矢内理絵子とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
矢内理絵子 - 棋士紹介:日本将棋連盟
The latest from やうちりえこ (@riebuusan). 将棋の女流棋士です。2013年4月から 女流棋士会会長を務めることになりました。より多くの方のご意見を参考にして、ファンの 皆さんに愛される女流棋界作りの役に立てるよう頑張ります‼
つなんち 矢内理絵子のメンタルな部分をかき乱した男たち
矢内 理絵子(やうち りえこ) 女流四段. 女流棋士番号: 16; 生年月日: 1980年1月10日; 出身地: 埼玉県行田市; 師匠: 関根 茂九段; 昇段履歴: 1990年 育成会 1993年4月1日 2級 1995年4月1日 1級 1995年7月10日 初段 1997年4月1日 二段 1997年10月27 ...
“女流将棋界の顔”矢内理絵子女流四段、30代一般男性と結婚:将棋 ...
2013年10月14日 - 神谷広志 7段 2012/05/13第62回NHK杯テレビ将棋トーナメント 矢内「長瀬4段の印象 はいかがですか?」 「え~っと、公式戦で何回かやってるんですけど・・・ ま、若くて鋭い んでしょうけど、もうこの歳になると何か、どんな将棋だったのか覚え ...
矢内理絵子女流四段、30代一般男性と結婚 - スポーツ報知
2013年9月4日 - 将棋の矢内理絵子女流四段(33)が結婚することが3日、分かった。関係者によると、 相手は30代の一般男性。4日にも日本将棋連盟から正式発表される見込みだ。
矢内理絵子 -ニコニコ動画:GINZA
2013年9月4日 - 将棋の矢内理絵子女流四段(33)が結婚することが3日、分かった。関係者によると、 相手は30代の一般男性。4日にも日本将棋連盟から正式発表される見込みだ。
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも矢内理絵子に関連のある画像ばかりではありません。
矢内理絵子の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

矢内 理絵子(やうち りえこ、1980年1月10日 - )は、日本将棋連盟所属の女流棋士。
東京大学大学院総合文化研究科客員准教授。
埼玉県行田市出身。
身長165cm。
血液型O型。
関根茂九段門下。
女流棋士番号16。
本庄東高等学校卒。
日本将棋連盟女流棋士会会長を務めた(2013年4月 - 2015年6月)。
*愛称は「やっぴぃ」「やうたん」。
また、自身は応援ページのBBSで、「りえりえ」のハンドルネームを名乗ったことがある。
*石橋幸緒、千葉涼子と共に、同世代の実力者グループを形成し、「花の80年生まれ」と呼ばれる。
特に、千葉とは奨励会で同じ道を目指していたライバルであり友人でもある。
*かつては、清水市代・中井広恵の2強に阻まれタイトルを取れないことも多かったが、2006年に7年4ヶ月ぶりにタイトル(女流名人)を獲得し、2008年には女王も獲得して二冠になるなど、ベテラン世代の牙城を崩している。
*華のある女流棋士の一人として、テレビや解説の聞き手などの仕事を多く持つ。
*元々父親が将棋好き(アマチュア四段程度の腕前)で、女流育成会にも「気がついたら入れられてた」「そのまま何となくここまできちゃった」ため「女流棋士になりたいとも全然思ってなかった」という。
*10代の頃、奨励会の対局で大逆転負けを喫した際、悔しさのあまり、自分の腕時計をトイレの地面に投げつけたという逸話がある。
同じく奨励会員であった千葉涼子(当時の姓は碓井)はその現場に居合わせていたが、矢内に注意して口論になったという。
*趣味は、映画鑑賞(アクションもの)、ドライブ、吹き矢。
*特技は幼少時から習っていたピアノで、腕前は「アマ強豪クラス」。
過去には女流棋士会のイベントでショパン『幻想即興曲』の演奏を披露したこともある。
*座右の銘は「戦いは最後の5分間にある」(ナポレオン・ボナパルトの言葉)。
*2007年の日本女子プロ将棋協会の設立(女流棋士会の分裂)に際しては設立準備委員を務め、積極的に発言・活動していたが、同年4月に突然、準備委員の辞任が発表され、日本将棋連盟に残留した。
その経緯については明らかにされておらず、謎のままである。
*タイトル戦で常に和服(着物・袴)を着用する(男性棋士はタイトル戦での和服着用が慣例化しているが、女流棋士の場合はそうではない)。
*好物は納豆。
*左利きだが、対局は右手を使っている。
*熱狂的な読売ジャイアンツファンである。
*毎朝5 - 10kmのウォーキングを日課としている。
* 1990年 女流育成会に入会。
* 1993年4月1日 女流2級に昇段、女流プロとなる。
* 1993年8月 奨励会の入会試験に合格、6級で入会。
同期入会は碓井涼子(現姓・千葉)。
* 1995年4月1日 女流1級。
* 1995年7月10日 女流初段。
* 1995年10月 第6期女流王位戦でタイトル戦初登場。
清水市代に挑戦するが、0-3で敗れる。
* 1997年4月1日 女流二段。
* 1997年10月27日 第8期女流王位戦で清水市代を相手に3-2のフルセットを制し、初タイトル獲得。
タイトル1期獲得により女流三段に昇段。
* 1998年10月 第9期女流王位戦で清水市代を挑戦者として迎えるも、1-3で敗れ防衛ならず。
* 1998年11月 レディースオープントーナメント'98優勝。
* 1999年8月 奨励会2級。
* 1999年11月 第7期倉敷藤花戦で清水市代に挑むも、0-2で敗れ獲得ならず。
* 2000年11月 第8期倉敷藤花戦で清水市代に挑むも、再び0-2で敗れ獲得ならず(清水はこのタイトル7連覇)。
* 2001年1月 奨励会を2級で退会。
* 2001年6月18日 第23期女流王将戦で清水市代に挑むも、1-3で敗れ獲得ならず。
* 2002年4月 - 2006年3月 NHK衛星第2テレビ「囲碁・将棋ジャーナル」の司会として出演。
* 2002年11月24日 第10期倉敷藤花戦で中井広恵に挑むも、0-2で敗れ獲得ならず。
* 2004年8月3日 この日の対局で女流三段に昇段後120勝を挙げ、女流四段に昇段。
* 2004年9月 王位戦で男性棋士相手に2回勝ち3回戦に進出。
* 2004年10月19日 第15期女流王位戦で清水市代に挑むも、0-3のストレートで敗れ獲得ならず。
* 2005年11月27日 第13期倉敷藤花戦で清水市代に挑むも、0-2のストレートで敗れ獲得ならず。
* 2006年2月8日 第32期女流名人位戦で清水市代に挑み、3-0のストレートでタイトル獲得。
1998年の女流王位失冠から約8年ぶり、2期目のタイトル獲得であった。
この棋戦で女流四冠すべて(当時)に挑戦した史上4人目の女流棋士となる。
* 2007年2月 さいたま輝き荻野吟子賞個人賞を受賞。
* 2007年2月22日 レディースオープントーナメント2006優勝。
* 2007年3月26日 第33期女流名人位戦で中井広恵の挑戦を3-2で退ける。
タイトルを防衛したのは自身初。
* 2008年2月20日 第34期女流名人位戦で斎田晴子の挑戦を3-0で退け、3連覇。
* 2008年5月14日 第1期マイナビ女子オープンで甲斐智美を3-1で降し、初代女王の座に就くとともに自身初の二冠となる(女流五冠すべてのタイトル戦に登場した初めての女流棋士となる)。
* 2008年6月20日 第30期女流王将戦で清水市代に挑戦するも、1-3で敗れ、自身初の三冠はならず。
* 2009年3月5日 第35期女流名人位戦で清水市代に2-3で敗れ、4連覇ならず。
* 2009年4月 - 2014年3月 NHK杯テレビ将棋トーナメントで司会・聞き手を務める。
* 2009年7月15日 第2期マイナビ女子オープンで岩根忍を3-0のストレートで退け、防衛。
* 2010年4月19日 第3期マイナビ女子オープンで甲斐智美に0-3のストレートで敗れ、4年ぶりに無冠となる。
* 2013年7月、東京大学大学院総合文化研究科客員准教授に就任。
東京大学教養学部前期課程体験ゼミナール「将棋で磨く知性と感性」を分担担当する(他に堀口弘治(七段、同客員教授)、勝又清和(六段、同客員教授)が担当)。
*2013年9月4日、スポーツ報知が婚約を報じた。
相手は30代の精神科医で矢内のファン。
矢内にファンレターを送ったことから交際に発展。
同年12月1日に椿山荘で挙式と披露宴を行った。
* 2014年2月21日 この日の対局で女流四段に昇段後150勝を挙げ、女流五段に昇段。
*2015年5月、体調不良により休場を発表した。
休場期間は同年5月1日から翌年3月末日まで。
*2015年8月、第1子の妊娠を発表。
同年12月15日に男児を出産した - スポーツニッポン・2015年12月18日。
*2016年4月7日 棋戦に復帰。
緒戦(倉敷藤花戦1回戦、相手は中倉宏美)を勝利で飾った。
*2016年11月30日 再び休場を発表した。
休場期間は同年12月1日から翌年11月30日まで(1年間) - 日本将棋連盟・2016年11月30日。
*2017年6月25日 第2子を出産 - スポーツ報知・2017年6月26日。
*2017年12月1日 休場期間を2019年3月末までに延長 - 日本将棋連盟・2017年12月1日。

引用:Wikipedia:データベース

矢内理絵子のツイート

矢内理絵子に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも矢内理絵子に関連のある動画ばかりではありません。

矢内理絵子に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング