■2017年10月13日
旬がたくさん届きます!
今日から寒くなるとは聞いていましたが。。。今朝はだいぶ寒くてビックリでした~流石にもう秋冬の洋服だけで大丈夫かなぁ。。。涼しくなってくれたら、歩くのも気持ち良くなってくるので、妊婦には嬉しい季節です

■2017年10月12日
親戚みたいな皆と。
甘酒教室の事をUPすると、周りでも結構甘酒好きが多くてビックリ甘酒作りたい~とよく言われます甘酒もですが、塩麹も味噌も醤油も作り方をちゃんと調べてみたら案外簡単過ぎてビックリなんですよね。むしろ大変

■2017年10月11日
生甘酒~
昨日は生甘酒の講座へ~!ボールペンはちゃっかり、うまいもん甲子園(笑)今回は発酵ライフ推進協会の講座へ初めての参加でした初めてとは言っても発酵について学ぶようになってから、勝手にお世話になっていると

■2017年10月06日
スペインからようこそ!
だいぶ涼しくなりましたが、また少し暑くなるとか??衣替えがやり切れていない。。。そして衣替えをしてみなきゃ、この体系で着れる洋服がどれだけあるのかがわからなくて怖いです(笑) だいぶ全部パツパツなん

■2017年10月05日
月に1度自分と向き合う。
今日は久々にクレンジングカフェ代官山へ~いつもブログでも書いているので伝わっていると思いますが(笑)相変わらずパワフルなマキちゃんが新しい活動を始めたとのことそのレセプションへ!!「クレンジングライ

■2017年10月03日
グラフィックレコーディング!
この間初めて、グラフィックレコーディングを使ったミーティングに参加してきました内容は11月4・5日に行われる、ジャパンハーヴェストに参加される皆さんでの顔合わせを含めたものでした。うまいもん甲子園で

ギャル社長・藤田志穂が“ギャル党”旗揚げ|最新トレンド&カルチャー ...
ギャル社長として多方面で活躍中の藤田志穂が8月11日(土)、東京・渋谷で『ギャル党 』の旗揚げを宣言、「若者からイケてるエコを発信!」「親孝行を... ... グローバルな時代 だからこそ「日本の伝統文化を大切にします!」 ☆ルールの前に礼儀 ...
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも藤田志穂 ギャル社長時代に関連のある画像ばかりではありません。
藤田志穂 ギャル社長時代の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

藤田 志穂(ふじた しほ、1985年5月11日 - )は日本の実業家、ファッションモデル。
千葉県出身。
19歳でギャルでも出来る事を証明する為に「ギャル革命」を掲げて起業し、ギャルの特性を活かしたマーケティングを行う会社「」を2005年4月28日に設立した(後に「有限会社SGR」に改称)。
マーケティング事業以外にも、エコやエイズ予防活動などにも積極的に取り組み、2008年12月に社長業を引退後は、(現:ツインプラネット)より独立し、藤田志穂個人事務所を立ち上げ、若者が食のあり方について考える「ノギャルプロジェクト」を中心に活動、2010年3月に:を設立。
千葉県市川市行徳に出生。
2004年頃から雑誌に露出するようになった。
2005年には“sifow”の名をもち「I 謡(アイウタ)」にて歌手デビュー。
さらに「シホ有限会社G-Revo」を設立し、代表取締役社長に就任した。
2007年には女性アイドルグループ「ギャルル」をプロデュース。
翌2008年の12月25日をもってG-Revoの代表取締役を退任。
を立ち上げ、その後は食や農業についての活動を中心に取り組んでいる。
2009年には秋田県大潟村の有限会社瑞穂の協力を得てシブヤ米を作るプロジェクトを発起。
ツインプラネットの運営で楽天市場にノギャルの食卓を出店しシブヤ米の販売を開始した。
2010年にギャル誌『EDGE STYLE〔エッジスタイル〕』が創刊すると、板橋瑠美、小森純、今泉宏美、椿姫彩菜、きんきら☆きん、桃華絵里、Lie、早川沙世などの面々とともにさっそく誌面に登場している。

引用:Wikipedia:データベース

藤田志穂 ギャル社長時代に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも藤田志穂 ギャル社長時代に関連のある動画ばかりではありません。

藤田志穂 ギャル社長時代に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング