研ナオコ 大谷観戦とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
研ナオコ、NHKで大谷観戦を映される 解説・山下大輔氏も「研ナオコさん ...
22時間前 - 17日にNHKBSで中継された「エンゼルス対アストロズ」戦で、歌手の研ナオコが球場で生観戦している様子が映し出された。研はエンゼルスの真っ赤なジャンパーを着て笑.. .
大谷翔平のファウル顔面直… (デイリースポーツ) - auヘッドライン
研ナオコ、NHKで大谷観戦を映される 解説・山下大輔氏も「研...
研ナオコ 大谷観戦 -価格.com -Amazon.co.jp -youtube.comの画像
17日にNHKBSで中継された「エンゼルス対アストロズ」戦で、歌手の研ナオコが球場で生観戦している様子が映し出された。研はエンゼルスの真っ赤なジャンパーを着て笑顔で応援。友人等と談笑する姿が映し出さ...- デイリースポーツ- 3時間前
大谷は2戦連続で2番先発… (共同通信) - auヘッドライン - au Webポータル
一方で前日、大谷のファウルが直撃して途中交代した球審のカルブレス審判員は欠場した。 ... エンゼルスの大谷翔平投手(23)が「2番・指名打者」で出場した。 ... 研ナオコ、 NHKで大谷観戦を映される 解説・山下大輔氏も「研ナオコさん?」.
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも研ナオコ 大谷観戦に関連のある画像ばかりではありません。
研ナオコ 大谷観戦の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

研 ナオコ(けん ナオコ、本名:野口 なを子(旧姓:浅田)、1953年7月7日 - )は、日本の歌手、タレント、女優、コメディエンヌである。
所属事務所は田辺エージェンシー夫が代表を務めるケンズファミリーと業務提携し、自らプロデュースも行っている。
身長162cm、体重51.5kg、血液型A型。
一男一女の母。
娘は歌手・タレントで、Bro.KONEの長女・近藤麗奈と田代まさしの長女・田代小夏と組んでいた小夏・ひとみ・レイナのひとみ(本名:野口ひとみ)。
静岡県田方郡天城湯ヶ島町(現・伊豆市)出身。
静岡県立三島南高等学校中退。
「ナオコ節」とも称される独特のアンニュイな歌声と歌唱法で、1970年代中盤から1980年代中盤にかけて数々のヒット曲を世に送り出した。
代表曲には『あばよ』『かもめはかもめ』『ひとりぽっちで踊らせて』『夏をあきらめて』などが挙げられる。
芸名の「研」の由来は、当時の所属事務所「研音」から。
歌手として活動するだけではなく、数多くのCMやバラエティ番組にも出演するテレビ・タレントとしても活躍。
殺虫剤のCM「飛んでれら、死んでれら」のキャッチフレーズやザ・ドリフターズ(志村けん)との共演、『カックラキン大放送』の「ナオコばぁちゃん」のキャラクターでのコントなどで人気を博した。
タモリ、所ジョージ、関根勤、明石家さんまらお笑いタレントとも交友関係が深く、漫画家の赤塚不二夫は、研ナオコファンクラブの会長であった。
若手時代はザ・スパイダースのコンサートに前座として連れて行かれたが、実際にはスパイダースのメンバーが中座している最中に歌わせてくれた。
その際、舞台袖で堺正章のMCを見て勉強するなどしていたため、研にとっては師匠のような存在となっている。
歌手仲間で研と同期(1971年)デビューだった野口五郎を弟分として可愛がり、現在も時々2人でジョイントコンサートを開いている。
後輩歌手だった高田みづえを妹のように可愛がり、高田も研を姉のように慕っていた。
また1970年代後半には、当時下積み時代のTHE ALFEEをバックバンドにつけていたこともあった(1978年シングル発売の『窓ガラス』など)。
1990年代以降、歌手としてのリリースは激減したものの、コンサートなどの活動は精力的に行っている。
今で言うストーカーがずっと家の前まで来ていたが、その人物を家に招きいれ、最終的に自身のマネージャーにしたという逸話がある。
極度の高所恐怖症。
エスカレーターやエレベーターも苦手で、ガラス張りのエレベーターはもってのほか。
エレベータに乗った際、知り合いと間違えたのか、知らない人の手を握り、何も言わず降りたことがある。
犬を4匹、猫を2匹飼っている。
愛煙家だが下戸である。
研ナオコの楽曲に影響を受けたと公言している人物に、シンガーソングライターの中村中、俳優で脚本家の今井茂雄がいる。
また、陸上選手の日吉克実とは親戚関係にあり、日吉選手の支援もしているTBS系「消えた天才~一流アスリートが勝てなかった人大追跡」2017年1月3日放映分にて* 1953年 7月7日、静岡県田方郡天城湯ヶ島町(現:伊豆市)出身。
* 1965年 ちびっこのどじまんにて『星空に両手を』を唄い、「子供がそんな歌を唄って」と不合格。
*:同年 静岡放送の『のど自慢大会』に出場し、合格。
* 1967年 静岡放送の『のど自慢大会』に出場。
準優勝。
* 1970年 歌手を目指し上京。
東京宝塚劇場のエレベーターガールなどのアルバイトもしていた。
* 1971年 4月1日、東宝レコードの第1号歌手として『大都会のやさぐれ女』でデビュー。
* 1973年 美人画で知られた画家:岩田専太郎に「百年に一人出るか出ないかの不世出の美人」と絶賛される。
* 1975年 『愚図』で、FNS歌謡祭優秀歌謡音楽賞を受賞。
* 1976年 『あばよ』で、オリコンシングルチャート1位、日本歌謡大賞放送音楽賞、FNS歌謡祭最優秀歌謡音楽賞を受賞。
『LA-LA-LA』で第27回NHK紅白歌合戦に初出場。
* 1977年 大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕(逮捕は大々的に報道されたが、本人は2011年にtwitter上で、逮捕されたことは一度もないと否定https://twitter.com/naokoken77/status/34808690267660288)。
9月に起訴猶予処分。
これにより約半年間芸能活動を自粛。
* 1978年 中島みゆき作詞、作曲による『かもめはかもめ』で、日本歌謡大賞放送音楽賞、第20回日本レコード大賞金賞を受賞。
同曲で第29回紅白歌合戦に2年ぶり2回目の出場。
* 1982年 『夏をあきらめて』(桑田佳祐作詞、作曲)で、第24回日本レコード大賞金賞、日本有線大賞有線音楽賞、全日本有線放送大賞優秀スター賞を受賞。
同曲で第33回紅白歌合戦に出場。
* 1983年 9月、急性尿路感染症で入院。
『泣かせて』で、古賀政男記念音楽大賞優秀賞を受賞。
第34回紅白歌合戦に出場。
* 1985年、田原俊彦との異色のデュエットソング(歌手名義は「Toshi & Naoko」 )『夏ざかりほの字組』がヒット。
* 1987年 7月7日、7歳年下の野口典夫と結婚、同時に妊娠6か月を公表。
同年10月29日、長男が誕生。
* 1989年8月8日、長女が誕生。
* 1993年 声帯ポリープの手術。
同年第44回紅白歌合戦に、『かもめはかもめ』で1986年の第37回紅白歌合戦以来7年ぶり11回目の出場(現在の処これが自身最後の紅白出演)。
* 1994年 胆のうの全摘出手術* 2001年 日本テレビ、第24回『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』で、歴代女性初のチャリティーマラソン(85km)を完走。
* 2002年 初の自伝エッセイ本『家族リレー 〜ナオコんちの場合〜』(ISBN 4764819562)を出版。
* 2006年 中日ドラゴンズが優勝した日(10月10日)の祝勝会ビール掛けに参加。
* 2017年3月21日 山梨県甲府市内で舞台『梅沢富美男劇団特別公演「アッ!とおどろく夢芝居」』の公演中に転倒、右大腿骨頸部骨折と診断され入院。
長期療養も余儀なくされたが、驚異的な回復力により同年4月28日に復帰。

引用:Wikipedia:データベース

研ナオコ 大谷観戦に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも研ナオコ 大谷観戦に関連のある動画ばかりではありません。

研ナオコ 大谷観戦に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング