荒瀬ダム 完全撤去とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
熊本・荒瀬ダムを完全撤去再生へ - ロイター
18時間前 - 熊本県が2012年から続けてきた八代市の県営荒瀬ダム(長さ約210メートル、高さ約25メートル)の撤去作業が完了し、同ダム近くで27日、県主催の式典が開かれた。県などによると、ダム本体を完全に撤去し自然の状態に戻したのは国内で初めて。 ダムがあった球磨川の流域では、戻りつつある清流を活用した地域おこしの動きが始まっている。県はダムがあったことを後世に伝えるため、右岸の堤体の一部を遺構として残し両岸に展望スペースを設置。 熊本県によると荒瀬ダムは1955年に県が建設 ...
八代・荒瀬ダムを完全撤去 国内初、清流生かし再生へ - 産経ニュース
八代・荒瀬ダムを完全撤去 国内初、清流生かし再生へ
熊本・荒瀬ダムを完全撤去再生へ 国内初、清流生かし自然に戻す
熊本県が平成24年から続けてきた八代市の県営荒瀬ダム(長さ約210メートル、高さ約25メートル)の撤去作業が完了し、同ダム近くで27日、県主催の式典が開かれた。県などによると、ダム本体を完全に撤去し...- 産経新聞- 2時間前
熊本県営荒瀬ダム、国内初の完全撤去が完了 自然の状態に戻す ...
熊本県が平成24年から続けてきた八代市の県営荒瀬ダム(長さ約210メートル、高さ約25メートル)の撤去作業が完了し、同ダム近くで27日、県主催の式典が開かれた。…

■2018年5月02日
福岡市東区社領3丁目で火災


■2018年5月02日
日本ハムの清宮がプロ初出場


■2018年5月02日
工藤会ナンバー3ら起訴 傷害罪で福岡地検


■2018年5月02日
北九州市若松区畠田で2件の建物火災情報


■2018年5月02日
「ポリ袋に着替え入れ必死に泳いだ」 刑務所施設逃走容疑の受刑者供述


■2018年5月02日
「書類指導で一気に爆発」 警官射殺事件で家裁送致の元巡査


■2018年5月02日
北朝鮮の「瀬取り」把握急減 手口巧妙化か


■2018年5月02日
「いつか遺族に直接謝罪したい」と供述 警官射殺の少年


■2018年5月02日
警察官射殺容疑の巡査を懲戒免職 滋賀県警


■2018年5月02日
大学のノートパソコンを質屋に売る 北九州市の大学職員を再逮捕 福岡県警


■2018年5月02日
日本ハムの清宮がプロ入り初の1軍昇格


■2018年5月02日
佐賀県神埼町尾崎の建物火災鎮火


■2018年5月02日
滋賀県の警察官射殺事件で19歳少年を家裁送致


■2018年5月02日
男性公務員を酒気帯び運転容疑で逮捕 福岡県警筑紫野署


■2018年5月02日
TOKIO会見終了


■2018年5月02日
「下水管に穴が空いている」と工事行い代金請求 北九州市で悪質商法


■2018年5月02日
佐賀県神埼町で建物火災の情報


■2018年5月02日
TOKIO活動継続


■2018年5月02日
トランプ米大統領が宇宙軍構想 「真剣に検討」と演説


■2018年5月02日
熊本市東区でサルの目撃情報


■2018年5月02日
富士フイルムHDが買収差し止め決定を不服として上訴へ


■2018年5月02日
米ゼロックスの和解に深刻な懸念と富士フイルムHD


■2018年5月02日
山口さん脱退の意向、結論は保留


■2018年5月02日
「心より深くおわび」と謝罪 TOKIO


■2018年5月02日
TOKIO会見始まる


■2018年5月02日
和歌山県警が傷害事件で誤認逮捕


■2018年5月02日
最低成績なら部員丸刈り 愛知県立高、「体罰」指摘で廃止


■2018年5月02日
西日本2日夜にかけ大雨 気象庁、警戒呼び掛け


■2018年5月02日
「首相案件」文書の正確さ認められたと愛媛県幹部


■2018年5月02日
京都・南禅寺で刺激臭


  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも荒瀬ダム 完全撤去に関連のある画像ばかりではありません。
荒瀬ダム 完全撤去の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

荒瀬ダム(あらせダム)は、かつて熊本県八代市坂本町葉木荒瀬、一級河川・球磨川水系球磨川に存在したダムである。
2018年3月に撤去作業を完了した。
終戦後の電力供給不足の中、電力安定供給の観点から「球磨川総合開発計画」に基づき計画、建設された。
1953年(昭和28年)着工、1955年(昭和30年)竣工。
堤高25mの重力式コンクリートダムで、水力発電を目的に建設された。
発電目的としては県内で最も古いダムであった。
下流約700mには熊本県営藤本発電所があり、発電量は年間約7,400万Kw時で、1億円の収益を上げていた。
2010年からのダム本体撤去が決定しており、撤去に向けた工法、環境対策などの検討が「荒瀬ダム対策検討委員会」にて進められてきた。
2008年6月、県知事から一転して存続の方針が打ち出されたが、2010年2月に再度撤去の方針が表明された。
地域興しの一環として漕艇場が整備され、日本漕艇協会公認コースとなった。
国民体育大会の会場ともなった。
また、1993年に、旧建設省が「魚が上りやすい川づくり推進モデル河川」として球磨川を指定したことにより、1999年に、観察室を併設する魚道が整備された。

引用:Wikipedia:データベース

荒瀬ダム 完全撤去に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも荒瀬ダム 完全撤去に関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング