礼賛とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
礼賛 とは - コトバンク - Kotobank
デジタル大辞泉 礼賛の用語解説 - [名](スル)1 すばらしいものとして、ほめたたえること 。また、ありがたく思うこと。「先人の偉業を―する」「健康を―する」2 仏語。仏・法・僧の 三宝を礼拝(らいはい)し、その功徳(くどく)をたたえること。また、その行事。
らいさん【礼賛/礼讚】の意味 - 国語辞書 - goo辞書
辞書別に見る:プログレッシブ和英中辞典(第3版)
日本料理 礼讃|渋谷区代々木八幡
らいさん【礼賛/礼讚】とは。意味や解説。[名](スル)1 すばらしいものとして、ほめ たたえること。また、ありがたく思うこと。「先人の偉業を―する」「健康を―する」2 仏語。 仏・法・僧の三宝を礼拝(らいはい)し、その功徳(くどく)をたたえること。ま... - goo辞書は  ...
居酒屋礼賛
御料理 礼讃のホームページへようこそ。 礼讃は東京都渋谷区代々木八幡に構える 懐石コースのみの日本料理屋です。落ち着ける空間で美味しいお料理をお楽しみ ください。小さいお店なので、ご来店の際には事前にお電話にてご予約いただければ 幸いです。

■2018年4月29日
二夜連続で博多の鍋物 … 水炊き「鼓次郎(こじろう)」(田町)
 昨夜の博多もつ鍋に続いて、今夜は博多水炊きである。やって来たのはJR田町駅、都営地下鉄三田駅から、歩いて10分ほどのところにある、水炊き「鼓次郎」というお店。平成29(2017)年2月13日のオープ

■2018年4月29日
店情報: 水炊き「鼓次郎(こじろう)」(田町)
店名: 水炊き「鼓次郎」 電話: 03-6435-4840 住所: 105-0023 東京都港区芝浦1-14-17 営業: 17:00-23:00(22:00LO)、日休 場所: JR田町駅・南口(山

■2018年4月28日
丸腸入りの博多もつ鍋 … もつ鍋「銀座ほんじん渋谷店」(渋谷)
 大衆立呑酒場「富士屋本店」での、ひとりゼロ次会を終えて、やって来たのは「銀座ほんじん渋谷店」。「銀座ほんじん」という店名のとおり、その本店は銀座にあり、平成16(2004)年の創業。こちら渋谷店は、

■2018年4月28日
店情報: もつ鍋「銀座ほんじん渋谷店」(渋谷)
店名: もつ鍋 銀座 ほんじん 渋谷店 電話: 03-5428-1866 住所: 150-0031 東京都渋谷区桜丘町17-10 MCDビルB2F 営業: 17:00-24:00(23:30LO)、無

■2018年4月25日
飲み会の前にゼロ次会 … 大衆立呑酒場「富士屋本店(ふじやほんてん)」(渋谷)
 今夜は午後7時半から、渋谷で飲み会の予定。仕事を終えて、渋谷に着いたのは午後6時である。けっして時間を間違えたわけではない。せっかく渋谷に出てくるので、そのついでに、ここしばらくごぶさたしている「富

■2018年4月24日
タコぶつ&ダイコン漬 … 酒肴「だいこん屋」(阿佐ヶ谷)
 阿佐ヶ谷駅北口の「だいこん屋」にやって来た。まずはエビスビール大瓶(600円)をもらって、経木(きょうぎ)に書かれた『本日の肴』を確認する。店主ご夫妻が二人で切り盛りするこの店は、ご主人が調理を、お

■2018年4月23日
塩辛、穴子、いか納豆 … 立呑み「やきや」(荻窪)
「ホッピー?」と聞いてくれるカイトくん(若き男性店員さん)に、 「今日は燗酒(250円)をください。あと塩辛(200円)」と注文すると、 「えっ? そとは寒いですか?」とビックリされた。今日の東京地方

■2018年4月22日
〔お知らせ〕 「神田・神保町・御茶ノ水本」発売中
 2018年4月10日に、エイ出版社から「神田・神保町・御茶ノ水本」(ムック999円、Kindle版700円)が出版され、現在、書店にも並んでいます。不肖・私も、『働くオトナの酒場サンクチュアリ』とい

■2018年4月22日
臨時休業前に食いだめ … もつ焼き「ホルモン」(沼袋)
 四ツ谷の「鈴傳」をさっくりと切り上げて、2軒めは、ひとりで沼袋の「ホルモン」にやってきた。もつ焼き「ホルモン」は、4月15日(日)から30日(月祝)まで、16日間の臨時休業。その臨時休業の前に、この

■2018年4月21日
金曜は『十四代』の日 … スタンディングルーム「鈴傳(すずでん)」(四ツ谷)
 この店のお酒は、正一合(180ml)のコップで出される。ところが!改めて立ち飲みカウンターの一番手前にある注文場の下の段を見ると、そこに小さなグラスが、た~くさん置かれている。そして複数人で「鈴傳」

礼賛の同義語 - 類語辞典(シソーラス) - Weblio類語辞典 - Weblio辞書
陰翳礼讃』(いんえいらいさん)は、谷崎潤一郎の随筆。「経済往来」昭和8年12月号・9 年1月号に掲載。 まだ電灯がなかった時代の今日と違った美の感覚を論じたもの。 こうした時代西洋では可能な限り部屋を明るくし、陰翳を消す事に執着したが、日本では ...
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも礼賛に関連のある画像ばかりではありません。
礼賛の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

礼賛のツイート

礼賛に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも礼賛に関連のある動画ばかりではありません。

礼賛に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング