羽田空港 断水解消とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
羽田空港 第2ターミナル断水解消 | NHKニュース
日本空港ビルデングによりますと、羽田空港国内線の第2ターミナルの受水槽の水質に問題はなかったとして、8日午後1時25分か…
羽田空港、断水が解消へ 第2ビル、水質に問題なし(共同通信 ...
羽田空港のターミナルビルを運営する日本空港ビルデングによると、8日午後1時25分ごろ、給水の復旧に向けた作業が始まった。水道管に残った水の排出が終わり次第、断水は解消する。- 共同通信- 32分前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも羽田空港 断水解消に関連のある画像ばかりではありません。
羽田空港 断水解消の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

東京国際空港(とうきょうこくさいくうこう、)は、東京都大田区にある日本最大の空港。
通称は羽田空港(はねだくうこう、)であり、単に「羽田」と呼ばれる場合もある。
空港コードはHND。
空港法第4条に定める「国際航空輸送網又は国内航空輸送網の拠点となる空港」の一つであり、同国の国土交通大臣が設置、管理する。
1931年8月25日に「東京飛行場」として正式開港して以来、日本最大かつ東京、首都圏を代表する空港で、2017年の乗降客数では世界で4番目に利用の多い空港となっている。
日本航空と全日本空輸、スカイマーク、ソラシドエア、AIRDOの国内線ハブ空港である。
年間の航空機発着回数は約38万4000回、航空旅客数は約6,670万人でそれぞれ国内最大(2位はいずれも成田国際空港)。
航空貨物取扱量は約84.4万トンで国内第2位(1日あたり約2246トン。
1位は成田国際空港)。
定期乗り入れ航空会社以外のチャーター便やビジネスジェットの乗り入れも行われている。
天皇、皇族や内閣総理大臣などが政府専用機を使用する場合や、国賓や公賓が専用機や特別機で訪日する際はほとんどの場合、羽田空港を使用するただし、公式実務訪問賓客・実務訪問賓客・外務省賓客などは、通常成田国際空港を使用する。

これは羽田空港の方が成田空港より都心に近く、沿道の警備が容易なためである。
このため、専用施設としてVIP機専用スポット (V1、V2) や旅客ターミナルビルとは別棟の中に設けられた貴賓室がある。
日本では数少ない24時間運用が可能な空港の1つであるほかには関西国際空港、中部国際空港、新千歳空港、北九州空港、那覇空港。
メンテナンスや騒音の影響で完全な24時間運用が可能なのはこのうち関西国際空港のみ。
が、深夜から未明の時間帯にかけては国際線や貨物便ヤマト運輸の「超速宅急便」などの高速宅配サービスが行われている。
が発着するのみとなっている。
国内線の各旅客ターミナルビルの開館時間は、定期便の運航時間帯に合わせ、第1旅客ターミナル、第2旅客ターミナルとも5:00 - 24:00ごろとなっている。
国際線ターミナルビルの開館時間は24時間である。
空港の設置および空港機能の管理、運用については国土交通省東京航空局東京空港事務所が行なっているが、各ターミナルビルの管理、運用についてはそれぞれ次のようになっている。
{| class="wikitable"!!施設!管理、運用会社!備考|-|||日本空港ビルデング株式会社||-|rowspan="3"|国際線地区|国際旅客ターミナルビル|東京国際空港ターミナル株式会社(TIAT=ティアット)同社への出資については上記の日本空港ビルデングのほか、成田国際空港株式会社なども参加している。
|rowspan="3"|2010年10月に開業。
日本の空港としては初のPFI事業として、国との間で事業契約を締結した民間事業者が建設・管理・運用を行なっている。
|-|国際貨物ターミナルビル||-|国際線地区エプロン|羽田空港国際線エプロンPFI株式会社|}国土交通省東京空港事務所においては、羽田空港に関する飛行場管制業務のほか、羽田空港、成田国際空港、下総飛行場、木更津飛行場、館山飛行場に関する進入・ターミナルレーダー管制業務を実施している。
また、伊豆諸島の各小規模空港(リモート空港)に関する情報提供等を航空管制運航情報官が実施している。
なお、コールサインについて、新島空港、神津島空港は「伊豆リモート」、三宅島空港は「三宅リモート」、八丈島空港は「八丈リモート」を使用する。
羽田空港は、東京23区内にあり利便性が高い反面、騒音問題、増便規制、小型機の乗り入れ禁止などのいわゆる「羽田空港発着枠問題」といった、緊急に解決が必要な問題が存在する(航空法上の混雑空港(IATAのWSGで最も混雑レベルが激しい「レベル3」)にあたる)。
これらの問題を解決するため、現在までに沖合展開事業や再拡張事業、横田空域の調整が行われている。
空港騒音に関しては羽田空港一帯(羽田空港一丁目 - 羽田空港三丁目、これらに接する地先および水面)のみ騒音規制法(昭和43年法律第98号)第3条第1項の規定に基づき、大田区長が指定する地域から除外されている。
羽田空港の敷地面積は、約1,522ヘクタール、埋め立てによる拡張により、成田国際空港を超える日本最大の面積を有する空港となり、大田区全体の面積のおよそ4分の1を占める。
2014年、スカイトラックスが実施した「」において、日本の空港として初めて世界最高水準の5つ星を獲得した。
2019年3月、スカイトラックスは、世界の空港を格付けする「ザ・ワールズ・ベスト・エアポーツ・オブ・2019」において、2018年の第3位から順位を上げてシンガポール・チャンギ国際空港に次ぐ第2位として選出し、「世界一清潔な空港」、「世界一の国内線空港」、「世界一バリアフリーな空港」にも選出した。

引用:Wikipedia:データベース

羽田空港 断水解消に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも羽田空港 断水解消に関連のある動画ばかりではありません。

羽田空港 断水解消に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング