畑岡奈紗 40年ぶりとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
格安SIM・格安スマホの楽天モバイル変えるだけで利用料金が半額から1/3に。
奈紗が快挙! 樋口久子以来40年ぶりの日本女子オープン連覇 2位に8 ...
33分前 - 日本女子オープン最終日(1日、千葉・我孫子GC=6706ヤード、パー72)首位から出 た畑岡奈紗(18)=森ビル=は8 ... 大会連覇は1971年に4連覇、77年に2連覇した 樋口久子以来40年ぶり、史上2人目の快挙。18歳の畑岡が2位の申 ...

■2017年10月09日
スティールが大会2連覇/米男子
 米男子ゴルフの開幕戦、セーフウェー・オープンは8日、カリフォルニア州ナパのシルベラードリゾート(パー72)で最終ラウンドが行われ、3位で出たブレンダン・スティール(米国)が69で回り、通算15アンダ

■2017年10月09日
ハットンが大会2連覇/欧州男子
 男子ゴルフの欧州ツアー、アルフレッド・ダンヒル・リンクス選手権は8日、英国北東部セントアンドルーズのオールドコースで最終ラウンドが行われ、ティレル・ハットン(英国)が66で回り、通算24アンダーの2

■2017年10月09日
初快挙!優作、4日間ボギーなし自身初の完全V「最後は記録を意識」/国内男子
 ウイニングパットを沈めた宮里は、天に感謝するように空を見上げて指さした。72ホールでボギーなしの偉業。安堵(あんど)したような笑みが弾けた。

■2017年10月09日
吉田弓美子、珍事V!キャディーの前代未聞の大ミス乗り越えた/国内女子
 吉田は最終18番(パー5)で3メートルのウイニングパットを沈めると、右手でガッツポーズ。大接戦を締めた。

■2017年10月09日
青木会長、優作Vに称賛「賞金王への気持ち支えに」/国内男子
 ホンマ・ツアーワールドカップ最終日(8日、愛知・京和CC=7190ヤード、パー71)4日間72ホールでボギー以下を出さずに優勝を果たした宮里優作(37)=フリー。現場でプレーを見守った日本ゴルフツア

■2017年10月09日
盧建順、日本ツアー初V!今季から本格参戦「60歳までに3勝」/国内シニア
 日本プロシニア選手権 住友商事サミットカップ最終日(8日、茨城・サミットGC=6984ヤード、パー72)今年のシニアプロ日本一を決める大会。首位から出た盧建順(ろ・けんじゅん、57)=台湾=が3バー

■2017年10月09日
優作の父、優さんが動画でスイングチェック!藍からは激励スタンプ/国内男子
 ホンマ・ツアーワールドカップ最終日(8日、愛知・京和CC=7190ヤード、パー71)宮里優作(37)=フリー=が3バーディー、ボギーなしの68で回り、通算22アンダーで優勝した。

■2017年10月09日
宮里優作、前週最終Hから73H連続ボギーなし/国内男子


■2017年10月09日
奈紗、お疲れ6位…3週連続Vならず「今週はコースがきつかった」/国内女子


■2017年10月09日
愛娘の駄目出し効いた!?優作、莢杏ちゃんへの誓いを実現/国内男子


■2017年10月09日
経験豊富な川口キャディー、吉田に「救われました」/国内女子


■2017年10月09日
倉本会長、今季最高4位!日台PGA会長対決「意識しなかった」/国内シニア


■2017年10月09日
大堀、同組の優作に脱帽「メンタルの強さを感じた」/国内男子


■2017年10月08日
池村、5番でトリプルボギー「がっかりした」/国内男子


■2017年10月08日
片山、序盤の2連続ボギーが足引っ張る「あれだけばたばたしたら…」/国内男子


■2017年10月08日
盧建順が優勝、2差2位に鈴木亨と久保/国内シニア


■2017年10月08日
6位の奈紗、表情に疲労「休んで再来週に向けて頑張りたい」/国内女子


■2017年10月08日
藤本麻子、大失速に涙「自分責めないで考えると、運がなかった」/国内女子


■2017年10月08日
吉田弓美子が逆転で通算7勝目「“30代初”も兼ねているし、忘れられない優勝」/国内女子


■2017年10月08日
優作、4日間ボギーなしで今季3勝目 JGTO発足以降初/国内男子


■2017年10月08日
藤本麻子が急浮上 12番を終えて通算9アンダー/国内女子


■2017年10月08日
ダンカンが首位キープ、1打差2位にハドレーがつける/米男子


■2017年10月08日
奈紗、はい上がる!3週連続V“黄信号”も「あきらめない」/国内女子


■2017年10月08日
下克上Vやったる!大堀、阪神と同じ2位からツアー初優勝だ/国内男子


■2017年10月08日
倉本会長、尻上がり!5差3位浮上「だいぶ振れるようになってきた」/国内シニア


■2017年10月08日
吉田、“ゆったり”テンポで『68』!2差3位に「自信になる」/国内女子


■2017年10月08日
川岸、5位浮上 前日エージシュートのジャンボから刺激/国内シニア


■2017年10月08日
優作、史上初ボギーなしV王手!「体の調子がすごくよくなっている」/国内男子


■2017年10月07日
奈紗、首位と6打差の厳しい状況も「最後まで諦めずにやりたい」/国内女子


■2017年10月07日
大堀、2打差で追う展開に「強い気持ち持って頑張りたい」/国内男子


■2017年10月07日
まだボギーなしの優作「運もあるが、マネジメントもできていた」/国内男子


■2017年10月07日
テレサ・ルー首位浮上、奈紗は伸ばし切れず6差7位/国内女子


■2017年10月07日
盧建順が首位守る、3差2位に久保ら3人/国内シニア


■2017年10月07日
優作が首位キープ、2差2位に大堀/国内男子


■2017年10月07日
中里が逆転優勝 2打差の2位に小木/国内男子


■2017年10月07日
ダンカン、首位守る 1打差の2位にスティールが続く/米男子


■2017年10月07日
ジャンボ尾崎がレギュラーツアー史上2度目のエージシュート!/国内男子
 ツアー通算94勝の尾崎将司(70)=セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ=が3バーディー、2ボギーの70をマークし、年齢以下のスコアで18ホールを回るエージシュートを達成した。

■2017年10月07日
【エージシュート達成一問一答】ジャンボ尾崎「喜びはちょっと少ないけどな」


■2017年10月07日
【同組・伊沢利光が見たジャンボ】プレッシャーに負けないのがすごい


■2017年10月07日
【ゴルフ界称賛の嵐】ジャンボ尾崎の快挙に池田勇太「スターの証し」


■2017年10月07日
ジャンボから刺激!奈紗、史上2人目3週連続Vへ2差8位発進/国内女子


■2017年10月07日
60歳・湯原、3位浮上!ゴルフ部の生徒に監督がお手本/国内シニア


■2017年10月07日
シニアの宣伝部長だ!鈴木亨、ミズノ新アイアンで4位浮上/国内シニア


■2017年10月07日
スティール65!連覇へ首位発進/米男子


■2017年10月07日
小木曽喬、原田凌と並び首位に/国内男子


■2017年10月07日
大堀、自己ベスト63で2位浮上「パットが打てば入る状態」/国内男子


■2017年10月07日
服部、新ルーティンで首位発進!「考えすぎるのも良くない」/国内女子


■2017年10月07日
勝みなみ、通算3アンダーで首位守る/国内女子


■2017年10月07日
7メートルズバッ!松田、パットさえ8位「攻められた」/国内女子


■2017年10月06日
岩本、2日連続で安定感「結構いいのが入ってくれた」/国内男子


畑岡奈紗、樋口久子以来40年ぶり大会連覇 - 国内女子 : 日刊スポーツ
18歳の畑岡奈紗が連覇=樋口久子以来40年ぶり快挙―日本女子...
【女子ゴルフ】畑岡奈紗が2連覇、40年ぶり2人目 通算20アンダー、2位 ...
女子ゴルフの日本一を決める日本女子オープン選手権は1日、千葉県の我孫子GCで最終ラウンドが行われ、18歳の畑岡奈紗が前日の第3ラウンドまでの首位を守って2年連続2度目の優勝を果たした。大会連覇は19...- 時事通信- 10分前
畑岡奈紗、40年ぶり2人目の連覇! : スポーツ報知
連覇の畑岡奈紗「日本を引っ張っていく」- ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)- 8分前
  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも畑岡奈紗 40年ぶりに関連のある画像ばかりではありません。
畑岡奈紗 40年ぶりの画像や写真をYahoo!画像検索で見る

畑岡 奈紗(はたおか なさ、女性、1999年1月13日 - )は、日本のプロゴルファー。
茨城県笠間市出身。
名前の奈紗は、アメリカ航空宇宙局(NASA)に因み、「前人未到のことをするように」との思いを込めて命名された。
ゴルフ練習場に勤務する実母の影響で、奈紗も11歳でゴルフを始める。
中学時代は陸上競技(200m走)で県大会入賞の経験を持つ。
中学3年次にヒルズゴルフ・トミーアカデミー(中嶋常幸主催)に入門し、腕をみがいた。
2014年8月に開催された日本ジュニアゴルフ選手権競技(15-17歳の部)において、最終日にJLPGAツアー優勝経験がある勝みなみに6打差を逆転され涙を飲んだ。
この苦杯をバネに2015年のIMGA世界ジュニアゴルフ選手権において、個人及び団体優勝を果たす。
同年10月に開催された樋口久子 PONTAレディスマンデートーナメントを勝ち上がり、初日4アンダーでトップに立った。
アマチュア選手が初出場のJLPGAツアーで首位発進するのは史上初。
2日目も通算5アンダーで首位を守る。
最終日にスコアを伸ばせず7位タイに終わったが、ローアマチュアに輝いた。
2016年10月に烏山城カントリークラブで開催された日本女子オープンでは、最終日に首位から4打差の5位でスタートし、最終日に-4の68で回って逆転でプロツアー初優勝、メジャー初優勝を飾った。
同大会でのアマチュア優勝は史上初で、17歳263日での優勝はこれまで宮里藍が持っていた最年少大会優勝記録(2005年第38回大会、20歳105日)を大幅に更新しただけでなく、1989年に平瀬真由美がLPGAツアーチャンピオンシップ(当時の名称は「JLPGAレディーボーデンカップ」)を20歳20日で優勝した際の日本女子プロゴルフツアー公式戦最年少優勝記録をも更新することとなり、まさに記録ずくめの優勝となった。
10月10日にプロに転向し、11月11日開幕の伊藤園レディスゴルフトーナメントでプロ初参戦した。
米国女子ツアーファイナルQTに参戦し、最終日(現地時間12月4日)に14位タイ(通算5アンダー)でフィニッシュし日本人選手史上最年少の17歳で2017年度米国女子ツアー出場権を獲得した。

引用:Wikipedia:データベース

畑岡奈紗 40年ぶりに関する動画

  • ※機械的に抽出しているため、必ずしも畑岡奈紗 40年ぶりに関連のある動画ばかりではありません。

畑岡奈紗 40年ぶりに関するみんなのツイート

このエントリーをはてなブックマークに追加
年月別メニュー
全てのキーワードを見る
新着キーワードメニュー

人気キーワードランキング