石野卓球 コラボ動画継続検討とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
石野卓球コラボ動画継続 検討 | 2019/3/14(木) 21:04 - Yahoo!ニュース
5時間前 - 「電気グルーヴ」のピエール瀧容疑者の逮捕で自粛ムードが広がる中、関西電気保安協会と石野卓球とのコラボ動画の公開を続ける方向で協議中という。容疑者は動画製作に関与していないとしている。
石野卓球 イベント出演中止 | 2019/3/14(木) 12:25 - Yahoo!ニュース
5時間前 - 電気グルーヴの石野卓球が、メンバーのピエール瀧容疑者が逮捕されたことを受け、 イベントへの出演を中止する。14日、公式サイトで発表した。 ... ピエール瀧逮捕で思わぬ飛び火 関西電気保安協会がウェブ動画の扱いに苦慮.
比べられ続け 斎藤工の危機感 | 2019/3/14(木) 19:05 - Yahoo!ニュース
5時間前 - Indeedの「ワンピース」コラボCMに“パンダマン”、バレなさすぎてお蔵入りの危機: ねとらぼ 3/14(木) 17:32 ... 5. 石野卓球「だとよ」23日のイベント中止を発表 メンバーのピエール瀧容疑者の逮捕受け: スポニチアネックス 3/14(木) 11:55 ...
石野卓球 異色コラボが話題「関西電気保安協会CMが大化け ...
2019年3月1日 - 電気グルーヴの石野卓球(51)が関西電気保安協会のWeb動画「関西電気保安グルーヴ」に動画と同名の楽曲を提供したと2月28日、各メディアが報じた。Twitterでは「 関西電気保安協会」「石野卓球」「関西電気保安グル.

■2019年3月21日
NGT48 山口真帆暴行事件の第三者委員会の調査報告を公開
3月21日、アイドルグループ・NGT48が公式ホームページで、メンバーの山口真帆(23)が暴行された事件について第三者委員会の調査結果を公開した。昨年12月8日、自宅前で男二人に顔をつかまれるなどの暴

■2019年3月21日
貴乃花氏 家族愛の絵本制作に兄・虎上も反応、修復に期待の声
元横綱・貴乃花の貴乃花光司氏(46)が3月20日「ザ・発言X」(日本テレビ系)に出演し、“家族の愛”をテーマにした絵本を製作したと発表した。兄・虎上氏(48)からも反応があり、注目を集めている。貴乃花

■2019年3月21日
梅沢富美男 整形後の有村藍里にかけた言葉に称賛広がる
3月20日、バラエティ番組『梅沢富美男のズバッと聞きます』(フジテレビ系)に有村架純(26)の姉でタレントの有村藍里(28)が整形後初めてテレビ出演。そこで俳優の梅沢富美男(68)が有村にかけた言葉に

■2019年3月21日
花田一家の共演実現?貴乃花氏の雪解け発言で各局が争奪戦か
元横綱・貴乃花の貴乃花光司氏(46)が3月20日放送の日本テレビ系「ザ・発言X~人生をかけた勝負の1日SP」に出演。第3の人生として絵本作家に挑戦することを発表。さらには、長年にわたり絶縁状態だった母

■2019年3月21日
毒蝮三太夫 80歳超えても妻に出し続ける手書きラブレター
毎週金曜は、TBSラジオ『毒蝮三太夫のミュージックプレゼント(MP)』の公開放送の日。商店や銭湯、町工場など訪れた場所は1万3,000カ所、今年10月には放送50周年を迎えるという長寿番組で、毒蝮三太

■2019年3月21日
介護費用は親のお金で!鍵は「代理人カード」と「預かり金」
「親の介護費用を自腹でまかなっていたら、いくらお金があっても足りない」……。こんな事態にならないように、親の財産から介護費用を捻出する準備を始めよう!「2年ぐらいだったらなんとか私のお金で援助ができる

■2019年3月21日
小室圭さん側が返金しない理由 経済的余裕なく留学中止危機も
小室圭さんの母親・佳代さんに、金銭の返済を求めている元婚約者・X氏。その代理人として名乗りを上げたのは弁護士ではなく、フリーランスで活動する50代の男性記者・A氏だった。法曹関係者は言う。「借用書を交

■2019年3月21日
立花胡桃 キャバ嬢から保育士へ、年収激減でも転職する理由
3月20日、元カリスマキャバ嬢の立花胡桃(37)が、3月いっぱいで芸能界を引退するとブログで宣言した。立花は2018年秋から保育士専門学校に通っていた。キャバ嬢時代の立花は22歳で最高月収2,000万

■2019年3月21日
後藤真希 不倫で仕事激減…当面は芸能活動自粛し主婦業専念へ
「不倫発覚による後藤さんのダメージは大きく、仕事もほとんどなくなってしまったそうです。そうなってでも、3歳年下夫のAさんは妻と不倫相手のBさんを糾弾したかったのでしょう。すべてを白日の下にさらされた後

■2019年3月21日
菅田将暉 窪塚洋介への憧れ告白「影響受けてない俳優いない」
3月19日、俳優の菅田将暉(26)がラジオ「菅田将暉のオールナイトニッポン」に出演。俳優・窪塚洋介(39)への憧れを明かした。ラジオで「窪塚洋介が愛娘の写真を公開」というニュースを知らされ、「窪塚さん

電気グルーヴに解散の可能性が浮上、石野卓球の思い次第とも ...
5時間前 - テクノバンド、電気グルーヴのメンバーで俳優、ピエール瀧容疑者(51)の麻薬取締法違反(施用)事件を受け、所属レコード会社は13日、瀧容疑者と電気グルーヴのCD・ 映像作品の出荷停止などを発表した。さらに15、16日に開催予定だった ...

■2019年3月21日
宇野、4回転フリップで転倒「悔やまれる。明らかに自分のミス」/フィギュア
フィギュアスケート世界選手権第2日(21日、さいたまスーパーアリーナ)男子ショートプログラム(SP)で、2月の四大陸選手権覇者で初制覇を目指す宇野昌磨(24)=トヨタ自動車=は91・40点で6位と出遅

■2019年3月21日
大島康徳氏「試合の後、イチローが会見ですか!?」
米大リーグ通算3000安打を達成しているマリナーズのイチロー外野手(45)が21日の東京ドームでのアスレチックス戦を最後に第一線を退く意向を球団に伝えたことが分かった。試合後に記者会見する。プロ野球元

■2019年3月21日
MF南野、コロンビア戦に向け「自信を持って相手を押し込む」
サッカー日本代表は21日、あす22日のコロンビア戦(日産)に向け練習した。決戦を前にMF南野拓実(24)=ザルツブルク=が試合のイメージを口にした。「どれだけ前向きにボールを持てるか、自信を持ってビル

■2019年3月21日
羽生「集中できていなかった」 首位チェンと12・53点差も「フリーで挽回したい」/フィギュア
フィギュアスケート世界選手権第2日(21日、さいたまスーパーアリーナ)男子ショートプログラム(SP)で、右足首故障からの復帰戦となった五輪2連覇の羽生結弦(21)=ANA=は94・87点で3位につけた

■2019年3月21日
羽生、4回転サルコー無得点でSP3位 チェン首位発進&宇野6位/フィギュア
フィギュアスケート世界選手権第2日(21日、さいたまスーパーアリーナ)男子ショートプログラム(SP)で、右足首故障からの復帰戦となった五輪2連覇の羽生結弦(21)=ANA=は94・87点で3位につけた

■2019年3月21日
藪氏-岩村氏バッテリーが始球式 「バッターがあのケン・グリフィーJr.だったので…」
米大リーグは21日、東京ドームでアスレチックス-マリナーズのレギュラーシーズン開幕第2戦を行った。試合に先立ち、ともにアスレチックスなど数球団に渡って米国でプレーした藪恵壹氏(50)、岩村明憲氏(40

■2019年3月21日
「イチローが伝説的なキャリアを締めくくる」大リーグ公式サイト伝える
米大リーグ通算3000安打を達成しているマリナーズのイチロー外野手(45)が、21日の東京ドームでのアスレチックス戦を最後に第一線を退く意向を球団に伝えたことが分かった。大リーグ公式サイトは「イチロー

■2019年3月21日
ザギトワ、ルッツ-ループの連続3回転ジャンプ成功/フィギュア
フィギュアスケートの世界選手権は21日、さいたまスーパーアリーナで第2日を行い、前日ショートプログラム(SP)が行われた女子は同日午後に練習リンクで公式練習を行った。日本勢はSP7位の紀平梨花(16)

■2019年3月21日
サンウルブス・立川、23日のライオンズ戦に先発/SR
スーパーラグビー(SR)のサンウルブズは21日、ライオンズ(南アフリカ)との第6戦(23日、シンガポール)の出場予定メンバーを発表。日本代表候補合宿に練習生として参加していた元共同主将のCTB立川理道

■2019年3月21日
ジョセフJ、NZ遠征メンバー決定 主将は姫野
日本ラグビー協会は21日、日本代表候補のニュージーランド(NZ)遠征のメンバーを発表。HO堀江翔太(33)=パナソニック、FB松島幸太朗(26)=サントリー=ら27人が選出された。主将はNO・8姫野和

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも石野卓球 コラボ動画継続検討に関連のある画像ばかりではありません。
石野卓球 コラボ動画継続検討の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

石野 卓球(いしの たっきゅう、1967年12月26日 - )は、日本のテクノミュージシャン、シンガーソングDJ、グルーヴ歌手、音楽プロデューサー。
本名、石野 文敏(いしの ふみとし)。
愛称は「クリ坊」、「フミトシ」、「卓球さん」。
静岡県静岡市(現在の同市駿河区)生まれ。
小学生の時、縁日の露店で祖母に買ってもらったイエロー・マジック・オーケストラの『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』に衝撃を受け、あまりに毎日聴きすぎたため母親から『イエローマジック禁止令』を出されてカセットテープを隠されてしまったほど。
中学生時代にクラフトワークやニュー・オーダー等の他、アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンのようなアヴァンギャルドでコアなノイズ等にも傾倒し始め、挙句には勉強部屋で電気ノコギリやドラム缶の音まで鳴らすようになる。
この当時、石野の実妹は彼の部屋から聴こえる音がうるさいという内容の詩を書き、コンテストで入賞している(2012年1月9日).2014年11月11日閲覧。
やがてRoland SH-2、TR-606などの機材を買い揃え、宅録ユニット「メリーノイズ」として活動を開始する。
静岡学園高校時代、ピエール瀧ら友人数人とインディーズのテクノユニット『人生』を結成。
その後、ナゴムレコードを主宰するケラ(現・ケラリーノ・サンドロヴィッチ)から「レコード出さない? ナゴムから出さないでどこで出す!?」と声をかけられ、石野の勉強部屋で自宅録音されたデモテープが、そのままナゴムから1stソノシート「9 TUNES FOR MIRAI」として発売されることをきっかけに上京する。
小学生感覚の下品な歌詞と安っぽいシンセサウンドが特徴的で、中には奇声だけで曲にすらなってないパフォーマンス的なものまでレパートリーにあった。
曲の長さも短いものが多く、数秒で終わるような極端に短いものもある。
『人生』のメンバーは奇抜なメイクをしており、石野は白塗りに目が赤と青の独特なメイクで、時に怪しいピエロ風、時にカッターシャツにネクタイ、時に大ファンである鬼太郎ファッションに身を包んでいた。
電気グルーヴを結成する以前には、エロ本の編集者になりたいと思っていたことをインタビューでも語っている。
ちなみにエロ本で活躍していた編集者の青山正明とは『Quick Japan』誌上でテクノ対談を行ったこともある太田出版『Quick Japan』vol.5「テクノ専門学校・石野卓球VS青山正明」1995年12月24日発行。
インディーズブームに上手く乗っかり、レコードは作品を出す度にインディーズ・ベスト10にランクインする程の人気者になると同時に、ナゴム人気にも貢献する。
その後、メンバー・おばば(EX分度器)の脱退に伴い、1989年4月26日のライブを最後に『人生』を解散する。
『人生』解散後、1989年4月27日にテクノバンドの電気グルーヴをデニーズ西新宿店で結成。
数回のライブとインディーズからのCDリリースを経た後、ソニーレコードのTrefortレーベル(キューンレコードの前身)から声がかかり、メジャーデビューを果たす。
デビュー後から数年は、テクノユニットというよりもラップユニットとしての側面が強かった。
しかし、電気グルーヴはあくまでヒップホップではなくエレクトロニックミュージックを身上としており、ラップはボーカルスタイルの方法論として採り入れていたに過ぎなかった。
ソロ活動も盛んであり、欧州を中心に海外活動を行っている。
1994年にNINJAHEAD名義でリリースした「PULSEMAN VS SINEMAN」がクラブヒットを博し、数々のコンピレーションアルバムに収録された。
1998年、ベルリンで行われた世界最大のテクノフェスティバルであるラブパレードのFinal Gatheringにおいて100万人の聴衆の前でプレイしている。
日本においては日本最大の屋内レイヴイベント「WIRE(ワイヤー)」を行い、レコードレーベルLoopaおよびplatikを主宰し、月に1度のレキュラーパーティーとして2002年より東京・円山町にあるクラブ「WOMB」にて「STERNE(シュテルネ)」(ドイツ語で「星」)を、2009年5月より京都の四条河原町付近にあるクラブ「世界WORLD」にて「SPRUNG(シュプルング)」(ドイツ語で「跳躍」)を開催している。
1990年代後期より東京都内某所にプライベートスタジオ「montag」を構え、ここを拠点に活動を行っている。
活動の本体である電気グルーヴやソロ名義でのリリースに加え、変名での活動や、他のミュージシャンとのコラボレートによる連名もしくはユニット名義でのリリースが多いのも特徴である。
具体的な変名としては、662's、DOVE LOVES DUB、Jamaican Zamuirai、NINJAHEAD、MICKIEE、YAKYUU ISHIDA、Ginger Headsなど。
コラボレートしたミュージシャンとしては、ウェストバム、マイク・ヴァン・ダイク、フランク・ムラー、小山田圭吾、岡村靖幸、砂原良徳、川辺ヒロシ、篠原ともえ、スチャダラパー、七尾旅人、AFRA & INCREDIBLE BEATBOX BANDなどが挙げられる。
また、リミキサーとしても活動しており、国内外問わず多くの作品を手がけている。
クレジットされているアーティストとして、YMO、ピチカート・ファイヴ、エレファントカシマシ、少年ナイフ、宍戸留美、ORANGE RANGE、テクネイジア、李博士、m-flo、SOUL FLOWER UNION、HALCALI、RAM RIDER、ヒカシュー、ポール・モーリアが挙げられる。
プロデューサーとして、デビュー当初の篠原ともえの作品を手がけている。
そのほか細川ふみえ、五島良子、木村カエラ、日出郎などのプロデュースをしている。
宇川直宏の音楽ユニット、UKAWANIMATION!のシングル"惑星のポートレイト 5億万画素"では石野卓球がリスペクトを公言していたという萩原健一とのコラボレーションを実現。
映画や舞台で使用される劇伴の制作や楽曲提供の依頼も多い。
昨今はDJやリミキサーとしてのソロ活動や川辺ヒロシと結成したInKとしての活動なども盛んである。
銃社会にはアンチの姿勢をとっている。
「もし合法的に銃の所持を許される世の中になっても、人殺しの道具である以上、俺は一生持ちたくない。
人を殺す目的だけの為に生まれてきた道具だけは触れたくも無い」といった主旨の発言を行っている『サイキッカー 明解サイキック読本4』。

引用:Wikipedia:データベース

石野卓球 コラボ動画継続検討に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも石野卓球 コラボ動画継続検討に関連のある動画ばかりではありません。

石野卓球 コラボ動画継続検討に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング