竹内涼真 ベストスマイル賞とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
竹内涼真確信 ベストスマイル | 2019/11/7(木) 15:25 - Yahoo ...
俳優の竹内涼真(26)が、もっとも笑顔が輝いている著名人に贈られる「ベストスマイル・ オブ・ザ・イヤー2019」を受賞。受賞の喜びを語り「今年はやっときたなと、確信していました」とニヤリ。
竹内涼真 ベストスマイル賞 今年の一番は飛行機で「ぼろ泣き後 ...
竹内涼真、ベストスマイル賞に喜び「やっときた」 虫歯ゼロを誇...
竹内涼真、ベストスマイル賞に喜び「やっときた」 虫歯 ... - 秋田魁新報
俳優の竹内涼真(26)が、日本歯科医師会会員からの投票で「もっとも笑顔が輝いている著名人」に贈られる『ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2019』を受賞し7日、都内で行われた授賞式に出席。「やったきた...- オリコン- 14分前
竹内涼真 ベストスマイル賞 今年の一番は飛行機で「ぼろ泣き後 ...
竹内涼真 ベストスマイル賞 今年の一番は飛行機で「...- デイリースポーツ- 1時間前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも竹内涼真 ベストスマイル賞に関連のある画像ばかりではありません。
竹内涼真 ベストスマイル賞の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

竹内 涼真(たけうち りょうま、1993年4月26日 - )は、日本の俳優、モデル、タレント。
東京都出身。
ホリプロ所属。
立正大学地球環境科学部地理学科中退。
雑誌オーディションを通じて2013年にデビュー。
2014年に『仮面ライダードライブ』で主演を務めて、以後、『ひよっこ』・『過保護のカホコ』などへの出演で注目された。
左利き。
趣味、特技は歌とサッカーである。
『仮面ライダードライブ』プロデューサーの大森敬仁と望月卓は、同作品で竹内を起用した理由について、演技の上手さではなく人の話を聴く力や吸収したことを出力する力を重視したとしており、オーディションでの課題に対する姿勢を評価し、パイロット版の撮影でも大きな成長があったと述べている。
メインライターの三条陸は、当初は泊進ノ介のキャラクター像を「ちょっとひねたクールガイ」と想定していたが、実際に起用された竹内とはイメージが異なると判断し、第9話から第11話にかけて「クールに格好つけていたが、根は熱い」という竹内本人に合わせたものへと変化させていった。
竹内は第1話を視聴した際に、スーツアクターの高岩成二が演じる変身後の仮面ライダードライブは自分ではないという想いが強く、悔しさを感じていた。
しかし、第20話のアフレコで高岩の撮影現場に立ち会わずに声を当てたものが完全にシンクロしたことから高岩と気持ちが1つになったと感じるようになり、以降はアフレコも楽しくなったという。
本名は竹内崚(たけうち りょう)。
「りょう」という響きが好きだった両親が、当時は名前に使うのは珍しかった「崚」という字をあてた。
両親と本人、妹、弟の、3人きょうだいの長男として育つ。
叔父の影響で4歳からサッカーを始め、ヴェルディサッカースクール相模原に所属した。
また、高校時代に東京ヴェルディユースに所属した。
同期には杉本竜士、南秀仁、舘野俊祐、田中貴大などがいた。
ポジションはDFであった。
サッカー推薦で大学に進学するが、怪我がきっかけで「自分はプロ選手にはなれない」と思いサッカーを断念する。
その後大学を中退した。
竹内はもとより目立ちたがりな性格であったことや、映画やドラマなどが好きだったことから、芸能界にも少し興味を示していた。
2013年4月、女性ファッション誌『mina』で初の男性専属モデルオーディション「minaカレグランプリ」に知人の勧めで応募し、2,457人の中からグランプリを獲得した。
ホリプロ所属となり、現芸名で芸能活動を開始する。
デビュー以前より仮面ライダー役を演じることを目標に掲げていた。
同年8月、「第43回東京モーターショー2013」2013年11月から12月の間、東京ビッグサイトにて開催。
の公式サポーターズファミリーとして結成された「車家の人々」が実施した「次男は君だ!!オーディション」にてグランプリに選ばれ、同年10月より放送のミニドラマ『車家の人々』で俳優デビュー。
2014年10月より、『仮面ライダードライブ』の主演・泊進ノ介 / 仮面ライダードライブ(声)役を演じる。
その1年間の放送終了後の2015年10月より、TBS系の日曜劇場『下町ロケット』に出演。
後半のガウディ計画編では、新人ながらも人工心臓弁「ガウディ」の開発チームのリーダー役に抜擢され、注目を集めた。
2016年、「ベスト スタイリングアワード」“美ヘアスタイル”で受賞。
2017年6月より、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』の島谷純一郎役で初の朝ドラ出演。
同年7月より、日本テレビ『過保護のカホコ』の麦野初役、10月にはTBSの日曜劇場『陸王』の茂木裕人役など、立て続けに注目作に出演。
同年の日経トレンディが選ぶ「今年のヒット人」に選出され、さらにブレイク俳優ランキングで1位を獲得した。
また、2017年男性写真集売り上げNo.1も記録している。
2018年、第42回エランドール新人賞を受賞。
また『帝一の國』大鷹弾役で第30回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞、第41回日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞。
同年8月、『センセイ君主』でラブコメ映画に初主演した。

引用:Wikipedia:データベース

竹内涼真 ベストスマイル賞に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも竹内涼真 ベストスマイル賞に関連のある動画ばかりではありません。

竹内涼真 ベストスマイル賞に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング