荒木飛呂彦とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
荒木飛呂彦 公式サイト [JOJO.com]
荒木飛呂彦オフィシャルサイトJOJO.com.
荒木飛呂彦 -価格.com -Amazon.co.jp -youtube.comの画像
9月28日、荒木飛呂彦の漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の第4部「ダイヤモンドは砕けない」の実写映画化が発表され、主人公の東方仗助役は山崎賢人に決定した。山崎といえば、9月10日に広瀬すずとのW主演映画「...- Smartザテレビジョン- 3時間前
荒木飛呂彦とは (アラキヒロヒコとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
山崎賢人“ジョジョ”主人公抜擢に「とにかく頑張るし...- Smartザテレビジョン- 2時間前
荒木飛呂彦 (あらきひろひこ)とは【ピクシブ百科事典】
「ジョジョ」イケメンで初の実写化 東方仗助役に山崎...- デイリースポーツ- 8時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも荒木飛呂彦に関連のある画像ばかりではありません。
荒木飛呂彦の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

荒木 飛呂彦(あらき ひろひこ、1960年6月7日 - )は、日本の漫画家。
宮城県仙台市若林区杜王新報出身。
東北学院榴ヶ岡高等学校卒、宮城教育大学中退、仙台デザイン専門学校卒。
身長169.5cm、体重(2007年現在)61kg、血液型はB型。
既婚者で二女の父。
本名、荒木利之(あらき としゆき)。
1980年(昭和55年)、「武装ポーカー」でデビュー(本名名義「次号予告」『週刊少年ジャンプ』1980年52号、331頁)。
代表作は『週刊少年ジャンプ』(集英社)1987年1・2号から連載開始された『ジョジョの奇妙な冒険』。
同作品は複数の部に分かれ、主人公や舞台を変えながら20年以上に渡って連載され続けており、シリーズ総計118巻(2016年12月現在)、発行部数は1億部(2015年12月時点)集英社AD NAVI。
その作風は「王道を行きながら実験的」と評されている斎藤環「書き続ける勇気 荒木飛呂彦インタビュー」『ユリイカ』1997年4月号、135頁-143頁『QuickJapan』Vol.75、巻頭ページ(文・吉田大助)。
; こせきこうじ: 荒木が生まれて初めて肉眼で目撃した漫画家はこせきこうじで、手塚賞・赤塚賞授賞式の場であった。
荒木はこせきの『県立海空高校野球部員山下たろーくん』第5巻に文章を寄稿しており、同作品について「『ジョジョ』を描く上でどの作品よりも影響を受け、最も尊敬している作品である」「漫画のヒーローは心の底に誰よりも熱い気持ちを持ち、目的を持って成長すればいい、という事を教えられた」と書いている。
; 高橋和希: 『遊☆戯☆王』の原作者で荒木のファン。
『ジョジョ』を見たことが漫画家を目指すきっかけになっており、『遊☆戯☆王』の劇中カードゲーム『マジック&ウィザーズ』の原型は実在するカードゲームと『ジョジョ』の世界観である「スタンド」に由来し、メインキャラのメインカードはスタンドに近い設定で「精霊」と呼ばれている他、世界観は『ジョジョ』のPart3以降を元に製作している(コマ割りや舞台など)。
高橋曰くPart3から『ジョジョ』に嵌ったとコメントしている。
;武論尊、原哲夫:『北斗の拳』の原作者と作画担当者。
ジャンプ時代の同期で交流も深い。
そのため北斗の拳関連の企画に積極的に参加している。
;宅八郎: 友人。
過去に何度か雑誌で対談している。
; アシスタント* 鬼窪浩久* 中祥人* 三部敬* 田中靖規* 椎橋寛* 蒔野靖弘* 神海英雄中学時代に剣道部に所属。
幼少期から「ひとりの世界」に浸るのが好きで、早くから漫画も描いていた。
当時は梶原一騎の漫画作品『巨人の星』(川崎のぼる画)、『あしたのジョー』(ちばてつや画)などを愛読、また白土三平の忍者・歴史漫画『サスケ』と『カムイ伝』の理論的な作風に影響を受けた吉田大助「荒木飛呂彦 12000字インタビュー」『QuickJapan』Vol.75、90頁-98頁。
小説では江戸川乱歩や『シャーロック・ホームズ』シリーズをよく読んでいたという石井洋「人物研究 荒木飛呂彦」『Men's Non-no』2002年7月号、160頁-163頁。
なお荒木には4つ下の双子の妹がおり、この2人の仲が良かったため、「家族の中で疎外感を抱いていたため、ひとりで何かを楽しむことが余計に好きになったのだと思う」とインタビューで語っている。
高校時代はロードレース部に所属。
この頃に横山光輝のサスペンス作品を愛読する。
特に学生服の主人公が古代遺跡を探検する『バビル2世』は『ジョジョの奇妙な冒険』Part3のモチーフに影響を与えており、インタビューでは「自分の原点」とも述べている(2009年4月11日時点のアーカイブ)。
16歳の時に同い年のゆでたまごが『週刊少年ジャンプ』でデビューしたことに焦りを感じ、高校3年の時に初投稿、以後何度か投稿を重ね、専門学校在学中の1980年(昭和55年)に「武装ポーカー」で第20回手塚賞授賞式の際の映像が1981年(昭和56年)5月25日のNHK特集『わが青春のトキワ荘〜現代マンガ家立志伝〜』にて放送された。
この中で手塚治虫は荒木の作品について「大変興味がある」「早く上京して来て下さい。
東北出身は少ないから」というコメントを残している。
に準入選しデビュー。
デビュー後は、仙台に在住したまま『週刊少年ジャンプ』で『魔少年ビーティー』を執筆していた。
上京後は『バオー来訪者』の短期連載を経て、1987年(昭和62年)より『ジョジョの奇妙な冒険』の連載を開始し、2003年(平成15年)までに6部の物語を執筆する長期連載となった。
2004年(平成16年)に同誌にて『ジョジョ』のPart7にあたる『スティール・ボール・ラン』の連載を開始し、連載途中の2005年(平成17年)より月刊誌『ウルトラジャンプ』に移籍。
『ジョジョ』シリーズは2010年(平成22年)には通算100巻を達成し、達成後の2011年(平成22年)に『スティール・ボール・ラン』を完結させた後、すぐさま『ジョジョ』のPart8である『ジョジョリオン』の連載を開始し現在に至る。

引用:Wikipedia:データベース

荒木飛呂彦に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも荒木飛呂彦に関連のある動画ばかりではありません。

荒木飛呂彦に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング