藤井聡太とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。

藤井 聡太(ふじい そうた、2002年〈平成14年〉7月19日 - )は、将棋棋士。
杉本昌隆八段門下。
棋士番号は307。
愛知県瀬戸市出身。
名古屋大学教育学部附属高等学校中退。
2016年に史上最年少(14歳2か月)で四段昇段(プロ入り)を果たすと、そのまま無敗で公式戦最多連勝記録(29連勝)を樹立した。
その後、最年少一般棋戦優勝・タイトル獲得、史上初の10代九段など多くの記録を更新している。
趣味は、テンパズル(メイクテン)、各地の積雪量のチェック。
読書家であり、新聞を良く読む。
また中学時代の同級生曰く、鉄道ファン。
2018年12月1日、ニコニコ生放送の将棋中継に出演し、AMD社のRyzen7をCPUとして搭載したパソコンを研究に用いていること、AMD社が開発中のZen2アーキテクチャのCPUに興味があることを述べた。
同年12月3日、AMD社のCEOであるはTwitterで「日本の著名な棋士である藤井聡太さんがRyzenファンであることを、日本にいる弊社スタッフから聞き、とても嬉しく思っています。
2019年にはZen2を上市してFujii-San(原文通り)の期待に応えたいです」という趣旨を述べた。
2020年8月21日、第61期王位戦での王位獲得翌日の記者会見において「落ち着いたらパソコンを1台、組みたいなと思います」と語った。
2020年9月10日付の中日新聞に掲載されたインタビューで現在使用しているCPUがRyzen Threadripper 3990Xであることが明らかになった。
学校での好きな科目は数学、地理、体育中日新聞2017年6月21日夕刊1面。
陸上競技系が得意だが、球技は苦手とする。
好きな食べ物として、ラーメンや味噌煮込みうどんなどの麺類プロ棋士カラー名鑑2017 (扶桑社ムック)、母親の作る辛口カレーを、嫌いな食べ物としてキノコを挙げる。
名古屋市北区大曽根のラーメン店「陣屋」には師匠の杉本昌隆に中学1年の頃に連れて来られたことをきっかけに毎月のように通っているとされる。
音楽では、兄の影響で聴き始めたスピッツを好み、スピッツのアルバム『名前をつけてやる』収録の『魔女旅に出る』を、スピッツ屈指の名曲と評する。
プロ入りする前は羽生善治や谷川浩司に憧れていたが、プロになってからは「憧れから抜け出さないといけない」という信念から、「憧れの棋士はいない」としている。
負けず嫌いな性格で、幼い頃は負けるたびに号泣して周囲の目を惹いた。
大伯父の清水甲作は、信和建設株式会社(本社・愛知県瀬戸市)元代表取締役社長。

引用:Wikipedia:データベース

藤井聡太に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング