藤原紀香とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
藤原紀香 オフィシャルサイト NORIKA FUJIWARA OFFICIAL WEBSITE
藤原紀香オフィシャルサイトでは、最新ニュースから本人ブログ(日英対応)、ムービー、 フォトギャラリー等、ファンにはうれしいコンテンツを更新中!
藤原紀香 「氣愛と喜愛でノリノリノリカ NORIKA´s sensation」Powered ...
のり姉☆のりぞう☆紀香さんのブログ「藤原紀香 「氣愛と喜愛で♪ノリノリノリカ ☆ NORIKA´s sensation☆」Powered by Ameba」です。最新記事は「未来の匠を訪ねて」 です。

■2017年8月20日
鳳凰
おめでたい会にお呼ばれしました子

■2017年8月18日
自身で限界を作らない。
CM撮影中の休憩時間、楽屋にて。攻めのガウンですね(笑)私服ではありません。私物でもありません。笑本日、お初で仕事をしました素敵なスタイリストさんの持ってきてくれた楽屋着で休んでいますパワーのある柄

■2017年8月17日
質問の答え☺︎
『エクスイディアル』が、ちまたで噂のようで別の仕事の打ち合わせに行っても「あの光、興味あるんですけど、どんなかんじですか?」と質問されたり「先日、妻にプレゼントしたら飛び上がって喜んでくれて...!毎

■2017年8月16日
〝エクスイディアル〟のなせる技
ピカ~今夜も、エクスイディアルのLEDの光にあたり1日を終えようとしていますこれ、本当に効くので周りの仲間にもオススメしているのですがお肌にピンっと、ハリと弾力がでてほうれい線がだんだん消えていく~こ

■2017年8月14日
大好きな人と☺︎
世の中はお盆ですねUターンラッシュなども始まったようですが皆さんいかがお過ごしでしょうか私のお盆は撮影ですが、早く終わった日がありひとり ふらりとある駅で降りて久々の土地に訪れました連絡を取り、大好

■2017年8月12日
世の中には知らないことがたくさん
今日も、ミナ・タン チャームとともにインテリアにもなる大人のチャーム、ミナ・タン チャームのページが新しく生まれ変わりました ↓南三陸の方々と芦田多恵さんとのチャリティコラボレーションチャーム、『ミナ

■2017年8月12日
これ、なあに?
撮影中、とても、不思議な植物を見つけました最初は、葉っぱに何かの卵がくっついていてこ、怖い、、、何の卵 とガン見してい

■2017年8月11日
髪が
こんなに 伸びました実は、最近、分け目を変えてみたのです分け目の立ち上がりが その方が調子良くて☺︎でもね、おでこはハート形なので真ん中

■2017年8月09日
コレクションしているもの♡
先日、楽屋見舞いに素敵なお心遣いを賜りました作家もののお皿ですが、松葉です松葉と銀杏

■2017年8月07日
大千穐楽!
大千穐楽を迎えさせていただきました(^^)ロイヤルブルーの絽の着物ですデストラップ をご観劇くださいましたお客様、ありがとうございました『デストラップ』

Norika Fujiwara (藤原 紀香) | Facebook
藤原 紀香(ふじわら のりか、1971年6月28日 - )は、日本の女優、モデル、タレント。 本名同じ .... 2011年5月「JHP学校を作る会」とともにプノンペンへ行き、自身のNPO「 スマイルプリーズ藤原紀香世界こども基金」の活動に...
【藤原紀香】 男性遍歴の噂がすごすぎる!ホント?うそ? - NAVER まとめ
年譜-人物-国際活動や人道支援への協力-スポーツに対する造詣
のり姉のりぞう紀香のプロフィール|Ameba (アメーバ)
Norika Fujiwara (藤原 紀香) - いいね!272252件 · 44921人が話題にしています - ` NORIKA FUJIWARA OFFICIAL FACEBOOK PAGE'。日々、藤原紀香本人が messegeを発信し、checkしている公式フェイスブックページ。...
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも藤原紀香に関連のある画像ばかりではありません。
藤原紀香の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

藤原 紀香(ふじわら のりか、1971年6月28日 - )は、日本の女優、モデル、タレント。
本名は片岡 紀香(かたおか のりか)。
兵庫県西宮市出身。
西宮市立生瀬小学校、親和中学校・親和女子高等学校、神戸親和女子大学文学部英米文学科中退。
高輪エージェンシー→バーニングプロダクション→サムデイ所属。
第24回ミス日本グランプリ受賞。
夫は歌舞伎俳優・片岡愛之助。
英語検定2級、着物着付け3級の資格を持つ。
趣味は、写真、釣り、加圧トレーニング、映画鑑賞、タンゴ、スポーツ全般(特技も)、アロママッサージ。
「三分前は過去」「一期一会」「NO PAIN NO GAIN」が彼女自身の好きな言葉だという。
建築設計事務所経営の父、専業主婦の母と3歳下の弟がいる。
和歌山県出身の両親が結婚前によく紀ノ川周辺でデートをしており、思い出深い「紀ノ川」の「香り」にちなんで紀香と命名された。
父は満州生まれであり、引揚げの際に家族を失っている。
小学生時代は、当時男児しか入れなかった少年野球チームに特別に入り、3番ファーストだった『哀愁探偵1756〜真冬の懐かし1時間SP』 2011年2月3日。
中学・高校時代は阪急電鉄で通学。
中学時代はバスケットボール部に所属し、高校時代は落語研究会に所属していた。
芸名は「親和亭かつお」だった。
海洋動物が大好きで、小学校の頃の夢はイルカショーのお姉さん。
一緒に寝泊りして飼育することに憧れていたという。
ほかにも、高校生のときは世界史が好きで歴史考古学者の助手が夢、歌が好きで小学校のころはピンクレディーになるのが夢だったという。
母親は紀香よりも身長が高く、高校時代には、「オリーブ」と呼ばれていた。
その後、ミス和歌山コンテストに出場し、最終選考まで残ったが、厳しかった父親に反対され諦めた。
娘にその望みを託し、‘お見合いの箔つけにでもなれば’とミス日本グランプリに紀香に知らせず応募。
その後、通知が来た際、紀香に伝え、最終選考まで残りグランプリを受賞。
が、芸能界入りには両親ともに最初は反対であった。
2006年12月10日の結納時に、あまりにも報道陣が取り巻いていたため、タクシーにうつむいて乗車、報道陣に影武者と書かれ、写真を撮られているが、影武者のつもりはなかった。
実際に母子でのツーショットの写真が掲載されたときには美人であったという高い評価があった。
自著である『藤原主義』によると、芸能界デビュー当初は神戸の実家から新幹線や飛行機で東京などの仕事場に通っていたが、阪神・淡路大震災で知人を亡くして「やり残したことを後悔しながら死ぬのは嫌だ。
これからは自分の夢に向かって生きていこう」と決意し、親元から離れて上京することを決意した。
その時、家族会議が行われ、母から「あんたの帰るところはここやで。
ダメやと思ったら自分で引き際を決めて帰ってきなさい」と言われ、上京。
父親は最後まで首を縦に振らなかったとインタビューで答えている。
が、上京の際、父がトラックに荷物を積んで無言で東京まで運んでくれたという。
2013年9月、「特定秘密保護法案」を危惧する発言をブログで行った Norika's Diary 2013年9月13日。
それが縁で日本共産党の機関誌しんぶん赤旗にも寄稿している。
* 大黒摩季とは「のりぞう」「まきぞう」と呼び合う間柄。
* ラジオDJパーソナリティである玉川美沙と同年齢で同じ関西人という繋がりで親交があり、彼女の番組『玉川美沙 たまなび』(文化放送)にもゲスト出演した2006年10月13日放送。

* ASKAを兄のように慕っており、デビューして間もなく居酒屋でASKAに会い、仕事面で悩んでいた彼女はASKAに相談したところ「必ず売れる」と言われ、その後すぐに主演映画が決まりASKAが舞台挨拶にサプライズで登場した。
* 「クイズ!紳助くん」の初代アシスタントオーディション参加者の中でも彼女の日本人離れしたスタイルは群を抜いており、会場を覗いた島田紳助に「誰や!ハナテン中古車センターに新車のフェラーリ持ってきたやつは!」と言わしめた。
* 空腹状態での仕事が苦手。
お腹が空きすぎるとなぜか赤ちゃん言葉を発するという1億人の大質問!?笑ってコラえて! 2009年4月15日放映分にて。
* 雰囲気、体型が峰不二子に似ていると(『SRS』の番組内でコスプレしたことがあり、自身も50、60歳になっても「峰不二子」の容姿でいたいと2007年2月16日の『スポーツニッポン』のインタビューで語っていた)。
* 風水を学問として捉えている。
* 美容と健康のために、アミノコラーゲンを飲んでいる。
* 入浴時、湯船にはたっぷり日本酒を注ぐ。
シャンプーの前にはたっぷりの塩を頭からかぶる。
彼女なりの健康法であるという。
2015年12月6日、自身のブログに弟の誕生日を祝う記事が書かれている。
弟は甲南大学時代にアメリカンフットボール部に所属していた。
* 1984年、西宮市立生瀬小学校卒業・親和中学校進学。
* 1989年、毎日放送が毎年公募していた 選抜高等学校野球大会の「セブンティーンレポーター」の一人に選ばれる。
* 1990年、親和女子高等学校→神戸親和女子大学文学部英米文学科に進学。
* 1991年、神戸親和女子大学在学中に、第24回(1992年度)ミス日本グランプリコンテストに応募しグランプリを受賞才色"兼美"『読売新聞』1991年11月8日30面。
* 1993年、東レ水着キャンペーンガール。
関西ローカル番組『ナイトinナイト』の枠内で放送された『クイズ!紳助くん』の初代アシスタントに。
1997年12月までの長期出演。
* 1994年、アサヒビールイメージガールとして活躍。
* 1995年、阪神・淡路大震災の経験から、「人生、いつ終わるか分からないから」と達観して上京。
* 1998年、J-PHONE(現ソフトバンクモバイル)のCMをきっかけにブレイク。
CM女王などと言われた。
* 2000年、香港映画『SPY_N』に出演。
* 2004年、3年契約で自身がプロデュースするブランド「NEW YORK DIARY」を立ち上げた。
* 2006年、12月26日、お笑い芸人の陣内智則と2人そろって婚約会見を行った2006年12月10日に結納を済ませたこと、2007年2月17日に生田神社にて挙式を行うことを発表した。
当時、世界で一番ユーザーが多かったソーシャルネットワーク、MySpaceを始める。
* 2007年、2月17日、生田神社で陣内智則と挙式(挙式の様子は非公開衣裳は十二単におすべらかし、お色直しは白無垢に高島田)。
4月10日、加古川市役所にて入籍。
5月、自著である『紀香魂 - ハッピー・スピリット - 』を発売。
マリッジブルーにより「円形脱毛症」だったことが明かされる。
5月30日、ホテルオークラ神戸で披露宴を行った。
* 2008年、2月、世界経済フォーラム(ダボス会議)のYoung Global Leadersの1人に選出された。
* 2009年、3月23日、陣内智則と離婚。
5月、NHK金曜ドラマ『ツレがうつになりまして。
』に主演、突然うつ病となった夫を支える妻を演じる。
10月から12月、日本の産婦人科医療が抱える現状を描いた日本テレビ系列のドラマ『ギネ〜産婦人科の女たち』に主演する。
* 2010年、1月7日から29日、日生劇場にて、ブロードウェイミュージカルの世界的名作『キャバレー』に主演。
歌姫サリー・ボウルズ役。
* 2009年、2010年の二年連続で「輝く日本レコード大賞」の司会を堺正章とともに務める。
* 2011年、3月11日に初日を迎えるはずだったミュージカル「マルグリット」は、東日本大震災が当日に起こり、順延。
同月17日から28日まで東京、4月6日から10日まで大阪で公演。
その間、毎公演後ロビーに立ち、自身が立ち上げた「スマイルプリーズ紀香基金」にて東日本大震災への義援金を募り、3月30日、自らの寄付と合わせ、スマイルプリーズ第一回目募金として、6300万円を日本赤十字社の近衛社長に直接手渡した。
大阪公演の大千秋楽の2日後の4月12日、東日本大震災の被災地に入り、福島県の赤十字社、宮城県内の避難所や石巻赤十字病院などを訪問し、被災者や医療スタッフを激励した。
その後も被災地への訪問を重ねている。
* 2013年、京都国立博物館広報特使に就任(2013年3月29日時点のアーカイブ) - SANSPO.COM 2013年3月29日。
* 2015年、紀の川市フルーツ大使に就任(2015年4月3日時点のアーカイブ) - 紀の川市公式サイト 2015年4月3日。
* 2016年、歌舞伎俳優の片岡愛之助と3月30日に都内の区役所に婚姻届を提出し、再婚。

引用:Wikipedia:データベース

藤原紀香に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも藤原紀香に関連のある動画ばかりではありません。

藤原紀香に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング