礼賛とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
礼賛 とは - コトバンク - Kotobank
デジタル大辞泉 礼賛の用語解説 - [名](スル)1 すばらしいものとして、ほめたたえること 。また、ありがたく思うこと。「先人の偉業を―する」「健康を―する」2 仏語。仏・法・僧の 三宝を礼拝(らいはい)し、その功徳(くどく)をたたえること。また、その行事。
らいさん【礼賛/礼讚】の意味 - 国語辞書 - goo辞書
辞書別に見る:プログレッシブ和英中辞典(第3版)
日本料理 礼讃|渋谷区代々木八幡
らいさん【礼賛/礼讚】とは。意味や解説。[名](スル)1 すばらしいものとして、ほめ たたえること。また、ありがたく思うこと。「先人の偉業を―する」「健康を―する」2 仏語。 仏・法・僧の三宝を礼拝(らいはい)し、その功徳(くどく)をたたえること。ま... - goo辞書は  ...
居酒屋礼賛
御料理 礼讃のホームページへようこそ。 礼讃は東京都渋谷区代々木八幡に構える 懐石コースのみの日本料理屋です。落ち着ける空間で美味しいお料理をお楽しみ ください。小さいお店なので、ご来店の際には事前にお電話にてご予約いただければ 幸いです。

■2018年2月19日
やっとトマトのおでん … 「二毛作(にもうさく)」(京成立石)
「立石方面に行く用事があるので、ぜひ『二毛作』のトマトのおでんが食べたいなぁ」ブラジルに一緒に赴任していたI和泉さんから、そんなお話をいただいた。「それはぜひ!」ということで、宇ち中さんに「二毛作」を

■2018年2月18日
酒はにてれつ禁煙の店 … 手打そば「土日庵(どにちあん)」(京成立石)
 宇ち中さんと行く、立石飲み歩きツアー。午前11時20分に京成立石駅に集合し、「宇ち多゛」からのスタートを目指してたんだけど、今日の「宇ち多゛」は、いつにも増して大行列。しばらくその行列に並んだものの

■2018年2月17日
5杯めにはガラスープ … やきとん「すっぴん酒場」(野方)
 前回に続いて今回も、黒ホッピーがソト1・ナカ5の5杯である。ホッピー5杯の破壊力はものすごい。これだけ飲むと、めいっぱいの酔っ払いができあがる。その5杯めのホッピーに合わせて注文したのが、ガラスープ

■2018年2月16日
燗酒にはやっぱり塩辛 … 立呑み「やきや」(荻窪)
 仕事が終わって、有志一同(≒呑み好きなみなさん)と、職場の会議室でウイスキーのロックをグイグイとやったあと、荻窪の「やきや」である。店に着いたのは午後9時20分。この時間帯なら空いてるかと思いきや、

■2018年2月15日
呉の夜を締め括るのは … 屋台「一二三(いちにっさん)」(呉)
 呉の夜を締め括るのは、やっぱり屋台。なかでも呉に単身赴任しているときに通いつめたのがここ。昭和51(1976)年創業の「一二三」である。創業当時、近くに「ひふみ」という屋台があったため、ここ「一二三

■2018年2月14日
シロクマ⇒ムートン⇒ … バー「アンカー(BAR ANCHOR)」(呉)
 平成20(2008)年創業のオーセンティックバー「アンカー(ANCHOR)」。まだ創業10年ほどなんだけど、すでに呉を代表する人気バーの1軒になっている。ここの名物のひとつが、季節ごとのフルーツカク

■2018年2月13日
呉の誇る三大大衆食堂 … 「森田食堂(もりたしょくどう)」(呉)
 「寿食堂」で遅めの朝呑み、、「くわだ食堂」でランチタイムの昼呑みとハシゴして、夕方は呉駅前の老舗大衆食堂「森田食堂」だ。これら3軒が、呉の誇る三大大衆食堂。呉のように、自動車通勤の人も多い地方都市で

■2018年2月12日
朝食の後はすぐに昼食 … 「くわだ食堂」(呉)
 「寿食堂」での朝食呑みを終えて、店を出たのは午前11時50分。なんと、もう昼ではないか。昼食は、呉駅近くの「くわだ食堂」でいただくことにしようと歩き始める。来たのと同じコースを逆行するのも芸がないの

■2018年2月11日
遅く起きた日の朝食は … お食事処「寿(ことぶき)」(呉)
 呉で目覚めた朝は遅い。呉駅近くのホテルを午前10時過ぎに出発して、トコトコと朝食をとりに向かったのは、お食事処「寿」(=「寿食堂」)である。駅から「寿食堂」までは、距離にして1.3キロ。歩いて20分

■2018年2月10日
恒例のNMBE新年会 … 鯉とうなぎの「まるます家」(赤羽)
 毎年恒例のNMBE新年会。今年も幹事団のみなさんのご尽力で、盛大に開催されました。鯉とうなぎの「まるます家」総本店の2階座敷を借り切って、集まったメンバーは約30人。いずれ劣らぬ呑兵衛(NMBE)業

礼賛の同義語 - 類語辞典(シソーラス) - Weblio類語辞典 - Weblio辞書
陰翳礼讃』(いんえいらいさん)は、谷崎潤一郎の随筆。「経済往来」昭和8年12月号・9 年1月号に掲載。 まだ電灯がなかった時代の今日と違った美の感覚を論じたもの。 こうした時代西洋では可能な限り部屋を明るくし、陰翳を消す事に執着したが、日本では ...
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも礼賛に関連のある画像ばかりではありません。
礼賛の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

礼賛のツイート

礼賛に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも礼賛に関連のある動画ばかりではありません。

礼賛に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング