畑岡奈紗 40年ぶりとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
奈紗が快挙! 樋口久子以来40年ぶりの日本女子オープン連覇 2位に8 ...
33分前 - 日本女子オープン最終日(1日、千葉・我孫子GC=6706ヤード、パー72)首位から出 た畑岡奈紗(18)=森ビル=は8 ... 大会連覇は1971年に4連覇、77年に2連覇した 樋口久子以来40年ぶり、史上2人目の快挙。18歳の畑岡が2位の申 ...

■2018年5月01日
畑岡奈紗、米ツアー自己最高7位 一時は首位に1打差/米女子
 米ツアー初の1桁順位にも畑岡は冷静だった。これまでの最高成績は昨年9月「ポートランドクラシック」での15位。「やっとトップ10がクリアできてよかったが、トップに迫っていたので後半がまだ自分の課題」と

■2018年5月01日
永峰、国内女子メジャー第1戦へ「新しい緊張ある」/国内女子
 国内女子ゴルフの今季メジャー第1戦「ワールドレディス サロンパス杯」は3日から4日間、茨城・茨城GC西C(6715ヤード、パー72)で行われる。

■2018年5月01日
鈴木25位、新垣137位 上位3人に変動なし/世界ランク


■2018年4月30日
上原「本当にストレスがたまった」 後半に崩れる/米女子


■2018年4月30日
畑岡奈紗、自己最高の7位「今日は攻めるしかないと思っていた」/米女子


■2018年4月30日
松山は8位で変わらず ラームが3位に浮上/世界ランク


■2018年4月30日
ホーシェル・ピアシー組が優勝/米男子


■2018年4月30日
GWに比菜まつり!新垣が涙の初V 勝&奈紗に続いた黄金世代19歳/国内女子
 80センチのウイニングパットを慎重に沈めた新垣は、淡々とギャラリーに挨拶。待ち受けた“黄金世代”4人の祝福に、ようやく目元がうるんだ。

■2018年4月30日
小平、凱旋Vならず「日本は日本の難しさある」/国内男子
 中日クラウンズ最終日(29日、愛知・名古屋GC和合C=6557ヤード、パー70)米ツアーで優勝し、今季国内初戦となった小平智(28)=Admiral=は73とスコアを落とし、イーブンパーで32位だっ

■2018年4月30日
石川遼、得意の和合で大失速28位…8年前は「58」再現ならず「76」/国内男子
 まさかの大乱調だった。石川が2010年に世界最少記録「58」をマークして、6打差から逆転Vを果たした和合コースで失速。今季初の1万人を超えるギャラリーが8年前の再現を期待したが、最後までショットに苦

■2018年4月30日
奈紗、一時は首位に並ぶも…10位後退/米女子
 米女子ゴルフ・メディヒール選手権第3日(28日、米カリフォルニア州サンフランシスコ、レークマセドGC=6925ヤード、パー72)米ツアーの新規大会。7位から出た畑岡奈紗(19)=森ビル=は4バーディ

■2018年4月30日
同期も涙、涙!新垣比菜、勝から緊張ほぐす方法伝授/国内女子
 サイバーエージェントレディス最終日(29日、静岡・グランフィールズCC=6515ヤード、パー72)首位から出た新垣比菜(19)=ダイキン工業=は1バーディー、3ボギーの74とスコアを落としたが、通算

■2018年4月30日
新垣比菜Vに母親「まさか…」/国内女子


■2018年4月30日
ヤン、4日連続「67」で通算5勝目/国内男子


■2018年4月30日
勇太、川村はともに通算6アンダーで45位/欧州男子


■2018年4月29日
【女子ゴルフコメント集】2位の柏原明日架「スコアを落とす気がしなかった」/国内女子


■2018年4月29日
上井、17番で脱落「打ったところが悪かった」/国内男子


■2018年4月29日
秋吉、序盤に崩れる「最後まで尾を引いてしまった」/国内男子


■2018年4月29日
Y・E・ヤンが優勝 ツアー通算5勝目/国内男子


■2018年4月29日
鈴木愛、グリーン上のミス響き3位「本当に腹が立つ」/国内女子


■2018年4月29日
【19歳一問一答】新垣比菜「スコアカードを提出した後にみんなが泣いて喜んでくれたのでとてもうれしいです」


■2018年4月29日
19歳の新垣比菜がツアー初優勝! 黄金世代のホープが1打差で逃げ切る/国内女子


■2018年4月29日
奈紗、7打差10位に後退 上原は44位/米女子


■2018年4月29日
ブラウン、キズナー組が首位浮上/米男子


■2018年4月29日
石川遼、17番痛恨3パットでヤジられた…ショックの8位後退/国内男子


■2018年4月29日
新垣、単独首位!悲願初優勝へ2位に3打差/国内女子


■2018年4月29日
あれっ…松坂!?片山、サイン入りユニ着用/国内男子


■2018年4月29日
愛チャージ!自己ベストタイ64で4打差3位/国内女子


■2018年4月29日
初V見えたモン!!“くまモン”秋吉が単独首位/国内男子


■2018年4月29日
勇太、通算7アンダーの25位/欧州男子


■2018年4月28日
宮里優は3位浮上「何とか食い下がっている」/国内男子


■2018年4月28日
石川遼、またも後半に崩れる「本当にちょっと読めていなかった」/国内男子


■2018年4月28日
新垣はカメラに緊張「動きおかしかった」/国内女子


■2018年4月28日
池田が25位、川村49位 中国オープン/欧州男子


■2018年4月28日
蛭田がプロ初勝利 ステップアップツアー/国内女子


■2018年4月28日
秋吉翔が通算11アンダーで単独首位 石川遼は8位後退/国内男子


■2018年4月28日
19歳の新垣比菜が通算11アンダーで単独首位! 2位に20歳の永井花奈 ボミは13位/国内女子


■2018年4月28日
イ・ボミ、4位グループで折り返し 比菜が単独トップに浮上/国内女子


■2018年4月28日
キム、パットナム組が首位/米男子


■2018年4月28日
奈紗、しぶとく伸ばす「入ってくれて、気持ち的に楽になった」/米女子


■2018年4月28日
奈紗、69で5打差7位に 上原は27位/米女子


■2018年4月28日
小平、5位浮上!名古屋コーチンパワーでVとりまーす/国内男子


■2018年4月28日
バンカーに大苦戦…石川遼、2日連続ワナにはまるも5位に浮上/国内男子


■2018年4月28日
石川遼からの助言効いた!ボミ、1差3位「遼くんに優勝してほしい」/国内女子


■2018年4月28日
河合が逆転V!「日本ツアー選手権」出場権をゲット/国内男子


■2018年4月28日
ウッズ、来週から2連戦「ウェルズ・ファーゴ」→「プレーヤーズ」/米男子


■2018年4月28日
比菜、プロ初首位発進「いいゴルフ」/国内女子


■2018年4月28日
リービー組、張新軍組が首位/米男子


■2018年4月28日
奈紗、3差23位発進/米女子


■2018年4月28日
蛭田みな美が首位/国内女子


畑岡奈紗、樋口久子以来40年ぶり大会連覇 - 国内女子 : 日刊スポーツ
18歳の畑岡奈紗が連覇=樋口久子以来40年ぶり快挙―日本女子...
【女子ゴルフ】畑岡奈紗が2連覇、40年ぶり2人目 通算20アンダー、2位 ...
女子ゴルフの日本一を決める日本女子オープン選手権は1日、千葉県の我孫子GCで最終ラウンドが行われ、18歳の畑岡奈紗が前日の第3ラウンドまでの首位を守って2年連続2度目の優勝を果たした。大会連覇は19...- 時事通信- 10分前
畑岡奈紗、40年ぶり2人目の連覇! : スポーツ報知
連覇の畑岡奈紗「日本を引っ張っていく」- ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)- 8分前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも畑岡奈紗 40年ぶりに関連のある画像ばかりではありません。
畑岡奈紗 40年ぶりの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

畑岡 奈紗(はたおか なさ、女性、1999年1月13日 - )は、日本のプロゴルファー。
所属は森ビル。
茨城県笠間市出身。
名前の奈紗は、アメリカ航空宇宙局(NASA)に因み、「前人未到のことをするように」との思いを込めて命名された。
ゴルフ練習場に勤務する実母の影響で、奈紗も11歳でゴルフを始める。
中学時代は陸上競技(200m走)で県大会入賞の経験を持つ。
中学2年次にヒルズゴルフ・トミーアカデミー(中嶋常幸主催)に入門し、腕をみがいた。
2014年8月に開催された日本ジュニアゴルフ選手権競技(15-17歳の部)において、最終日にJLPGAツアー優勝経験がある勝みなみに6打差を逆転され涙を飲んだ。
この苦杯をバネに2015年のIMGA世界ジュニアゴルフ選手権において、個人及び団体優勝を果たす。
同年10月に開催された樋口久子 PONTAレディスマンデートーナメントを勝ち上がり、初日4アンダーでトップに立った。
アマチュア選手が初出場のJLPGAツアーで首位発進するのは史上初。
2日目も通算5アンダーで首位を守る。
最終日にスコアを伸ばせず7位タイに終わったが、ローアマチュアに輝いた。
2016年10月に烏山城カントリークラブで開催された日本女子オープンでは、最終日に首位から4打差の5位でスタートし、最終日に-4の68で回って逆転でプロツアー初優勝、メジャー初優勝を飾った。
同大会でのアマチュア優勝は史上初で、17歳263日での優勝はこれまで宮里藍が持っていた最年少大会優勝記録(2005年第38回大会、20歳105日)を大幅に更新しただけでなく、1989年に平瀬真由美がLPGAツアーチャンピオンシップ(当時の名称は「JLPGAレディーボーデンカップ」)を20歳20日で優勝した際の日本女子プロゴルフツアー公式戦最年少優勝記録をも更新することとなり、まさに記録ずくめの優勝となった。
10月10日にプロに転向し、11月11日開幕の伊藤園レディスゴルフトーナメントでプロ初参戦した。
米国女子ツアーファイナルQTに参戦し、最終日(現地時間12月4日)に14位タイ(通算5アンダー)でフィニッシュし日本人選手史上最年少の17歳で2017年度米国女子ツアー出場権を獲得した。
2017年は米国女子ツアーを主戦場としてプレー、日本へ戻った後、ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメントで2日目、最終日の2日間で大きくスコアを伸ばし、13アンダー(3日間通算203)でプロ入り初優勝を果たした。
また畑岡はこの時点で18歳254日であり、宮里藍が保持していた日本女子プロゴルフツアー最年少優勝記録の18歳262日を更新するものでもあった宮里藍も畑岡同様にアマチュア(東北高等学校)時代の2003年にミヤギテレビ杯で日本女子ツアー初優勝を果たしており、ツアー2勝目の2004年のダイキンオーキッドレディスがプロ初優勝である。


引用:Wikipedia:データベース

畑岡奈紗 40年ぶりに関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも畑岡奈紗 40年ぶりに関連のある動画ばかりではありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング