荒瀬ダム 完全撤去とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
熊本・荒瀬ダムを完全撤去再生へ - ロイター
18時間前 - 熊本県が2012年から続けてきた八代市の県営荒瀬ダム(長さ約210メートル、高さ約25メートル)の撤去作業が完了し、同ダム近くで27日、県主催の式典が開かれた。県などによると、ダム本体を完全に撤去し自然の状態に戻したのは国内で初めて。 ダムがあった球磨川の流域では、戻りつつある清流を活用した地域おこしの動きが始まっている。県はダムがあったことを後世に伝えるため、右岸の堤体の一部を遺構として残し両岸に展望スペースを設置。 熊本県によると荒瀬ダムは1955年に県が建設 ...
八代・荒瀬ダムを完全撤去 国内初、清流生かし再生へ - 産経ニュース
八代・荒瀬ダムを完全撤去 国内初、清流生かし再生へ
熊本・荒瀬ダムを完全撤去再生へ 国内初、清流生かし自然に戻す
熊本県が平成24年から続けてきた八代市の県営荒瀬ダム(長さ約210メートル、高さ約25メートル)の撤去作業が完了し、同ダム近くで27日、県主催の式典が開かれた。県などによると、ダム本体を完全に撤去し...- 産経新聞- 2時間前
熊本県営荒瀬ダム、国内初の完全撤去が完了 自然の状態に戻す ...
熊本県が平成24年から続けてきた八代市の県営荒瀬ダム(長さ約210メートル、高さ約25メートル)の撤去作業が完了し、同ダム近くで27日、県主催の式典が開かれた。…

■2018年10月30日
福岡市でひったくり 容疑で熊本県内の少年3人逮捕 福岡県警博多署


■2018年10月30日
工場立地件数2年連続増加 九州、リーマン以降最高に


■2018年10月30日
九電、12月の料金値上げ 西部ガスも


■2018年10月30日
万引容疑で71歳の男を逮捕 福岡県警早良署


■2018年10月30日
福岡県宗像市でも火災 倉庫から出火し民家にも延焼


■2018年10月30日
福岡県行橋市のマンション一室から出火 2人が病院に運ばれる


■2018年10月30日
国際裁判含め毅然と対応すると河野外相


■2018年10月30日
判決は断じて受け入れられないと河野外相


■2018年10月30日
「極めて遺憾」と新日鉄住金


■2018年10月30日
韓国最高裁、請求全額認める


■2018年10月30日
個人請求権消滅せずと韓国最高裁


■2018年10月30日
韓国徴用工訴訟で新日鉄住金に賠償命令確定の判決


■2018年10月30日
元徴用工への賠償命じる 韓国最高裁、新日鉄住金に


■2018年10月30日
新聞販売店に銃弾 組員に懲役3年6月 地裁小倉判決


■2018年10月30日
「強い憤り」と沖縄知事


■2018年10月30日
看護師襲撃、工藤会組幹部に懲役15年 福岡地裁


■2018年10月30日
宮崎市で建物火災か


■2018年10月30日
宮崎県延岡市でも建物火災の情報


■2018年10月30日
東京芸大大学院にゲーム研究の専門コース開設


■2018年10月30日
福岡市中央区平尾3丁目で建物火災か


■2018年10月30日
T4練習機の部品落下 航空自衛隊芦屋基地


■2018年10月30日
放火の疑いで男を逮捕 福岡県警粕屋署


■2018年10月30日
レジに置き忘れた11万円入り封筒を盗む 容疑で男逮捕 福岡県警大牟田署


■2018年10月30日
沖縄・西表島で震度2


■2018年10月30日
十八銀行とFG傘下親和銀行の合併半年延期へ


■2018年10月30日
3台絡む事故で2人けが 佐賀県鳥栖市の長崎道、トラック横転


■2018年10月30日
北九州市若松区二島で建物火災か


■2018年10月30日
「母国のモンゴルでバッシング」と貴ノ岩関が提訴取り下げ


■2018年10月30日
宮腰沖北相「全裸」報道で謝罪


■2018年10月30日
風疹患者1486人に


  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも荒瀬ダム 完全撤去に関連のある画像ばかりではありません。
荒瀬ダム 完全撤去の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

荒瀬ダム(あらせダム)は、かつて熊本県八代市坂本町葉木荒瀬、一級河川・球磨川水系球磨川に存在したダムである。
2018年3月に撤去作業を完了した。
終戦後の電力供給不足の中、電力安定供給の観点から「球磨川総合開発計画」に基づき計画、建設された。
1953年(昭和28年)着工、1955年(昭和30年)竣工。
堤高25mの重力式コンクリートダムで、水力発電を目的に建設された。
発電目的としては県内で最も古いダムであった。
下流約700mには熊本県営藤本発電所があり、発電量は年間約7,400万Kw時で、1億円の収益を上げていた。
2010年からのダム本体撤去が決定しており、撤去に向けた工法、環境対策などの検討が「荒瀬ダム対策検討委員会」にて進められてきた。
2008年6月、県知事から一転して存続の方針が打ち出されたが、2010年2月に再度撤去の方針が表明された。
地域興しの一環として漕艇場が整備され、日本漕艇協会公認コースとなった。
国民体育大会の会場ともなった。
また、1993年に、旧建設省が「魚が上りやすい川づくり推進モデル河川」として球磨川を指定したことにより、1999年に、観察室を併設する魚道が整備された。

引用:Wikipedia:データベース

荒瀬ダム 完全撤去に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも荒瀬ダム 完全撤去に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング