藤子不二雄Aとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
藤子不二雄(A)展 - 六本木ヒルズ
2018年7月26日 - 18.10.18 『藤子不二雄Ⓐ展 -Ⓐの変コレクション-』が、Sansan株式会社が提供する個人向け名刺アプリ「Eight」と展覧会期間中限定でコラボレーションします。 ≫ 「藤子不二雄 Ⓐ展」開催記念キャンペーン詳細はこちら. 18.10.18 本展のスペシャルショップ「怪奇 ...
展覧会の見どころはこちら - 藤子不二雄(A)展 -(A)の変コレクション ...
その名を聞いたことがないという人はいないであろう、マンガカルチャーの伝説的存在・ 藤子不二雄Ⓐ氏。本展では、揺れ動く人間の心を多彩なジャンルで描き出し、「ブラックユーモア」を世に生み出した「黒藤子」の異名を持つ彼の奇妙な世界を原画や未公開作品 ...
【速報】藤子不二雄(A)先生の「変なフォトスポット」だらけの展覧会が10月 ...
2018年7月26日 - 漫画カルチャーの生きた伝説・藤子不二雄Ⓐ先生の展示会「藤子不二雄Ⓐ展 –Ⓐの変コレクション-」が、2018年10月19日(金)~2019年1月6日(日)までの期間、六本木ヒルズ森タワー52階・屋内展望台にて開催決定! 『忍者ハットリくん』や『 ...
氷見市藤子不二雄(A)まんがワールド
氷見市 藤子不二雄(A)まんがワールド』 -藤子不二雄(A)先生のふるさと・氷見市- 忍者ハットリくんや怪物くんに会えるまち。

■2018年10月22日
秋のお出かけに!忍者ハットリくんのキャラクターグリーティング開催!
(平成30年10月22日) 氷見市潮風ギャラリー(藤子不二雄Ⓐアートコレクション)では、11月3日(土・文化の […]

■2018年10月01日
ハロウィン企画~怪物くんのキャラクターグリーティング開催!
(平成30年10月1日) 氷見市潮風ギャラリー(藤子不二雄Ⓐアートコレクション)では、10月のハロウィンにちな […]

■2018年9月11日
藤子不二雄Ⓐ展 10月19日から六本木ヒルズで開催!
(平成30年9月11日) 氷見市出身で、日本まんがカルチャーの生きた伝説的存在である藤子不二雄Ⓐ先生の「変で奇 […]

■2018年9月10日
家族でかわいい新聞エコバッグを作ろう!
(平成30年9月10日)敬老の日を含む連休に、おじいちゃん、おばあちゃんへのプレゼントをお手製の新聞エコバ […]

■2018年7月12日
アニメツーリズム協会「アニメ聖地88」認定プレートが授与されました
(平成30年7月9日) 氷見市潮風ギャラリー(藤子不二雄Ⓐアートコレクション)が平成29年8月に一般社団法人ア […]

■2018年7月12日
「ブラックユーモア・こわいもの」をテーマに潮風ギャラリーが展示入替え
(平成30年7月12日) 氷見市潮風ギャラリー(藤子不二雄Ⓐアートコレクション)では、「ブラックユーモア・こわ […]

■2018年7月04日
夏休み!忍者ハットリくん、怪物くんのキャラクターグリーティング開催!
(平成30年7月4日) 氷見市潮風ギャラリー(藤子不二雄Ⓐアートコレクション)では、夏休み期間中のイベントとし […]

■2018年6月15日
藤子Ⓐキャラのオリジナル短冊を書こう
(平成30年6月15日)氷見市潮風ギャラリー(藤子不二雄Ⓐアートコレクション)では、七夕にちなみ、6月18 […]

■2018年6月15日
氷見市潮風ギャラリー のキャラクターグリーティング
(平成30年6月15日)氷見市潮風ギャラリー(藤子不二雄Ⓐアートコレクション)では、七夕企画期間中の7月7 […]

■2018年5月29日
「忍者ハットリくんネクタイ」はいかがですか
父の日の贈り物に、氷見市潮風ギャラリーで取り扱っている「忍者ハットリくんネクタイ」はいかがでしょうか。 © […]

『藤子不二雄(A)展 -(A)の変コレクション-』が六本木ヒルズで開催決定 漫画 ...
2018年7月27日 - 藤子不二雄(A)展 –(A)の変コレクション–』が、2018年10月19日(金)〜2019年1月6日(日)まで、六本木ヒルズ森タワー52階 屋内展望台で開催される。 老若男女問わず、 あらゆる世代の人が一度は作品を見たであろう、日本の漫画 ...
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも藤子不二雄Aに関連のある画像ばかりではありません。
藤子不二雄Aの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

藤子 不二雄Ⓐ(ふじこ・ふじお・エー(エイ)、本名:安孫子 素雄(あびこ もとお)、1934年3月10日 - )は、日本の漫画家。
コンビ解消後は本名で紹介されることも多い。
大垣女子短期大学客員教授。
座右の銘は「明日にのばせることを今日するな」。
血液型はA型。
藤本弘(藤子・F・不二雄)とともに藤子不二雄としてコンビを組み、作品を発表した。
名前の末尾に付く「Ⓐ」は本名である「安孫子(アビコ)」の頭文字である。
ベジタリアン(卵と乳製品は食べるオボ・ラクト・ベジタリアン)として有名であるが、思想上の理由ではなく、実家が寺院で幼少の頃は精進料理ばかり食べていたため、習慣上の問題として肉や魚を体が受け付けなくなっていることが原因だという。
また、身体が受け付けないだけで毛嫌いしているわけではなく、肉・魚料理などのガイドブックやレシピを見ては「いいなぁ、おいしそうだなぁ」と思いながら眺めるのが楽しみの一つだと語っている週刊少年「」最終回でのインタビューでの発言。

若い頃にアシスタントをした手塚治虫が出前にとった鰻重を一切れ食べたその直後(3秒足らず)に大量の鼻血を出したと回想している(本人曰く「まさに漫画のようだった」)。
一方で、トキワ荘近くの中華料理店「松葉」の東京ラーメン(スープは鶏ガラ系)が好物らしく、出汁やエキスであれば問題はないらしい。
また2007年より『ジャンプSQ』で連載中の『PARマンの情熱的な日々』でもハンバーガーを食べている描写があり、また2014年10月号では、高知旅行の際に産まれてはじめて「カツオのたたき」を食し、それを非常に気に入ってしまったと言うエピソードが掲載されている。
まんが道の続編にあたる『愛…しりそめし頃に…』では自身をモデルとした主人公「満賀道雄」は小料理屋で魚が食べられない代わりに貝料理を食べるなど、ある程度の動物食は可能な描写がされている。
この食習慣のせいか、いわゆる「血液サラサラ」であり、夜遅くまで酒宴に付き合っても、翌日に酒が残ったことがないと語り、また、生まれてから一度も病気になったことが無かったという。
しかし、2013年春、上行結腸癌(大腸癌)が発覚、“人生初の病気”にかかり、東京医科大学病院に入院、手術を受けた。
故郷の村にて藤子・F・不二雄、赤塚不二夫、石ノ森章太郎、手塚治虫らに「こっちに来い」と言われる夢を見たと言うexcite(2013年8月)。
約1年後、再び腹部に強い痛みを覚え検査を受け腸閉塞と診断され入院。
2015年3月初旬、ゴルフのプレイ中に失神、東京医科大学病院へ救急搬送される。
検査の結果心不全の診断を受け、入院。
約3週間、点滴や投薬の治療を受け快復したジャンプククエア8月号掲載『PARマンの情熱的な日々』#91「又又又3度目の入院!!」。
大の犬好きで、作中にもよく犬が出て来る。
また、かつて飼っていた秋田犬の名を「Q太郎」と名づけたこともある。
『タカモリが走る』という、犬が主人公の作品も執筆した。
船、船旅を好み、「クイーンエリザベス2世号」の乗船経験もある。
幼少時から漫画よりも先に映画好きであり、初期の作品に大きな影響が見られる。
この為、藤子・F・不二雄や鈴木伸一、つのだじろうらと8mmカメラで西部劇を撮影したこともある。
この映画は撮影時間の都合上未完に終わるも、後にTVドラマ『ケンちゃんチャコちゃん』の劇中劇で、ガンマン役として藤子・F・不二雄と共演して決着を付けた。
スポーツはゴルフを非常に好んでおり、現在でも頻繁にプレイしている。
ゴルフへの愛情は『プロゴルファー猿』によく表れている。
作中に登場する必殺技的ゴルフ技術のほとんどは創作によるものであるが、『旗包み』に関しては自身のプレイ中に偶然ショットしたボールが旗に当たってそのまま落ちカップインしたことを、『岩返し』も同様に狙いが外れて岩に当たってしまったボールが偶然跳ね返ってオンしたことをヒントにしているという。
だが、これらはやはり偶然の出来事に過ぎず、プロゴルファーの大御所青木功がテレビ番組の企画で旗包みに挑戦したものの成功はせず、狙って行うことはほぼ無理ということが判明している。
1970年ごろつのだじろうに誘われて、極真会館へ半年ほど入門していたことがある藤子不二雄A『78歳いまだまんが道を』P122、中央公論新社 2012年。
その後、大山倍達の提案により、名誉初段を授与されている。
様々なパーティ・飲み会に顔を出し、バラエティのレギュラー番組を持つこともあったなど、非常に社交的で老若男女問わず友人が多いことで知られているが、その割には意外にもシャイな性格だという。
その為相手を「君」「さん」などで呼ぶのが苦手で、二人称は名字に「氏」を付けて呼ぶことが多い。
初対面の手塚治虫に「氏」を付けて呼ばれたこと、「“君”付けで馴れ馴れし過ぎないか、“さん”づけだと距離が遠くないか…」などと気になってしまうのも理由の一つという。
和代夫人のことも名前のみで呼ぶのは恥ずかしいという。
エッセイ漫画では和代夫人を「ワイフ」「和代氏」「ワイフの和代氏」と書くことがあるジャンプククエア8月号掲載『PARマンの情熱的な日々』など同作品において多数。

子供の頃は人前でよく赤面することから「電熱器」というあだ名があった。
幼少の時から日々のことを書き留めており、トキワ荘入居時代の日記は単行本化もされた。
それが『まんが道』などの作品に反映されている。
「尊敬する漫画家は?」と質問される場合、必ず「手塚先生(手塚治虫)と藤本君(藤子・F・不二雄)です」と答えている。
特に元相棒の藤子・F・不二雄に対する想いは誰よりも強いようで、ことあるごとに「藤本君は天才だ」「彼がいなければ僕は漫画家にはならなかったと思う」と力説している。
自らの作品がパチンコ・パチスロ機の題材とされることに対し寛容で、これまでに以下の作品がパチンコ・パチスロ化されている(2018年現在)。
藤子・F・不二雄作品がこれまで一度もパチンコ・パチスロ化されたことがないのとは対照的である。
(以下パチンコは「P」、パチスロは「S」表記)*『忍者ハットリくん』(P・S:大一商会)*『怪物くん』(P:大一商会・奥村遊機)*『プロゴルファー猿』(P:大一商会・タイヨーエレック、S:スパイキー)*『笑ゥせぇるすまん』(P:奥村遊機、S:三洋物産)20代からサングラスを愛用している。
これは白い原稿用紙の反射光で目を痛めたからである。
後に片目は白内障の手術を受けており、吉行淳之介に医者を紹介したこともあった。

引用:Wikipedia:データベース

藤子不二雄Aに関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも藤子不二雄Aに関連のある動画ばかりではありません。

藤子不二雄Aに関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング