白鵬 連敗とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
白鵬まさか連敗 稀勢は3敗目 | 2018/1/17(水) 18:24 - Yahoo!ニュース
2時間前 - 大相撲初場所4日目が行われ、横綱の白鵬は前頭2枚目の嘉風に敗れて連敗。苦しい 土俵が続く稀勢の里は、琴奨菊に敗れて連敗し早くも3敗目となった。
白鵬が嘉風にはたき込まれ連敗 荒々しい立ち合い自粛で苦しい序盤戦 ...
大相撲初場所4日目の17日、稀勢の里は琴奨菊につきおとしで破れて3敗目。白鵬も嘉風にはたきこみで黒星を喫し、2連敗となった。- 産経新聞- 1時間前

■2018年2月18日
【フェブラリーS】ゴールドドリーム連覇ならず!無念の2着にムーア「最後に脚が止まった」
連覇を狙ったゴールドドリームは無念の2着。中団から末脚を伸ばし、ゴール前でノンコノユメとの叩き合いに持ち込んだが、首差及ばなかった。騎乗したムーアは「スタートは相変わらず遅かったが、馬は前走よりも良く

■2018年2月18日
上沼恵美子 “新婚”菊地亜美にアドバイス「仕事は絶対にやめちゃだめよ 椅子ないもん」
タレントの上沼恵美子(62)が18日放送の読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」(日曜前11・40)に出演。5歳年上の一般男性と今月1日に結婚したタレントの菊地亜美(27)にアドバイスを送った。菊地は上

■2018年2月18日
上沼恵美子 長男誕生の有村昆を祝福「代理母って、何も悪いことじゃない」
タレントの上沼恵美子(62)が18日放送の読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」(日曜前11・40)に出演。妻で元日本テレビキャスターの丸岡いずみ(46)との間に、代理母出産で男児が誕生した映画評論家の

■2018年2月18日
鹿島 ACL水原三星戦は寒さも敵!金崎が今季初先発も
敵は相手選手だけではない。寒さも強敵だ。鹿島は21日、ACL1次リーグ第2戦・水原三星戦に挑む。試合開催地は韓国北西部の水原市。五輪が行われている平昌よりわずかに南方で、緯度は日本の福島や新潟と変わら

■2018年2月18日
ぬきてるみ 判定で敗れ王座獲得に失敗 ディオニシウス27戦全勝
女子ボクシングのIBFスーパーフライ級タイトルマッチが17日(日本時間18日)、アルゼンチンのネウケン州で行われ、挑戦者で同級1位のぬきてるみ(29=井岡弘樹)は、王者のデボラ・ディオニシウス(アルゼ

■2018年2月18日
J2京都 MF荻野広大が左肩前方脱臼 練習試合で負傷
J2京都は18日、MF荻野広大(20)が左肩前方脱臼と診断されたと発表した。今月9日に行われた沖縄キャンプ中の練習試合で負傷した。全治までに要する期間は発表していない。全文スポニチアネックス 02月1

■2018年2月18日
池江璃花子 連日の日本新!今年出場6レースすべて日本記録更新「泳ぎの感覚は悪くなかった」
「第34回コナミオープン水泳競技大会2018」は18日、東京辰巳国際水泳場で行われ、前日17日に女子200メートル自由形で自身が持つ日本記録を更新した池江璃花子(17=ルネサンス亀戸)が、女子50メー

■2018年2月18日
【フェブラリーS】ノンコノユメが新ダート王者 内田は末脚絶賛「騎手冥利に尽きる」
ダート王決定戦「第35回フェブラリーS」(G1、ダート1600メートル)が18日、東京競馬場11Rで行われ、内田博幸騎手騎乗の4番人気ノンコノユメ(せ6=加藤征厩舎)が優勝。去勢後の不振から脱却し、連

■2018年2月18日
J2山形 新加入の長身ブラジル人DFが開幕直前離脱 全治半年
J2山形は18日、DFジャイロ・ロドリゲス(25)が練習試合中に負傷し、チームドクターによる検査を受けた結果、右股関節前方脱臼で全治約6カ月と診断されたと発表した。ブラジル出身の同選手は1メートル90

■2018年2月18日
二階堂ふみ、小沢健二からの手紙に「感無量」 念願の「リバーズ・エッジ」映画化
女優の二階堂ふみ(23)、俳優の吉沢亮(23)らが18日、都内で行われた映画「リバーズ・エッジ」(行定勲監督)公開記念舞台あいさつに出席した。原作は「ヘルタースケルター」などで知られる岡崎京子氏による

白鵬も連敗! 今場所未勝利の嘉風に敗れる : スポーツ報知
白鵬、稀勢の里が連敗=大相撲初場所4日目- 時事通信- 47分前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも白鵬 連敗に関連のある画像ばかりではありません。
白鵬 連敗の画像や写真をYahoo!画像検索で見る

白鵬 翔(はくほう しょう、1985年3月11日 - )は、モンゴル国ウランバートル市出身で宮城野部屋所属の現役大相撲力士、第69代横綱(2007年7月場所 - )。
本名はムンフバティーン・ダワージャルガル「ムンフバティーン」(Мөнхбатын/Mönkhbatyn)は「ムンフバト(=父親名)の」という意味だが、日本語報道では属格助詞「ын/yn(-ィーン)」を省略して、単に父親名をカナ転写して「ムンフバト・―」と表記されてしまうことが多い(他のモンゴル出身力士の本名についても全く同様の傾向がある。
詳細については、モンゴル人の名前#モンゴル国における用例も参照)。
自身の名である「ダワージャルガル」は、ダワはチベット語(ཟླ་བ། zla ba,ダワ)で「月曜日」、ジャルガルはモンゴル語(キリル転写:жаргал, 文語転写:jirgal)で、「平安、幸福」を意味する。
「月曜日の幸福」という意味。
彼が生まれた1985年3月11日は月曜日である。
(モンゴル語キリル文字表記:、ラテン文字転写:Mönkhbatyn Davaajargal;日本相撲協会による公式表記は「ムンフバト・ダヴァジャルガル」)、モンゴル語での愛称は「ダワー」。
得意手は右四つ、寄り、上手投げ。
身長192cm、体重156kg(2016年1月場所現在)、血液型はA型。
好物は焼肉と納豆、プレーリードッグ Sponichi Annex 2016年10月5日 06:35。
嫌いなものはあんこPen No.259より、趣味は読書、チェス、テレビゲーム、ゴルフ。
アジア初のユネスコ・スポーツ・チャンピオン(スポーツニッポン 2008年8月31日)。
父親のジグジドゥ・ムンフバトはブフ(モンゴル相撲)で、5年連続6度の優勝をした元アヴァルガ(大相撲の横綱に相当)で、モンゴル人民共和国代表としてメキシコ五輪のレスリング重量級銀メダリスト(モンゴル初の五輪メダリスト)となったモンゴルの国民的英雄である。
母ウルジーウタス・タミルは元外科医でありチンギス・ハーンの流れを汲む家柄の出だという 毎日新聞 2014年11月23日。
モンゴル時代で思い出に残るのは小学生の夏休みであり、毎年1ヶ月を伯父の牧場で過ごした。
ゲルと呼ぶ移動式の住居で目を覚まし、井戸で水をくむ。
馬に乗って羊の世話をし、夕暮れ時にはオオカミの襲来に目を光らせた。
腹が減ればプレーリードッグを狩り、熱した石で、こんがり焼いて食べた。
リスに似た小動物も草原では大切なタンパク源であり、白鵬は「鶏の手羽先に似た味がしてね。
大好物だった」と後に振り返っている。
祝いの日には羊の丸焼きを頬張り、馬の乳を発酵させた馬乳酒を飲んだ。
草原の食で腹を満たし、馬で駆け巡った日々は、しなやかな足腰の原型を作った。
「あの経験がなかったら横綱にはなれなかった」と白鵬は後のインタビューで遠い目をして振り返る。
日経プラスワン2013年12月28日付 日本経済新聞プラスワン2014年1月11日来日前にブフは10 - 12歳の時に遊びでやっていた程度で経験らしい経験はなく、バスケットボールに熱心に取り組んでいた北辰堂出版『昭和平成 大相撲名力士100列伝』(塩澤実信、2015年)200ページから204ページ。
15歳になったころ、兄のバットホヤグが柔道の教師になったがダワージャルガルは「柔道はイヤだ。
どうしても相撲をやりたい」と固辞した。
ムンフバトは以前からそのダワージャルガルの意向を知っていたようだが母タミルは普通に勉学を重ねて学者にでもなってほしいと願っていたためダワージャルガルの決意を聞いた際にはショックで言葉も出ず、しばらくは入門するかどうかを巡って滅多にしない夫婦喧嘩もしたという。
それでもタミルは内心「きっと激しい稽古が待っている。
経済的にも大きな苦労を知らず、のびのび育ったダワーが、日本での厳しい修業に耐えられるはずがない。
きっと、つらくて戻ってくるに違いない」と考え、早々と帰郷すると予想して入門を許したという。
モンゴルの中等教育学校を卒業。
ダワージャルガルは初来日からその後2年半に渡り一度も帰郷せず日本で相撲に打ち込んだ 朝日新聞DIGITAL 2011年2月22日。
大相撲で活躍していた同じモンゴル出身の旭鷲山をつてに、2000年10月25日に6人のモンゴル人と共に来日。
大阪府内の摂津倉庫で相撲を習っていた(同社の相撲部には以前、後に幕内に上がる大飛翔も在籍)。
共に来日した猛虎浪(立浪部屋)、千昇(式秀部屋)、大河(式秀部屋)らの入門が決まるなか、小柄だった白鵬を受け入れてくれる部屋は最後までなかった。
少年白鵬は当時日本語が分からなかった為か英語で"I don't want to go back..."と言って泣いたという。
その失意の帰国前日12月24日、彼を哀れんだ旭鷲山が自らの師匠の大島(元大関・旭國)と会食中に相談し、大島は友人であった宮城野(元幕内・竹葉山)に受け入れを申し入れた。
当時の宮城野部屋は文字通り弱小部屋だった為に厳しいしきたりも少なく、育ちの良い自著『相撲よ!』では「風呂にはシャワーと猫脚のバスタブ。
映画によく出てくるおしゃれなタイプだ。
モンゴルにいる頃は、これが風呂だと思っていたが、日本に来て入った湯船には驚いた。
全然おしゃれじゃなかったからだ」と自身が育った裕福な家庭の様子を語っていた。
白鵬には伸び伸びとやれる環境で結果的に良かったのだとされる。
こうした経緯から宮城野が元十両の金親に代替わりしたのちも、熊ヶ谷を襲名して宮城野部屋付きとなった先代宮城野の指導を内弟子として受けた(後に熊ヶ谷は再度宮城野を襲名して白鵬の師匠に復帰する)。
こうして角界入りとなるものの、部屋の先輩力士に「若くてすらっとしている子」という条件で連れてこさせた少年を見た宮城野は、父親の実績を知る由もなく、その小柄な体から大きな期待はしていなかったといい、自らも小さな体で苦労して幕内まで昇進したので「若いから、何とかなるだろう」程度に考えていた。
しかし一方で、大きな手足と腰、柔らかい筋肉などから、もしかしたら化けるかもしれないと思い、入門してからの2か月間は稽古をさせず、毎日吐く程に食べさせ、牛乳を飲ませた兄弟子の光法も同様であった。

宮城野部屋入門時から大関になるまで、宮城野横須賀後援会が横須賀市内で主催するサマーキャンプに毎年参加し、午前中は横須賀市大津の土俵で稽古を積み、午後は市内の福祉施設の訪問や商店街の夏祭り等で子ども達に胸を貸し、相撲体験を通して。
サマーキャンプは、大関となる2006年まで継続された。
四股名は、横綱・大鵬と柏戸に因んで柏鵬(はくほう)とする案があったが、色白だったことから白鵬と付けられた(幕内・千代白鵬と四股名が比較されるが、命名は千代白鵬が先)。
2001年3月場所に初土俵を踏むが、番付に名前が載った翌5月場所は身体の小ささもあり3勝4敗の成績で、後の横綱(しかも大横綱)としては異例の序ノ口での負け越しを経験するなおこの場所の7番相撲で白鵬の負け越しを確定させた相手は、トンガ出身で武蔵川部屋の南乃島勇(最高位は幕下、父は南ノ島勇)。
: Sponichi Annex 2016年11月16日 08:00。
しかし、入門当時身長175cm、体重68kgだった体は、食文化の違いを苦にせず大食漢だったことと熱心な稽古によって大きく成長し続けた。
急激な肉体の成長と才能の開花に歩を合わせるかのように番付を駆け上がり、部屋で稽古を付けていた光法は、「あの白鵬って子、一晩眠るたびに強くなっている。
2 - 3年後には化粧まわしや白い稽古まわし(共に関取の象徴)を身につける身分になりますよ!」と驚いていた。
実際、皆勤して負け越したのは前述の2001年5月場所と三段目時代の2002年7月場所(3勝4敗)の2場所だけで、これ以降は休場を除いて負け越していない。
なお、幕下時代に朝帰りをし、土下座し謝り許しを得ようとするも、師匠は激怒し破門を切り出したことがあった。
この時に部屋付きの親方衆や兄弟子たちが師匠を諫めていなかったら、白鵬は引退に追い込まれ、後の横綱・白鵬は出現しなかったとも言われている。
また、入門後しばらく経過した頃、父のムンフバトは部屋を辞めさせて鳥取城北高校へ預けたいと石浦外喜義に相談を行い、これに対して石浦は「大相撲は一度辞めたら二度と復帰できない」とはっきり言って断ったが、これによって白鵬は鳥取城北高校との縁ができた石浦外喜義『弱くても勝てる 強くても負ける』(幻冬舎、2017年)p76-78。

引用:Wikipedia:データベース

白鵬 連敗のツイート

白鵬 連敗に関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも白鵬 連敗に関連のある動画ばかりではありません。

白鵬 連敗に関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング