織田裕二 10年ぶりとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
織田裕二 10年ぶりに月9主演 | 2018/8/2(木) 5:23 - Yahoo!ニュース
織田裕二が、フジテレビ系2018年10月期のドラマ「SUITS/スーツ」で10年ぶりに月9の主演を務めることが分かった。全米の人気ドラマ「SUITS」が原作。
織田裕二10年ぶりフジ「月9」中島裕翔と初共演(日刊スポーツ) - Yahoo ...
織田裕二、10年ぶり「月9」主演!…10月スタート「SUIT...
織田裕二 10月に10年ぶりの月9「私も新たな挑戦をしたい」― スポニチ ...
俳優の織田裕二(50)が10月スタートのフジテレビ系連続ドラマ「SUITS/スーツ」(月曜・後9時)に主演することが1日、分かった。2008年7月期の「太陽と海の教室」以来10年ぶりの“月9”主演。...- スポーツ報知- 1時間前
織田裕二、10年ぶり月9主演!日本版「SUITS」に中島裕翔と挑戦 - シネマ ...
織田裕二10年ぶり“月9”キターッ!「SUITS」...- デイリースポーツ- 2時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも織田裕二 10年ぶりに関連のある画像ばかりではありません。
織田裕二 10年ぶりの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

織田 裕二(おだ ゆうじ、1967年12月13日 - )は、日本の俳優、歌手。
神奈川県川崎市生まれ。
BAC CORPORATION所属。
身長177cm、体重70kg。
既婚。
*2年に1度開催されるTBSのスポーツ中継番組『世界陸上』のメインキャスターを、1997年のアテネ大会から中井美穂と共に担当。
2017年のロンドン大会で11大会連続メインキャスターとなる。
ハイテンションぶりが話題となり、山本高広を筆頭に、陣内孝則、関根勤、ナインティナインの岡村隆史らに物真似をされている。
*2001年、主演ドラマ『ロケット・ボーイ』放送時、持病の腰痛が悪化し、椎間板ヘルニアによる緊急入院で撮影を中断する事態となった。
そのため『ロケット・ボーイ』は全11話の予定だったが全7話に再構成され、第2話放映後の4週分は『ロケット・ボーイ』を休止し、同作共演のユースケ・サンタマリア、市川染五郎の新撮シーンと『踊る大捜査線』の再放送で穴埋めするという異例の措置が取られた。
*2007年4月19日放送『うたばん』では、本人に説明なく行われた体力測定で実年齢39歳にして25歳と診断されていた。
*2007年8月23日放送『うたばん』にて12年ぶりに的場浩司と共演した際、互いを「織田ちゃん」と「マッキー」の名で呼び合うほど当時は仲が良かったと話している(浅野温子によると「お前は人間の末期的症状だ」から「マッキー」とのこと)。
*スズキ・ジムニーのCMキャラクターとして起用されたことがあったが、織田自身もジムニーを所有している。
*多趣味であり、主にゴルフやパイプ、葉巻、熱帯魚、ベラブナ釣り、野鳥観察などを挙げている。
釣りに関してはかなり詳しく、バラエティ番組に出演した時に、よく釣り好きを公言している。
この多趣味な部分は自身の父親からの影響だとエッセイ『脱線者』で語っている。
*恋愛観については、相手のルックスや仕草よりも、自分の足りないところを足してくれる相手が好きであり、同時に相手の足りないところを足せるような自分になれたらと語っている。
また男性が働いて稼ぎ、女性が家を守るような堅実な家庭を作りたいとも語った2008年10月17日放送 フジテレビ『僕らの音楽 -OUR MUSIC-』 織田裕二特集より。
桐蔭学園小学校・中学校・高等学校卒業。
中学1年から高校1年までテニス部に所属していたが膝を壊して退部。
高校時代はDepsという名のバンドを組み、ギターを担当していた(その後、「Deps」というバンド名は、織田自身のファンクラブの名称になっている)。
高校卒業後はピッツバーグ大学日本校へ入学するも、俳優の道へ進む。
1987年4月公開の東映映画『湘南爆走族』に、出演者オーディション数万人の参加者の中から、望んでいた石川役に抜擢されてデビュー。
同時に主役デビューの江口洋介と共演。
当時は二輪免許は持っておらず、映画撮影のために取得した。
1989年6月公開の東宝映画『彼女が水着にきがえたら』で主演の原田知世の相手役に起用され、知名度が高まった。
1991年、フジテレビ系ドラマ『東京ラブストーリー』の永尾完治(カンチ)役で大ブレイク。
「月9」という言葉もこの作品から生まれた。
ただし、人気とは裏腹に織田自身は、ストーリーが進むにつれ、原作と脚本と自分のイメージとのギャップに悩み、結果的には途中放棄といえるくらい演技的に失敗だったと語っている。
また、1992年にTBS『あの日の僕をさがして』では民放連ドラで初めて主役の古賀森男役を演じたが、視聴率が芳しくなかっため、失敗作で終わり、「駄目だ。
何をしたいかを一所懸命固めなきゃ駄目だ。
人から役をもらうだけじゃなくて、こっちから「何をしたい」って言わなきゃ駄目だ。
無いんだったら、何か無理矢理でもテーマを作るぞ。
そう思った。
」と語っているぴあ『ドキュメント織田裕二』のインタビューより。

そのため、以降の作品では企画・脚本作りの段階から作品に関わるという姿勢を強めることになるNHK『トップランナー』での発言などより。

2018年、10月スタートのフジテレビ系月9ドラマで、織田裕二と鈴木保奈美が「東京ラブストーリー」以来27年ぶりに共演することを報じられた。
織田が月9に主演を務めるのは、2008年放送の「太陽と海の教室」以来10年ぶりの出演になる。
1993年、フジテレビ系ドラマ『振り返れば奴がいる』で、石黒賢とダブル主演で出演する。
織田演じる司馬、石黒演じる石川の衝突が話題となり、ヒット作となる。
1997年のフジテレビ系ドラマ『踊る大捜査線』は、ドラマ放送終了後のビデオレンタルなどで評判が良く、映画化されて人気を博した。
劇場版1作目の『踊る大捜査線 THE MOVIE』は興行収入101億円、観客動員数700万人を記録し、それに続く『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』も、興行収入173.5億円、観客動員数1250万人と、前作を大きく上回るばかりか実写邦画歴代1位(2013年現在)の記録を残し、自身の代表作となった。
2016年11月公開の『映画 ボクの妻と結婚してください。
』で4年ぶりに映画主演を務める。
歌手としては1987年4月にデビュー映画『湘南爆走族』の挿入歌のシングルレコード「BOOM BOOM BOOM」でデビュー。
1991年2月に発売された『スズキ・セルボ』CMソング「歌えなかったラヴ・ソング」が最高位2位、57.5万枚を記録、自身最大のヒット曲となった。
その他ヒットした代表曲には、AGF「マキシムレギュラーコーヒー」・参天製薬「サンテFX」各CMソングの「現在、この瞬間から」(1991年6月、最高位3位、20.7万枚)、映画『お金がない!』の主題歌「OVER THE TROUBLE」(1994年7月、最高位14位、26.4万枚)、『踊る大捜査線』の主題歌「Love Somebody」(1997年1月、最高位9位、47.8万枚)などがある。
2005年日本ゴールドディスク大賞・ソング・オブ・ザ・イヤー部門受賞「Last Christmas/Wake Me Up GO!GO!」(Yuji Oda with Butch Walker名義として)。
しかし、2008年10月15日ベストアルバム『BEST OF BEST 〜20th Anniversary〜』及びライブDVD『YUJI ODA 20th Anniversary Special Live 3920』を同時リリースして以降、目立った音楽活動は見られず、デビュー20周年を記念して立ち上げた歌手としての新プロジェクト「UZ」もシングル「君の瞳に恋してる」をリリース後、活動は見られていない。
ライブ活動も同年11月に行われた「CONCERT TOUR『2008』-U-kai3- 〜君の瞳に恋してる〜」を最後に行われていない。
私生活においては長らく独身だったが、2010年8月16日に12歳年下の一般人女性と結婚。
2014年10月末には長男が誕生した。

引用:Wikipedia:データベース

織田裕二 10年ぶりに関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも織田裕二 10年ぶりに関連のある動画ばかりではありません。

織田裕二 10年ぶりに関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング