耳をすませば 実写映画化とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
「耳をすませば」実写映画化 清野菜名&松坂桃李主演で10年後の ...
柊あおいの青春恋愛漫画「耳をすませば」が、10年後を描くオリジナルストーリーを加えて実写映画化されることが14日、明らかになった。主演は清野菜名と松坂桃李。
『耳をすませば』実写映画化 清野菜名&松坂桃李W主演で雫と ...
「耳をすませば」実写映画化! 清野菜名が雫、松坂桃李が聖司
「耳をすませば」実写映画化 清野菜名&松坂桃李主演で10年後の ...
[映画.com ニュース] スタジオジブリが1995年にアニメ映画化して人気を博した「耳をすませば」が、実写映画化されることが明らかになった。清野菜名と松坂桃李をダブル主演に迎え、原作の世界観を忠実...- 映画.com- 38分前
『耳をすませば』実写映画化! 清野菜名&松坂桃李が“10年後”の ...
『耳をすませば』実写映画化 清野菜名&松坂桃李W主...- オリコン- 38分前

■2020年1月20日
亀梨和也、“売れない芸人”役でホラー初出演「事故物件怪談 恐い間取り」映画化


■2020年1月20日
本田翼“小田切”に「ハマり役」の声、その未来に不安も…「絶対零度」3話


■2020年1月20日
多国籍ファミリーが離ればなれに?『最高の花婿 アンコール』予告編


■2020年1月20日
橋本環奈が涙…仲間との別れに「助けて」「限界」『シグナル100』主題歌入り映像


■2020年1月20日
【海外ディズニー】SW新アトラクションがアナハイムで始動!初日は人気キャラクターがゲストを出迎え


■2020年1月20日
安田顕&佐々木蔵之介、のちに総理大臣となる重要人物に「アメリカに負けなかった男」


■2020年1月20日
【ご招待】『スキャンダル』試写会に10組20名様


■2020年1月20日
アカデミー賞ノミネート、ヒュー・ジャックマンが声務めるアニメ日本公開決定


■2020年1月20日
ロウ・イエ監督『シャドウプレイ』6月下旬に公開延期


■2020年1月20日
SAGアワード、『パラサイト 半地下の家族』が最高賞 外国語映画の受賞は史上初


■2020年1月20日
ベネディクト・カンバーバッチ主演&製作『チャイルド・イン・タイム』無料放送で日本初公開


■2020年1月20日
田中裕子が主演、蒼井優と二人一役! 芥川賞&文藝賞W受賞「おらおらでひとりいぐも」映画化


■2020年1月20日
メーガン妃の父親が娘&ヘンリー王子の王室離脱にコメント「がっかり」


■2020年1月20日
【インタビュー】宮沢氷魚 誰のコピーでもない、自分だけの役者道「今なら自信を持っていられるから」


■2020年1月19日
清野菜名×横浜流星のアクションに「圧倒された」の声続々…「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」2話


■2020年1月19日
松坂桃李がハロプロオタク役に!今泉力哉監督『あの頃。』公開決定


■2020年1月19日
「ハケンの品格」続編放送!篠原涼子扮する大前春子が帰ってくる


■2020年1月19日
ストーリーに引き込まれる視聴者続出、鈴木亮平にも絶賛の声…「テセウスの船」


■2020年1月19日
賀来賢人、女性にトラウマを抱えた不器用男で主演 「死にたい夜にかぎって」


■2020年1月19日
クリステン&ローラが「共感」2大女優と本人の比較画像到着『ふたりのJ・T・リロイ』


■2020年1月19日
『ムーラン』『ブラック・ウィドウ』『ワンダーウーマン 1984』…2020年は女性監督が活躍


■2020年1月19日
「時代が『ロマンスドール』に歩み寄っている」『娼年』プロデューサーが10年越しで映画化実現


■2020年1月18日
天海祐希“深山”のフォローに「めっちゃいい上司」と称賛の声…「トップナイフ」2話


■2020年1月18日
“メンノンモデル”成田凌&宮沢氷魚&清原翔&柳俊太郎が語り合う「ボクらの時代」


■2020年1月18日
“座長”エイサ・バターフィールドを共演者たちが信頼「セックス・エデュケーション」


■2020年1月18日
サム・ロックウェル演じる弁護士は「父や兄のよう」『リチャード・ジュエル』見どころ語る


■2020年1月18日
注目の子役・大西利空の演技に絶賛の声多数…伊藤英明主演「病室で念仏を唱えないでください」1話


■2020年1月18日
『his』藤原季節、子役と「もう口をきかない」ケンカも!?「僕が子どもです」


■2020年1月17日
「弱ペダ」実写化!坂道役に永瀬廉が抜擢 共演に伊藤健太郎&橋本環奈


■2020年1月17日
【ご招待】『グッドライアー 偽りのゲーム』試写会に5組10名様


■2020年1月17日
『ナイト・オブ・シャドー』妖怪役エレイン・チョン、着物モチーフのドレスを身にまとう


■2020年1月17日
ペドロ・アルモドバル監督最新作、自らを素材に描く『ペイン・アンド・グローリー』公開


■2020年1月17日
キャプテン・アメリカ吹替でお馴染み中村悠一のハイテンションナレで進む『ナイブズ・アウト』予告


■2020年1月17日
永野芽郁、坂口健太郎に撮影中の悪夢を報告「日課でした」『仮面病棟』


■2020年1月17日
蘇ったのは娘…新生『ペット・セメタリー』オリジナル版から変更された理由とは?


■2020年1月17日
戸塚純貴出演、“純喫茶”舞台のドラマ形式グルメガイド番組がスタート


■2020年1月17日
フェリシティがエディをビンタ!『イントゥ・ザ・スカイ』気球の中の大喧嘩シーン到着


■2020年1月17日
ROLAND、上海でプライベートや夢を語る「アナザースカイII」


■2020年1月17日
4度の離婚を経験したニコラス・ケイジ、『マリッジ・ストーリー』を激推し


■2020年1月17日
松たか子、愛娘に『アナ雪』ソングを歌った反応は?「A-Studio」


■2020年1月17日
2週連続カイジ祭り!第1作『カイジ 人生逆転ゲーム』金ローで放送


■2020年1月17日
戦慄の殺人鬼の正体は22歳の新鋭俳優『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』特殊メイクの裏側


■2020年1月17日
タイカ・ワイティティ、『スター・ウォーズ』の映画に興味を示す「監督したい」


■2020年1月17日
向井理&水川あさみ出演、舞台「リムジン」ビジュアル公開


■2020年1月17日
『アベンジャーズ/エンドゲーム』が3月ディズニーデラックスに登場


■2020年1月16日
岩井俊二作品はなぜ人の心を捉えるのか?『ラストレター』から読み解く“岩井美学”


■2020年1月16日
波瑠&成田凌、別々の人生を歩む2人の運命は…『弥生、三月』本予告


■2020年1月16日
「他人事じゃない」木村佳乃“薫”の過去に視聴者から共感の声続出…「アライブ」2話


■2020年1月16日
桐谷健太&東出昌大、磯村勇斗の演技に数多くの反応…「ケイジとケンジ」


■2020年1月16日
「ライラの冒険」のドラマ化「ダーク・マテリアルズ/黄金の羅針盤」2月放送&配信へ


  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも耳をすませば 実写映画化に関連のある画像ばかりではありません。
耳をすませば 実写映画化の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

耳をすませば』(みみをすませば、英題:)は、柊あおいの漫画作品、およびそれを原作とした近藤喜文監督、スタジオジブリ制作のアニメーション映画作品。
原作漫画版とアニメ映画版では設定や展開が異なる。
アニメ映画版では、背景美術として東京都の多摩市・日野市・武蔵野市を描写した絵柄が多く見られる。
; 月島 雫(つきしま しずく): 声 - 本名陽子: 主人公で、向原中学校3年生(漫画版では中学1年生)。
14歳。
一人称は「私」。
性格は明るく友達も多いものの、家ではおとなしい。
少々面倒くさがりな所がある親から頼まれていた米磨ぎをしていない、旅行から帰ってきたばかりの姉・汐から朝食を食べたまま散らかしっぱなしの所を片付けるように言われて渋々片付け始める、汐からお父さんに弁当を届けるように命じられて面倒くさがる、お母さんから帰りに牛乳を買ってくるように命じられて面倒くさがる、など。

:恋愛に鈍く、夕子が杉村を好きなのにと彼を責めるが、杉村が好きなのは自身だと気づかなかった。
:読書好きで、特に妖精や魔法などが出てくる幻想文学やファンタジー関係の小説を好んで読む。
図書館や学校の図書室に頻繁に赴き、夏休みには本を20冊も読んでいる。
:夏休みに、図書館で読んだ本の図書カードに「天沢聖司」という名を見つけて想いを巡らせる。
その後、天沢聖司本人とは知らずに出会った当初は反発して「やな奴!」と連呼するが、徐々に彼に惹かれていく。
聖司と自分の違いから「自分を試す」という決心をし、映画と同じタイトルの物語を書き始める。
:受験生として受験勉強をしなければならない時期に物語の執筆に没頭し、授業をろくに聞かない日が続いたため、試験で本来の成績順位から100番も落とすことになり276名中153番。
本来なら50番前後の順位。
、それが元で姉と口論となってしまった国語に関しては82点を獲得している。

: 『猫の恩返し』は、彼女の書いた物語という設定である。
; 天沢 聖司(あまさわ せいじ): 声 - 高橋一生: 向原中学校3年生で、西司朗の孫。
15歳。
一人称は「俺」。
才色兼備な美少年。
読書が好き。
:雫のことは以前から図書カードで知っており、雫に負けないために何冊も本を読んでいた。
:ヴァイオリン演奏が得意で、将来はヴァイオリン職人(原作では画家)になるという夢を抱いている。
そのために中学卒業後はイタリアへ修行に出るつもりである。
:徐々に雫が好きになり、最終的にはプロポーズしている宮崎駿の「告白よりインパクトがあり、思い切った方がよい」という判断から。

: 作中、聖司が読んでいる本に『霧のむこうのふしぎな町』という作品があるが、これはのちに宮崎がアニメ化しようとしたが叶わず、『千と千尋の神隠し』という形で作品化した柏葉幸子著の実在する本である。
; ムーン: 雫が図書館に行く時に同じ電車に乗り込んでいた猫。
「ムーン」という名前は聖司がつけた。
あっちこっちと渡り歩いているため、各地でいろいろな名前をつけられているらしく、「ムーン」の名もそのうちの一つで本名というわけではない。
:作中で登場した異名は「お玉他の家で「お玉」と呼ばれていた旨が聖司によって解説された時に登場した名前。
」「ムタ原田夕子の自宅近くに住む幼女が独自に名付けていた名前。
」の2つが登場した。
このうち「ムタ」の名は姉妹作『猫の恩返し』にて「ルナルド・ムーン」を本名としたうえでの普段の通称名として継承されるかたちで登場している。
; 月島 靖也(つきしま せいや): 声 - 立花隆: 雫の父。
45歳。
黒縁眼鏡をかけている。
:市立図書館勤務(原作では県立。
アニメ映画版の貸出カードには原作と同じく「県立」と記載されている。
)。
図書館司書として働いているが、本業は郷土史家である。
:雫の一番の理解者であり、試験で100番も落とした雫に対し「何が起こっても人のせいには出来ない」ことを条件に彼女のやりたいことを応援した。
; 月島 朝子(つきしま あさこ): 声 - 室井滋: 雫の母。
43歳。
:社会人学生として、大学院(修士課程)に通っている(原作では専業主婦)。
現実主義者であり、雫と似ている。
; 月島 汐(つきしま しほ): 声 - 山下容莉枝: 雫の姉。
18歳。
大学一年生(原作では高校生)。
母が常に家にいるわけではないため、家事もこなすしっかり者。
美人で、スポーツ好きで活発的。
寝ている雫を起こすときに「雫、いい加減に起きな」とよく言う。
受験生として受験勉強をしなければならない時期に物語の執筆に没頭し、試験で本来の成績順位から100番も落とした雫と口論した。
後半では家を出て一人暮らしを始める。
:原作と映画では、性格がかなり異なっている(映画版の性格は原作の母の性格に近い)。
; フンベルト・フォン・ジッキンゲン男爵: 声 - 露口茂: 西司朗がドイツからもらってきた猫の人形。
通称は男爵の英語表記である「バロン」。
雫が書いた物語の主人公。
連れだった貴婦人の猫の人形がいたが、戦争のさなか行方不明になってしまった。
:『猫の恩返し』にも再登場する。
; 西 司朗(にし しろう): 声 - 小林桂樹: 地球屋の主人で、聖司の祖父。
80歳。
:戦前、ドイツ留学中にバロンと出会う。
バロンを譲ってもらうため3日間頼み続けるが、修理に出している貴婦人の猫の人形が戻っていないため無理だと主人はなかなか首を振らなかった。
そこへたまたま近くにいた「ルイーゼ」という女性雫の物語の中で、バロンの許嫁だった猫の令嬢の人形の名前として登場している。
が、自分が修理が終わった貴婦人の方を買い取り、必ず二人をひきあわせるからと名乗り出たことでバロンを譲ってもらった。
だが、その直後に戦争が始まったため、彼女も貴婦人の人形も行方が分からなくなってしまった。
その後雫の物語の中で、哀愁にいたバロンに幸せを与えてくれたことを喜び礼を言う。
:優しい性格で、雫と聖司のよき理解者。
雫らと「カントリー・ロード」を演奏した際、ヴィオラ・ダ・ガンバを弾いていた。
:料理がうまく、雫にふるまった際にも絶賛された。
; 北(きた): 声 - 鈴木敏夫: 西の友人。
雫らと「カントリー・ロード」を演奏した際、リュートを弾いていた。
70歳。
; 南(みなみ): 声 - 井上直久: 西の友人。
雫らと「カントリー・ロード」を演奏した際、タンバリンを叩いたり、コルネットやリコーダーを吹いていた。
60歳。
: 作中の、バロンが登場する雫の小説のなかの世界のデザイン(背景)は井上直久が担当している。
雫の小説のストーリーは井上直久によるものではないが、この世界の設定は彼が描く「イバラード」の世界観にほぼ準じている。
; 高坂先生(こうさかせんせい): 声 - 高山みなみ: 向原中学校の保健室の先生で、三つ編みで眼鏡をかけている。
生徒に慕われている。
男勝りな口調で性格もサバサバしている。
; 原田 夕子(はらだ ゆうこ): 声 - 佳山麻衣子: 雫の親友。
向原中学校3年生。
14歳。
そばかすを気にしている。
優しくておとなしい性格で、立ち直りが早い。
杉村が好きだが、肝心の杉村に女心を理解してもらえず、泣いてしまった。
: 原作者は、彼女をアン・シャーリーをイメージして描いている。
; 杉村(すぎむら): 声 - 中島義実: 雫の男友達。
向原中学校3年生で野球部所属。
14歳。
恋愛には鈍い。
:雫からは「万年球拾い」と言われているが、レギュラー選手であり、少なくとも地区予選で三回戦の突破に貢献するだけの実力を持つ。
夕子が自分のことを好きだという本心を知らずに、夕子にラブレターをあげた男子からラブレターの返事を聞いてくれと頼まれ、そのことを夕子に漏らしたため仲は険悪になってしまった。
雫のことが前から好きだった。
終盤に告白するが断られる。
「友達以上の関係にはなれない」と言われ引き下がった。
聖司に対する嫉妬心などは描かれていないが、聖司が雫のクラスを訊ねてきたときにクラス中が「月島に男(恋人)がいた」と大騒ぎになるなか、杉村のみ複雑な表情を浮かべるシーンがありフィルムブック第3巻45ページ 1〜2コマ目、雫への告白が失敗したあとはしばらく引きずっていた様子結果として、杉村の登場シーンはこれが最後となる。

:エンドロールの流れから、最終的には夕子とうまくいっている模様。
:メインキャラクターの一人だが、下の名前は設定されていない。
; 原田夕子の父: 声 - 中村晴彦: 夕子の父。
夕子とけんかしており、その後仲直りしたような描写は作中にはない。
なお、アニメ映画版の声優は関西テレビ・フジテレビ系列で放送されていた視聴者参加オークション番組「とんねるずのハンマープライス」において出演権利を落札した一般人で、50万円で落札されたが、セリフは「おかえり」の一言のみであった。
; 絹代(きぬよ): 声 - 飯塚雅弓: 雫の友達。
向原中学校3年生。
愛称「きぬちゃん」。
聖司とは、1年生のときに同じクラスだった。
; ナオ: 声 - 千葉舞: 雫の友達。
向原中学校3年生。
眼鏡をかけている。
そのほか、アニメ映画版では、先生役に岸部シローや笛吹雅子(数学担当の教師)、作中のテレビの野球放送で解説者として江川卓、実況アナウンサーとして小川光明が出演している。

引用:Wikipedia:データベース

耳をすませば 実写映画化に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも耳をすませば 実写映画化に関連のある動画ばかりではありません。

耳をすませば 実写映画化に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング