老け顔アプリ 創業者とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
世界的人気の「老け顔アプリ」FaceAppを創ったロシア人起業家 | Forbes ...
2時間前 - 老け顔アプリ「FaceApp」創業者のヤロスラフ・ゴンチャロフ(Yaroslav Goncharov)は、 かつてマイクロソフトでウィンドウズモバイルの開発に従事していた。その後、彼は仲間と共同で立ち上げた会社をロシア版グーグル「ヤンデックス.
世界的人気の「老け顔アプリ」FaceAppを創ったロシア人起業家 - MSN.com
世界的人気の「老け顔アプリ」FaceAppを創ったロシア人起...
世界的人気の「老け顔アプリ」FaceAppを創ったロシア人起業家(Forbes ...
老け顔アプリ「FaceApp」創業者のヤロスラフ・ゴンチャロフ(Yaroslav Goncharov)は、かつてマイクロソフトでウィンドウズモバイルの開発に従事していた。その後、彼は仲間と共同で立ち上...- Forbes JAPAN- 6時間前
老け顔アプリ「FaceApp」への過剰反応は、“もっと大きな危険”を覆い隠す ...
2時間前 - 老け顔アプリ「FaceApp」創業者のヤロスラフ・ゴンチャロフ(Yaroslav Goncharov)は、 かつてマイクロソフトでウィンドウズモバイルの開発に従事していた。その後、彼は仲間と共同で立ち上げた会社をロシア版グーグル「ヤンデックス・・・

■2019年8月20日
再び可能になったiOSの“脱獄”から、アップルが抱えるセキュリティ面での課題が見えてきた
アップルの最新版OSである「iOS 12.4」で、端末のロックを解除して好きなアプリをインストールできる「ジェイルブレイク(脱獄)」が数年ぶりに可能になった。旧ヴァージョンで修正されたはずのバグが最新

■2019年8月20日
SNSの「おすすめ」が自殺を助長する:アルゴリズムによる悲しみを増やさないために、いま取り組むべきこと
SNSのアルゴリズムによる“おすすめ”が、心に病を抱える人々の自傷や自殺を助長する──。14歳の少女の死をきっかけに、レコメンドエンジンとメンタルヘルスの関係についての議論に拍車がかかっている。アルゴ

■2019年8月19日
女性の宇宙飛行士を月に送る計画で、NASAは「男性至上主義」と決別できるのか
このほど米航空宇宙局(NASA)が発表した「アルテミス計画」は、人類を再び月面へ送り込むプロジェクトだ。成功すれば、人類史上で初めて女性宇宙飛行士が月面に降り立つ記念すべき瞬間を迎える。しかしNASA

■2019年8月19日
こうして大手テック企業は、「AIの規制」に影響力を行使する
欧州委員会(EC)がこのほど発表した人工知能(AI)に関する倫理ガイドラインには、禁じるべき活用方法を示した「レッドライン」が当初は盛り込まれるはずだった──。こうした文言が消えた背景には、テック企業

■2019年8月19日
エアコンの温度設定を巡る争いに終止符? 体感温度を最適化するウェアラブル端末、ついに一般発売
オフィスのエアコンの温度設定を巡っては、特に夏は室内が寒すぎるといった不満が出ることも少なくない。そんな問題を解決してくれそうなウェアラブル端末が発売された。腕時計型の端末「Em Wave」は、手首に

■2019年8月19日
Snapchat対応のスマートグラスが第3世代に。ファッション性を高めた進化が意味すること
写真・動画共有アプリ「Snapchat」の開発元であるスナップが、カメラ機能付きスマートサングラスの新モデル「Spectacles 3」を発表した。3Dの写真や動画を撮影できる新モデルはファッション性

■2019年8月18日
VRのアヴァターは、ここまで「本物そっくり」に進化した:フェイスブックが開発する“未来の技術”の最前線
目の前に現れたVRのアヴァターは、現実にいる人間と表情も仕草も完璧にシンクロするクローンのようにリアルな“人間”そのものだった──。VRの新たな次元を切り拓く可能性のある技術の開発が、いまフェイスブッ

■2019年8月18日
トランプ時代における「フィクション」の役割。スペキュラティヴ・アーキテクト、リアム・ヤングが語る
フェイクニュースが氾濫し、人々が信じたい“現実”を信じる時代において、いかにして未来のヴィジョンを示すことができるのか。そのとき「フィクション」のもつ役割とは何だろう? 自らをスペキュラティヴ・アーキ

■2019年8月18日
アップルが展開する屋外の「ARアート」は、これからの拡張現実の戦略を象徴している
このほどアップルが、拡張現実(AR)を利用した現代アートのウォーキングツアー「[AR]Tウォーク」をスタートさせた。外の風景とARアートが一体化する今回の“展示”は東京を含む6都市に限られ、しかも厳格

■2019年8月18日
エンジンが失速したロシアの旅客機が、無事に畑に不時着できた「3つの理由」
ロシアの旅客機が鳥に接触してエンジンが失速し、モスクワ郊外のトウモロコシ畑に不時着した。ほとんどけが人もなく無事に着陸できたのは、いったいなぜなのか。ここではパイロットによる賢明な選択と幸運といった「

■2019年8月17日
シリコンヴァレーが傾倒する「創造的破壊」では、世界は決してよくならない
シリコンヴァレーには、既存の仕組みをテクノロジーによって“破壊”することをよしとする文化がある。だが、ディスラプション(創造的破壊)から生まれた新しいサーヴィスは、本当に既存の仕組みより優れているのか

■2019年8月17日
人間なしの建築。マシンランドスケープが地球に拡がるとき
ようこそ、マシンランドスケープの時代へ!データセンター、無人港、物流倉庫……。これから地球に拡がるのは人間のための建築ではない。プロセッサーとハードディスクドライヴ、物流ロボットと移動式の棚、自律型ク

■2019年8月17日
物流の「ラストワンマイル」を自動化する前に、わたしたち人間が取り組むべきこと
自律走行する配達ロボットに荷物やピザを届けさせるなど、物流の「ラストワンマイル」を自動化する動きが活発になっている。だが、これらの当面は自動化が困難な作業より先に注目すべき分野がある。すでに自動化され

■2019年8月17日
古代のイヌのがん細胞は、こうして現代に生き延びて“伝染”する:英研究チームが見た「特異な進化」の秘密
イヌのがんとして知られる「可移植性性器腫瘍(CTVT)」が、古代のイヌの体から現代のイヌの体へと6,000年を経て“伝染”し続けてきた方法は、宿主をできるだけ「生かす」というものだった──。そんな研究

■2019年8月16日
木星から土星、海王星まで旅した双子の探査機「ヴォイジャー」の軌跡:今週の宇宙ギャラリー
1970年代後半に相次いで打ち上げられた双子の宇宙探査機「ヴォイジャー1号」と「ヴォイジャー2号」は、木星から土星、天王星、海王星へと前人未踏の旅路を続けてきた。太陽系を巡る認識を根底から覆したミッシ

■2019年8月16日
「コンピューターは意識をもちえない」意識研究の大家クリストフ・コッホは語る:菅付雅信連載『動物と機械からはなれて』
『意識の探求』や『意識をめぐる冒険』などの著書で知られる意識研究の大家であるクリストフ・コッホ。彼は「コンピューターは意識をもちえない」と考える。なぜならば、重力の影響をシミュレートしても時空を曲げら

■2019年8月16日
アディダスとBASFが生み出した、BOOSTというテクノロジーの「仕組み」
アディダスのフットウェアに搭載されているミッドソールテクノロジー「BOOSTフォーム」。いまや世界中のランナー(とスニーカーヘッズ)の間でBOOSTの名を知らないものはいないだろう。13年のデビューか

■2019年8月16日
家庭のスマートテレビに強力な電波を送れば、飛ばしたドローンからでも乗っ取れる:研究者が実証(動画あり)
インターネット接続に対応したスマートテレビに強力な電波で不正な信号を送れば、飛ばしたドローンからでもハッキングできる──。そんな実証結果をセキュリティ研究者が発表した。テレビがネットワークと通信する際

■2019年8月15日
コメディからSMまで、ネットフリックスはあらゆるニッチで世界を埋め尽くす
動画ストリーミングサーヴィス業界において競争が激化するなか、ネットフリックスが「高品質なテレビ番組」から軸足を移した先は「ニッチな作品」だった。きわどい笑いのコメディから過激な描写も含むSMまで──。

■2019年8月15日
「グリーン・ニューディール」の実現が難しいのは党利党略ではない。問題は送電網ができないことにある
米民主党の議員グループが公表した温暖化対策の決議案「グリーン・ニューディール」が2月に上院で否決されるなど、その先行きが党利党略ゆえに暗礁に乗り上げているようにも見える。だが仮に民主党が政権を握ってグ

■2019年8月15日
地盤沈下が進むインドネシアの首都で、水没を防ぐ「巨大な防潮堤」は決して役に立たない
地盤沈下と海面上昇のダブルパンチによって水没の危機に見舞われているインドネシアの首都ジャカルタで、沖合いに巨大な防潮堤を築くという計画が持ち上がっている。だが実際のところ地下水の使用という地盤沈下の原

■2019年8月15日
ある自動運転スタートアップが、ウォルマートの中間配送を請け負った明快な理由
自動運転技術を開発しているスタートアップが、ウォルマート傘下の大規模店から小型店までの中間配送サーヴィスを開始すると発表した。消費者がネットで注文した商品を、大規模店から身近な店舗まで自律走行車で運ぶ

■2019年8月14日
黄色ブドウ球菌はタバコの煙で“進化”し、薬剤への耐性を強める:研究結果
感染症の原因のひとつである黄色ブドウ球菌は、タバコの煙に晒されることで抗生物質などの薬剤に耐性をもつ可能性が高まる──。そんな研究結果を、このほど英国の研究チームが発表した。つまりタバコの煙はヒトの免

■2019年8月14日
「さ行」が苦手すぎるエンジニアちょまどが、Clova Deskで「滑舌スキル」をつくってみた
ITエンジニア兼マンガ家として活躍している「ちょまど」こと千代田まどか。彼女が「Clova Desk」のスキルを開発した。その名も「滑舌スキル」。なぜ千代田がこのスキルをつくったのか、話を訊いた。

■2019年8月14日
リチウムを巡る各国の戦略が、電気自動車の未来を左右する
スマートフォンやノートパソコン、電気自動車などを動かすバッテリーの材料として欠かせないリチウム。その需要は今後10年で供給を上回ると予想されている。調達競争が激化すれば、やがてリチウムは石油のように世

■2019年8月14日
デジタル機器のスピーカーは、ハッキングされると「音響兵器」になる:研究結果
デジタル機器などのスピーカーをハッキングすることで音響兵器化できるという研究結果が、このほど発表された。デジタル機器の内蔵スピーカーをマルウェアに感染させれば、そこから強い超音波を出したり、可聴域の周

■2019年8月13日
エボラ出血熱、ついに「治療可能」に──発表された治療法は、こうしてアウトブレイクから世界を救う
ついにエボラ出血熱が「治療可能」になる──。世界保健機関(WHO)と米国立衛生研究所(NIH)が、エボラ出血熱に対する2種の実験的治療法が生存率を劇的に向上させると発表した。まだ十分な数の患者が治療を

■2019年8月13日
ソーシャルメディアの過激化は、利益を重視する「経営陣の無責任」にも原因がある
ソーシャルメディアは最近まで、自社のプラットフォームに投稿される有害コンテンツの広がりと影響力に関して、見て見ぬふりをしてきた。だが、こうした投稿が多くの人に閲覧され共有され、金を生むコンテンツとなっ

■2019年8月13日
視覚障害者のための屋内誘導アプリという挑戦が、アクセシビリティ向上にもたらす「重要な示唆」
ケンタッキー州ルイヴィル市は、あるスタートアップと連携して視覚障害者のために音声で屋内を誘導するアプリを開発した。グーグルやアップルといった巨大テック企業の先を行く挑戦は、アクセシビリティの向上を考え

■2019年8月13日
重さ0.26g! はばたく極小ロボット、太陽電池だけでケーブルレス飛行に成功(動画あり)
ハーヴァード大学の研究チームが開発を続けてきた昆虫型の超小型ロボットが進化し、電源ケーブルなしではばたいて飛べるようになった。その秘密は本体に搭載した太陽電池と、羽の枚数を2枚から4枚に増やして飛行効

■2019年8月12日
“大きな秘密”を宿した木星の衛星「エウロパ」の探査は実現するか? 夢の計画は、いまも細々と進行中
何らかの生命体が存在する可能性が指摘されている木星の衛星「エウロパ」。月や火星の探査と比べて話題に上らないが、実際のところ米航空宇宙局(NASA)の探査計画には遅れが生じている。それでも科学者たちは、

■2019年8月12日
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のラストには、度肝を抜くような「何か」が登場する:銀河系からの最新ニュース
12月に公開予定の『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』に関する新しい情報が入ってきた。どうやらラストシーンには「本当に度肝を抜かれる」という何かが登場するらしいのだ。このほか、レン騎士団の起

■2019年8月12日
ベントレーの超高級プラグインハイブリッドSUV「ベンテイガ・ハイブリッド」は、「隠すことの美学」に満ちている
ベントレーが2019年中に発売を予定している超高級プラグインハイブリッドSUV「ベンテイガ・ハイブリッド」。ドライヴァーの視界から「継ぎ目」やワイパーを隠し、EVモードとエンジン走行の違いもバッテリー

■2019年8月12日
「Galaxy S10+」は最も優れたスマートフォンのひとつとして順当に進化している:製品レヴュー
サムスンの「Galaxy S10+」は、驚くほど高精度な手ぶれ補正機能やクリエイティヴなカメラ機能を備えるなど、現時点で最も優れたスマートフォンのひとつに相応しく仕上がっている。一方で未来を見据えた「

■2019年8月11日
“ビットの世界”に見るテクノロジーへの警鐘と、希望の光:ニール・スティーヴンスン『Fall』(ブックレヴュー)
SF作家ニール・スティーヴンスンの新作『Fall; or, Dodge in Hell』は、脳の神経回路をデジタルデータ化してアップロードすることで、死後も「ビットワールド」と呼ばれる仮想世界で生き続

■2019年8月11日
ファーウェイの独自OS「HarmonyOS」は、決してAndroidの代替ではない
中国の通信機器大手ファーウェイが、独自OS「HarmonyOS」を発表した。幅広いデヴァイスやプラットフォームで利用できるという新しいOSだが、決してAndroidの代替というわけではない。そしてアプ

■2019年8月11日
DJIのアクションカメラ「Osmo Action」は、GoProの強力なライヴァルになる:製品レヴュー
DJIのアクションカメラ「Osmo Action」は、デュアルスクリーンと優れた操作性、いくつもの便利機能のおかげで、GoProの「HERO」に負けずとも劣らない素晴らしい製品になっている。『WIRE

■2019年8月11日
個性と多様性に溢れた世界各地の「小さな商店」:まるで“都会の神殿”のような11の風景
チェーン店が席巻する都会にひっそりとたたずむ雑貨店や工房。文化的な均一化に陥りがちな現代社会において、そこには個性や多様性の守り手ともいえるオーナーや職人たちの姿があった。ある写真家は、こうした人たち

■2019年8月10日
アップルが“ハッカー”たちに「特別なiPhone」を供与する真意
アップルが一部のセキュリティ研究者を対象に、ソフトウェアの深い階層まで精査できる「特別版のiPhone」を供与することを明らかにした。この“ハッカーフレンドリー”な端末の供与と同時にアップルは、脆弱性

■2019年8月10日
【ネタバレあり】子どもたちが世界を救うシナリオの限界を「ストレンジャー・シングス」に見た:ドラマレヴュー
Netflixのドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」は、子どもたちが世界を救うという昔ながらの映画の定石を踏襲した作品だ。そのシーズン3の配信が7月に始まったが、過ちを繰り返す大人たちと世界

■2019年8月10日
サムスンが発表した「Galaxy Note10」は、その信頼性と技術力を世界に示す使命を帯びている
サムスンが「Galaxy Note」シリーズの最新モデル「Galaxy Note10」と「Galaxy Note10+」を発表した。画面サイズによって2つのモデルになると同時に、サムスンのフラッグシッ

■2019年8月10日
日本の旧車も疾走! 白煙が上がるドリフトサーキットの魅力的な世界
ドリフトカーのスキール音が鳴り響くモーターサーキットでは、そのパワーとスピードに圧倒される。だが、ある写真家がそれ以上に魅了されたのは、ドリフトを愛する人たちの絆だった。白煙が広がる魅力的なサーキット

■2019年8月10日
人気ドラマをAIではなく「人間」がお薦め:HBOの取り組みは支持を得られるか?
人工知能(AI)によるコンテンツのお薦めに対抗するサーヴィスを、米国の大手ケーブルテレビ局HBOが開始した。ユーザーの意見やツイートなどを基に、あえて「人間」によるお薦めを提供し始めたのだ。Netfl

■2019年8月09日
美しき太陽風の軌跡から、「銀河の合体」の前触れまで:今週の宇宙ギャラリー
荷電粒子を絶えず宇宙に放出する太陽風の美しい軌跡、明確な構造が見られない「不規則銀河」、そしてまさに衝突しようとしているふたつの銀河まで──。今週も宇宙のダイナミックな動きを捉えた写真を紹介しよう。

■2019年8月09日
あの「真ん中の席」を選びたくなるシートが、いよいよ飛行機に搭載される日がやってくる
窮屈であるがゆえに、飛行機で敬遠されがちな「真ん中の席」。座席を互い違いに配置したことで真ん中のほうが快適になるという新しいシートが、米当局の承認を得て飛行機に搭載されることになった。「ひじかけバトル

■2019年8月09日
AIで急性腎障害の高精度予測を実現、見えてきたグーグルの医療分野における野望と課題
アルファベット傘下のAI開発企業であるDeepMindが、AIによる急性腎障害の早期発見が可能になったことを明らかにした。米退役軍人省と共同開発したソフトウェアを利用することで、最大48時間前に急性腎

■2019年8月09日
iMessageを受信するだけでハッキングされる? iPhoneの脆弱性について知っておくべきこと
iPhoneでiMessageのメッセージを受信するだけで、ハッカーに侵入を許してしまう──。そんなiOSの脆弱性が、このほど明らかになった。ユーザーが「メッセージ」アプリや本文を読むことさえなくても

■2019年8月08日
「データは新しい石油である」という発想は、そもそも間違っている
「データのマネタイズ」を形容する際に、「石油」はメタファーとして使われることが多い。だが、こうした考えはそもそも間違っている。アラスカ州が石油から得た収入を人々に分配しているように、データから得られた

■2019年8月08日
iPhoneは大量の資源を消費するが、実は地球環境の保全に貢献している
初代の発売から12年目を迎えたアップルのiPhone。累計20億台以上が出荷されてきたこれらのデヴァイスには、大量の資源が使われている。だが、スマートフォンに代表されるデジタル機器は、地球をただ一方的

■2019年8月08日
深い感動は感覚の境界が溶け合うシームレスな領域に創造される【PLAY & TRAINING 遊びの再発明#02】
心身共に打ち震えるような、深い感動をもたらす「体感」は、どうデザインできるのか。モビリティの未来を捉え直そうとするヤマハ発動機がゲストを迎え、ラディカルに思考を深める対話のシリーズ。第2回のゲストは、

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも老け顔アプリ 創業者に関連のある画像ばかりではありません。
老け顔アプリ 創業者の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

老け顔アプリ 創業者に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも老け顔アプリ 創業者に関連のある動画ばかりではありません。

老け顔アプリ 創業者に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング