竹内純子とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。

■2021年4月30日
2030年 温室効果ガス46%削減はファンタジーか?
『46』という数字が。シルエットが浮かんできたんです「我が国は2030年度において、温室効果ガスを2013年度から46%削減することを目指す」と菅首相 が4月22日に宣言された。23日午後、TBSの単

■2021年4月30日
太陽活動の変動が地球の気温を大幅に低下させた
 地球温暖化に関わる多くの研究者は、太陽活動はほぼ一定であり、地球の気候の変動に大きな影響はない、と想定している。気候モデルによる将来の温暖化予測もそのような前提に依拠している。しかし、太陽活動の変化

■2021年4月28日
コロナプライシングのススメ ~カーボンプライスの寓話~(3)
前回:コロナプライシングのススメ ~カーボンプライスの寓話~(2) 【前回までは架空の未来ストーリーを綴ってきたが、以下現実の世界に移行していく】 5.日本の対応と教訓日本の場合、コロナ対策は2020

■2021年4月27日
コロナプライシングのススメ ~カーボンプライスの寓話~(2)
前回:コロナプライシングのススメ ~カーボンプライスの寓話~(1) 2.コロナプライシング政策の提案コロナ対策の長期常態化によるパンデミックの深刻化や混乱への対応と、各国がバラバラに対策をとることで求

■2021年4月26日
コロナプライシングのススメ ~カーボンプライスの寓話~(1)
はじめに2020年の6月、日本のみならず世界がコロナ緊急事態に見舞われ、社会・経済活動がストップする中、それがもたらす気候変動対策への影響と教訓について、拙稿「コロナ危機と温暖化対策」4部作を本研究所

■2021年4月23日
必然の原子力新ルネサンス
 第一次オイルショック以降世界の主要国は脱石油に動き、原子力発電も米、仏、日を初め多くの先進国で導入が進んだが、1979年の米スリーマイル島での事故により米国では原発新設が中断する。1986年旧ソ連(

■2021年4月22日
IEA World Energy Outlook 2020とその変化(後編)
 前編では、従来のWEOと比較したWEO2020の見た目の変化と、WEO2020本文中で強調されている記載内容を紹介した。そこからは、WEO2020は従来のWEOから大きく変化して「コロナ禍からの回復

■2021年4月21日
IEA World Energy Outlook 2020とその変化(前編)
 国際エネルギー機関(IEA)から毎年発刊される World Energy Outlook(WEO) は、世界と各地域のエネルギー需給の最新トレンドと将来の展望を示す「世界で最も信頼されているエネルギ

■2021年4月20日
地球の平均気温が劇的に低下
 人工衛星からの観測によると、2021年の3月に世界の気温は劇的に低下した。報告したのは、アラバマ大学のグループ。元NASAで、人工衛星による気温観測の権威であるロイ・スペンサーが紹介記事を書いている

■2021年4月19日
日本の削減目標引き上げ:失敗の歴史を繰り返すのか
 4月16日、菅総理がバイデン大統領と初の日米首脳会談を行った。強固な日米同盟の確認、中国の覇権拡大に対抗した台湾海峡の安全保障の重視等を明記した共同声明と併せ、バイデン政権が重視する気候変動問題につ

誤解だらけの電力問題 竹内純子 書評 企業体式 批判 市民のための環境 ...
Home > 執筆者一覧 > 竹内 純子. 執筆者:竹内 純子. avatar. 竹内 純子 の紹介. 国際 環境経済研究所理事・主席研究員. ドイツの電力事情⑰ 再エネ大量導入下における 供給力確保策 2015/08/17; ドイツの電力事情⑯ ドイツの温暖化対策はどう動く(その2 ) ...
竹内 純子 : Global Energy Policy Research
今回の電力を考える最後の本はこの本。石油の本から始まり、様々な立場の本を 取り上げたが、これは、まさに電力を真正面から捉えた本である。 竹内さんは、元東電 の社員だった。尾瀬ヶ原は東電の所有物で、その自然保護に取り組まれ ...

■2016年6月27日
原油相場のトレンド転換―上昇はどこまで続くか
原油価格は年末に向けて1バレル=60ドルを目指すだろう。ただし、そのハードルは決して低くはないと考えている。

■2016年6月27日
原油価格、乱高下の謎を解く【言論アリーナ】
アゴラ研究所の運営する映像コンテンツ言論アリーナ。6月24日はエネルギーアナリストの岩瀬昇氏を招き、「原油価格、乱高下の謎を解く」という放送を行った。岩瀬氏はかつて三井物産に勤務し、石油ビジネスにかか

■2016年6月27日
【映像】原油乱高下の謎を解く
アゴラ研究所の運営する映像コンテンツ言論アリーナ。6月24日はエネルギーアナリストの岩瀬昇氏を招き、「原油価格、乱高下の謎を解く」という放送を行った。岩瀬氏はかつて三井物産に勤務し、石油ビジネスにかか

■2016年6月27日
英国EU離脱、エネルギー・環境政策での影響は?
英国は6月23日に実施した国民投票で欧州連合(EU)離脱を決めた。エネルギー政策、産業の影響について考えたい

■2016年6月27日
今週のアップデート - 反発する原油相場の先行きは?(2016年6月27日)
アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR(グローバルエナジー・ポリシーリサーチ)はサイトを更新しました。

■2016年6月27日
石油の新経済学
2015年10月公開。スーパーメジャーBPの調査部門のトップ、スペンサー・デール氏の講演。石油のシェア低下、横ばいを指摘。ピーク・オイル(石油生産のピークの終焉)の可能性は減りつつあり、なかなか枯渇し

■2016年6月27日
EU離脱で英国のエネルギー投資コストは割高に
6月17日記事。国民投票前の記事ですが、仮に離脱の場合にはエネルギーセクターが、大変な悪影響を受けるという見通しを示している。

■2016年6月27日
政治の監視が効かない原子力規制行政の“独走”
政策アナリストの6月26日ハフィントンポストへの寄稿。以前規制委員会の委員だった島崎邦彦氏が、関電の大飯原発の差し止め訴訟に、原告の反原発運動家から陳述書を出し、基準地震動の算定見直しを主張。彼から規

■2016年6月27日
「日本は一夜で核武装可能」…習氏に米副大統領
6月25日記事。バイデン副大統領が、米国でのインタビューで、習近平中国国家主席に、このような警告をしたと発言した。もちろん本音は中国への牽制だろうが、米国の警戒感もうかがえる。

■2016年6月27日
ドイツ、「脱原発」に潜む意外な問題点
6月21日記事。ドイツ在住の日系ビジネスコンサルタントの寄稿。筆者は再エネ拡充と脱原発を評価する立場のようだが、それでも多くの問題を抱えていることを指摘している。中でも電力料金の上昇と、電力配電系統の

■2016年6月20日
福島軽水炉事故、「レベル6」への評価引き下げに専門家が賛同―IRPA2016報告
今年5月9-13日、4年に一度開催される放射線防護学の国際会議IRPA(国際放射線防護学会:International Radiation Protection Association)が南アフリカ共

■2016年6月20日
東電「メルトダウン」公表の遅れ、「菅政権」が真犯人?
東京電力福島第一原発事故で、炉心溶融の判断基準があったのに公表が遅れた問題で、東電の第三者検証委員会は16日に報告書をまとめた。「当時の清水正孝社長が菅直人首相などの要請を受け『炉心溶融という言葉を使

■2016年6月20日
40年までに石炭・ガス価格は低位、再エネ拡大-ブルームバーグ見通し
米大手経済通信社ブルームバーグの調査会社であるブルームバーグ・ニューエナジー・ファイナンスは13日、2040年までの「エネルギーアウトルック2016」を公表した。

■2016年6月20日
今週のアップデート - 福島事故被害、適正評価にすべき(2016年6月20日)
アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR(グローバルエナジー・ポリシーリサーチ)はサイトを更新しました。

■2016年6月20日
福島第一原子力発電所事故に係る通報・報告に関する第三者検証委員会「検証結果報告書」
6月16日公表。燃料溶融の報告の遅れについて、「首相官邸から」として清水社長が社内に燃料溶融の言葉を使わないように指示、そして隠蔽とは言えないという報告をまとめた。きょうのコラムで取り上げている。

■2016年6月20日
IRPA14ケープタウン会議の報告
今回寄稿いただいた、札幌医科大学の高田先生の映像などの報告。南アフリカで行われた、国際放射線防護学会の映像、画像などが掲載されている。

■2016年6月20日
ブルームバーグ・エネルギーアウトルック2016
6月14日公表。今回取り上げた、エネルギー見通し。再エネの普及拡大、蓄電池市場の増加、EVの拡大を分析している。

■2016年6月20日
「原発支持」に転換する米環境団体
6月17日記事。ブロゴス転載。シエラクラブなど、米国で影響力の強い環境団体が、大気汚染と地球温暖化防止のために、脱化石燃料のため原子力の活用を指示しているという内容。

■2016年6月20日
核供給国入りめぐり摩擦=領土侵犯、国外退去で応酬−中印
6月18日記事。関係改善の動きのあった中国、インド関係が再び緊迫した。きっかけは、インドが原子力利用の姿勢を強めているからとされる。日本もインドとの原子力での関係を深めており、この問題の当事国だ。

■2016年6月13日
電気自動車、より使いやすく-充電インフラ整備で普及に期待
次世代自動車として期待される電気自動車(EV)の急速充電器の設置が着々と進んでいる。道の駅、高速道路、コンビニなどに15年度末で約6100台が置かれ「走行中の電池切れが不安」というユーザーの懸念は解消

■2016年6月13日
露ロスアトム、日本にトリチウム除去技術、核燃料再処理引き受けを提案
ロシアの国営原子力企業ロスアトムが、日本とのビジネスや技術協力の関係強化に関心を向けている。同社の原子力技術は、原子炉の建設や安全性から使用済み核燃料の処理(バックエンド)や除染まで、世界最高水準にあ

■2016年6月13日
今週のアップデート - 電気自動車、使いやすくなった(2016年6月13日)
アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR(グローバルエナジー・ポリシーリサーチ)はサイトを更新しました。

■2016年6月13日
「EV・PHV ロードマップ検討会」報告書
今年3月に、電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド(PHV)の現状と課題をまとめた報告書を経産省の自動車課がつくった。網羅的で参考になる。今回のEVの記事でも言及した。(再掲載)

■2016年6月13日
電気自動車の理解度アップ 普及には車体価格がカギ!?
カーシェアリングを行う会社の電気自動車の調査。車のユーザーに電気自動車の知識が広がっている。そしてガソリン車よりも補助金を使ってもやや高くなる価格に、消費者が戸惑いを見せているという結果が出ている。

■2016年6月13日
ロスアトム社、トリチウムを除去するプロジェクトの実験をロシアで成功
6月8日付プレスリリース。ロシアのロスアトムグループがトリチウムと水の分離に成功したと発表。今回掲載の記事で紹介した。ただ技術の詳細、実用化のめどは不明だ。

■2016年6月13日
米エクセロン社、2度の20年延長を申請へ
6月9日記事。米国で原発、80年運転延長申請が事業者から出そうだ。60年申請のときに、2050年代の80年までの運転延長を見越した計画を出す予定という。技術的には、可能とされており重要な決定になる。原

■2016年6月13日
原油価格は夏場以降に再び安値圏推移か
6月12日記事。調査会社の一般向けリポート。現在1バレル=50ドル手前で推移。年初の20ドルから大幅上昇した。現状の原油のトピックを整理しているために紹介。ただ供給超過の地合いは変わらず、年末に緩む可

■2016年6月06日
オックスフォード大の石炭火力座礁資産化論に異議あり(上)
5月12日の日経電子版に「『リスク拡大』批判浴びる日本の石炭火力推進計画」というフィナンシャルタイムズの記事が掲載された。「石炭火力を大幅に増強するという日本の計画は誤った予測に基づき、日本は600億

■2016年6月06日
オックスフォード大の石炭火力座礁資産化論に異議あり(下)
どの分野であれ投資案件には常にリスクがつきまとう。特に本年4月から自由化された電力市場における新たな発電案件には様々な不確実性がつきまとい、その投資判断は極めて難しい。自由化された電力市場における最大

■2016年6月06日
【言論アリーナ報告】もんじゅをどうするか
もんじゅは、かつて「夢の原子炉」と言われ日本の原子力研究の希望を集めました。そして、世界で日本が最も早く実用化する期待がありました。ところが、95年の発電開始直後のナトリウム漏洩事故以降、ほとんど運転

■2016年6月06日
【映像】もんじゅをどうするか
言論アリーナで、もんじゅについてまとめた。東工大の澤田哲生さん、アゴラ研究所の池田信夫さんの対談。前者は肯定、後者は研究施設への衣替えを主張。

■2016年6月06日
【書評】電力改革-エネルギー政策の歴史的大転換
筆者は基本的な認識として、電力のビジネスモデルの歴史的大転換が必要と訴えている。そのために「リアルでポジティブな原発のたたみ方」を提唱している。

■2016年6月06日
今週のアップデート - 日本の石炭火力は悪か(2016年6月6日)
アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR(グローバルエナジー・ポリシーリサーチ)はサイトを更新しました。

■2016年6月06日
「リスク拡大」批判浴びる日本の石炭火力推進計画
5月12日記事。日経の翻訳。今回の有馬氏の論考に取り上げられた。日本の石炭火力の増加についての批判的記事です。しかし内容の検証が必要だ。

■2016年6月06日
原子力ルネッサンスをめぐるスタンフォード大の議論-聴衆の意見変わらず
6月3日記事。原題は「Stanford Audience Unmoved by an Informed Debate Over the Need for a Nuclear Renaissance」。

■2016年6月06日
米エクセロン社:クリントンとクアド・シティーズ両発電所の早期閉鎖決定
6月3日記事。米国ではガスとの競争で、老朽化した原発がコスト面で勝てなくなっている。ただこれは、シェールガス革命の恩恵を受ける米国だけに当てはまる話だ

■2016年6月06日
米国「核のごみ」最終処分地選定「早期対話を」OECDチームが提言
5月30日記事。OECDの専門家が使用済み核燃料の処分をめぐり、日本を調査した。プロセスを妥当と評価したものの、対話の早期化を勧告した。ただその対話が政治的になかなか進められない。

■2016年6月06日
長期エネルギー需給見通しを前提としたアデカシー確保に関する定量的評価
ディスカッションペーパー5月16日公表。永井雄宇研究員。電力自由化と需給見通しに基づき資産したところ、投資回収に応じた十分なエネルギーが確保できない可能性が示されている。電力・エネルギー自由化での設備

■2016年5月30日
「もんじゅ」は研究開発施設として出直せ
高速増殖炉(FBR)「もんじゅ」に対して、原子力規制委員会が「運営主体を変更して業務を見直せ」という勧告を出し、崖っぷちに立たされている。今のところ現在の日本原子力研究開発機構(JAEA)に代わる受け

■2016年5月30日
原発をめぐる判断の混乱【言論アリーナ報告】
アゴラ運営のインターネット放送「言論アリーナ」。4月29日に原発をめぐる判断の混乱−政治も司法も合理的なリスク評価を」を放送した。出演は原子力工学者の奈良林直さん(北海道大学大学院教授・日本保全学会会

■2016年5月30日
ポルトガルが4日半、再エネで全電力を供給
ポルトガルで今月7日午前6時45分から11日午後5時45分までの4日半の間、ソーラー、風力、水力、バイオマスを合わせた再生可能エネルギーによる発電比率が全電力消費量の100%を達成した。

■2016年5月30日
クールジャパン、それともコールジャパン?【投稿】
G7伊勢志摩サミットに合わせて、日本の石炭推進の状況を世に知らしめるべく、「コールジャパン」キャンペーンを私たちは始動することにした。日出る国日本を「コール」な国から真に「クール」な国へと変えることが

■2016年5月30日
今週のアップデート - 存続のもんじゅの行方(2016年5月30日)
アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR(グローバルエナジー・ポリシーリサーチ)はサイトを更新しました。

■2016年5月30日
「もんじゅ」の在り方に関する検討会、報告所案
16年5月27日公表。高速増殖炉の原型炉であるもんじゅについて、同省が有識者会議をまとめた。存続の結論だが、その資金、運営主体について明確なものが出ていない。

■2016年5月30日
固定価格買取制度、来年4月1日から変更
16年5月25日公表。固定価格買取制度で、現在まだ発電をしていない設備は、入札制にして安い電源から買い取りになる。負担抑制が狙いとされる。(参考・日経記事)

■2016年5月30日
米国、15年も世界最大の原油・ガス生産国を維持
民間の調査機関の5月24日記事。米国が原油とガスの生産で、15年も4年連続で世界1位になったことが確認された。2位はロシア、3位はサウジ。原油価格の低迷でも、シェール革命による産出増は継続している。

■2016年5月30日
トランプのエネルギー計画、化石燃料を増やし、規制緩和を
5月27日記事。共和党の大統領候補になることが確実視されているトランプ氏がエネルギー政策について演説した。原題は「Donald Trump’s Energy Plan: More Fossil Fue

■2016年5月30日
【シリーズ エネルギーを考える】放射線より避難リスクが心配
5月26日記事。東大の中川恵一准教授がインタビューに答え、福島原発事故のリスクと健康について語っている。繰り返し語り、社会に定着させなければならない。

■2016年5月23日
原発活断層判定、“ものづくり”への配慮を-規制への提言
2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震直後の誘発地震で、それまでに考慮されていなかった断層に地表地震断層を生じたことから、翌年、国は既設原子力発電所の敷地内破砕帯を対象に活動性の有無に関するレヴュ

■2016年5月23日
原子力発電に関する国民世論の本当の姿はどこにあるのか
4月の半ばにウエッジ社のウエブマガジン、Wedge Infinityに「新聞社の世論調査の不思議さ 原子力の再稼働肯定は既に多数派」とのタイトルで、私の研究室が静岡県の中部電力浜岡原子力発電所の近隣4

■2016年5月23日
除染目標、年5mSvに引き上げるべき-福島帰還促進のための提案
東日本大震災から5年余が経過した。その時の東京電力福島第一原子力発電所の事故によって、福島県および周辺都県の環境が汚染された。その後の除染によって福島県の環境放射能はずいぶんと減衰し、福島県の大半の地

■2016年5月23日
今週のアップデート - 世論調査は事実か?(2016年5月23日)
アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR(グローバルエナジー・ポリシーリサーチ)はサイトを更新しました。

■2016年5月23日
民有林 空間線量率65%減
5月22日記事。福島事故で除染は森林部門でまだ行われていない。それでも5年の経過と共に、空間線量は着実に減少している。

■2016年5月23日
もんじゅ改革めど立たず 報告書案、新運営団体は未定
5月21日記事。高速増殖炉の実験炉のもんじゅは存続の方向のようだ。しかし、その具体的な姿はまだ見えていない。文部科学大臣の諮問機関での議論が進んでいる。その中間報告の記事。

■2016年5月23日
米高官、核燃サイクル見直し支持-日本の政策に懸念
5月21日記事。米ホワイトハウスの国家安全保障会議の軍縮担当部長が、日本の核燃料サイクルの見直しの場合には支持し、2018年に迫る日米原子力協定について「議論になる」と発言した。米民主党の政権、議会か

■2016年5月23日
核燃料税見直しで搬出促進割導入 福井県、課税額は年30億円の見通し
5月21日記事。米ホワイトハウスの国家安全保障会議の軍縮担当部長が、日本の核燃料サイクルの見直しの場合には支持し、2018年に迫る日米原子力協定について「議論になる」と発言した。米民主党の政権、議会か

■2016年5月23日
ポルトガル、4日間再エネ発電だけに
米科学ポータルサイトの5月19日記事。原題は「Portugal just ran for 4 straight days entirely on renewable energy」。5月初旬に4日間再

■2016年5月16日
全面自由化で重要度増す電力取引の最新事情
日本卸電力取引所(JEPX)の存在が改めて注目されている。電力自由化が進む中で取引の仲介と価格発信をする同所の重要性が、一段と高まることは間違いない。日本のエネルギーシステムに、同所は将来どのような貢

■2016年5月16日
今そこにある危機:英国のグリーン政策で鉄鋼産業は絶体絶命に(上)
3月30日、英国の政財界に激震が走った。インドの鉄鋼大手タタ・スチールの取締役会がムンバイで開かれ、同社が持つ英国の鉄鋼事業を売却処理するとの決議を行ったと発表したのである。

■2016年5月16日
今そこにある危機:英国のグリーン政策で鉄鋼産業は絶体絶命に(下)
英国政府とキャメロン首相にとって本件がとりわけ深刻なのは、英国のEU離脱の是非を問う国民投票が6月に予定されていることである。さまざまな報道に見られるように、EU離脱の是非に関しては英国民の意見は割れ

■2016年5月16日
「もんじゅ」再生に向けての提言
昨年11月の原子力規制委員会(規制委)の「勧告」を受けて、文部科学省の「『もんじゅ』の在り方に関する検討会(有馬検討会)」をはじめとして、様々な議論がかわされている。東電福島原子力事故を経験した我が国

■2016年5月16日
今週のアップデート - 市場による電力自由化(2016年5月16日)
アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR(グローバルエナジー・ポリシーリサーチ)はサイトを更新しました。

■2016年5月16日
【追悼抄】 環境、原発 極論にくみせず−NPO法人 国際環境経済研究所 前所長 澤 昭裕氏
4月16日記事。読売新聞の追悼記事の転載。エネルギー問題の研究者であった澤昭裕氏の追悼記事。冷静さ、現実性が澤氏の論評の特長だった。ご冥福をお祈り申し上げます。

■2016年5月16日
放射能汚染水の実証設備実験成功
5月13日報道。ロスアトムが水とトリチウムの分離実験を成功させたという報道。福島事故では、トリチウムを分離できない処理済みの水が海に放出できずに問題になっている。その応用が期待できる。ただし同社からの

■2016年5月16日
グリーン政策が英国の重工業を殺す
4月4日記事。気候変動研究サイトGWPFへの転載。英国がここ5年、労働、保守双方の政権政党が積み重ねたグリーン政策によって、鉄鋼業、電力などの重工業が国際競争力を失っているという。今回掲載の英国のグリ

■2016年5月16日
テスラが日本の自動車・電機メーカーを破壊する日
4月17日記事。米テスラのEV、太陽光発電と組み合わせた蓄電池システムの好調さを「新しい価値観やライフスタイルの提案」と指摘した記事。こうした新しい提案によって、新しいエネルギーの世界が切り開かれるか

■2016年5月16日
7月1日にも避難解除 南相馬
福島民報5月14日記事。政府は南相馬市に残る避難指示解除準備、居住制限の両区域について7月1日までに解除する方針を示した。この地域の住民は1万967人とかなり多く、復興の加速が期待される。

■2016年5月09日
原子力規制庁人事の闇-キャリア逃亡、“戦犯”復活
原子力規制庁の人事がおかしい。規制部門の課長クラスである耐震・津波担当の管理官が空席になり、定年退職後に再雇用されたノンキャリアの技官が仕事を担うことになった。規制庁は人員不足による特例人事と説明して

■2016年5月09日
もんじゅ型、ナトリウム冷却炉の安全性は高い
4月4日のGEPRに「もんじゅ再稼働、安全性の検証が必要」という記事が掲載されている。ナトリウム冷却炉の危険性が強調されている。筆者は機械技術屋であり、ナトリウム冷却炉の安全性についての考え方について

■2016年5月09日
中国、南シナ海侵略で移動式海上原発を活用か
中国企業が移動式の海上原子力発電所20基を建設する計画を進めている。中国が領有権を争い、基地を建設して実効支配をたくらむ南シナ海に配備される可能性がある。

■2016年5月09日
【言論アリーナ】原発をめぐる判断の混乱
16年4月29日公開。出演は原子力工学者の奈良林直(北海道大学大学院教授・日本保全学会会長)、経済学者の池田信夫(アゴラ研究所所長)、司会は石井孝明(ジャーナリスト)の各氏。4月の九州地震、3月には大

■2016年5月09日
今週のアップデート - 混乱する原子力規制行政(2016年5月9日)
アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR(グローバルエナジー・ポリシーリサーチ)はサイトを更新しました。

■2016年5月09日
デビッド・マッケイ氏ホームページ
英国ケンブリッジ大学教授で物理学、エネルギーの研究者であった、デビッド・マッケイ氏が4月14日に48才で亡くなった。再エネ推進派でしたが、コスト分析研究を先駆的に行い、「日本でも持続可能なエネルギー―

■2016年5月09日
がん死亡率「震災後増えず」 震災・原発事故後の健康影響調査
5月8日記事。福島県民のがんの死亡率が、原発事故後も増えていないとする朗報だ。病院や研究者らの統計分析の報告。

■2016年5月09日
G7エネ相会合、「北九州イニシアチブ」まとめ閉幕
5月3日記事。G7のエネルギー大臣会合が2日閉幕した。原油価格の下落の中だが、石油、エネルギー投資の継続を訴えました。これは適切な問題意識だろう。

■2016年5月09日
京大准教授に対北制裁 核研究で総連系から奨励金
5月2日記事。北朝鮮が核実験を再び行う可能性がある。朝鮮総連が、原子力研究で、日本の朝鮮系の出自の研究者を支援していたという報道。

■2016年5月09日
英国の原発プロジェクト、新しい投資家を誘致
5月4日記事。WNNは米国の原子力ビジネスの専門誌。原題は「Attracting investors to new nuclear projects in the UK」。英国での仏、中国企業の参加す

■2016年4月25日
電力、復旧力維持への不安-九州地震から考える
熊本県、大分県など、九州で14日から大規模地震が続いている。1日も早い復旧と被災者の方の生活の回復を祈りたい。この地震でインフラの復旧の面で日本の底力に改めて感銘を受けた。災害発生1週間後の20日に、

■2016年4月25日
北朝鮮5回目核実験と日本の安保
北朝鮮が第5回目の核実験を行うらしい。北朝鮮は、これまで一旦ヤルといったら、実行してきた実績がある。有言実行。第5回目の核実験を行うとすると、それはどのようなものになるのだろうか。そしてその狙いは何か

■2016年4月25日
もんじゅ、再生に向けた提言
高速増殖炉もんじゅの先行きが議論されています。原子力研究者などが集まった原子力国民会議が、「もんじゅ、再生に向けた提言」をまとめている。

■2016年4月25日
今週のアップデート - 地震と原子力(2016年4月25日)
アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR(グローバルエナジー・ポリシーリサーチ)はサイトを更新しました。

■2016年4月25日
東日本大震災・被災地におけるエネルギー利用 実態調査
東日本大震災における被災とインフラの関係をまとめた詳細なリポート。個人から、企業や行政の防災担当者まで、参考になる考察だ。

■2016年4月25日
ハリケーン・サンディ、電力復旧遅れの理由
13年1月記事。米国の電力自由化と、復旧の遅れの問題を取り上げている。日本のエネルギー産業も、システム改革・自由化の中でこの問題に直面するかもしれない。

■2016年4月25日
アメリカの「秘密兵器」=ビル・ゲイツ氏
4月18日記事。世界的な大富豪で、慈善活動家であるビル・ゲイツ氏が米国政府への期待を示している。巨額で回収までの時間がかかるために民間資金がつきにくいエネルギーのイノベーションへのアメリカ政府の支援の

■2016年4月25日
熊本地震で大いに株を下げた原子力規制委
4月23日記事。九州の地震で一般向けの広報を適切にしなかった規制委員会が批判されているという。しかし、これは他の行政の科学的な内容を伴う広報活動にも言える。政府全体の広報活動が適切ではない。

■2016年4月25日
中国、南シナ海で海上浮動式の原発建設へ
4月22日記事。中国が紛争状態にある南シナ海の基地に小型原子炉を配備しようと計画している。これは他国の攻撃を抑止する効果、事故への懸念もあるでしょう。早急に止めさせることを各国は申し入れるべきだ。

■2016年4月18日
川内原発、停止の必要なし-リスク認識の誤り
熊本県、大分県を中心に地震が続く。それが止まり被災者の方の生活が再建されることを祈りたい。問題がある。九州電力川内原発(鹿児島県)の稼動中の2基の原子炉をめぐり、止めるべきと、主張する人たちがいる。

■2016年4月18日
フランスで原子力はなぜ受け入れられたのか
原子力に対する懸念と批判は世界的に著しい。それは福島事故を起こした日本だけではない。どの国も容認はしているが、全面的な賛成が多数を占めない。ところがフランスは全発電量の4分の3を占める原子力大国で、そ

■2016年4月18日
今週のアップデート - 地震と原発(2016年4月18日)
アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR(グローバルエナジー・ポリシーリサーチ)はサイトを更新しました。

■2016年4月18日
福島原発は地震で壊れたのか
GEPR再掲載、14年6月30日。原子力学会事故調査委員会で、地震部分を執筆した宮野氏の寄稿。地震で福島原発は壊れていない。

■2016年4月18日
川内原発の運転継続、政府容認 規制委の判断に委ねる
4月16日記事。九州での地震と、川内原発の停止をめぐる政府の対応。政府は規制委員会へ対応を委ね、同委は止める必要ないと判断している。

■2016年4月18日
地震で原発事故のリスクは高まるのか
川内型原発の構造について解説。原発事故の可能性の少なさを指摘している。

■2016年4月18日
なぜオバマ大統領は広島を訪問しなければならないのか
4月15日社説。ニューヨークタイムズに続き、有力紙がオバマ氏のサミットでの訪問を推奨。原題は「Why Mr. Obama should visit Hiroshima」。核の不使用、さらに核武装を煽る

■2016年4月18日
動かぬ太陽光に退場促す 再生エネ買い取り、認定方式を変更
4月15日記事。42円の高額で買い取り価格を設定された太陽光の稼動の遅れ、権利売買が問題になっている。この規制を一段と増やす政策を経産省が打ち出した。再エネ振興のために、歓迎すべき政策だ。

■2016年4月11日
核燃料サイクル政策、続けるべき理由(上)
使用済み燃料の再処理を安定的、効率的に行うための「再処理等拠出金法案」の国会審議が行われている。自由化で電力会社が競争環境下に置かれる中で、再処理事業を進める意義は何か。原子力に詳しい有識者と政治家が

■2016年4月11日
核燃料サイクル政策、続けるべき理由(下)
石川・認可法人には第三者による運営委員会を設けます。電力会社の拠出金額を決めるなど重要な意思決定に関与する。ほかの認可法人を見ると、そういった委員会の委員には弁護士や公認会計士が就くことが多い。しかし

■2016年4月11日
ドキュメンタリー映画『ガイアのメッセージ-地球・文明・そしてエネルギー』と日本の選択
東日本大震災、福島第一原子力発電所事故から5年間が過ぎた。表向きは停電もなく、日本の国民生活、経済活動は「穏やかに進行中」であるかのように受け止めている国民が多いのではないだろうか。

■2016年4月11日
反原発運動の終わりの始まり
九州電力の川内原発の運転差し止めを求めた仮処分申請で、原告は最高裁への抗告をあきらめた。先日の記事でも書いたように、最高裁でも原告が敗訴することは確実だからである。これは確定判決と同じ重みをもつので、

■2016年4月11日
今週のアップデート - 核燃サイクルの是非(2016年4月11日)
アゴラ研究所の運営するエネルギーのバーチャルシンクタンクGEPR(グローバルエナジー・ポリシーリサーチ)はサイトを更新しました。

■2016年4月11日
「電力自由化」まったく盛り上がらない原因はどこにある? 活発な競争が起こらないワケ
現代ビジネス4月5日掲載。需要が伸びる可能性の少ない中で、自由化を行っても適切な結果は得られないという指摘だ。

「原子力の技術と人材を維持することが重要」 | 原発再稼働の是非 | 東洋 ...
竹内 純子 日本の温室効果ガス排出量が増加している。環境省が4月14日に発表した 確報値では、2013 年度の我が国の温室効果ガスの総排出量は、14 億 800 万トン( CO2換算)となり、前年度比+1.2%、2005年度比+0.8%、1990年度比では+10.8% と ...

■2021年5月02日
もう心底「日本のコロナ対策」にウンザリな理由 「決定的に欠如している」根本原因は、これだ! | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン
日本を代表する一部上場企業の社長や企業幹部、政治家など、「トップエリートを対象としたプレゼン・スピ…

■2021年5月02日
アカデミー賞映画「ミナリ」は絶賛に足るものか 在米韓国人の成功の裏にある悲劇 | 映画・音楽 | 東洋経済オンライン
在米韓国人が韓国人移民の家族を描いた映画『ミナリ』が内外で話題だ。アカデミー賞の6部門でノミネート…

■2021年5月02日
「ワクチン敗戦国」日本が絶望的に後れる惨状 接種で先行した国は著しく感染数が減っている | 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」 | 東洋経済オンライン
昨今の経済現象を鮮やかに切り、矛盾を指摘し、人々が信じて疑わない「通説」を粉砕する──。野口悠紀雄…

■2021年5月02日
うつに不眠、「心の異変」相次ぐ医療現場の実態 医療従事者のメンタル悪化が放置される背景 | 健康 | 東洋経済オンライン
2020年12月、長野県のある公立病院では近隣の2カ所の介護施設で新型コロナウイルスのクラスター(集団感…

■2021年5月02日
「期待なし」が巨大ビルへ、名古屋駅の大発展史 明治の鉄道黎明期にも「名古屋飛ばし」計画が | 駅・再開発 | 東洋経済オンライン
2021年4月16日から公開された人気アニメ「名探偵コナン」の劇場版最新作『名探偵コナン 緋色の弾丸』に…

■2021年5月02日
ウイグルで露呈、アパレル「中国依存」の苦悩 一方でカゴメは新疆産の原材料取引を停止 | 専門店・ブランド・消費財 | 東洋経済オンライン
今年に入り一段と注目が高まった、中国・新疆ウイグル自治区における人権問題。3月にはEUやアメリカが相…

■2021年5月02日
中国の「台湾侵攻」に日本が備えておくべき理由 「巻き込まれたくない」という話では済まない? | 中国・台湾 | 東洋経済オンライン
4月16日に菅義偉首相とバイデン大統領が日米首脳会談を行った。共同声明で52年ぶりに「台湾」を明記し、…

■2021年5月02日
クルマ「大幅減時代」メーカーはどう対応するか 「自動車の数の適正化」を目の前に課題は多い | 経営 | 東洋経済オンライン
日系自動車メーカーの間で、電動化に次いでコネクテッドでも連携強化の動きが出てきた。直近では、2021年…

■2021年5月02日
緊急事態宣言の効果は絶望的なほどほぼ皆無だ 3回の宣言の「本質」と「その違い」は何なのか | 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場 | 東洋経済オンライン
結論から言うと、今回の「第3回目の緊急事態宣言」は、おそらくほとんど効果がないだろう。その理由は3つあ…

■2021年5月02日
「人流」分析で明らか「自粛疲れ」「規制効果なし」 「感染の波」「政府の政策」「人流」の連動性を分析 | 若者のための経済学 | 東洋経済オンライン
政府は4月25日~5月11日の期間で4都府県に対して緊急事態宣言を発出した。菅首相は記者会見でそのポイン…

■2021年5月01日
100年前「禁酒法」施行の米国で何が起こったか 結果としては歴史に残る「ざる法」だった | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン
3度目の緊急事態宣言に伴い、飲食店への休業要請や酒類を提供しないよう要請がでたことで、ネットを中心…

■2021年5月01日
マンション住民を悩ませる「隣人の騒音」の正体 マンション内で発生する2種類の音の仕組み | 不動産 | 東洋経済オンライン
子どもの飛び跳ね、落下音、移動音、開閉音、トイレ、シャワー、楽器・テレビ、リフォーム後のもめ事………

■2021年5月01日
喋りたがり屋に必要な「ちゃんと聴く」スキル 「相手の話は面白くない」という決めつけはNG | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン
言葉を尽くしてもなぜ、相手に伝わらないのか?「言いたいことを伝える」ためにはロジカルな考え方や会話…

■2021年5月01日
攻撃的な人の態度を「軟化」させるコツ【動画】 高圧的な態度は「自信のなさ」を表している | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン
「言い返したい! でも言い返せない……」そんな悔しい思いをしている人も少なくないはず。でも、無神経…

■2021年5月01日
法を知り身を守る「同一労働同一賃金」4つの肝 パートタイム・有期雇用労働法が中小企業にも | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン
働き方改革の一環として「パートタイム・有期雇用労働法」が施行されて1年。2021年4月1日からは中小企業…

■2021年5月01日
なぜ日本人投手は米国MLBでひじを壊すのか? 大谷翔平投手、藤川球児投手、和田 毅投手… | スポーツ | 東洋経済オンライン
4月4日の記事「科学的に見て『送りバント』は有効な戦術なのか」は、記事の公開直後から大きな反響でした…

■2021年5月01日
宮崎駿の人生を変えた「ある有名作家」の正体 ファンも知らない「ラピュタ主題歌」誕生秘話 | 読書 | 東洋経済オンライン
世界中の映画ファンを夢中にさせる宮崎駿監督。彼が大きな影響を受けた、ある海外作家とはいったい? 評…

■2021年5月01日
舞浜の「フルーツサンド店」に行列ができるワケ 「パンとエスプレッソと」の職人がレシピ考案 | 外食 | 東洋経済オンライン
フルーツサンドが流行中だ。食事なのかスイーツなのかわからない、なんとも中途半端な食べ物。「あんぱん…

■2021年5月01日
コストコが年4840円の会費を取る本質的な理由 収益構造の分解から見えてくる儲けのカラクリ | 世界の(ショーバイ)商売見聞録 | 東洋経済オンライン
アメリカ生まれの「コストコ・ホールセール」。日本国内で現在28店を構える会員制の小売りチェーンだ。12…

■2021年5月01日
紀州のドン・ファン裁判が「超難航しそう」な訳 和歌山カレー事件と共通する「状況証拠で逮捕」 | 災害・事件・裁判 | 東洋経済オンライン
“紀州のドン・ファン”と呼ばれた和歌山県田辺市の資産家で会社社長の野崎幸助氏(当時77)が、2018年5…

茂木健一郎×竹内純子|尾瀬からの招待状|東京電力
2015年4月30日 - 2030年、日本のエネルギーは原子力にどこまで頼ればよいのか。東京電力出身で21 世紀政策研究所の竹内純子氏に聞いた。
竹内純子の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

竹内純子(たけうち すみこ、1971年 - )は、NPO法人国際環境経済研究所理事、21世紀政策研究所副主査。
元東京電力社員。
* 1994年、慶応義塾大学 法学部法律学科 卒業* 1994年、東京電力株式会社入社。
* 1999年、東京電力初の「人材公募」に応募。
東京電力は尾瀬の土地の7割を所有しており、竹内は尾瀬の湿原の保護の業務に携わった。
同氏は尾瀬保護財団の設立メンバーでもある(設立は1995年、事実要確認)。
東京電力の所有する尾瀬戸倉山林は、2009年8月にフォレストック認定を、2010年2月にFSC認証を取得している。
木道(全長65km)、公衆トイレ等の公共的施設の整備や、荒廃した湿原の回復作業に取り組む一方、「みんなの尾瀬をみんなでまもる」を提唱し、尾瀬戸倉山林における「ブナ植林ボランティア」、尾瀬のゴミを拾う「グリーンボランティア」など、市民と共同した活動を積極的に展開した。
* 2011年末退社し、NPO法人国際環境経済研究所主席研究員に就任。
また21世紀政策研究所で森嶌昭夫名古屋大学名誉教授が主査を務める原子力損害賠償・事業体制検討委員会の副主査を務める。
その他、企業の環境対策・広報・CSRなどについて特に原子力問題(損害賠償法制)や再生可能エネルギー問題、ドイツのエネルギー事情を中心に研究・提言を行っている。
後に飯田哲也がドイツの再生可能エネルギー事情について否定的に紹介した川口マーン惠美を「厚顔無恥」と批判したのに対して、竹内は川口を擁護、飯田を批判した。

引用:Wikipedia:データベース

竹内純子に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング